CANADA

カナダ留学

都市と自然が絶妙に調和した国「カナダ」

世界2番目の国土を誇る広大な大地と雄大な自然が特徴のカナダは、都市ごとに雰囲気や気候が異なり、
冬にウィンタースポーツが楽しめる都市があるなど四季折々の魅力が溢れています。
地理的・文化的にはアメリカに似ている部分も多いが、「旧英連邦国家」でフランス語も公用語としており、
欧米2つの雰囲気を味わえることも魅力の一つ。
多民族国家で移民が多く協調性を大切にする温かい国民性から、異文化の様々なバックグラウンドを持つ人々が仲良く暮らす国としても有名。
留学生が受け入れられやすい環境や雰囲気があり、強いなまりもないニュートラルな英語を話すため、
英語初心者も安心して留学することができます。

カナダ留学の料金プランPRICEPLAN

スマ留の料金プランは、授業料・滞在費・教材費・入学金・諸手続き費用込み

留学期間

  • 1WEEK
  • 2WEEK
  • 3WEEK
  • 4WEEK
  • 5WEEK
  • 6WEEK
  • 7WEEK
  • 8WEEK
  • 12WEEK
  • 16WEEK
  • 20WEEK
  • 24WEEK

語学留学

  • 119,800yen
  • 172,000yen
  • 224,000yen
  • 278,000yen
  • 328,000yen
  • 361,000yen
  • 390,000yen
  • 428,000yen
  • 532,800yen
  • 623,000yen
  • 698,000yen
  • 752,000yen

語学留学&
ミッション

  • 139,800yen
  • -
  • -
  • 298,000yen
  • -
  • -
  • -
  • 448,000yen
  • -
  • -
  • -
  • -

ミッションのみ

  • 79,800yen
  • -
  • -
  • 198,000yen
  • -
  • -
  • -
  • 318,000yen
  • -
  • -
  • -
  • -

(すべて税別)

  • ※授業料・滞在費・教材費・入学金・諸手続き費用込みになります。
  • ※プラン内の宿泊形態は「ホームステイ(1泊2食付き)」になります。別途料金で「シェアハウス・学生寮」に変更する事も可能です。
  • ※12週間、24週間プランは8週間分の滞在費用が含まれています。
  • ※上記、以外の期間でもお気軽にご相談ください。

ミッションとは

カナダが人気な理由とは?REASONSforPOPULARITY

訛りのない、きれいな英語が学べる

英語教育システムが整っている

住みやすい街ランキングの上位を占めている

カナダで人気な都市ランキングCityRanking

バンクーバー

VANCOUVER

バンクーバー

大自然を残しながらも都会としての魅力を併せ持った美しい都市として世界的に知られているバンクーバー。コンパクトなシティに全てが集まっており、生活しやすい。

トロント

TORONTO

トロント

カナダ最大の人口を抱え、カナダ経済の中心地として多くの高層ビルが立ち並ぶ大都市。最大の特徴は、多くの人種が住むことから、多様な文化が調和したコスモポリタンシティであること。

モントリオール

MONTREAL

モントリオール

カナダ第二の都市で「北米のパリ」とも言われ、カナダで最も洗練された都市。カナダで唯一フランス語が公用語になっており、2か国語同時に学べるのが魅力。他の都市とは全く別の雰囲気を醸し出している。

カナダの語学学校SCHOOLINFO

トロント

Quest Language Studies

バンクーバー

Vancouver International College(VIC)

バンクーバー

VECTOR International Academy 

バンクーバー

Global College

トロント

Hansa Language Center

すべてのスクールを見る

カナダの体験談STUDENTVoice

カナダの基本情報COUNTRYINFO

正式名称Canada
人口約3,580万人
首都オタワ
公用語英語、フランス語
通貨カナダドル
面積約998万5,000平方キロメートル

カナダの都市情報CITYINFO

カナダ

バンクーバー

バンクーバー

バンクーバーは世界的にも住みやすい都市として有名で、住むことに恵まれた環境。夏は乗馬やハイキング、冬はスキーなど「1年を通して様々なアクティビティが楽しめる大自然」と「輝くような近代的な大都市の街並み」という2つの魅力を併せ持っています。夏である7,8月はほとんど雨が降らず晴天に恵まれ、日没も21時を過ぎるため、夜まで皆それぞれ楽しんでいます。一方冬は雨季となり、別名「レインクーバー」と呼ばれ、ほぼ毎日のように小雨が降っています。

気候

夏:20度前後、冬:5度前後

時差

-17時間(サマータイムは-16時間)

主な観光スポット

グランビルアイランド、スタンレーパーク、ガスタウン(バングーバー発祥の地)、ウィスラー、バンフ、カナディアンロッキー(世界遺産)

トロント

トロント

カナダ最大の都市で、移住者が多く、世界中の多種多様な民族が集まり暮らしていることから「人種のモザイク」とも呼ばれています。また近代都市として成長した都市でもあり、カナダ経済の中心地となっています。郊外には自然が広がり、紅葉の名所であるメープル街道の代表スポットとしても有名で世界遺産ナイアガラの滝にも近いです。最もカナダらしい街と言えます。毎週どこかでイベントが行われているため、イベント好きにはたまらず、飽きることなしです。

気候

夏:20度前後、冬:-2度前後

時差

-14時間(サマータイムは-13時間)

主な観光スポット

ナイアガラの滝、CNタワー、オンタリオ湖、カサノマに加え、有名な美術館も多数

モントリオール

モントリオール

芸術の街としても知られるモントリオールは、モントリオール映画祭や全世界を魅了するエンターテイメント集団「シルクドソレイユ」の本拠地。道行く人たちがフランス語を話し、街中にはフランス語の看板など、まるでヨーロッパに来たような感覚があります。2か国語を学べるのもモントリオールの最大の魅力です。主要都市のバンクーバー・トロントに比べると物価も比較的安く、日本人比率が抑えられるのも嬉しい留学先です。

気候

夏:23度前後、冬:-7度前後

時差

-14時間(サマータイムは-13時間)

主な観光スポット

ノートルダム大聖堂、モントリオール旧市街、ローレンシャン高原などに加え、オリンピック関連の施設も多数

ビクトリア

ビクトリア

バンクーバーの沖合いに浮かぶ大きな島で、バンクーバーからバスとフェリーで約4時間。「花と水の都」と呼ばれ、英国の影響が強く残る町並みには花が溢れ、ダウンタウンには港を囲み遊歩道があり、多くの観光客・地元の人々がのんびりとした時間を過ごしています。温暖な気候に恵まれて、カナダ人にとっても「いつか住んでみたい場所」として1位を誇ります。

気候

夏:15度前後、冬:6度前後

時差

-17時間(サマータイムは-16時間)

主な観光スポット

ブッチャード・ガーデン、Fairmont Empress Hotelのアフタヌーンティー、州議事堂、インナー・ハーバー

カナダの生活情報LIFEINFO

主な公共交通機関

Read MoreClose

バンクーバー:バス、スカイトレイン(電車)、シーバス(フェリー)
トロント:サブウェイ(地下鉄)、ストリートカー(路面電車)、バス

電源とプラグタイプ

電圧:110V プラグタイプ:Aタイプ

ライフスタイル

Read MoreClose

代表的な食べ物

メイプルシロップ、ロブスター、プーティン、Tim Hortonのドーナツ、チキンウィング

カナダのVISA情報VISAINFO

観光ビザ

Read MoreClose

滞在日数が6ヵ月以内の観光・商用目的の滞在ならビザは不要。「eTA(電子渡航認証)」が必要になっており、渡航前にeTAを取得しなければいけません。申請料金は$7で、5年間有効。期間中にパスポートが失効する場合はその有効期限までとなります。申請はオンラインで、パスポート、クレジットカード、メールアドレスが必要で、数分で取得できます。

ワーキングホリデービザ

Read MoreClose

カナダのワーキングホリデービザは2016年から申請方法が大きく変わり、誰でもいつでもワーキングホリデービザを申請できるわけではなくなりました。簡単に流れを説明すると、下記のような感じになります。
1.「IEC POOL」に個人情報を登録
2.「IEC POOL」登録者に向けて、ランダムで招待状が送られる
3.招待状を受け取った人からビザ申請に進める
IEC POOLに登録してもなかなか招待状が届かず、ビザ申請できない可能性もあります。
カナダ ワーキングホリデービザは上限が毎年6500までと設定されており、この枠は早い者勝ちでなくなっていきます。ここ数年は上限に達するまでの期間がどんどん短くなっているため、カナダへワーキングホリデーでの渡航を考えている人は、早めにビザ申請をすることをお勧めします。

学生ビザ

Read MoreClose

「フルタイム」で「半年以上」学校へ通う予定の人は学生ビザ(Study Permit)が必要です。2014年6月以降、高校や大学などのフルタイム(語学学校は不可)に通われている方は、「就労許可証なしでも週20時間のオフキャンパス(学外)での就労(アルバイト)ができる」という大きな変更が行われました。申請はオンラインより行い、クレジットカード支払いのみとなります。自分での申請ももちろん可能ですが、ワーキングホリデービザ申請に比べ、提出書類が多いため、ビザ代行会社に依頼する方がほとんどです。

カナダのスマ留ブログSMARYUBLOG

まずは無料説明会にご参加ください.!

個別の説明会も毎日行っております。
お気軽にご予約ください。

その他ご不明な点は
お気軽にお問い合わせください

LINEで問い合わせ

メールフォームで問い合わせ

0120-501-946


お電話での受付時間は、11:00〜19:00 水曜定休

スマ留のお申し込みはこちらから

本申し込みはこちら