メニューボタン

カナダCo-op(コープ)留学完全ガイド【2022年最新】

by smaryu

作成日2021.06.02

(更新日2022.05.20)

カナダCo-op(コープ)留学完全ガイド【2022年最新】

CONTENTS

 
皆さんは、今大人気のCo-op留学をご存じですか。カナダ留学を調べていると、語学留学やワーキングホリデーのほか、他の国ではみられないCo-op留学というのを目にすることが多いかと思います。

Co-op留学とは現地で有給インターンシップができるプログラムで、学生・社会人を中心に今大人気となっています。そこで今回は Co-op留学とはどんな留学なのか、なぜ人気なのか、その魅力を徹底的に掘り下げます!

~この記事でわかること~
✔Co-op留学の詳しい制度
✔Co-op留学が人気の6つの理由
✔Co-op留学とワーホリの違い

また通常より 約450,000円の留学費用が削減できるスマ留のCo-op留学についてもご紹介しているので、Co-op留学が気になる方はぜひチェックしてみてください!

カナダのCo-opプログラムとは?

まずはCo-op留学について基本的なことからご紹介していきます!

「Co-opプログラム」って何?

Co-opプログラムとは、カナダのカレッジで提供されているカナダ独自の留学プログラムです。カレッジで専門分野について学んだあと、学習した分野と関連する職場で有給インターンシップをします。

学校での授業」と「有給インターンシップ」がセットになったプログラム、とイメージしていただければ、わかりやすいです。

Co-op留学で通うのは、主にカレッジです。「カレッジ」とはカナダでは一般的に Community College と呼ばれる教育機関のことで、 就職に役立つ実践的なスキルを身につけることができます。

日本の専門学校や短大と混同しがちですが、実はかなり違います。日本にはカレッジと同じような教育機関は存在しません。カレッジを意訳すれば「専門大学」と捉えることができそうです。

ちなみに ”Coop” は ”Co-operative” という言葉が短縮されたものです。この言葉には、「2つ以上のものが組み合わされた物やサービス」といった意味があります。

「授業」と「有給インターンシップ」の2つが組み合わさることで成り立っているため、「Co-opプログラム」と呼ばれているわけです。

ポイント
Co-opプログラムは、単に英語を学ぶためのプログラムではありません。就職に役立つ専門的な知識やスキルを英語での授業を通して身につけるとともに、学んだことに関連した有給インターンシップがセットになったプログラムです。またワーホリビザを取得する必要がなく、学生ビザで就労できるところもCo-opプログラムの魅力です!

Co-op留学の期間

Co-op留学の滞在期間は受講する専門分野や学校によって異なりますが、最短で6ヶ月最長で2年までの滞在が可能です。

「有給インターンシップ期間はプログラム全体の50%を超えてはいけない」との決まりがあるため、基本的に「授業」の期間と「就労」の期間は同じになります。たとえば12ヶ月コースの場合は、前半で6ヶ月の授業を受け、後半では同じく6ヶ月の就労を体験できます。

その他にも授業3ヶ月+就労3ヶ月の計6ヶ月プランや、授業4ヶ月+就労4ヶ月の計8ヶ月プラン、授業1年+就労1年の計2年プランなど、さまざまなプランがあります。

また、学校によっては2年間のCo-opプログラムが終了した後に、3年間の就労を補助してくれる場合もあります。

Co-op留学に必要な英語力と参加条件

Co-op留学は高校卒業以上の方で心身ともに健康であれば、原則として誰でも参加できます。年齢制限もないため社会人の方でも参加できます。最近では海外で働く経験を積みたいと考える社会人の参加も増えています。また回数の制限もないため、複数回参加することもできます。

ただし、Co-opプログラムを受講するためには渡航前に決められた入学基準を満たす必要があります。入学基準は学校によって異なりますが、だいたいIELTS4.5~6.0ほど、TOEICでいえば700点以上相当の英語力が必要です。

Co-op留学では専門のコースを英語で学ぶため、高い英語力が求められるのです。英語力が足りないと、授業についていくことができません。そのため、 Co-op留学に必要な英語力を身につけるため、最初の2〜3ヶ月は語学学校に通い英語を学ぶ方が多い傾向にあります。

ポイント
Co-op留学に参加するための英語力を満たすため、現地の語学学校に通い英語を学んでから参加される方も多く見られます。

しかし、現地に滞在して英語を学ぶと滞在費が余分にかかってしまうため、どうしても費用が高くなってしまいます。そこでおすすめなのが「スマ留のCo-op留学」です。 通常より約450,000円の留学費用を削減してCo-op留学に参加することができます。

Co-opビザの取得方法

Co-op留学に必要なビザを一般的に「Co-opビザ」と呼びます。Co-opビザとは学生ビザに付随した Work Permit(ワークパーミット)のことで、カナダでの滞在ステータスはあくまで学生となります。申請方法は普通の学生ビザとほぼ同じです。特に複雑な手続きは要しません。

まず、学校のCo-opプログラムに申し込み、許可された後に費用を支払うことで入学許可証が発行されます。次にビザの申請を行うのですが、その際にCo-opプログラムを受ける申請を行います。

学生ビザとともに初めから就労ビザが下りるケースもありますが、近年は初めは学生ビザしか下りず、就労期間が近づいた時点で改めて就労ビザの申請をするケースが多くなっています。

Co-opプログラムのカリキュラム

Co-opプログラムで学べる分野は幅広く、マーケティングやマネジメント・国際貿易などを含むビジネス系もあれば、ホテル業界に通じるスキルなどを学べるホスピタリティ系、飲食・接客・旅行系などの分野について学べるカスタマーサービス系IT系医療系などもあります。

授業のカリキュラムは選択する専門分野と学校によって異なりますが、基本的には講義を中心に行われます。宿題が出された場合は、課題をしっかりとこなすことが求められます。

多くのカレッジでは1ヶ月ごとに総復習テストが行われます。100問を超える本格的なテストです。基本的には70%以上の正答率がないとコースの終了が認められません。ただしあくまで原則ですので、70%以下の場合でも、カレッジによってはプレゼンテーションやライティングのスコア次第でコースの終了が認められます。

プレゼンテーションでは、これまで学んだことをクラス全員の前でグループごとに英語でデモンストレーションを行います。

ライティングとは論文を書くことです。これまで学んだ知識をもとに、決められた題材に沿って論文をまとめます。自分の意見だけを述べるのではなく、引用を多用し論理的かつ簡潔な記述が求められます。もちろん英語での記述です。

このようにCo-opプログラムでは普通の語学学校とは異なり、 大学課程に共通する専門知識とスキルの習得を目指します。入学時に高い英語力を求められるのはそのためです。

Co-opプログラムのスケジュール

Co-opプログラムの1日のスケジュールを図にしてまとめてみました。

その1. 就学期間

就学期間でのポイントは、アルバイトを入れるかどうかです。Co-opプログラムでは就労期間とは別に、授業を受けている間も週20時間までアルバイトをすることができます。

アルバイトを入れる際は、カレッジでの授業の妨げにならないように、午前中もしくは夕方の時間帯をあてることが一般的です。

その2. 有給インターン期間

就労はフルタイムで行われます。実際には日によってスケジュールも変わってくるので、あくまでイメージとなります。おおよその感覚をつかんでくださいね。
※参考:https://ak-media.ca/

仕事先の見つけ方

Co-opプログラムの就労先には、ひとつの制限があります。 授業期間に学んだ専門知識やスキルに関連した仕事に就かなければならない、という制限です。これに反した職場を選ぶことはできません。

就労先は自分で探すこともできれば、カレッジまたはサポート会社に紹介してもらうこともできます。自分で探す場合も希望する就労先に自分でアプローチして内定獲得まで進むこともできれば、カレッジのサポートを受けながらアプローチする方法もあります。

日本での就職活動と同様、希望する会社に必ずしも就労できるとは限りません。採用を断られるケースもあることを知っておきましょう。企業との面接では、人柄や英語力、専門知識が問われます。事前準備をしっかりこなしてから挑みましょう。

もっとも単独でカナダの会社に就職することに比べれば、Co-opプログラムを利用しての就労はかなりハードルが下げられていることも事実です。あらかじめカレッジ側がインターンシップ先の手配を行っている場合があるため、就労先は見つけやすくなっています。

Co-op留学に人気が集中している6つの理由

近年、大学生や社会人の間でCo-op留学の人気が高まっていますが、実際どんなところに魅力があるのでしょうか?Co-op留学に人気が集中している6つの理由について紹介します。

働いて生活費を稼げるため、留学費用を抑えられる

Co-op留学の最大の魅力は、学生ビザで就労をし収入を得られることです。

まず前半の授業期間中であれば、週20時間の有給就労が認められています。20時間ということは、週4日だけ出勤するとしても1日5時間は働けます。たとえば州の最低基本時給が1,300円であれば、20時間フルにアルバイトをすることで2万6,000円です。月に換算すれば低くても10万4,000円稼ぐことができます。

生活費には及ばないかもしれませんが、毎月10万前後の収入を得られれば生活はかなり楽になるはずです。

また授業期間が終わり就労期間に入れば週40時間働くことができます。1ヶ月あたりの収入は20万円以上が予想されるため、生活費を十分に賄えることができます。

通常の語学留学ではカナダで働くことはできません。しかし、Co-op留学であれば決められた時間内で働くことができるためずっと収入を得ることができるのです。

大学生にとっても社会人にとっても、留学費用をできるだけ抑えたいという事情は同じです。Co-op留学では渡航先のカナダ現地で合法的に働くことで収入を得られるため、留学費用を大きく浮かすことができます。 費用を抑えながらも充実度の高い学習と就労経験を得られるCo-op留学は、コスパの高い留学制度といえます。

帰国後の就職・転職活動で役立つ

最近では語学研修を目的とする留学が一般的となったため、帰国後の就職や転職の際に語学留学だけでプラスに評価されることは期待できない傾向にあります。

しかし、Co-op留学であれば習得した専門的な知識やスキルを現地企業での有給インターンシップを通して実践できるため、日本での就職、あるいは転職活動をする際に強力な経歴となります。 語学力に長けていることは当たり前とされ、さらにプラスαを求められるのが現代の就職事情です。海外で長期の実務経験を積めるCo-op留学は、就転職活動の実績としてもエピソードとしても高く評価されることが期待できます。

Co-opプログラムを全過程終了することで取得できるディプロマ(DiplomaもしくはCertificate)は、カレッジの卒業証明書です。学位を取得したことを履歴書に記載することで、就転職活動の際に海外での実務経験をしっかりアピールできます。また、就労先での実績が認められることで、その企業から推薦状(リファレンスレター)をもらえることもあります。これも就転職活動の際には大きな武器になります。

実際にCo-op留学を経験したことが評価され、外資系企業や大手航空会社・ホテルなどに採用された留学生も多数います。

社会人の方も同様です。将来のキャリアアップを見据えてCo-op留学に参加する社会人も年々増えており、修了後希望する企業に転職を決めた方も数多くいます。

大学生にしても社会人にしても、Co-op留学での経験を就職や転職に活かせるよう、留学中にやるべきことを考えて行動することをおすすめします。

コロナ禍でも留学できる

新型コロナウイルスによるパンデミックが世界的に広がったことにより、現在では多くの国が外国人の受け入れを停止しています。留学にしてもワーホリにしても、受け入れをストップしている国がほとんどです。

ところが、カナダではワクチン接種完了者であれば留学を認めています。もちろん学生ビザの取得も可能です。

もともとカナダは治安も良く訛りのないきれいな英語を学べることから、留学先として人気の高い国でした。そのカナダが規制緩和に動き、コロナ禍でも外国人留学生を受け入れる決定を下したことにより、今大注目されているのです。

入国時に新型コロナウイルスのワクチン接種証明書を提示する必要はあるものの、無症状であれば自己隔離は不要です。ワクチン未摂取などの理由でワクチン接種証明書を提示できない場合でも、14日間の自己隔離とPCR検査を受けることで入国できます。

コロナ禍でも授業と就労の両方を思いっきり体験できることが、Co-op留学の魅力の一つです。

英語力が飛躍的に伸びる

Co-op留学は基本的に語学力の向上のみを目的とする語学留学とは大きく異なりますが、結果的に通常の語学留学よりもはるかに高い英語力を身につけることができます

なぜなら語学はコミュニケーションツールのひとつであり、学ぶだけではなく実際に使うことによって鍛えられていくからです。

Co-op留学の授業は、講師の講義をただ聞き流しているだけでは終わりません。カレッジではプレゼンテーションやディスカッションも盛んに行われ、学んだ英語を活用する機会は毎日何度も巡ってきます。それを繰り返すだけでも、英語力は自然と向上していきます。

さらに有給インターンシップをすることで、将来自分が就きたいと希望する業界で使われる単語やフレーズを習得し、表現力をより洗練することができます。実際に仕事をしながら生きた英語を学べる環境に身をおくことは、語学力習得の観点から見てもまたとないチャンスです!仕事をやり遂げることで、大きな自信を得ることにもつながります。

留学後に人生の選択肢が広がる

留学後の人生の選択肢を広げてくれることもCo-op留学の魅力です。Co-op留学終了後に、たとえば就労ビザを取得することで現地で本格的に就職できる可能性も生まれます。

また、 世界中からさまざまな目的や経歴を持って渡航してきたCo-op留学の参加者と交流することができ、世界中に人脈を広げることもできます。将来を見据えた業界で実際に働くことにより、同じ業界内での知り合いも増えていきます。仕事を通した人脈は学校に通うだけでは得られません。就労体験のできるCo-op留学の特権といえます。Co-op留学で得られた人脈やコネクションは、カナダ、あるいは他の国での就労につながるかもしれません。

年齢や回数の制限がない

Co-op留学には年齢制限もなければ、回数の縛りもありません。何回でも参加できます。30歳を超えてキャリアアップ、キャリアチェンジを目指している社会人であっても、Co-op留学を活用することで夢を叶えることができます。自由度の高さもCo-op留学の魅力です。

ワーキングホリデーとの違い

Co-op留学とワーキングホリデーの違いについてよく質問されます。たしかに”現地で働く”という点では同じなのですが、 Co-op留学とワーキングホリデーはまったく別の制度です

ワーキングホリデーは仕事をすることで滞在資金にあてながら、最長1年間の海外生活を体験できる制度です。ワーキングホリデーは自由度が高く、ビザさえ取得できればあとは語学学校に行っても行かなくてもよければ、アルバイトをしてもしなくてもOKです。

対してCo-op留学ではカレッジに通うことを前提としてビザが発行され、授業期間の後は有給インターンに参加する必要があります。

つまり、自由度の高いワーキングホリデーと就学と就労をしっかり行うCo-op留学では、その目的がまったく違うということです。

仕事内容にしてもCo-op留学とワーキングホリデーでは大きく異なります。ワーキングホリデーでのアルバイトは接客業が中心ですが、Co-op留学の場合は ワーキングホリデーでは難しいオフィスワークに有給で就くことができます。

細かな違いについては表にしましたので比べてみてください。

Co-op ワーキングホリデー
年齢制限 なし(高卒以上のため実質は18歳以上) 18~30歳まで
滞在期間 コース期間による(最長2年) 1年間
取得制限 なし(何度でも取得可能) 1国につき1回のみ
人数制限 なし 1年に6,500人まで
最終学歴 高卒以上 不問
ビザの種類 学生ビザ+就労ビザ ワーキングホリデービザ
ビザの延長 可能(条件による) 不可
就学期間 コース期間の半分まで 最長6ヶ月まで
就労時間 英語研修期間:不可
授業期間:週20時間
就労期間:週40時間
制限なし
必要な英語力 IELTS4.5~6.0ほど(TOEIC700点以上相当)
*コースによって英語力は異なる
不問

「Co-op留学」で学べる人気の専門分野と働ける職種

Co-op留学ではさまざまな専門分野を学び実践する環境が用意されています。そのなかでも特に人気の高い専門分野について、具体的にどんなことを学ぶのか、実際にどのような業種で就業体験ができるのかを紹介します。

ビジネス・マーケティング

安定して人気の高い専門分野として一番にあげられるのはビジネス・マーケティングです。ビジネス・マーケティングでは、会社のマネジメントやマーケティング、経営管理の基礎や人事、経理などビジネスパーソンとしての知識とスキルを幅広く学びます。

人気の理由は幅広い業種や職種に役立つプログラムになっていることです。そのため、 まだ今後のはっきりしたビジョンを描けていない方でもビジネス・マーケティングを選んでおけば、ほぼ確実に将来に活かすことができるでしょう。国際ビジネス業界で活躍していくための準備をしっかりと整えられるため、キャリアアップにも最適です。帰国後に外資系の企業や海外事業部などに就職、あるいは転職される方も数多くいます。

また、そのままカナダの企業で活躍する人もいれば、他の海外企業に就職する人も少なくありません。世界を舞台に戦える即戦力が身につきます。

● 就業体験(インターシップ)先の業種
商社・物流・製造業・国際マーケティング営業・教育関連機関・小売業・広告代理店・銀行・国際ビジネスコンサルティングファームなど

ホスピタリティ・ツーリズム

ホスピタリティ・ツーリズムは、ホテルや観光業界でのプロフェッショナルを目指すプログラムです。ホテルや旅行会社などの経営、マネジメント、業務管理や営業・人事など…ホテルや観光業界で働くうえで必要な接客知識やスキルを身につけながら、管理職業務についても学べます。

観光産業の強さにかけてはカナダは世界有数なだけに、ホスピタリティ・ツーリズムの知識やスキルの習得と就業経験は世界のどこに行っても評価されます。

● 就業体験(インターシップ)先の業種
ホテル業界、観光業界・旅行会社・レストラン・カフェなど

IT/WEB系

このところCo-opプログラムで目立って増えているのが IT/WEB系のコースです。IT/WEBのプログラミングやエンジニアリング、デザインやデジタルマーケティングなどを学ぶコースが、それぞれ個別に用意されています。

なかでも人気なのは、ウェブデザインやデジタルマーケティング、web制作やアプリ開発を行うプログラミングです。

ウェブデザインでは IllustratorやPhotoshopなどの知識とスキルを身につけます。デジタルマーケティングでは、SNS運用やSEO対策、リスティング運用などを学べます。IT/WEB系の技術者は日本でも人材不足が激しいため、専門知識とスキルをしっかり習得していれば就転職に困ることはなさそうです。

また、現地に住んでいる人たちもスキルアップを目指してプログラムに参加するため、他のコースと比べると カナダ人と交流する機会が多いことも特徴の一つです。さらに魅力的なのは、カナダには多くのテクノロジー企業の支社がひしめいているため、世界的に有名なIT系企業での有給インターンも夢ではないことです。頑張り次第で実現できるかもしれません!

● 就業体験(インターシップ)先の業種
IT系企業・システムエンジニア関連会社・web開発関連企業・web制作会社・アプリ開発会社・広告代理店など

国際貿易

国際貿易のコースの多くでは、FITT(Forum for International Trade Training)認定のカリキュラムが用意されています。

FITTは国際貿易の分野において最高レベルの認定資格を実施していることから、世界で広く認知されています。FITTの資格を取得することで、国際貿易分野のキャリアアップを確実に果たせます。一般的な国際貿易コースは2年間と長期ですが、FITTの資格のみを目指すのであれば短期でも可能です。

国際貿易のコースでは、サプライチェーンの運用やプロセス、購買や調達における分析・交渉・戦略を学ぶことで、国際貿易の場で即戦力となるために必要な知識とスキルを習得します。将来、国際的な仕事に就きたい方には最適です。

● 就業体験(インターシップ)先の業種
貿易会社・貿易金融業・メーカー企業・物流企業・商社・通関業者など

ケアワーカー

主として介護職、チャイルドケアを学ぶためのコースです。

介護職では介護士に必要な医療英語、解剖学や生理学、フードセーフ応急措置、心肺蘇生法などの専門プログラムを学びます。医療施設や介護施設での実習にも多くの時間が割かれているため、学んだ知識とスキルを実践しながら身につけられます。

チャイルドケアでは保育士や家庭専属のナニーに必要な知識とスキルを学べます。

このコースに人気がある理由の一つとして、 永住権申請にもポイント加算されることをあげられます。確実に保証されているわけではありませんが、例年繰り返されているため期待できそうです。

● 就業体験(インターシップ)先の業種
医療施設・介護施設・保育施設・児童施設・ナニーなど

ここまでCo-op留学で人気のある5つの専門分野について紹介しました。Co-op留学には他にもさまざまなコースが用意されています。将来を見据えて自分に適した専門分野を選ぶようにしてください。

「Co-op留学」費用と収入の目安

Co-op留学での最大のメリットは、働くことで収入を得られるため留学費用を抑えられることです。そのため通常の語学留学と比べると、結果的にかなり低い留学費用で効果的なキャリアアップを図れます。

具体的にイメージできるように、一般的なCo-op留学の支出と収入の目安の費用について紹介します。

支出の目安

Co-op留学の費用は、選ぶ専門分野やカレッジによって変わってきます。基本的にビジネス・マーケティング系やホスピタリティ・ツーリズム系は、比較的安い料金で受講できます。一方、IT/WEB系や国際貿易系は専門性の高いプログラムとなるため長期間にわたって受講することが多く、料金は高めです。

おおよその目安としては、ビジネスやホスピタリティコースの費用が1年間で約100万円です。費用には学費・教材費・入学金が含まれています。またカレッジ入学前に現地の語学学校で英語を学ぶ場合は、期間によっても異なりますが上記金額に加えておよそ40万円ほどの費用が必要なので、1年間のトータルで140万円程度となります。

カナダでの1ヶ月の生活費は、家賃も含め約10万円を目安にするとよいでしょう。渡航費も含めると1年間で約135万円です。

具体的な費用例

収入の目安

Co-op留学での収入は、前半の授業期間での週20時間のアルバイトと、後半の就業期間での週40時間の有給インターンに分けて考える必要があります。

アルバイトにしても有給インターンにしても、最低時給については就労先の州ごとに定められているため、どこの都市で働くかによって異なります。

カナダ州別最低賃金一覧

最低賃金(時給)
ブリティッシュコロンビア州(バンクーバー、ビクトリア) $15.20
オンタリオ州(トロント) $15.00
ケベック州(モントリオール) $13.50(Tipped Employees$10.80)

参考:https://jinzaicanada.com/tips/

まず授業期間のアルバイトですが、たとえばブリティッシュコロンビア州の時給は15.20C$。週20時間で304C$、月換算で最大80時間働けるため1,216C$になります。たとえば6ヶ月間フルにアルバイトをしたとすれば、合計7,296C$です。日本円に換算すると約75万円です。

次に有給インターンシップ期間には週40時間の労働が許されるため、単純に計算すると週20時間のアルバイトで稼いだ金額の2倍の収入を得られます。ですから、6ヶ月で約150万円の収入になります。

アルバイトと有給インターンを合わせた合計額は225万円です。この金額がブリティッシュコロンビア州内のカレッジにCo-op留学した際に得られる収入の一例です。

ただしあくまでこの金額は、法律で許される範囲内でフルに働いた場合の収入です。実際にはこれだけの収入を得ることは、難しいと思った方がよいでしょう。有給インターンについてはそれほどの違いはないと思われますが、アルバイトについては計算通りには稼げません。

たとえば初めてのカナダ留学で到着後すぐにアルバイトを始めるのはさすがに無理があります。通常はカナダの生活に慣れるまでに1ヶ月は要します。ほとんどのCo-op留学生は2ヶ月目からアルバイトを始めます。

また週20時間の制限は20時間を超えては働けないという意味です。週20時間のアルバイトが保証されているわけではありません。

多くの留学生は実際には週に20時間も働けません。雇う側としては英語が流暢な人から優先的にシフトに入れるのが普通です。いくら働きたくてもシフトに入れてもらえなければ実働時間が短くなるため、手にする収入は少なくなります。週に20時間はまず働けないことを前提に、費用の計算をすることをおすすめします。

ポイント
Co-op留学のメリットは有給インターンができることですが、実は州によっては無給インターンの場合もあります。たとえばブリティッシュコロンビア州では有給ですが、オンタリオ州やケベック州では無給のCo-opプログラムもあるため注意が必要です。

ひとつの目安として、バンクーバーであれば比較的安心です。バンクーバーではCo-op留学のディプロマ取得条件として、有給インターンを終了することが含まれているためです。バンクーバーのカレッジでのCo-op留学を選べば、インターンを有給で働ける率が高まります。

一方、トロントは無給インターンが多い都市です。有給インターンでトロントで働くためには、高い英語力が求められます。一般にトロントでは英語力が低いと有給インターン先を見つけるのは難しいことで知られています。有給インターンを優先するのであれば、無給インターン先が多い都市での留学は避けた方が無難です。

支出と収入を計算したトータルの留学費用

こうしてCo-op留学の費用から留学期間中に得られるであろう収入を比べてみると、トータルの留学費用が格段と抑えられていることがわかります。

※支出はビジネス・マーケティング系のコースに1年間通った場合、収入は1年間フルにアルバイト・有休インターンで働いた場合の目安の金額です。

1年間の語学留学にかかる費用は、欧米圏だと約300万円です。Co-op留学がいかにコストパフォーマンスに優れているかは、この図表を見ればはっきりわかります。

「スマ留のCo-op留学」利用者の体験談

ワーホリと迷っている方は、Co-opも視野に入れてみてください|横井さん

Co-op留学体験談

  • スクール名:CORNERSTONE International Community College
  • 渡航時期・期間:2021年9月・48週間
  • お名前:横井雄太さん
  • ご職業:会社員
Co-opプログラムを受講しようと思ったきっかけを教えてください。

横井さん
仕事を辞めて新しい挑戦をしようと思ったときに、英語を勉強するだけでなく新しいことを学び実践する機会があるCo-op留学が今後の糧になると思い、受講しました。

数ある留学エージェントの中でスマ留を選んだ理由を教えてください。

横井さん
ネットで検索した際に不要なコストを抑えて費用を下げている、LINEで連絡が取りやすいといった特徴に魅力を感じました。知り合いで利用した人も丁寧に対応してもらえたと言っていたこともあり選びました。

Co-opプログラムの受講可能なスコアに到達するため、何か特別に行った英語学習などがあれば教えてください。

横井さん
仕事を辞めてから留学までの短期間で塾講師をしたこともあり、基礎を学び直そうと文法書を一通り読み直しました。また通勤、移動の時にはPodcastで英語を聞くようにしていました。

どの分野のプログラムを受講しましたか?

横井さん
ビジネス(ビジネス戦略、マネジメントなど)を受講しました。

上記プログラムを選択した理由を教えてください。

横井さん
大学では文学を専攻し、仕事は公務員をしておりビジネスについてはあまり知らなかったため、しっかりビジネスでの考え方を学びたいと思ったからです。投資もしており、そちらにも役立つと思い決めました。

授業内容はどのようなものでしたか?また特に印象に残った授業があれば教えてください。

横井さん
1ヶ月単位でストラテジー、アカウンティング、マーケティング等のクラスを受けました。毎コースごとにプレゼンテーション、レポート、グループプロジェクトがありました。印象に残ったのは、2チームに分かれて同じ商品を一人ずつセールスをして勝敗を競うというゲームです。素晴らしいクラスメイトのピッチから色々なことを学びました。

就労先と仕事内容を教えてください。

横井さん
12月からバンクーバーにある日本の留学エージェントで働いています。日本からの留学生の手続き、相談対応、お迎えなどをしています。職場は日本人環境ですが、ホームステイ先、語学学校、学区の担当者などと英語でやりとりもあり、これから色々と学んでいこうと思っています。

就労先はどのようにして見つけましたか?

横井さん
最初はIndeedからホテルのハウスキーピングやカスタマーサービスの仕事にレジュメを送っていましたがあまり返答がなく、人材Canadaに上がっていた現職場にレジュメを送ったところ、web面接、オフィスでの面接を経て雇っていただけました。

1日のスケジュールを教えてください。

横井さん
9時 起床、勉強
12時 ランチ
13〜17時 仕事(コロナのため自宅で勤務)
17時半〜21時半 授業
22時 買い物、帰宅
24時 就寝

Co-opプログラムを受講して良かったことや自分自身が成長したことを教えてください。

横井さん
新しいことに挑戦することができるようになってきました。期間も長く収入も入るので、単なる留学よりカナダに根付いた生活ができ、色々と新しいことをするチャンスも増えたと思っています。

反対に大変だったことを教えてください。またそれはどのように乗り越えましたか?

横井さん
留学生だけでなく、地元の方と仲良くなる機会が少なく、現地の友達作りに苦労しました。一緒に住んでいるホストファミリーの息子さんが歳が近く、彼と毎週末アメフトを見たりパーティに参加したり、地元のラグビークラブ(入ってすぐオフになってしまいましたが)に参加するなどして交流を持つように努力しています。

プログラムを通して印象に残っている出来事を教えてください。

横井さん
初めてオフィスで面接していただいた時のことをよく覚えています。話す内容を書き出して練習していたのですが、いざ面接となると緊張してうまく話せず悔しい思いをしました。それでも公務員での経験や人柄をアピールして雇っていただけましたがもっと英語の練習だと痛感しました。

今後の夢や目標を教えてください。

横井さん
今はまだ具体的な目標は模索中なので、一つずつ新しいことに挑戦しできることを増やして将来の選択肢を増やしていきたいと思っています。まずはビジネスでの電話、メールをマスターし、マーケティングやデザインの勉強を進めていくつもりです。

現在Co-opプログラムを検討している方に向けてメッセージをお願い致します。

横井さん
初期費用はかかりますが就労ができるため収入を得ることができ、単なる留学より実際の生活に近い経験ができるとても良い機会だと思います。ワーキングホリデーと迷っている方も、まずはCo-opから始めるのも良い選択肢だと思っています。

英語を使って世の中に貢献できるようになりたい|田中さん

Co-op留学体験談

  • スクール名:CORNERSTONE International Community College
  • 渡航時期・期間:2021年9月・52週間
  • お名前:田中恭輔さん
  • ご職業:大学生
Co-opプログラムを受講しようと思ったきっかけを教えてください。

田中さん
大学3、4年の時期に就職活動をするにあたって、自分の将来についてもう少し時間をかけて考えたいと思い留学を決意しました。Co-opプログラムを選んだのは、英語だけではなくビジネスに使える座学や知識を少しでもこの期間で身につけたいと考えたからです。

数ある留学エージェントの中でスマ留を選んだ理由を教えてください。

田中さん
単純に検索結果で一番上に出てきて知りました。すぐに予約を取り、店舗でカウンセリングを受けることができました。自分の今の状況を説明して、それに見合ったプランを提示してくださったので、それが決め手でした。

Co-opプログラムの受講可能なスコアに到達するため、何か特別に行った英語学習などがあれば教えてください。

田中さん
特にありませんでした。もともと基準には達していたので、大学受験で学んだ英語を思い出そう程度に単語帳を眺めていました。

どの分野のプログラムを受講しましたか?

田中さん
ビジネス(ビジネス戦略、マネジメントなど)を受講しました。

上記プログラムを選択した理由を教えてください。

田中さん
初めは基準に達していたカスタマーリレーションサービス(CRS)を選択していました。Co-opプログラム開始する前に、もう一度自分にとってベストな選択肢を考え直し、IBMに変更しました。より専門的な内容を受けられると考えたからです。

授業内容はどのようなものでしたか?また特に印象に残った授業があれば教えてください。

田中さん
私が受けた1ヶ月目の授業は、コミュニケーションに関する授業でした。ビジネスだけではなく、人前で話す時にどんな技術を使って聴衆を惹きつけるかといった内容もありました。習ったことをプレゼンでいかに活かすかを考えるのが楽しかったです。難しくぎこちなかったですが…笑

就労先と仕事内容を教えてください。

田中さん
まだ見つけていません。Co-op授業が2ヶ月目なので、後半に差し掛かってきたら探そうと考えています。バイトとしてはレストランなどで働こうと考えていますが、Co-opの就労では英語力がもっと求められるような場でも働きたいです。

就労先はどのようにして見つけましたか?

田中さん
学校にCo-opのコンサルタントがいるようなので、相談しながら決めたいと思っています。レジュメもチェックしていただけるので、とてもありがたいです。

1日のスケジュールを教えてください。

田中さん
7時 起床
9時〜12時 趣味や買い物など
13時〜16時 図書館で勉強(Netflixで洋画を見たりも)
19〜21時 授業
24時 就寝

Co-opプログラムを受講して良かったことや自分自身が成長したことを教えてください。

田中さん
コミュニケーションや、セールスにおけるポイントを実践的に学ぶことができました。コミュニケーションに関しては、ビジネスの場面以外でも使えることも多く、日常生活から意識できることがあったので、その点で成長できたかなと思います。

反対に大変だったことを教えてください。またそれはどのように乗り越えましたか?

田中さん
まず英語を人前で話すということに対して前向きになりました。もちろんすでに英語を流暢に話せる人もいて、最初は前に立って話す事がすごく恥ずかしかったです。でも、先生やクラスメイトが話しやすい雰囲気を作ってくれることも多くすごく助けられました。必要以上に間違いを恐れてしまうのも良くないですよね!笑

Co-opプログラムを通して印象に残っている出来事を教えてください。

田中さん
授業1ヶ月目が終了した日の夜に、担当の先生から個別でメッセージが届きました。「1ヶ月の成長は素晴らしい物だった。よくやった。」というものでした。自分の中でも耐えた1ヶ月目だったので、先生の優しさにはすごく救われました。

今後の夢や目標を教えてください。

田中さん
まだプログラムが序盤なので具体的なイメージは持てていません。ただ、英語をせっかく学べる場に来たこと、さまざまな国の人と出会える環境にいることを大事にしながら、言語を使って何か世の中に貢献できるような仕事を見つけたいとやんわり考えています。

現在Co-opプログラムを検討している方に向けてメッセージをお願い致します。

田中さん
カナダでの生活は初日から日本との違いに驚かされることばかりで、学ぶこともすごく多いです。しかし、学校に日本人も多いことやフリーな時間が多いこともあり、自分から動くかどうかで有意義になるかどうか大きく分かれると思います。何を学びたいか、どう変わりたいかを明確に持って留学に来れば、きっと何かいいものが得られると思います!頑張ってください!!

英語がうまく話せない人は、ワーホリよりCoopがおすすめ|カズキさん

Co-op留学体験談

  • スクール名:St. George International College
  • 渡航時期・期間:2021年9月・44週間
  • お名前:カズキさん
  • ご職業:大学生
Co-opプログラムを受講しようと思ったきっかけを教えてください。

カズキさん
せっかく海外に行くなら勉強するだけではなく、働く経験もしたかったからです。

Co-opプログラムの受講可能なスコアに到達するため、何か特別に行った英語学習などがあれば教えてください。

カズキさん
中学英文法の復習と、よく使いそうなフレーズを覚えました。

どの分野のプログラムを受講しましたか?

カズキさん
ホスピタリティ(ホテル、観光など)です。

上記プログラムを選択した理由を教えてください。

カズキさん
ホスピタリティはどの分野の仕事でも大事なことだと思ったからです。

授業内容はどのようなものでしたか?また特に印象に残った授業があれば教えてください。

カズキさん
語学学校の授業で1つのトピックについて生徒同士で会話しました。間違えた英語を話している時は先生が丁寧に教えてくれました。

就労先と仕事内容を教えてください。

カズキさん
まだ決まっていません。

就労先はどのようにして見つけましたか?

カズキさん
まだ決まっていないのですが、直接電話をしたり友達の紹介などで見つける予定です。

1日のスケジュールを教えてください。

カズキさん
7:00 起床
8:30〜14:00 学校
15:00〜23:00 勉強や趣味など
23:00 就寝

Co-opプログラムを受講して良かったことや自分自身が成長したことを教えてください。

カズキさん
目標がはっきりしているため勉強のモチベーションを保てること、常に向上心を持って生活できるようになったことです。

反対に大変だったことを教えてください。またそれはどのように乗り越えましたか?

カズキさん
英語をうまく話せないので友達を作るのが大変でした。ですが、こっちでサッカーのチームに入りそこの繋がりで友達を作ったり、日本人で英語が話せる友達と仲良くなり、その人から外国人を紹介してもらったりしています。

今後の夢や目標を教えてください。

カズキさん
自分の言いたいことや考えを上手く英語で伝えられるようになりたいです。また、色々な映画を楽しめるくらいのリスニング力もつけたいです。

現在Co-opプログラムを検討している方に向けてメッセージをお願い致します。

カズキさん
私のように英語が上手く話せない人は現地でのジョブオファーをもらうのが難しいので、ワーホリではなくCo-op留学がいいと思います!

英語力がなくても始められる「スマ留のCo-op留学」とは

ここまでCo-op留学の魅力について紹介してきました。一般の語学留学と比べて圧倒的にコストパフォーマンスが高く就転職にも有利になることから、Co-op留学に参加してみたいと思った方も多いのではないでしょうか。

ただ問題は英語力の壁が大きく立ち塞がっていることです。

年齢制限も回数制限もないCo-op留学にとって、参加を認めてもらうための唯一の障害は希望するCo-opプログラムごとに一定の英語力を要求されることです。コースによって入学基準は異なりますが、通常は IELTS4.5~6.0をクリアしなければいけません。TOEICでは700点以上に相当するため、基準の英語力に達していない方も多いことでしょう。

でもちょっと待ってください。「英語力が低い自分には無理!」とあきらめるのは早すぎます。英語力に自信のない方のために、 英語力がなくても始められる「スマ留Co-op留学があります!

「スマ留のCo-op留学」を利用すれば今は入学基準の英語力に達していない方でも確実に英語力を伸ばし、念願のCo-op留学への参加を果たすことができますよ。

「スマ留のCo-op留学」とは、上記の図の通り 入学基準として設けられているIELTSのスコアを渡航前にオンライン留学をすることで取得できるプログラムです。

通常より約450,000円の留学費用を節約できる!

英語力が入学基準に満たない場合よく見られるのは、カナダに渡航してから語学学校に通い、英語コースを受講することで英語力の引き上げを図ることです。

そのためCo-op留学といえば「まずは現地の語学学校に数ヶ月は通い、英語力をつけてからCo-opプログラムに参加することが当たり前」と捉えられるようになりました。

一般的なCo-op留学のスケジュール

しかし、この方法だとカナダでの滞在期間が延びてしまうため、滞在費が余分にかかってしまいます。

そこでスマ留では現地の語学学校に通う代わりにオンライン留学を取り入れることにより、国内に居ながらにして英語力を向上できるプログラムを用意しました。

オンライン留学のため滞在費を丸ごと浮かせます。現地で語学学校に通うことに比べると、「スマ留Co-op留学」を利用することで、約45万円の留学費用を節約できます。

マンツーマンレッスンにより短期間で英語力アップ!

オンライン留学ではフィリピンの語学学校のマンツーマンレッスンを受けられます。マンツーマンレッスンの優れているところは英語を話す機会が多いため、英語初心者であってもすぐに英会話に慣れ英語力を飛躍的に伸ばせることです。

レッスンは平日9:00~23:00のお好きな時間に1日2コマ(1コマ40分)受講できます。

IELTSの点数を保証!点数を取得できるまで無料で延長できます!

「スマ留Co-op留学」のメリットは IELTSの点数を保証するコースがあることです。もし期間内に目標とする点数を達成できなかった場合には、 点数を取得できるまで無料で延長できます。
※コースにより延長制限があります。

保証が充実しているだけに、自分であきらめない限り必ず目標点数をクリアできますよね。「スマ留Co-op留学」を賢く利用することで、Co-op留学の夢をぜひ叶えてくださいね。

「スマ留Co-op留学」についての詳細は 下記をご覧ください。

カナダ留学ついて

世界2番目の国土を誇る広大な大地と雄大な自然が特徴のカナダは、都市ごとに雰囲気や気候が異なり、 冬にウィンタースポーツが楽しめる都市があるなど四季折々の魅力が溢れています。 地理的・文化的にはアメリカに似ている部分も多いが、「旧英連邦国家」でフランス語も公用語としており、 欧米2つの雰囲気を味わえることも魅力の一つ。 多民族国家で移民が多く協調性を大切にする温かい国民性から、異文化の様々なバックグラウンドを持つ人々が仲良く暮らす国としても有名。 留学生が受け入れられやすい環境や雰囲気があり、強いなまりもないニュートラルな英語を話すため、 英語初心者も安心して留学することができます。

カナダ留学についてもっと知る

無料オンライン相談も実施中!

無料オンライン相談も実施中!