U.S.A.

アメリカ留学

アメリカ留学の料金プランPRICEPLAN

スマ留の料金プランは、授業料・滞在費・教材費・入学金・諸手続き費用込み

留学期間

  • 1WEEK
  • 2WEEK
  • 3WEEK
  • 4WEEK
  • 5WEEK
  • 6WEEK
  • 7WEEK
  • 8WEEK
  • 12WEEK
  • 16WEEK
  • 20WEEK
  • 24WEEK

語学留学

  • 129,800yen
  • 173,800yen
  • 217,000yen
  • 262,000yen
  • 314,300yen
  • 366,600yen
  • 418,900yen
  • 471,200yen
  • 589,000yen
  • 687,000yen
  • 785,200yen
  • 883,400yen

(すべて税別)

  • ※授業料・入学金・教材費・レベルチェックテスト費・滞在費・諸手続き費用込みになります。
  • ※プラン内の宿泊形態は「シェアハウス」もしくは「学生寮」になります。別途費用で「ホームステイ」に変更可能です。
  • ※ESTAにて渡航の際は週20レッスンになります。週20レッスン以上を受講の場合や13週間を超える場合は学生ビザが必要になり週24レッスン以上受講が可能になります。
  • ※12週間、24週間プランは8週間分の滞在費用が含まれています。
  • ※上記、以外の期間でもお気軽にご相談ください。

ミッションとは

アメリカの体験談 STUDENTVoice

アメリカのスマ留ブログ SMARYUBLOG

アメリカが人気な理由とは?REASONSforPOPULARITY

アメリカの英語・文化・エンターテイメントに触れたい

現地での大学進学、大学院への編入のため

アメリカは専門分野が発達しているため

アメリカで人気な都市ランキングCityRanking

サンディエゴ

SAN DIEGO

サンディエゴ

太平洋に面したビーチや美しい湾、砂漠が混在している。町はメキシコ統治時代の面影を残し、エキゾチックな雰囲気に包まれている。

ロサンゼルス

LOS ANGELES

ロサンゼルス

ディズニーランドなどのテーマパークのほかにも、ビバリーヒルズやビーチなど、学校以外にも楽しめる場所が多いのもロサンゼルスならでは。

サンフランシスコ

SAN FRANCISCO

サンフランシスコ

カリフォルニア州北部の国際都市。
「最も歩きやすい街」という評価もある。

アメリカの都市情報CITYINFO

アメリカ

サンディエゴ

サンディエゴ

メキシコとの国境に位置するサンディエゴは、アメリカにいながらメキシコのエキゾチックなムードにも触れられることが大きな魅力。年間を通してサンサンの太陽が顔を出しており暖かく、カラッと湿度も低いことから「アメリカズ・ファイネスト・シティ」と呼ばれ、アメリカ人をも魅了しています。ずっと続く綺麗なビーチと気さくでウェルカム気質な現地の人々。観光スポットは、ディズニーランドやサンディエゴ動物園など賑やかな場所から、海辺のロマンティックな雰囲気の中で食事を楽しめる「シーポートビレッジ」など大人が楽しめる場所も多くあります。

気候

夏と冬で気温にあまり差はなく、1年を通して温暖。
1月/58mm 最高19.0℃、最低10.0℃
7月/0mm 最高24.0℃、最低19.0℃

時差

-17時間(夏は-16時間)

主な観光スポット

シーワールド、ラ・ホヤビーチ

ロサンゼルス

ロサンゼルス

アメリカ第二の都市であるロサンゼルスは、自然・エンタメ・ファッションなど見どころあるスポットの宝庫で多くの人々を魅了し続けています。太平洋に面しているので、夏はビーチライフを楽しめます。また、山にも囲まれているため冬は車で1時間ほどでウィンタースポーツを楽しめる場所もあります。言わずもがなですが、ロサンゼルスはビバリーヒルズ・ハリウッド・サンタモニカなど人気観光スポットが点在しています。エンタメの最先端の都市ですので、語学留学はもちろんですが将来映画、ファッションやメイク、ヘアなどの分野で活躍したいと夢がある方にもおすすめです。

気候

1年中雨が少なく、夏場でもドライな気候で、過ごしやすい。
1月/62mm 最高21.0℃、最低9.0℃
7月/0mm 最高28℃、最低18.0℃

時差

-17時間(夏は-16時間)

主な観光スポット

ディズニーランド、ロデオドライブ、サンタモニカビーチ

サンフランシスコ

サンフランシスコ

サンフランシスコは、有名海外ドラマのオープニングでも使われた深紅色のそびえ立つ橋「ゴールデンゲート」をシンボルに、世界的にも素晴らしい街として知られています。太平洋に面しており、夏は平均気温20℃、冬は10℃前後と過ごしやすい気候です。東京の山手線の中くらいの街であり、コンパクトに主要スポットがまとまっています。世界から移民が集まっているため、食は各国の料理が楽しめ、中にはそれぞれの料理をあわせたフュージョン料理も楽しめます。最先端IT企業の集まるシリコンバレーも車で約1時間半と近い距離にあるので、経済やビジネスの分野でも目が離せないエリアです。

気候

夏は気温が低く8月でも23℃程度。冬は温暖で、雨が多い。
1月/28.0mm 最高14℃、最低6.0℃
7月/0mm 最高22.0℃、最低14.0℃

時差

-17時間(夏は-16時間)

主な観光スポット

ゴールデンゲートブリッジ、フィッシャーマンズワーフ

ハワイ

ハワイ

アメリカ50番目の州であり、南国の誰もが憧れる場所ハワイ。6つの島で成り立ちそれぞれの魅力がありますが、留学で多いのはオアフ島のホノルルです。日本でも旅行初心者から旅マスターまで多くの人を惹きつける魅力を持っているハワイは、日本語が通じる場所も多く、海外に初めて行くから不安という人におすすめ。点在する美しいビーチリゾート、ハワイアン雑貨店やパンケーキのカフェなど、どこを切り取ってもフォトジェニックなスポットがたっぷり。トレンドに敏感な方にはたまらない場所です。サーフィンやヨガ、フラダンスやトレッキング、ダイビングなどのアクティビティも充実しているので、おけいこ留学をしたい方にも人気です。

気候

11月~4月くらいまでが雨季といわれていますが、1日中雨が降るということは年間を通じて数日しかない。
1月/59mm 最高27.0℃、最低19.0℃
7月/16mm 最高31.0℃、最低24.0℃

時差

-17時間(夏は-16時間)

主な観光スポット

ゴールデンゲートブリッジ、フィッシャーマンズワーフ

アメリカの語学学校SCHOOLINFO

サンデイエゴ

Q international school

ハリウッド

Mentor Language Institute Hollywood

サンデイエゴ

EUROCENTRES San Diego

サンデイエゴ

Connect English

ロサンゼルス

Mentor Language Institute  Westwood

すべてのスクールを見る

言わずと知れた経済・ファッション・グルメ・エンタメなど
あらゆる分野で世界をリードしている国「アメリカ」

日本の26倍の国土を誇るアメリカは、北はアラスカ、南はフロリダやハワイの50の州で形成されており、
それぞれの地域で文化や気候が全く異なることが特徴。
「人種のるつぼ」とよばれているように、各国の人々が様々な想いや背景を持って集まります。
様々な分野で最先端を走るアメリカには、ビジネスチャンスも広がっており、語学留学だけでない様々な滞在スタイルが可能です。
日本とは180度異なる文化・価値観・多様性を尊重する精神に触れ、
英語を学ぶだけにとどまらない人間的成長や経験ができるのではないでしょうか。

アメリカの基本情報COUNTRYINFO

正式名称United States of America
人口約3億人
首都ワシントンDC
公用語英語
通貨USドル
面積963万平方キロメートル(日本列島の約25倍)

アメリカの生活情報LIFEINFO

主な公共交通機関

路線バス、市バス、地下鉄、列車

電源とプラグタイプ

電圧:120V プラグタイプ:A

ライフスタイル

Read MoreClose

代表的な食べ物

ファストフード(ハンバーガー、ホットドッグ、ピザ等)。
ハンバーガーは、チェーン店の数が多く、ボリューム、味、種類、サイドオーダーも豊富です。最近はカロリーが少なくヘルシーな健康食もブーム。

安全&常識

日本に比べると、凶悪犯罪や銃犯罪、ドラッグなどの事件が多いのが事実。夜一人で出歩かない、危険地域へは近づかないなど、自覚を持って行動することが大切です。万が一、犯罪に巻き込まれたり、犯罪を目撃したら、必ず911に通報しましょう。

アメリカのVISA情報VISAINFO

3ヵ月間までの留学の場合

Read MoreClose

日本人が観光やビジネスなど90日以内の短期滞在を目的としてアメリカに訪れる場合、事前に電子渡航認証システム「ESTA(エスタ)」の認証を受けることが必要です。認証を受けていないとアメリカに入国することができませんので、忘れずにESTAの事前申請を行ってください。一度エスタでの認証を受けると2年間有効です。

3か月以上滞在する場合

Read MoreClose

アメリカへの入国目的が語学学校や大学等での「勉強」の場合、学生ビザを取得する必要があります。 たとえ、1週間の渡航でも週18時間以上のコースに参加する場合は、 入国目的は「勉強」とみなされるため、学生ビザの取得が必要です。 一般的に学生ビザと言われるものはF-1ビザを指すことが多いのですが、 他の種類のビザが必要なこともありますので、 アメリカ大使館や領事館が発表している情報の確認が必要です。

まずは無料説明会にご参加ください.!

個別の説明会も毎日行っております。
お気軽にご予約ください。

その他ご不明な点は
お気軽にお問い合わせください

LINEで問い合わせ

メールフォームで問い合わせ

0120-501-946


お電話での受付時間は、11:00〜19:00 水曜定休

スマ留のお申し込みはこちらから

本申し込みはこちら