USA アメリカ留学

経済・ファッション・エンタメなどあらゆる分野でリードしている、世界の中心地

日本の26倍の国土を誇るアメリカは、北はアラスカ、南はフロリダやハワイの50の州で形成されており、 それぞれの地域で文化や気候が全く異なることが特徴。 「人種のるつぼ」とよばれているように、各国の人々が様々な想いや背景を持って集まります。 様々な分野で最先端を走るアメリカには、ビジネスチャンスも広がっており、語学留学だけでない様々な滞在スタイルが可能です。 日本とは180度異なる文化・価値観・多様性を尊重する精神に触れ、 英語を学ぶだけにとどまらない人間的成長や経験ができるのではないでしょうか。

NEWSアメリカ留学のコロナ最新情報

一定の条件を満たすことで入国が可能

到着72時間以内に受けたPCR検査の 陰性証明書を提出することが義務付けられています。 加えて、入国後5〜14日間の自主隔離が必要となります。 (各州によって規制が異なります) ※11/23更新のため、今後変更の可能性があります。詳細はお問い合わせください。

POINTアメリカ留学の魅力

  1. point01

    01多種多様な人々が集まるエネルギッシュな「自由の国」

    挑戦することが美徳とされるアメリカには、「アメリカン・ドリーム」を持った多種多様な人々が集まります。その光景はまさに「人種のサラダボウル」。肌の色から信仰、夢や考え方まで様々な人々が集まった「自由の国」アメリカでは、留学中に様々な国の学生たちと出会うことができます。

  2. point02

    02世界に通用する「アメリカ英語」が身につく

    「世界の公用語」である英語は、国や地域によって発音や表現の仕方が異なります。その中でアメリカ英語は、世界的に使われているスタンダードな英語です。そのためアメリカ英語を身につけておけば、ほとんどの国で通じることができます!また、世界的にみてもレベルが高い学校が多く、教育システムが充実しているアメリカは英語を学ぶのにぴったりな国です。

  3. point03

    03様々な分野でトップクラスの勉強ができる

    世界中からハングリー精神を持った多種多様な人々が挑戦しに訪れるアメリカは、様々な分野で世界をリードしています。英語だけでなく、ビジネスやIT、アート、ファッション、音楽、映像など様々な分野で最先端の技術を学ぶことができます。

無料オンライン相談も実施中!

COUNTRY INFOアメリカ留学の基本情報

正式名称アメリカ合衆国(United States of America)
大陸北アメリカ大陸
首都ワシントンD.C(Washington, D.C.)
面積9,826,675km²
人口約3億2,716万人
年間気温(夏/冬)都市によって異なる
主な宗教キリスト教、イスラム教、仏教
公用語英語
英語環境(英語のアクセント)アメリカ英語
通貨/レートアメリカドル/1ドル=約108円 (2020年6月1日現在)
電圧/電源プラグ120v / A型プラグ、B型プラグ
日本との時差パシフィックタイム:-17時間、マウンテンタイム:-16時間 セントラルタイム:-15時間、イースタンタイム:-14時間 ※同じ国内でもカリフォルニアとニューヨークとでは3時間の時差があります。
最短フライト時間
※成田から直行便の場合
西側:約10時間30分 東側:約12時間50分 
航空券の費用
※時期によって変動いたします
片道4~10万円程度
ワーホリ可否不可

CITY RANKINGアメリカ留学で人気な都市ランキング

CITY INFOアメリカの都市について

アメリカの都市一覧

  • ロサンゼルス

    ロサンゼルス

    言わずと知れたビッグ・シティであるロサンゼルス。カリフォルニア州では最大の都市です。ロサンゼルスは映画やドラマでとても有名な都市です。それ以外の有名な観光地も多くあり、留学中に興味のあることを見つけやすく、文化的施設も多いので勉強できることがたくさんあるでしょう。

    日本からのアクセス
    日本からロサンゼルスへは直行便があります。費用を抑えるには、1回乗り継ぎがおすすめ。
    日本の時差
    -17時間 *サマータイム(3月から11月)の場合 -16時間
    語学学校の日本人の多さ
    ロサンゼルスは日本人に人気の地域。しかし他の国籍も多い。
    休日におすすめのアクティビティ
    ・サンタモニカでビーチを散歩。 ・ビバリーヒルズでセレブな雰囲気を体感。
    アクセスしやすい都市・国
    ・サンフランシスコ 飛行機で1時間 ・ラスベガス 飛行機で1時間
    ロサンゼルスの都市情報を詳しく知る
  • サンフランシスコ

    サンフランシスコ

    サンフランシスコは北カルフォルニアの海岸沿いに位置しています。海だけでなく森や山に囲まれた自然豊かな都市です。アジア系やヨーロッパ系など様々な人種の人々が生活しているサンフランシスコに留学をするとたくさんの文化に触れることができます。ゴールデンゲートブリッジやフィッシャーマンズワーフなどの観光地もあり、語学を学びながら観光も楽しむことができる魅力的な都市といえます。

    日本からのアクセス
    日本からサンフランシスコへは直行便があります。
    日本の時差
    -17時間 *サマータイム(3月から11月)の場合 -16時間
    語学学校の日本人の多さ
    学校にもよりますが、日本人が少数。
    休日におすすめのアクティビティ
    ・AT&Tパークで野球観戦 ・Mission street 壁アート、ヒッピー文化が残した鮮やかなアートを楽しむことができます。
    アクセスしやすい都市・国
    ・ロサンゼルス 飛行機で1時間20分 ・バンクーバー 飛行機で2時間
    サンフランシスコの都市情報を詳しく知る
  • サンディエゴ

    サンディエゴ

    年間を通して日光が降り注ぎ、一年中気温が20℃を保ちます。カラッと湿度も低く快適な天候、教育水準、文化、娯楽などからAmerica's Finest Cityとも呼ばれていることからも、アメリカ人をも魅了していることが分かります。

    日本からのアクセス
    日本からサンディエゴへは直行便があります。費用を抑えるには、1回乗り継ぎがおすすめ。
    日本の時差
    -17時間 *サマータイム(3月から11月)の場合 -16時間
    語学学校の日本人の多さ
    サンディエゴは日本人に人気の地域。しかし他の国籍も多い。
    休日におすすめのアクティビティ
    ・デイクルーズ ・屋外アクティビティ
    アクセスしやすい都市・国
    ・ロサンゼルス 飛行機で50分 ・デンバー 飛行機で2時間
    サンディエゴの都市情報を詳しく知る
  • シアトル

    シアトル

    アメリカ・ワシントン州最大の都市シアトル。自然も多くあることから「エメラルドシティ」。との愛称で親しまれています。一年通して穏やかで過ごしやすい気候で、日本のように四季があります。シアトルはコーヒーの町としても有名で、お休みの日にはいろいろなコーヒー店をめぐるのもおすすめです。ミュージアムも多いので、英語とともにいろんなシアトルのカルチャーも学んでください。

    日本からのアクセス
    日本からシアトルは直行便があります。
    日本の時差
    -17時間 *サマータイム(3月から11月) -16時間
    語学学校の日本人の多さ
    シアトルは日本人に人気の地域。しかし他の国籍も多い。
    休日におすすめのアクティビティ
    ・湖でカヤックやカヌー グリーンレイクでは散歩やジョギングだけでなく湖でのアクティビティも満喫できます。 ・美術館巡り
    アクセスしやすい都市・国
    ・サンフランシスコ 飛行機で2時間 ・バンクーバー 飛行機で50分
    シアトルの都市情報を詳しく知る
  • ハワイ

    ハワイ

    日本人にも人気の旅行先であるハワイ。平均気温が25度前後という、南国特有の温暖な気候で人気があります。ハワイ諸島のうちの主要6島のなかでも語学学校・大学はオアフ島に多くあります。日本の方から大変人気で、治安も全体的によく日本の方が馴染みやすい環境です。たくさんの自然に囲まれて英語を習得しながらハワイアンカルチャーも学ぶことができ、お休みにはさまざまなアクティビティを楽しんだりもできます。

    日本からのアクセス
    日本からハワイへは直行便があります。
    日本の時差
    -19時間
    語学学校の日本人の多さ
    ハワイは時期によっては日本人がとても多くなります。しかし学校ごとに日本人が少ないなどの特徴がありますので、学校選びの際にチェックすることをおすすめいたします。
    休日におすすめのアクティビティ
    ・マリンスポーツ サーフィンやシュノーケリングなどができるビーチが多くあります。 ・登山 ダイヤモンドヘッドは45分くらいで登れて街を一望できる定番スポット。
    アクセスしやすい都市・国
    ・マウイ島 飛行機で40分 ・ハワイ島 飛行機で45~50分 ・シアトル 飛行機で6時間
    ハワイの都市情報を詳しく知る

PRICEアメリカ留学の料金プラン

留学期間 スマ留ライト スマ留スタンダード スマ留+ミッション
1〜3週間 138,000円~ 177,000円~ 198,000円~
4週間〜 280,000円~ 319,000円~ 367,000円~
12週間〜 634,000円~ 673,000円~ ご相談ください

REASONSスマ留が選ばれる理由

  1. 留学費用が従来の最大半額

    語学学校の空き時間や空き場所を利用するスマートな(賢い)留学スタイルで従来の最大半額を実現しました!

    留学費用が従来の最大半額

  2. シンプルな料金体系

    渡航先(行きたい国)×渡航期間(学校へ通う期間)さえ決まれば留学費用が明確に。費用も~表記になっていないので安心です。

    シンプルな料金体系

  3. 同一価格で語学学校が
    自由に選べる

    従来は語学学校ごとに授業料等が違いますが、スマ留は同一価格なので、費用を気にせず語学学校を自由に選ぶことができます。

    同一価格で語学学校が<br>自由に選べる

  4. 充実の英語学習サポート

    オンライン英会話と英語学習アプリが6カ月間活用できる英語学習サポートにより、最短での英語力向上を目指せます。

    充実の英語学習サポート

  5. 安心安全の365日、
    24時間サポート

    世界11カ国24都市のスマ留サポートオフィスで365日、24時間現地での生活をサポート。また、JTBグループの「JTB グローバルアシスタンス」と連携し、海外生活を知り尽くしている現地スタッフが総勢300名いるので安心です。充実のサポート内容も、スマ留が選ばれる一つの理由です。

    安心安全の365日、<br>24時間サポート

  6. インターネットで
    申し込みが可能

    スマ留はシンプルなパッケージ料金なのでインターネットでの申し込みが可能です。北海道から沖縄まで全国のお客様から選ばれています。

    インターネットで<br>申し込みが可能

  7. 高水準の
    新型コロナウィルス対策

    スマ留ではカウンセリングから留学中まで、徹底した衛生管理だけではなく、withコロナ時代にあわせた保証制度やPCR検査のサポートなど、新型コロナウィルスに対する取り組みを積極的に行っております。

    高水準の<br>新型コロナウィルス対策

無料オンライン相談も実施中!

SCHOOL INFOアメリカの語学学校

STUDENT VOICEアメリカ留学の体験談

無料オンライン相談も実施中!

RECOMMEND SPOTSアメリカ留学のおすすめスポット

  • グランドキャニオン

    グランドキャニオン
    アリゾナ州からユタ州にまたがって位置する、長い年月をかけてコロラド川に浸食された大渓谷です。そのスケールの大きさは圧巻です!朝日で赤く染まる渓谷が見られる早朝に行くことをおすすめします。
  • マウントラシュモア

    マウントラシュモア
    サウスダコタ州にある、アメリカを代表する4人の歴代大統領の顔が彫刻されている国立公園です。山を削って作成された巨大な大統領の顔は大迫力があります。
  • 自由の女神

    自由の女神
    独立100周年を記念してフランスから贈られたニューヨークにある銅像です。その名の通り「自由の国」アメリカを象徴するシンボルになっています。アメリカに来たら1度は目にしたい観光スポットです!
  • グランドキャニオン
  • マウントラシュモア
  • 自由の女神

LIFE INFOアメリカ留学の生活情報

VISA INFOアメリカ留学のビザについて

無料オンライン相談も実施中!

ARTICLEアメリカ留学の関連記事

アメリカ留学の記事一覧を見る

Q & Aアメリカ留学のよくある質問

Qアメリカ留学にはどのくらいの費用が必要ですか?
学費や滞在費、生活費その他諸経費を含め1ヶ月の平均留学費用は30~40万円程となります。スマ留ではこうした授業料、入学金、教材費、滞在費、サポート費用などのその他諸経費などを含めたお得な料金パッケージプランを準備しております。
Q留学エージェントを選ぶポイントはなんですか?
選ぶ基準やポイントは人それぞれですが、多くの方が選ぶ条件として ・自身に合ったニーズ ・豊富な情報量 ・カウンセラーの質 ・エージェントに支払う手数料 などを参考にしています。安心して有意義な留学をするために、信頼できる留学エージェントを見つけましょう。
Qアメリカ留学のメリットを教えてください。
世界的に通じるアメリカ英語を本場で学ぶことができます。また、言わずと知れた経済・ファッション・グルメ・エンタメなどあらゆる分野で世界最先端の技術を学ぶことができます。
Q社会人におすすめの留学スタイルを教えてください。
現地で英語を学びながら働くことができるワーキングホリデーや、1週間からの長期休みを使って渡航できる短期留学がおすすめです。
Qアメリカ留学に必要なビザについて教えてください。
3ヶ月までの滞在ならESTA、3ヶ月以上であれば学生ビザやワーホリビザが必要となります。各自の留学スタイルによってビザが異なるため、事前に調べておきましょう。

OTHER COUNTRYその他の留学国

無料オンライン相談も実施中!