CANADA カナダワーホリ

都市と自然が絶妙に調和した国

世界2番目の国土を誇る広大な大地と雄大な自然が特徴のカナダは、都市ごとに雰囲気や気候が異なり、冬にウィンタースポーツが楽しめる都市があるなど四季折々の魅力が溢れています。 地理的・文化的にはアメリカに似ている部分も多いが、「旧英連邦国家」でフランス語も公用語としており、欧米2つの雰囲気を味わえることも魅力の一つ。多民族国家で移民が多く協調性を大切にする温かい国民性から、異文化の様々なバックグラウンドを持つ人々が仲良く暮らす国としても有名。 留学生が受け入れられやすい環境や雰囲気があり、強いなまりもないニュートラルな英語を話すため、英語初心者も安心して留学することができます。

POINTカナダワーホリのメリット

  1. point01

    01働くだけじゃない!学ぶことにも集中できるワーホリ人気国

    カナダは、ワーキングホリデー制度を利用して留学できる国の中でも高い人気を誇る国です。その理由はいくつかありますが、最大の魅力はカナダは働くだけでなく英語を学ぶことにも向いている環境だという点です。カナダはアメリカに近く訛りが強くないので、綺麗な英語を習得することができます。また、世界的大都市と言われるバンクーバーやトロントには世界各国から留学生が集まるため、語学学校の数が多く学ぶ場の選択肢が多いことも魅力です。

  2. point02

    02仕事探しの幅が広く、高収入も目指せる

    カナダはワーホリで募集している職種の幅が広く、英語力がネイティブレベルではなかったり短期でしか働けない場合でも、雇用してもらえる可能性が高いです。中には高収入を目指せる仕事もあり、生活しながら貯金をすることができます。日本人のほとんどが飲食店やホテル関係、小売店とといった接客業を中心に働いています。接客やサービスの仕事は、会計に対して10〜20%程度のチップがもらえることも多く、そちらも収入になる点が魅力です。

  3. point03

    03様々な文化や価値観を持つ人と接しながら刺激を受けられる

    カナダは多文化・多国籍の国であり、ひとつの国に滞在しながらも多種多様な人種・文化に触れる機会が多くあります。イギリス系とフランス系を中心に、ドイツ、イタリアなどのヨーロッパ系、中国や日本などのアジア系移民も多く、日本人とは違うバックグラウンドを持った人々と一緒に働くことで様々な刺激を受けられます。

気軽にできるオンライン相談も実施中!

VISA INFOカナダワーホリの基本情報

ワーキングホリデーには、ワーキングホリデー専用のビザが必要になります。国によって申請方法や有効期限などに違いがあるので、しっかりと理解しておきましょう。 ここからはカナダのワーキングホリデービザの申請方法および有効期限や滞在可能期間について説明していきます。

申請条件

年齢(申請時)18~30歳
募集人数年間6,500名
申請条件
  • 心身ともに健康であること
  • 日本国籍を有すること
  • 扶養家族を伴わないこと
  • 過去にカナダのワーホリビザを申請しワーホリ就労許可通知書の発給を受けていないこと
  • 滞在費として十分な資金最低2,500カナダドルと往復航空券を購入できる十分な資金を所持していること
  • 滞在期間中の障害、疾病に備え医療保険に加入すること
  • バイオメトリクス(指紋認証及び顔写真撮影)登録手続き
申請料金338カナダドル(2020年11月現在)
※参加費+労働許可書+バイオメトリクス登録を合算した金額
有効期限ビザ発行日から1年以内の入国
滞在可能期間入国日から12ヶ月間
就学可能期間最長6ヶ月間
就労可能期間最長1年間

申請方法

申請に必要なもの
  • パスポート(有効期限が6ヶ月以上あるもの)
  • クレジットカード
  • 英文残高証明書
  • 顔写真
  • 学校入学許可証
  • 履歴書
  • インターネット接続のあるパソコン
申請の手順
  1. オンライン申請用のアカウント(MyCIC)を作成
  2. 登録したアカウントでIEC(International Experience Canada)から申請し抽選に応募
  3. 当選後、ITA(Invitation to Apply)から招待状メールが届く
  4. Work Permitから必要情報を入力しビザを申請
  5. オンライン決済で申請料金を支払う
  6. バイオメトリクスを登録する
  7. MyCICに取得完了メールが届く

CITY RANKINGカナダワーホリで人気な都市ランキング

カナダの都市一覧

  • 第1位バンクーバー

    バンクーバー

    山や海に囲まれた自然と、近代的な高層ビルが建ち並ぶ大都市とが共存している街です。また多国籍国家であるため、バンクーバーには世界中から様々な人たちが集まってきます。そんな様々な国籍の人が集まる大都市バンクーバーは、ワーホリ制度での仕事がカナダで最も見つけやすいと言えます。日本食レストランやカフェ、アパレル、ホテル、美容系の求人まで職種も豊富なので、希望にあった条件の職種に就ける可能性が高いです。

  • 第2位トロント

    トロント

    人口およそ300万人を抱える大都市トロントはカナダ最大の都市です。”人種のモザイク”と呼ばれるトロントは様々な人種を受け入れており、日本人にも寛大で生活しやすい他、様々なバックグラウンドを持った人と関わることができます。更にトロントには語学学校が100以上あるとされており言語を学ぶ環境も整っているので、英語習得に力を入れたい人におすすめです。日本食ブームの影響で日本のラーメン屋や洋菓子店などが多く、英語が苦手な方でも働く場所がみつけやすい環境です。

  • 第3位ビクトリア

    ビクトリア

    カナダの南西部に位置するビクトリアは、花の街として知られている美しい都市です。アメリカにも近くシアトルへはフェリーなどを使って移動することが可能です。イギリス文化の影響が色濃く残っており、カナダの中でも違った異国情緒を味わうことができるのも最大の魅力です。ビクトリアでの仕事先として一番多くみつかるのは観光関係の仕事になります。そのため、仕事先として多いのは、ホテルのハウスキーピングや観光地でのツアーガイドなどでしょう。

  • 第4位モントリオール

    モントリオール

    北米のパリとも呼ばれるモントリオールは人口が170万人を超えるケベック州最大の都市です。英語だけでなく公用語としてフランス語も使用されているので、フランス語が話せるとさらに仕事の幅も広がります。カナダの首都オタワやアメリカのバーモント州が近隣にあるため、ワーホリ滞在期間に観光や旅行も楽しみたいという人には最適な街です。また日本人が少ない環境なので、集中して言語を学びたい人におすすめです。

WHATSワーホリでできること

ワーキングホリデービザでは、学校で学ぶだけではなく働いてお金を稼いだり、旅行やアクティビティなどを楽しんだりと現地で自由に生活することができます。そのため、自分の目的に合わせて事前にしっかりとプランを立ててから渡航することが大切になります。ここではワーキングホリデーで滞在中にできる、”STUDY”(学ぶ)、”WORK”(働く)、”LIFE”(生活する)の3つについて紹介していきます。

STUDY学ぶ

カナダのワーキングホリデーでは最長6ヶ月の就学ができます。カナダはアメリカに近い立地で、訛りも少ない国なので英語を学ぶことにも向いている環境です。特にバンクーバーやトロントは世界中から留学生が集まるため、語学学校やコースの選択肢が多いことが魅力です。

SCHOOL INFOカナダの語学学校

STUDENT VOICEカナダの体験談

気軽にできるオンライン相談も実施中!

WORK働く

ワーキングホリデーの一番の特徴は働きながら自由に過ごせることです。 現地で仕事に就くとなるとやはり、想定される仕事にはどのようなものがあるのか、 給料はどのくらいもらえるのか気になると思います。それぞれ語学レベルに分けて解説していきます。

職種 必要な英語レベル 時給※目安
日本食レストランのホールスタッフ 初級レベル以上 C$13.95
現地レストランのホールスタッフ 初級レベル以上 C$13.95
アパレルショップ店員 初級レベル以上 C$14.60
ネイリスト及び美容師 中級レベル以上 C$14.60
キッチンスタッフ 上級レベル C$15-16
ベビーシッター 上級レベル C$16.00

※最低基本時給C$14.60(2020年11月時点) チップをもらえる職種の場合のみC$13.95ドル

JOURNEY旅する

ワーキングホリデー中は授業や仕事の時間以外は、自由に過ごすことができます。 せっかく現地に訪れたなら、渡航先の観光も忘れてはなりません! カナダには壮大な大自然を満喫できる観光スポットがたくさんあります。 ここではカナダの人気観光スポットをご紹介します。

RECOMMEND SPOTSカナダのおすすめスポット

  • ウルル(エアーズロック)

    バンフ国立公園
    バンクーバーに近いアルバータ州のバンフにある国立公園です。ロッキー山脈に囲まれ自然豊かなので写真をとるのもいいですし、冬にはスキーもできるので様々なことができる観光地です。
  • ハーバーブリッジ

    メープル街道
    トロントがあるオンタリオ州からケベック州にかけて全長800㎞に及ぶ街道です。秋になると紅葉に囲まれる街道となります。車・鉄道で観光が可能です。
  • ホイザーレーン

    イエローナイフ
    カナダでオーロラを見たい方はイエローナイフがおすすめです。天候によりますが、ほとんどの確率でオーロラを見ることができます。北部のため防寒具の準備は忘れずにしましょう。
  • ウルル(エアーズロック)
  • ハーバーブリッジ
  • ホイザーレーン

PRICE INFOカナダワーホリの費用

実際にワーホリに行くうえで1番気になるのが費用なのではないでしょうか。 現地で資金不足になってしまうことを防ぐためにも、計画的に予算を立てておくことが必要です。 ここではカナダで1年間ワーホリをした場合にかかる費用相場を、支出と収入に分けて詳しく解説していきます。

収入合計
103万円

支出合計
169-248万円

収入目安

内訳 概算金額
給料 約121万円※期間:9ヶ月間
税金 約18万円※税率15%

※収入は、就労期間:9ヶ月間、稼働時間:1日6時間×週5日間、時給:最低賃金の場合です。

支出目安

内訳 かかる費用
滞在費※宿泊形態により異なる 60~90万円
生活費 45~60万円
語学学校費用 24~48万円※3ヶ月~最大就学期間6ヶ月の場合
その他諸経費(渡航費・保険料・ビザ費用) 40~50万円

1年間のワーホリで必要な金額
(支出合計ー収入合計)
106万円

費用を節約する方法

1年間カナダへワーホリに行く目安の金額になりますが、 滞在形態や外食の量によって費用は大きく変わってきます。 ここからはさらに費用を抑えたい方のために節約方法をご紹介します!

気軽にできるオンライン相談も実施中!

COUNTRY INFOカナダワーホリの基本情報

正式名称カナダ(CANADA)
大陸北アメリカ大陸
首都オタワ
面積9,984,670km²
人口約3,789万人
年間気温(夏/冬)都市によって異なる
主な宗教キリスト教,イスラム教
公用語英語,フランス語
英語環境(英語のアクセント)アメリカ英語
通貨/レートカナダドル/1ドル=約79円 (2020年11月6日現在)
電圧/電源プラグ110V‐120V / A型 日本と同じ型のプラグ
日本との時差-16時間・-14時間
最短フライト時間※成田から直行便の場合約9~12時間
航空券の費用※時期によって変動いたします片道5~12万円程度
ワーホリ可否可能

LIFE INFO生活について

ARTICLE関連記事

カナダ留学の記事一覧を見る

Q & Aよくある質問

Qカナダワーホリに年齢制限はありますか?
申請時に18~30歳の年齢であることが条件になります。
Q1年間のカナダワーホリにかかる費用の相場はどのくらいですか?
外食の回数や語学学校、滞在先等どのように過ごすのかで変動はありますが、最低100~150万円は見積もっておきましょう。現地でワーホリをして働きながら稼ぎ貯金することも可能ですが、余裕のある生活を望むのであれば予算はなるべく多くあったほうが好ましいです。
Qカナダワーホリではどんな仕事ができますか?
レストランのホールスタッフ、アパレル店員やネイリスト等の美容部員、ベビーシッター等、職種の幅が広く希望の仕事に就きやすいのがカナダでワーホリをする大きなメリットです。
Qカナダワーホリのビザを取得するにはどのくらいの期間が必要ですか?
申請から取得までにかかる期間としては、2~3ヶ月と他国と比べ長くなっています。また例年定員数が6,500人と制限があるため、早めに手続きを進めることをおすすめします。
Qカナダワーホリビザの倍率はどのくらいですか?
当選倍率は1.4倍程と言われています。倍率は低いですが、年間定員数に達すると申請が締め切られてしまうので注意しましょう。また、年によって倍率に変動があるのでワーホリを希望する人は早めに申請をしましょう。

OTHER COUNTRYその他の留学国

気軽にできるオンライン相談も
実施中!