UNITED KINGDOM イギリスワーホリ

英語発祥の地、独自の伝統と文化の最先端が絶妙なバランスを保つおしゃれな島国

歴史ある文化や伝統が色濃く残るイギリスは、古い伝統も守りながらも、常に流行の発信地としてファッション・アート・音楽・考え方や技術などを生み出し世界中に発信している国としても有名。 英語教育にも古い歴史をもち、語学学校の質や教育レベルも世界的に高いです。 英語発祥の地として、上品なクイーンズイングリッシュを学ぶことができることが魅力。多国籍国家でもあるため国際色豊かで留学生でも住みやすい雰囲気があります。 ヨーロッパ各国へ小旅行を楽しむこともできる、ヨーロッパの魅力たっぷりの国です。

POINTイギリスワーホリのメリット

  1. point01

    01世界的な流行発信地で
    刺激あるワーホリ生活

    イギリスの首都であるロンドンは、「ヨーロッパで一番の都市」とも言われるほど影響力のある経済都市です。「憧れのロンドンで働いてみたい!」そんな想いで世界中からたくさんの人々が集まり、最先端のファッションやアート、音楽を生み出す流行の発信地として知られています。その一方で、伝統的な文化や建物を大切に残しており、歩くだけだけでもイギリスの歴史を感じることができます。世界的な流行の発信地で刺激のある日々を体験することができることでしょう。

  2. point02

    02他国と比較して
    「自由度」が高いワーホリ制度

    他国と比べてイギリスはワーホリ制度が比較的自由です。例えば他国のワーホリの期限は1年間と決められていることが多い中、イギリスは2年間なのでより長い期間ワーホリで滞在することが可能です。また他国のワーホリ制度は学校に通える期間も上限が定められていることが多いですが、イギリスでは滞在できる2年間の期間中ならいくらでも学校に通うことができるので、働きながらたくさん勉強することができます。

  3. point03

    03世界的トップレベルの教育機関で伝統的な
    クイーンズイングリッシュが学べる

    イギリスは世界的にもトップレベルの教育環境が整っているため言語を習得するのにはとても向いています。その理由はイギリス政府が基礎学力の徹底に力をいれているためです。大学や大学院留学など長期留学の選択肢も多く、語学学校も充実しているので安心して学校を選ぶことができます。また、イギリスの標準英語であり、もともと上流階級で使われていた「クイーンズイングリッシュ」を本場で学ぶことができるので、上品な英語を身につけることができるのも魅力です。

気軽にできるオンライン相談も実施中!

VISA INFOイギリスワーホリの基本情報

ワーキングホリデーには、ワーキングホリデー専用のビザが必要になります。国によって申請方法や有効期限などに違いがあるので、しっかりと理解しておきましょう。 ここからはイギリスのワーキングホリデービザの申請方法および有効期限や滞在可能期間について説明していきます。

申請条件

年齢(申請時)18~30歳
募集人数年間1,000名 (1月に800名、7月に200名)
申請条件
  • 心身ともに健康であること
  • 子供を同伴しないこと
  • 過去にイギリスのワーホリビザを取得したことがないこと
  • 滞在費として十分な資金最低£1,890の資金を所持していること
申請料金244英ポンド+300英ポンド又は600英ポンド(2020年11月現在)
※別途IHS費用が必要となるが、滞在期間で費用に変動あり
有効期限ビザ発行日から1年以内の入国
滞在可能期間入国日から24ヶ月間
就学可能期間制限なし
就労可能期間制限なし

申請方法

申請に必要なもの
  • パスポート(有効期限が6ヶ月以上で、空白2ページ以上があるもの)
  • パスポートのコピー(顔写真ページのA4サイズのカラーコピー)
  • クレジットカード
  • 英文残高証明書
  • 証明写真
  • 抽選当選メール
  • オンラインで作成したビザ申請書
  • インターネット接続のあるパソコン
申請の手順
  1. 募集期間内に、駐日英国大使館指定のメールアドレスに応募
  2. 当選後、大使館より申請案内のメールが届く
  3. オンラインでビザ申請および書類作成
  4. 申請料の支払い
  5. ビザセンターに事前予約後、訪問して必要書類の提出
  6. ビザ承認後、イギリスの郵便局でBRPカードを受け取り

CITY RANKINGイギリスワーホリで人気な都市ランキング

イギリスの都市一覧

  • 第1位ロンドン

    ロンドン

    世界都市であるイギリスの首都ロンドンには、世界中から様々な目的を持った多種多様な国籍の人々が集まります。そのためロンドンでは外国人差別があまりなく、日本からきた私たちに対してもロンドン居住者と同じように接してくれます。世界遺産や観光地も多くあり休日にはイギリス文化に触れながら観光を楽しむことができます。また、ロンドンは他のイギリスの都市と比べて募集している仕事や職種が多いです。「ヨーロッパで一番の都会」と言われるロンドンで刺激的な毎日を送ることができるでしょう。

  • 第2位オックスフォード

    オックスフォード

    「イギリス最古の大学都市」と言われるオックスフォードは、歴史ある有名大学が建ち並ぶ世界的な学園都市です。まるでおとぎ話の世界に飛び込んだような中世の街並みが残り、伝統的な英国の文化に浸ることができます。学生の街ということもあり学生向けのレストランやサービスが充実しています。治安が良く、落ち着いた環境で勉強と両立しながら働きたい人におすすめの都市です。

  • 第3位ケンブリッジ

    ケンブリッジ

    イギリスで最も安全な都市の上位に度々名前が挙がるほど、治安の良い街として知られています。街の人たちは穏やかな人が多く、意識の高い学生や研究者が世界中から集まっています。ケンブリッジ大学で有名な学園都市で、学生には嬉しい学割制度が充実しているのも魅力です。大学構内の仕事や、レストラン、カフェなど学生が多い環境で働くことができます。

  • 第4位リバプール

    リバプール

    世界的に有名なロックバンド・ビートルズの生誕地であり、産業革命時代に発展した海商都市としての面影残る美しい港町としても知られています。日本人を含めたアジア人が比較的少ないので集中して英語を学ぶことができます。また、物価が高いことで知られるイギリスの中でも比較的物価や家賃が低いです。ロンドンと比べると家賃を半分程度で抑えることができるため、節約しながらイギリスに滞在したい人におすすめの都市です。

WHATSワーホリでできること

ワーキングホリデービザでは、学校で学ぶだけではなく働いてお金を稼いだり、 旅行やアクティビティなどを楽しんだりと現地で自由に生活することができます。 そのため、自分の目的に合わせて事前にしっかりとプランを立ててから渡航することが大切になります。 ここではワーキングホリデーで滞在中にできる、 ”STUDY”(学ぶ)、”WORK”(働く)、”LIFE”(生活する)の3つについて紹介していきます。

STUDY学ぶ

イギリスのワーキングホリデーでは、2年間の期限の中で制限なく就学ができます。そのため、働きながら並行して長く語学学校に通うなど、他の国と比べて自由度の高いワーキングホリデーの過ごし方が可能です。

SCHOOL INFOイギリスの語学学校

気軽にできるオンライン相談も実施中!

WORK働く

ワーキングホリデーの一番の特徴は働きながら自由に過ごせることです。 現地で仕事に就くとなるとやはり、想定される仕事にはどのようなものがあるのか、 給料はどのくらいもらえるのか気になると思います。それぞれ語学レベルに分けて解説していきます。

職種 必要な英語レベル 時給※目安
日本食レストランのホールスタッフ 初級レベル以上 £8.72
お土産屋のスタッフ 初級レベル以上 £8.72
ネイリスト及び美容師 中級レベル以上 £8~10
オフィスワーク 上級レベル以上 £8~10

※最低基本時給(21~24歳の場合) £8.72(2020年11月時点)

JOURNEY旅する

ワーキングホリデー中は授業や仕事の時間以外は、自由に過ごすことができます。 せっかく現地に訪れたなら、渡航先の観光も忘れてはなりません! イギリスには歴史と伝統を感じられる観光スポットがたくさんあります。 ここではイギリスの人気観光スポットをご紹介します。

RECOMMEND SPOTSイギリスのおすすめスポット

  • ウルル(エアーズロック)

    バッキンガム宮殿
    イギリス王室の宮殿で、エリザベス女王の邸宅としても知られる、ロンドン最大の観光名所です。周辺の護衛を務める近衛兵の交代式は、イギリス名物として観光客に大変人気があります。
  • ハーバーブリッジ

    ロンドン塔
    テムズ川の岸辺に建てられた世界遺産の城砦です。正式名称は、「女王陛下の宮殿にして要塞」。時代によって要塞、宮殿、牢獄と役割を変えてきたこの建物をよく表現しています。
  • ホイザーレーン

    ロンドンアイ
    1999年末に開業した、ヨーロッパで最も巨大な観覧車です。日本の観覧車と異なり、カプセルは25人乗りなので大人数で楽しむことができます。
  • ウルル(エアーズロック)
  • ハーバーブリッジ
  • ホイザーレーン

PRICE INFOイギリスワーホリの費用

実際にワーホリに行くうえで1番気になるのが費用なのではないでしょうか。 現地で資金不足になってしまうことを防ぐためにも、計画的に予算を立てておくことが必要です。 ここではイギリスで1年間ワーホリをした場合にかかる費用相場を、支出と収入に分けて詳しく解説していきます。

収入合計
98万円

支出合計
213-404万円

収入目安

内訳 概算金額
給料 約122万円※期間:9ヶ月間
税金 約24万円※税率20%

※収入は、就労期間:9ヶ月間、稼働時間:1日6時間×週5日間、時給:最低賃金の場合です。

支出目安

内訳 かかる費用
滞在費※宿泊形態により異なる 72~100万円
生活費 66~72万円
語学学校費用 45~180万円※3ヶ月~就学期間1年の場合
その他諸経費(渡航費・保険料・ビザ費用) 30~52万円

1年間のワーホリで必要な金額
(支出合計ー収入合計)
211万円

費用を節約する方法

1年間イギリスへワーホリに行く目安の金額になりますが、 滞在形態や外食の量によって費用は大きく変わってきます。 ここからはさらに費用を抑えたい方のために節約方法をご紹介します!

気軽にできるオンライン相談も実施中!

COUNTRY INFOイギリスワーホリの基本情報

正式名称グレートブリテンおよび北アイルランド連合王国(United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland)
大陸ヨーロッパ大陸
首都ロンドン
面積242,495km²
人口約6,665万人
年間気温(夏/冬)都市によって異なる
主な宗教キリスト教、イスラム教、ヒンドゥー教、無宗教
公用語英語
英語環境(英語のアクセント)イギリス英語
通貨/レートスターリング・ポンド/1ポンド=約136円 (2020年11月6日現在)
電圧/電源プラグ220‐240V /BF型プラグ
日本との時差-9時間 サマータイム:-8時間
最短フライト時間※成田から直行便の場合約12~13時間30分
航空券の費用※時期によって変動いたします片道7~20万円程度
ワーホリ可否可能(正式にはワーホリビザではない)

LIFE INFO生活について

ARTICLE関連記事

イギリス留学の記事一覧を見る

Q & Aよくある質問

Qイギリスワーホリに年齢制限はありますか?
申請時に18~30歳の年齢であることが条件になります。
Q1年間のイギリスワーホリにかかる費用の相場はどのくらいですか?
イギリスは他国と比べても物価が高いです。外食の回数や語学学校、滞在先等どのように過ごすのかで変動はありますが、最低150万円~250万円は見積もっておきましょう。現地でワーホリをして働きながら稼ぎ貯金することも可能ですが、余裕のある生活を望むのであれば予算はなるべく多くあったほうが好ましいです。
Qイギリスワーホリではどんな仕事ができますか?
飲食業、販売業、美容関連の専門職など、自身の英語のレベルに応じた職種が選択出来ます。
Qイギリスワーホリのビザを取得するにはどのくらいの期間が必要ですか?
目安として、1ヶ月程度と言われています。毎年決められた時期に申請及び抽選を行っています。毎年の定員数が年間1,000人と少ないため、早めに手続きを進めることをおすすめします。
Qイギリスワーホリビザの倍率はどのくらいですか?
定員数が毎年1,000人と少ないため、倍率は10~20倍と競争率が高いです。また、年によって倍率に変動があるのでワーホリを希望する人は早めに申請をしましょう。

OTHER COUNTRYその他の留学国

気軽にできるオンライン相談も
実施中!