メニューボタン

ワーホリしたい方必見!ヨーロッパでワーホリできる13ヵ国を紹介

by smaryu

作成日2020.11.10

(更新日2021.05.29)

ワーホリしたい方必見!ヨーロッパでワーホリできる13ヵ国を紹介

日本は2017年時点でヨーロッパの13か国とワーホリ協定を結んでいます。ワーホリの条件は、ほかの国とあまり変わりません。ヨーロッパのワーホリでは、いろいろな言葉に触れたり、旅行を楽しんだりすることができます。この記事では、ヨーロッパでワーホリできる国の特徴や仕事の探し方などについてご紹介していきます。ヨーロッパにワーホリをしたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

また下記サイトでは英語圏のワーホリ協定国をご紹介しています。ワーホリで英語を学びたい方はこちらをご覧ください。

ヨーロッパでワーホリできる国・特徴

ヨーロッパでワーホリできる国を紹介!長期滞在で欧州を満喫しよう

ワーホリをすることができるのは、日本とワーホリ協定を結んでいる国だけです。この章では、ヨーロッパでワーホリできる13か国についてご紹介していきます。ヨーロッパでワーホリできる国は、下記の13か国です。

  • イギリス
  • フランス
  • アイルランド
  • デンマーク
  • ドイツ
  • オーストリア
  • ポーランド
  • ノルウェー
  • ポルトガル
  • スペイン
  • ハンガリー
  • スロバキア
  • チェコ

ワーホリビザの申請条件は、日本国籍であること、年齢、十分な資金があること、初めてのワーホリであること、家族が同伴でないこと、健康であることなどです。ワーホリ期間は、1年間の国が多いです。しかし、発給から1年の国や2年間の国もあります。イギリスでは、発給数が決まっています。

ワーホリには、学校に通うことができる期間が6ヶ月の国が多いです。しかし、ヨーロッパでワーホリできる国のなかには、期間に制限がない国があります。学校に通う期限がないことで、その土地の言語を勉強しながら働くことができます。

デンマークやノルウェーは、英語が通じる人はいますが、英語だけでは、仕事をすることが難しいといわれています。そのため、語学学校に通う期限がないことはメリットといえるでしょう。イギリスやフランスではファッションが発展しています。そのため、ファッションに関係する仕事ができたり、文化に触れたりすることができます。

ヨーロッパワーホリの魅力

ヨーロッパワーホリの魅力は、公用語が英語だけではないことや旅行する費用が安いなどです。
この章では、ヨーロッパワーホリの魅力について詳しくご紹介していきます。

英語だけではなく様々な言語に触れることができる

ヨーロッパの公用語には、英語のほかにフランス語やノルウェー語、ドイツ語があります。フランスやドイツなどでは、学校に通う期間が決められていないため、ワーホリ中に語学学校に通うことでさまざまな言葉に触れることができます。

安く欧州を周遊できる!

ヨーロッパは魅力のある国が集まっています。そんなヨーロッパをワーホリ中に旅行したいと考える方もいらっしゃるでしょう。ヨーロッパは、EU加盟国なら国を移動するときパスポートやビザのチェックがないため、スムーズに観光することができます。さらに、ヨーロッパの国は、国同士が近いため、移動に時間がかからず費用を抑えることができます。

長期間の渡航で様々な体験ができる

国によっても異なりますが、ワーホリビザは1年間の滞在が許可されるビザです。
一年間の海外生活では、日本では感じることのできない様々な文化や言語に触れることができます。
また、タイミングが良ければ、その国ならではのお祭りなどにも参加することもできるでしょう。

このようにヨーロッパのワーホリには、魅力があります。ヨーロッパにワーホリにいく際は、観光も楽しんでみてはいかがでしょう。

 

インターネットが便利!現地の仕事を探す方法

ヨーロッパでワーホリできる国を紹介!長期滞在で欧州を満喫しよう
ワーホリでは、現地で働くことができます。しかし、現地についてから仕事を探す必要があります。この章では、ヨーロッパのワーホリで働ける仕事や探し方についてご紹介していきます。

ヨーロッパワーホリでできる仕事

ヨーロッパでのワーホリで働ける仕事は、国によって異なります。たとえば、イギリスならホテルや日本の企業、カフェなど、ドイツならビール関係の仕事をすることもできます。

また、日本食のお店では、日本人が経営しているお店などがあり、キッチンでは、お客さんとコミュニケーションをとることがないため、英語が苦手な人にも人気のある仕事です。英語に自信のある方は、カフェやレストランで働くことで、現地の人とかかわることが多く、語学力が向上します。また、語学力が高い人は、翻訳の仕事をすることができます。

イギリスでは、日本の企業が進出しているため、日本企業のオフィスで働くこともできます。現地の人も働いているため、英語力を求められることが多いです。

仕事の探し方

ワーホリでは、現地で仕事を探さないといけません。仕事の探し方には、インターネットを使って探す方法や直接探す方法があります。インターネットには、求人サイトが多く載っているため、利用してみるとよいでしょう。サイトのなかには、日本人向けのサイトもあるため、英語が苦手な方でも探すことが可能です。

直接探す方法は、求人募集しているお店などに直接いく方法です。その場合は町を散策したりして求人募集しているお店を探す必要があります。また、コンビニなどに置かれている求人誌やフリーペーパーで求人しているお店を探すことも可能です。

世界の共通語・英語!ワーホリ前の英語留学をオススメする理由

ヨーロッパのワーホリにいきたい方は、事前に語学留学することをおすすめします。この章では、ワーホリ前に語学留学することがおすすめの理由や費用の安い留学先についてご紹介していきます。

ワーホリでは、渡航後から現地で生活が始まります。ワーホリ前の語学留学がおすすめの理由は、生活や仕事探しをする際に英語を使うからです。英語が使えないと人に相談することや仕事を探すことが困難です。ヨーロッパの国でも英語が通じることが多いため、事前に英語力を高めておきましょう。

英語力を高めるには、語学留学がおすすめです。語学留学では、学校だけでなく生活するなかでも英語を使います。そのため、英語力が上達しやすいです。

語学留学にかかる費用が安いのはフィリピンです。フィリピンは、物価や授業料が安いため、留学費用を抑えることができます。また、フィリピンには、世界から企業が進出しており、英語でコミュニケーションをとっています。そのため、アジア地域のフィリピンでも英語を学ぶことが可能なのです。

フィリピンの語学学校に留学する際にかかる費用は、3ヶ月で約50万円です。費用は、留学する学校やコース、地域によって差がでてきます。

まとめ

日本とワーホリ協定を結んでいるヨーロッパの国は、13か国あります。ヨーロッパのワーホリの条件はほかの国と変わりません。ヨーロッパワーホリの魅力には、英語以外の言葉に触れることができることや観光費用を抑えることができることです。観光費用を抑えられる理由は、国同士が近いからです。また、ビザの確認などがないため、スムーズに観光することができます。

ワーホリでは、渡航してから仕事を探す必要があります。仕事を探す際には、インターネットが役立ちます。そのため、インターネットを使って求人サイトから仕事を探す方法がおすすめです。ほかには、求人をしているお店に直接いく方法もあります。

ヨーロッパでのワーホリを考えている方は、事前に語学留学などである程度は英語を理解しておくことをおすすめします。ヨーロッパでは英語が通じる国も多いため、スムーズに仕事なども探せるでしょう。

留学費用を従来の最大半額で実現したスマ留を利用すると、クオリティはそのままに費用はリーズナブルにワーホリをすることができます。プロのカウンセラーが多数在籍しており、ニーズに合わせた最適な国や期間を提案することができます。少しでもワーホリに興味がある方は、まずは無料カウンセリングを受けてみましょう。

 

イギリスワーホリついて

歴史ある文化や伝統が色濃く残るイギリスは、古い伝統も守りながらも、常に流行の発信地としてファッション・アート・音楽・考え方や技術などを生み出し世界中に発信している国としても有名。英語教育にも古い歴史をもち、語学学校の質や教育レベルも世界的に高いです。英語発祥の地として、上品なクイーンズイングリッシュを学ぶことができることが魅力。多国籍国家でもあるため国際色豊かで留学生でも住みやすい雰囲気があります。ヨーロッパ各国へ小旅行を楽しむこともできる、ヨーロッパの魅力たっぷりの国です。

イギリスワーホリについてもっと知る

無料オンライン相談も実施中!

無料オンライン相談も実施中!