GOINGTOCOLLEGE

大学留学

Read MoreClose

大学留学とは…?

海外の高等学校や大学、大学院といった教育機関で直接学び、卒業することを目的とした留学のことを「正規留学」といいます。
近年急速にグローバル化が進んでおり、それに対応した人材が必要となっています。語学力はもちろんのこと、コミュニケーション能力や異文化に対する理解力や適応能力も求められます。海外の大学で学べるのはその学業に特化した能力だけに限りません。「正規留学」は世界に通用する人材へと自分を成長させる第一歩になります。

大学留学の種類TYPEOFPLAN

4年制大学/University

”4年制大学/University”
Read MoreClose

日本の大学の場合、受験する際に何を専攻するかを決定して、学部別に受験することがほとんどかと思います。
一方で、アメリカの4年制大学は1.2年制の時は専攻分野が決まっておらず一般教養の勉強を、3年生になる時点で専門分野の専攻をして勉強が始まります。
そのため、2年間のうちにどのようなことを専門にするか考える時間ができるため、より自分の学びたいことを学べる環境があります。
国によって、日本と同じように4年で単位取得する場合、3年で単位取得する場合に分かれます。

2年制大学/College

”2年制大学/College”
Read MoreClose

2年制大学はコミュニティーカレッジとよく言われています。2年制大学は、4年制大学と比べると入りやすく編入も目指しやすいため、4年制大学に入りたいが学力の問題で難しいという場合におすすめです。
2つの目的でコースが分かれています。職業コースは、帰国後のビジネスや就職に役立つスキルをつけることができます。語学と一緒に仕事に直結した専門的な技術や知識を学ぶことができるのが職業コースです。編入コースは、主に4年制大学に入りたい方向けに編入に向けての勉強や対策を行います。憧れの難関大学への編入も、場所や成績次第で可能です。
また、2年制大学は4年制大学と比べて学費を節約できるというメリットがあります。また、4年制大学と比べて1クラスの生徒数が少ないことが多いです。したがって他の生徒とのコミュニケーションが密なものになりリラックスした気持ちで勉強に向かう事ができます。

海外大学留学ができる国POSSIBLECOUNTRIES

海外の大学留学に必要な条件CONDITIONS

Read MoreClose

海外への大学留学をするためにはクリアしなければいけない基準があります。
この基準は学校や国によって異なりますが、主に「英語力」や「学校の成績」が基準となります。英語力で基準となるのがTOEFLやIELTSの点数です。アメリカ大学の留学で必要なTOEFLの点数は61点以上です。IELTSにおきましてはアカデミックモジュールで6.0以上が求められますが学部によっては更に高いスコアが求められます。
高校の成績を簡単な数値で表したものがGPAですが大学留学の際にはこちらがみられます。各教科の成績を方式によって算出されたものがGPAになります。その他にも課外活動の実績や学校からの推薦状なども基準となることがあります。

大学進学準備フローFLOW

Read MoreClose

正規留学の前に事前に準備しておきたいことについてご紹介いたします。
まずは明確な目標を決めることが必要です。留学の先や留学期間などを明確に決めることによってスムーズに手続きを進めていくことができます。留学期間のカウンセリング等なども利用してまずは目標を決定しましょう。
自分に合った留学機関を選択するというのも大切です。留学後に後悔がないように、留学機関は妥協をせずにサポートが丁寧なところを選びましょう。

各国の大学留学魅力FEATUREOFEACHCOUNTRY

アメリカ大学留学

多くの留学生にとって憧れの国なっているのが「アメリカ」です。
アメリカは学校数も多くて多彩な選択肢があります。アメリカは留学はもちろんですがビジネスや観光を目的として世界中から様々な人々が集まっています。そのため様々な価値観に触れながら勉強することができます。そのため、留学生は英語力はもちろんですがボーダレスでグローバルな感性を身につけることができます。
また、留学を目的とした多くの学生が世界中から集まりますので留学に対するサポート体制が手厚くなっています。アメリカの英語はもちろんのこと、文化やエンターテインメントに触れたい、また専門分野が発達しているという理由で人気の留学先となっています。

イギリス大学留学

イギリスは、至ることに歴史が深い文化や慣習が色濃く残る国です。古い伝統や文化は、大事に残したまま、流行の発信源として最先端のエンタメやアート、技術を生み出し世界中の一歩先を走り続けている国としても有名です。
英語教育にも古い歴史をもち、語学学校の質や教育レベルも世界的に高いです。英語発祥の地として、上品なクイーンズイングリッシュを学ぶことができることが魅力。多国籍国家でもあるため国際色豊かで留学生でも住みやすい雰囲気があります。 ヨーロッパ各国へ小旅行を楽しむこともできる、ヨーロッパの魅力たっぷりの国です。

カナダ大学留学

教育水準が高く、学費もリーズナブルという点で人気なのが「カナダ」です。
カナダは都市と自然が絶妙に調和した国でもあります。カナダは世界で2番目に大きな国土を有しており都市ごとに四季折々の魅力が溢れている国です。移民が多く様々な文化の背景を持った人々が仲良く暮らしています。そのため、留学生を受け入れやすい環境があります。
訛りのないきれいな英語が学べますし、英語教育システムが整っています。

オーストラリア大学留学

壮大な自然と近代都市が融合している国が「オーストラリア」です。
オーストラリアの大きな魅力は「フレンドリーさ」です。移民が多く、多彩な文化が混在しており留学生にも優しい国です。
オーストラリアは春休み・夏休みを利用しての短期留学からワーキングホリデーまで、幅広い受け入れをしています。治安がよいという点も安心して留学先に選択できる理由です。気候は比較的温暖で人々の性格がおおらかという点も魅力です。

ニュージランド大学留学

初めての留学にオススメなのは「ニュージーランド」です。
最大都市のオークランドであっても少し離れるとすぐに落ち着いた環境になり、ゆったりとした時間を過ごすことができます。おおらかでフレンドリーな方や親日家が多いため留学生も馴染みやすい国です。ニュージーランドは治安が良く、美しい自然と固有種の動物との触れ合いやアウトドアを楽しめるという魅力のある国です。ワーキングホリデーでの滞在で人気の渡航先です。

大学進学留学に関してよくある質問QUESTION&ANSWER

海外の大学に留学する際は、日本での高校や大学の成績証明書を提出する必要があります。大学の場合は、GPAを提出しないといけないです。入りたい大学のレベルによっても必要な学歴は異なります。不安でしたら、悩まずに信頼できる留学カウンセラーに相談していただくことが良いでしょう。

TOEFL IBT61以上 IELTS 6.0以上

英語力が希望大学のスコア基準以下の場合、現地の語学学校で一定期間、英語研修を受け、入学基準に満たした後、大学へ進学することが可能です。

国や都市・エリア、選んだ留学スタイル、学校によっても変わってきます。授業料と生活費(住居費、食費、交通費、交際費など)を留学期間中、支払えるだけの十分な資金は必要。平均的な公立(州立など)の大学の留学費用は、300~400万円程度の預金残高証明書を、出願の際に提出する必要があります。

日本や外国の政府をはじめ、さまざまな団体が奨学生を募集しているので、それらをうまく活用できます。日本の大学や海外の大学が提供しているもの、地方自治体、民間のものなど探してみると意外と多いです。そのほか、留学先に比較的物価の安い国・地域を選ぶ、滞在費用を工夫する方法もあります。

日本の大学と同じく、海外の大学でも学ぶことのできる分野は様々あります。あなたが興味のあることや就職活動に向けてどんな職業を目指すかをまず決めることが重要です。
参考までに専攻分野をあげると、「会計学」「環境学」「観光学」「社会心理学」「国際政治学」「デザイン」「マーケティング学」などです。興味のある専攻分野によって大学や行くべき国や都市も変わり、留学中の充実度も大きく変わります。留学準備中や情報取集の段階で興味のある専攻分野やそれが学べる大学や国について調べておきましょう。

目的で選ぶ

属性などによっても留学に行く目的はそれぞれ違うかと思います。今興味のある目的、留学プランを選んでください。

年代で選ぶ

無料個別・団体相談を毎日行っております。

お気軽にご予約ください。

その他ご不明な点は
お気軽にお問い合わせください

LINEで問い合わせ

メールフォームで問い合わせ

0120-501-946


お電話での受付時間は、11:00〜19:00 水曜定休

スマ留のお申し込みはこちらから

本申し込みはこちら