アメリカの教育制度は日本とどう違う?おすすめの留学スタイルも紹介 | スマ留

アメリカの教育制度は日本とどう違う?おすすめの留学スタイルも紹介

アメリカの教育制度は日本とどう違う?おすすめの留学スタイルも紹介

アメリカの教育制度の質は大変高く、世界でも学力の高さは認められています。日本とアメリカの教育制度を比べた場合、違いは多くあります。

アメリカに留学をした場合、日本で学生生活を送るのとはまた違った成長が見られるかもしれません。そのため、子どもをアメリカに留学させてみたいと考える方も多いです。しかし、「アメリカと日本の教育制度が具体的にどう違うのか」と疑問に思う方もいるのではないでしょうか。

そこで、この記事ではアメリカの教育制度が日本とどのように違うのかをご紹介していきます。アメリカに留学するメリットや留学の種類なども解説していくので、子どものアメリカ留学を検討している方は参考にしてみてください。

1.日本との違いは?アメリカの教育制度

アメリカの教育制度は日本とは大きな違いがいくつかあります。まず、義務教育の期間が異なります。日本では「小学校が6年、中学校が3年」の9年間が義務教育となっています。

それに対して、アメリカの義務教育では「小学校が5年、中学校が3年、高校が4年」または「小学校が6年、中学校が2年、高校が4年」の12年間が義務教育となっています。

教育方針にも違いがあります。日本の教育方針はどの県でも同じように国によって決められており、教育方法に大きな違いはありません。しかし、アメリカではエリアごとに教育方針が違うため、学校によって教育方法が大きく異なるケースがあります。

また、日本の高校は小中学校と同様に、学年ごとに受ける授業があらかじめ決められている「学年制」を採用しています。一方で、アメリカの高校では大学のような「単位制」を導入しており、生徒が自分自身で学びたい科目を履修することが可能となっています。

1.日本との違いは?アメリカの教育制度

2.掃除当番がない!アメリカの学校生活

アメリカの教育制度は、日本と大きく異なります。しかし、学校生活にもさまざまな違いがあります。学校生活の違いは、教育制度の違い以上に子どもの成長へ大きな影響を与えるかもしれません。ここでは、アメリカと日本の学校生活の違いをいくつかご紹介します。

掃除当番が存在しない

日本では掃除当番が決まっており、当番制度に従って生徒が学校の掃除をしなければなりません。一方、アメリカでは清掃員を学校が雇っており、基本的に学生が学内の掃除をするということがありません。

給食がない

日本では給食時間になると、生徒のなかから決められた給食当番が配膳をし、クラスみんなで一緒に食事をします。給食の献立は、管理栄養士により考えられたバランスの取れた食事が提供されます。

一方、アメリカの昼食はクラスの生徒全員が一緒にそろって食事をすることはありません。アメリカには基本的に給食がなく、昼食は弁当を持参するか、カフェテリアで食事を購入するというスタイルがほとんどです。日本とは違い好きなものを自由に食べられますが、栄養バランスが偏りやすいため注意する必要があります。

部活動は季節ごとに違う

日本の部活動は基本的に一度加入したら、卒業するまで同じ部活動をやり遂げるというのが一般的です。

一方、アメリカの部活動は季節ごとに活動種目が異なります。たとえば、夏は野球部に所属し、冬はサッカー部に所属するということが可能です。そのため、複数の部活動を経験でき、自身がどのような適性があるかを確認することができます。

3.教育以外にも注目!アメリカに留学するメリット

アメリカに留学することで得られるメリットは多くあります。そのメリットをここではご紹介します。

視野が広がる

アメリカで生活をすることで、日本では感じることのできない経験をすることが可能になります。アメリカでの生活を通して、日本のよい面や悪い面を知ることができ、視野を広げるきっかけになるでしょう。

各国の人と交流ができる

アメリカの教育は質が高く、それを求め世界から多くの留学生が集まります。そのためアメリカに留学することでアメリカ人だけでなく、そのほかの国の人とも交流することができるのです。さまざまな国の人と交流することによって、多種多様な文化や価値観を学ぶことができるかもしれません。

3.教育以外にも注目!アメリカに留学するメリット

4.子どもにあったスタイルを……アメリカ留学の種類

アメリカ留学にも種類はいくつかあり、目的や予算などにあわせて留学方法を考える必要があります。ここではどのような留学形態があるのかと、それぞれの留学にかかる費用をご紹介します。

短期留学

小学生の子どもの場合、一人で長期間の留学をするのが難しいためサマースクールなどの短期間の留学をおこなうのが一般的です。サマースクールとは、夏休みなどの長期休暇におこなわれる短期間のプログラムです。英語学習だけでなく、さまざまなアクティビティを体験することができます。

アクティビティの内容はプログラムによって違いますが、キャンプやスポーツなどの体験をすることができます。費用は1週間で約20~40万円になります。費用はコースの内容などによって違いがありますが、基本的に授業料や食費、宿泊費が含まれた値段となっています。

正規留学

アメリカの教育機関で、アメリカ人と一緒に学習するというものになります。正規留学では高い語学力が必要とされる傾向にあり、事前にしっかりとした学習が必要です。

生活費や滞在費、学費などを含めて1年で200~700万円の費用がかかります。この額は、学校が私立か公立かによって大きく変動します。アメリカでは中学校と高校が義務教育のため、公立校の場合は留学生であっても学費が免除されるケースがあるようです。

親子留学

この留学では子どもだけでなく親も参加して、英語学習を一緒におこなうことが可能となっています。子どもを見守りながら、自身の英語力も向上させることができます。費用は親子で1カ月あたり100万円前後です。

留学エージェントを利用して留学の準備を簡略化!

留学に必要な準備は、簡単ではありません。さまざまな書類の準備や留学先の情報入手などを自分でやるとなると、多くの時間と労力を割く必要があります。しかし、これらの問題は留学エージェントを利用することで比較的簡単に解決することができます。

留学エージェントを利用すれば面倒な情報収集や、複雑な留学手続きをサポートしてもらえ、時間や労力の節約につながります。留学手続きに不安がある方や、どの学校が留学先におすすめかなどを知りたい方はぜひとも留学エージェントの利用を検討してみください。

5.まとめ

日本の教育制度とアメリカの教育制度には大きな違いがいくつかあります。また、学校生活の面でもさまざまな違いがあります。教育制度と学校生活の違いは、子どもの成長に大きな影響を与えるかもしれませんね。

アメリカ留学にはいくつかの留学形態があり、目的や費用などを考慮したうえで決定する必要があります。留学の詳しい情報が知りたい方や、手続きに不安があるという方は留学エージェントの利用をおすすめします。

留学は子どもにとって、人生の分岐点になる可能性があります。そのため子どもに合わせた留学方法を選び、成長をサポートしてあげましょう。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...

言わずと知れた経済・ファッション・グルメ・エンタメなどあらゆる分野で世界をリードしている国「アメリカ」

日本の26倍の国土を誇るアメリカは、北はアラスカ、南はフロリダやハワイの50の州で形成されており、それぞれの地域で文化や気候が全く異なることが特徴。「人種のるつぼ」とよばれているように、各国の人々が様々な想いや背景を持って集まります。様々な分野で最先端を走るアメリカには、ビジネスチャンスも広がっており、語学留学だけでない様々な滞在スタイルが可能です。日本とは180度異なる文化・価値観・多様性を尊重する精神に触れ、英語を学ぶだけにとどまらない人間的成長や経験ができるのではないでしょうか。

アメリカ留学について
まずは無料で留学カウンセリング
LINE@で留学相談してみる

無料留学カウンセリングを毎日行っております。

お気軽にご予約ください。

LINE@で留学相談してみる

その他ご不明な点は
お気軽にお問い合わせください

資料ダウンロード

メールフォームで問い合わせ

0120-474-400


お電話での受付時間は、平日 11:00〜19:00 土日祝 11:00~17:00 (水曜定休)

「スマ留」サービス申し込み兼契約はこちらから

本申し込みはこちら