カナダ留学の費用は?1年、半年、短期ごとにご紹介します! | スマ留

カナダ留学の費用は?1年、半年、短期ごとにご紹介します!

カナダ留学の費用は?1年、半年、短期ごとにご紹介します!

カナダは日本人にとって定番の留学先となっていて、治安の良さや物価の安さから、長期間滞在する人も多い国です。そんな安心・安全をうたったカナダ留学でも、留学にかかる費用が気になるのではないでしょうか。アメリカやイギリスに比べて物価や授業料が安いといっても、カナダ留学の費用は、1年間で200万円以上は必要だといわれています。

ここでは、期間別のカナダ留学費用や留学の期間を決めるポイントを解説していきます。カナダ留学の費用を抑えるコツもご紹介するので、留学に興味がある方は、ぜひ参考にしてみてください。

1.期間別カナダ留学費用の相場

語学学校への留学の場合、カナダ留学の費用は、1 年間で230万円から430万円程度が相場です。この金額には、語学学校の授業料や留学先への渡航費、滞在費、学生ビザの申請料、1年間の海外保険料を含んでいます。

1年未満の留学の場合、1か月の相場は25万円から50万円程度、3か月で50万円から110万円程度、6か月では100万円から200万円程度となります。この金額には、語学学校の授業料や渡航費、滞在費などが含まれています。さらに、必要に応じて学生ビザの申請料や留学期間分の海外保険料が発生します。

実際の留学費用は、留学先の授業料や滞在方法、留学する時期などによって異なります。また、一般的に留学する期間が長いとかかる費用がお得になる傾向にあります。

この理由は、コース期間が長い場合、語学学校の授業料の1週間あたりの料金が安くなるケースが多いからです。

また、カナダの大学に留学する場合、語学学校の授業料、渡航費、滞在費、学生ビザの申請料が必要です。かかる費用は6か月間で150万円から270万円程度、1年間で280万円から480万円程度が相場といわれています。カナダの大学は基本的に3年制なので、卒業するには800万円から1,500万円程度の費用がかかることになります。

期間別カナダ留学費用の相場

2.留学期間によって変わるビザの種類と費用

カナダ留学では、留学期間が6か月以上の場合に学生ビザが必要です。学生ビザは正式には「就学許可証(Study Permit)」といわれています。カナダ留学のビザ費用は、1年でも半年でも金額は同じです。学生ビザの取得には約2万円の手数料がかかります。

ここで、学生ビザ取得にかかる費用が以前より高くなったことに気付いた方もいらっしゃるのではないでしょうか。じつは2019年から、もともとのビザ申請料金150カナダ・ドルに、バイオメトリクスシステム登録料85カナダ・ドルが追加されました。

そのほかにも、学生ビザ申請の手続きに関して変更点がいくつかあるので、カナダ政府のホームページで最新の情報を確認することをおすすめします。

留学期間が6か月以内の場合、学生ビザなしでカナダに留学できます。ただし、渡航前に事前にeTA(電子渡航認証)という手続きが必要で、約700円の手数料がかかります。eTAはインターネット上で申請から発行が完了し、15分ほどあればできる簡単な手続きです。

カナダ留学のビザ費用は、半年以内なら約700円程度で済むので、長期間にわたる留学に比べ、6か月以内の留学は渡航費を節約できます。

3.留学費用を抑えるポイント

この章では、カナダ留学の費用を抑えるポイントを3つご紹介します。1つ目のポイントは、滞在方法にシェアハウスを選択することです。初めて留学する方や語学学校に通う方は、一般的にホームステイを選択します。ホームステイ料金にはたいてい食費や光熱費が含まれていますが、滞在費全体でみるとシェアハウスより割高です。

そこで、渡航後最初の2か月から3ヶ月程度をホームステイにし、その後シェアハウスに変更することをおすすめします。渡航後はまだ現地の生活に慣れていないため、ホストファミリーからのサポートを受けつつ、その間にシェアハウスを探してみてはいかがでしょうか。

2つ目のポイントは、留学時期を冬にすることです。なぜなら、カナダの語学学校やホームステイ業界では、冬の間に料金を安く設定しているケースがあるそうです。カナダの冬は寒さが厳しく生活への影響が大きいため、冬の留学時期を避ける人が多いのでしょう。

また、カナダの冬は観光産業のオフシーズンのため、カナダ行きの航空券も安い傾向があります。そのため、1月半ばごろから3月あたりが、費用を抑えたい方にはおすすめの時期なのです。

3つ目のポイントは、留学中にアルバイトをして留学費用を補うことです。就労時間や職場などの制限はありますが、カナダの学生ビザではアルバイトが許可されています。しかし、ここで注意していただきたいのが、学生ビザを取得していても、語学学校に通う方はアルバイトが許可されていません。大学やカレッジ(専門学校)に通う留学生のみアルバイトができるのです。

カナダの一般的な飲食店の時給は11カナダ・ドル程度なので、週20時間働くと1か月に7万円程度かせげます。カナダ留学の費用は、1年間の相場が280万円から480万円程度といわれているので、アルバイトによってそのうちの年間80万円程度の費用を補うことができるのです。

留学費用を抑えるポイント

4.目的によって最適な期間を選ぼう!

カナダ留学の最適な期間は留学の目的によってちがい、人それぞれです。たとえば、「語学力をアップさせたい」という目的なら、どの程度のレベルを目指すかで必要期間は異なります。

一般的に、1か月の留学では現地の生活に慣れ、基本的な英語表現ができる程度の効果があるといわれています。3か月くらい経過すると、ネイティブの発音に耳が慣れ始め、リスニング力の向上が認識できるようになるそうです。カナダ留学の費用は、短期間ではそれほど高額にはなりませんが、留学によって得られる効果もあまり大きくないといえるでしょう。

さらに、留学期間が6か月では、英語の会話のなかで、英語で考え英語で話すことが自然とできるようになり始めるそうです。つまり、英語を聞いて頭のなかで日本語に翻訳していたのが、翻訳のプロセスをはさまずに言葉を理解できるようになるのです。そして、日本語で考えた言葉や文章を一度、英語に訳して会話していたのが、頭で考えたものごとをそのまま英語でよどみなく話せるようになるということです。

そして、留学期間が1年間になると、もともと中級レベルの英語力がある方は上級までレベルアップし、大学やカレッジ(専門学校)で学べる程度の英語力が身につくそうです。日常の会話はとめどなくスムーズにでき、専門的な英語にも対応できるレベルまで向上しているということです。

また、留学前の英語力が初級程度の方は、中級程度までレベルアップするそうで、留学の効果がはっきりわかるといわれています。カナダ留学の費用は、1 年間のケースでは280万円から480万円程度と高額になりますが、そのぶん、留学の手ごたえをしっかり感じられるでしょう。

このように、語学留学の期間ごとに得られる効果をご紹介してきましたが、「カナダの大学を卒業したい」と考えるなら、3年から4年の留学期間が必要でしょう。カナダ留学を希望する方は、目的や目標をしっかり定めるようするのが重要です。そして、この章でご紹介した内容を参考に、目的や目標を実現するために必要な留学期間を決めてみてください。

5.まとめ

語学学校への留学の場合、カナダ留学の費用は、1 年間で230万円から430万円程度といわれています。留学期間が短いと費用も安くなりますが、1か月あたりの金額で考えると、長期留学のほうが割安です。カナダ留学の期間が6か月以上の場合、学生ビザの取得が必須で、約2万円の手数料がかかります。6か月以内の場合は、渡航前にeTAの手続きが必要で、手数料は約700円です。

カナダ留学の費用を抑えたい方は、安いシェアハウスに滞在したり、授業料や滞在費に割引がある冬の期間に留学したりしてみるといいでしょう。また、大学や専門学校に留学する場合は、学生ビザを取得していれば現地でアルバイトができます。

留学期間を決める際には、留学の目的を実現できる期間かどうかが重要です。語学留学の場合、どの程度まで英語力をアップさせたいのかを考える必要があります。カナダ語学留学の費用は、1 年や半年といった長期間では高額になってしまいますが、そのぶん留学の効果をはっきり感じることができるといわれています。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...

都市と自然が絶妙に調和した国「カナダ」

世界2番目の国土を誇る広大な大地と雄大な自然が特徴のカナダは、都市ごとに雰囲気や気候が異なり、冬にウィンタースポーツが楽しめる都市があるなど四季折々の魅力が溢れています。 地理的・文化的にはアメリカに似ている部分も多いが、「旧英連邦国家」でフランス語も公用語としており、欧米2つの雰囲気を味わえることも魅力の一つ。 多民族国家で移民が多く協調性を大切にする温かい国民性から、異文化の様々なバックグラウンドを持つ人々が仲良く暮らす国としても有名。 留学生が受け入れられやすい環境や雰囲気があり、強いなまりもないニュートラルな英語を話すため、英語初心者も安心して留学することができます。

カナダ留学について
まずは無料で留学カウンセリング
LINE@で留学相談してみる

無料留学カウンセリングを毎日行っております。

お気軽にご予約ください。

LINE@で留学相談してみる

その他ご不明な点は
お気軽にお問い合わせください

資料ダウンロード

メールフォームで問い合わせ

0120-474-400


お電話での受付時間は、11:00〜19:00 水曜定休

スマ留のお申し込みはこちらから

本申し込みはこちら