LANGUAGESTUDY

語学留学

Read MoreClose

スマ留で行く語学留学!

語学留学とは、英語をはじめとする外国語のスキル向上の目的で海外の語学学校に通うことです。
留学する期間は1週間の短期間から25週間以上の長期で留学する方もいます。語学留学でよく「英語力はどれくらい必要ですか?」と聞かれますが、語学学校の入学には英語力は問われません。そのため、英語が全く話せない方も数多く語学留学をしています。

スマ留で人気の語学学校は、英語が全く話せない入門レベルから社会人向けの上級レベルまで幅広くカリキュラムを設けていますので短期間で英語力を高めたい方から長期の語学留学でTOEICの試験対策、ビジネス英会話対策をすることも可能です。

日本で英会話を習うのとは違い、普段の生活から外国語が飛び交う環境に身を置くことができるので短期間集中して語学に慣れることができます。

    語学留学のメリット

  • 日本で勉強するよりも英語を身に付けやすい
  • 現地ならではの生きた英語が学べる
  • 覚えた単語やフレーズをすぐに実践できる
  • 世界各国の友人を作る機会がある
  • 日本とは異なる文化や習慣に触れることができる
  • 日本のことを客観的に理解できる
  • 国際的な考え方やコミュニケーションが身に付く

国別でみる語学留学COUNTRYLIST

行きたい、学びたい国を選ぼう!それぞれの国の特徴、何が出来るのか?をご紹介!

英語圏の国は世界中に数多くあるため国選びで迷ったなら
選ぶ際のポイントをご紹介しています。
>> 語学留学するならどこの国?各国の特徴をご紹介

語学学校で選ぶ 人気語学学校ランキングSCHOOLRANKING

Read MoreClose

本気で語学を学びたいので、教育体制が整っている学校がいい!
「学校情報を見ても、違いが分からずどこの学校が良いのか分からない……」という声がスマ留にご相談に来る方からも多く聞かれます。スマ留で留学して帰国されたお客様にアンケート調査をした、国ごとの語学学校の人気ランキングです。

語学留学に関してよくある質問QUESTION&ANSWER

一週間でも現地の英語の使い方に多く触れて過ごすなど日本ではできない工夫をすれば十分上達することができます。スマ留で一週間留学に参加された方の中で英語で話しかけることに抵抗がなくなった、話す力がついたという声が上がっております。詳しくはスマ留の短期留学ページもしくはスマ留コラムをのぞいてみてください。
【短期留学の詳細】 >>一週間から行けるスマ留の短期留学
【スマ留コラム】 >>短期留学を1週間でもしたほうがいい理由【学生・社会人向け】

語学留学は語学を向上させるための留学なので特に英語の資格は必要ありません。少しでも勉強を事前にした場合は最低限の英会話練習をしておくといいでしょう。スマ留では月額制で英会話通い放題の有料オプションもご用意しております。

日常生活で使えるフレーズは覚えておくと会話がスムーズにできます。しかし分からない単語やフレーズは学校で教えてもらえるので勉強を念入りにする必要はないです。単語で基本的な会話は通じるので文の構造よりも語彙を増やしておいた方がいいでしょう。

国やビザの種類によっても期間が異なります。遅いところでは1~3ヶ月かかる場合もあるので留学の申請自体を早めにすることが大事になります。またビザ申請するフォームに抜けている部分がなかったか確認することを忘れないようにしましょう。パスポートは1~2週間程度で取得できます。

国によって受け入れ年齢が異なります。16歳以上であることが多いです。小・中学生でも参加したい場合は、英語圏で多く見られるサマーキャンプで多国籍な子供達と一緒に英語を楽しく学ぶプログラムがおすすめです。

国や期間によって異なります。またどのように滞在したいのかによっても異なります。一般的には選ぶ学校によって費用も異なりますが、スマ留が提携している語学学校は国ごとに料金が設定されています。よって同じ金額で語学学校を選ぶことができます。できるだけ費用を抑えたいという方はぜひスマ留の無料カウンセリングをご予約ください。各サービスも充実してます!

旅行する頻度や買い物をどの程度するかによって異なりますが1週間1~3万円が相場です。また食費が必要な場合はもっとかかることも。学校をメインに生活するならあまり心配はいりません。

ワーキングホリデービザでしたら可能です。また、学生ビザでも時間に一部制限がありますが、可能な国もございます。タイムスケジュールを一週間ごとに確認して学校とのバランスを考慮しましょう。

荷物の準備などは2週間ほどでも十分に間に合いますが、その他手続きは余裕を持った準備をおすすめします。ビザやパスポートは特に留学の申し込みと同時に始めるようにしましょう。

ビザやパスポートの申請、渡航前の病院での診察治療、現地に持っていくもののリスト作りと荷造りなど留学先で困らないようにもしっかりとしておくことが大切です。処方されたコンタクトレンズや薬といった現地では手に入らないものを中心に準備を進めていくことが良いでしょう。

必ず必要なものではありませんが現金と一緒に持っておくと安心です。海外対応クレジットカードは現金もATMで降ろすことができるので手持ちのお金がなくなる心配がなくとても便利です。

英語を学びたいという同じ目的を持った多国籍な人々が学校にきています。就職、将来の学業、IELTSやTOEFLなどの語学検定などの様々なゴールを持っていますが英語を伸ばしたいという気持ちで学校に通っています。また年齢も様々で高校生からシニアまで幅広い年齢層の生徒がいます。

他国留学生のほとんどはは英語が第二言語です。一般的に英語圏に近いところや他言語と交わる地域からきた学生は英語でお互いとコミュニケーションをとる機会が多いので英会話に慣れている事が多いです。しかし日本人ほど文法教育をされていることは世界でも珍しく、教室での質問が簡単に感じてしまうこともあります。

授業のコースによって異なりますが午前中から始めれば午後には終わり、午後に始まれば午前中が休みなど3~5コマの授業が受けられます。学校によっては朝から晩までという所もあるのでスケジュールを確認して体力に無理のない学校を選びましょう。

電気コンセントの形を変えるプラグや変圧器は国によっては必要です。必ず持っていく電化製品の電気圧を確認することにしましょう。寒冷地では防寒下着(ヒートテックなど)があるととても便利です。特に現地で自炊する場合は100円均一ショップなどで買える時間短縮できる調理グッズを見てみると良いでしょう。

目的で選ぶ

属性などによっても留学に行く目的はそれぞれ違うかと思います。今興味のある目的、留学プランを選んでください。

年代で選ぶ

無料個別・団体相談を毎日行っております。

お気軽にご予約ください。

その他ご不明な点は
お気軽にお問い合わせください

LINEで問い合わせ

メールフォームで問い合わせ

0120-501-946


お電話での受付時間は、11:00〜19:00 水曜定休

スマ留のお申し込みはこちらから

本申し込みはこちら