マレーシア留学費用

「留学したいけど費用が高くて難しい……」という理由で留学することをためらっていませんか?
そんな方におすすめしたい国がマレーシアです。マレーシア留学の費用は欧米と比べるととても安いのです。

今回はマレーシア留学の費用が安い理由と費用を抑える方法を紹介します。
「費用を安くして留学したい!」「留学前にマレーシアについて知りたい!」という方はぜひご覧ください。

目次

【期間別】マレーシア留学はとにかく費用が安い!


マレーシアは東南アジアに位置する国で、首都はクアラルンプールです。
人口は約3,000万人、面積は日本と同じくらいの大きさです。
また、マレーシアの公用語はマレーシア語と英語と中国語です。

民族はマレー系の割合が多く、次いで中国系、インド系が割合を占めています。
宗教はイスラム教だけでなく、仏教、儒教、ヒンドゥー教、キリスト教などを信仰している人も多いです。
そのため、マレーシアはさまざまな価値観を持った人々で形成されています。

そして、マレーシアは熱帯雨林気候に属しているため、年間を通して暑く、雨季と乾季に分かれています。
年間を通して雨が降ることが多いです。

他の国と比べると留学費用が安く、物価も安い

そんなマレーシア留学の費用は比較的安いといわれています。
オーストラリアやイギリスと比べても半分以下の費用で留学できる場合が多いです。

マレーシア留学の費用が安い理由として挙げられるのが、物価の安さです。
地元で栽培している野菜や果物はかなり安く購入することができます。

安いだけじゃない!マレーシア留学の魅力


マレーシア留学は安いだけではない魅力があります。ここでは、マレーシア留学のメリットを紹介します。

多言語

マレーシアは多言語の国です。そのため、英語だけではなくほかの言語にも触れることができます。
学校によっては英語だけでなく、マレーシア語や中国語の授業もあるため、
複数の言語に触れたいという方にはおすすめです。

欧米の大学に編入することができる

マレーシアの私立学校の多くは、欧米やオーストラリアの大学と提携しています。
たとえば、最初はマレーシアの私立大学に入学し、残りの期間は欧米の大学に編入して卒業することもできます。
そうすると、最初から欧米の大学に入学して卒業するよりも、費用を節約することができます。

住みやすい

マレーシアは住みやすい国といわれてします。とくに首都のクアラルンプールは多くの高層ビルが建っていて、
経済的にも発展しています。公共交通機関も発達しているので、住みやすい環境といえるでしょう。
公共交通機関の利用料金も安いです。

マレーシア留学の費用相場と内訳

マレーシアは他の国と比べると留学費用も安く、物価も安いのが魅力的です。マレーシアの文化はもちろん、
その安さに惹かれ、留学を考える人も多いでしょう。しかし、ある程度の費用を把握しないと、留学の予定はたてられないものです。
そこでこの章では、気になるマレーシアの留学費用についてご紹介します。

*レートは31.14円で計算しています(2022年9月時点)。

留学期間1ヶ月(4週間)の場合

渡航前 金額
航空券(往復) 約5万円
保険
※会社によって料金は異なる
約1.5万円
ビザ 0円
※パスポートの残存期間が6ヶ月以上、 なおかつ滞在期間90日以下なら不要
合計 約6.5万円
現地での出費(4週間) 金額
語学学校の費用 約10万円
滞在費用(宿泊費) 約5万円
生活費 約4.5万円
合計 約20万円

留学期間3ヶ月(12週間)の場合

渡航前 金額
航空券(往復) 約5万円
保険
※会社によって料金は異なる
約4.5万円
ビザ 0円
※パスポートの残存期間が6ヶ月以上、 なおかつ滞在期間90日以下なら不要
合計 約10万円
現地での出費(4週間) 金額
語学学校の費用 約23.5万円
滞在費用(宿泊費) 約11万円
生活費 約10.5万円
合計 約45万円

留学期間6ヶ月(24週間)の場合

渡航前 金額
航空券(往復) 約5万円
海外留学保険
※会社によって料金は異なる
約9万円
ビザ ※学費に含まれることが多い
合計 約14万円
現地での出費(24週間) 金額
語学学校の費用 約50.5万円
滞在費用(宿泊費) 約22万円
生活費 約27万円
合計 約100万円

留学期間1年間(48週間)の場合

渡航前 金額
航空券(往復) 約5万円
海外留学保険
※会社によって料金は異なる
約18万円
ビザ ※学費に含まれることが多い
合計 約25万円
現地での出費(48週間) 金額
語学学校の費用 約60.5万円
滞在費用(宿泊費) 約44万円
生活費 約54万円
合計 約158万円~

スマ留のパッケージの内訳

ちなみに、スマ留のパッケージの内訳は以下の通りです。

・学費
・滞在費
・サポート費
・諸経費

含まれていないものは


・往復の航空券
・海外留学保険
・ビザ申請費

これらマレーシアに行く前に準備しなければならないものなので、
準備のし忘れがないようにしてください。

気軽にできるオンライン相談も
実施中!

マレーシア留学費用を抑えるコツ


マレーシア留学の費用はもともと安い傾向がありますが、さらに費用を抑える方法を紹介します。

割引を活用する

学校に通うのであれば、学割が適応されます。
観光地やレストランで学割が使える場所があるので確認しましょう。

また、語学学校であれば、まとめて申し込みをすると、授業料が割引になることもあります。
語学学校の費用を調べるときに確認しましょう。

奨学金制度

奨学金には、給付型と貸与型の2種類があります。
給付型は全額返済不要で、貸与型は無利子と有利子の2種類に分けられます。

また、日本の学生支援機構や留学生を支援している各自治体などから奨学金を受け取ることができる場合もあります。
日本だけでなく、マレーシアの大学にも奨学金制度を受けられるところもあるため、一度確認してみるとよいでしょう。

奨学金を受けるためには審査があり、条件を満たさないと奨学金を受け取ることができないので注意してください。

インターンシップ

インターンシップとは、海外の企業で一定の期間働くことです。
インターシップであれば、学校に通う必要がないので学費を削減することができます。
そのため、マレーシア留学を格安ですることができます。

マレーシアはIT企業が多く、成長がいちじるしいです。
そのため、英語力を上げるだけでなく、外資系に興味があるという方にはインターンシップが向いているでしょう。

また、インターシップには有給と無給のタイプがあります。
無給のインターンシップは職業体験の意味合いもあるので、
ある程度の英語力がなくても採用してくれる企業はあるようです。
しかし、単純な作業しか任されない場合が多いでしょう。

有給のインターシップは英語力が必要です。英語力を証明するだけでなく、数年間の就労経験が必要になります。
そのため、採用されるのは難しいようです。

インターンシップで留学する際には英語の勉強が必要です。
日本にいる間に英語の勉強をしっかりしておくとよいでしょう。

マレーシア留学の料金プラン

留学期間 スマ留ライト スマ留スタンダード
1週間
2週間
3週間
4週間 168,000円 207,000円
5週間
6週間
7週間
8週間 330,000円 369,000円
12週間 455,000円 494,000円
16週間
20週間
24週間


※授業料・登録費・滞在費・諸経費込みになります。
※別途教材費が現地通貨(マレーシアリンギ)でお支払いが必要です。
※授業開始時期は毎月1回の決められた日程になります。
※プラン内の宿泊形態は「シェアハウス」になります。
※上記、以外の期間でもお気軽にご相談ください。
※スマ留プランには学習サポートが含まれますが、スマ留ライトプランには含まれません。

マレーシアの基本情報

気候

マレーシアは赤道に近い熱帯雨林気候です。そのため日本のような四季はなく、1年中高い気温が続く常夏の国です。平均気温は1年を通して30度前後です。また、年に2回モンスーン(季節風)の時期があり、この時期はスコールが多く降ります。

治安

比較的治安は良いです。しかし、旅行者を狙ったスリや置き引き、引ったくり、詐欺などのトラブルに巻き込まれたケースも報告されています。また、車社会なので人通りが少ないです。夜間等はなるべく1人で出歩かないよう注意しましょう。

物価

日本の約3分の1程度です。食料品や滞在費などが安く生活費を抑えることができます。また、マレーシアは屋台の物価が特に安いので費用を抑えて外食をしたい際におすすめです。一方、飲酒が禁止されているイスラム教の国なので、お酒にかかる税金が高めに設定されています。

食文化

マレーシアはマレー系、中華系、インド系と様々な民族からなる多民族国家のため、1つの国で様々な国の料理を味わうことができます。マレーシアの料理としては米を主食としたココナッツ風味の料理やエスニックな料理が多く見られます。

マレーシア留学のVIZAについて

ビザ不要(3ヶ月以内の留学)

日本のパスポートを持っている人なら、ビザ無しで3ヶ月までの留学が出来ます。

学生ビザ(3ヶ月以上の留学)

3ヶ月以上マレーシアに留学をする場合、学生ビザの申請が必要となります。取得すると最長1年間、延長手続きをすると最長2年間滞在することができます。また基本的に18~35歳と年齢制限が定められています。学生ビザ取得の流れや条件等は学校によって異なるため、留学先の学校が決まったら事前に確認しておきましょう。

マレーシアでおすすめの観光スポット

ペトロナスツインタワー


近年大きく経済成長を遂げているマレーシアを象徴した、高さ452m、88階建てのツインビルです。ビルの先端がイスラム国家らしくモスクの尖塔のような形をしており、近くでみると圧倒されるほど迫力があります。

ボルネオ島


マレーシア、インドネシア、ブルネイ王国の3ヶ国に分割されている島です。ビーチやジャングルツアーとアウトドアアクティビティが楽しめます。ボルネオ島先住民の文化に触れることもできるのでおすすめです。

バドゥ洞窟


クアラルンプールにほど近い、ヒンドゥー教の聖地として有名な洞窟です。中にはヒンドゥー教の神々が祀られています。洞窟に入るには272段の階段を上る必要があるので動きやすい服装で行くことをおすすめします。

マレーシア留学でおすすめの語学学校

ELEC Language Center


2010年に設立された比較的新しい学校です。ネイティブ講師が多く在籍しているため、アメリカンイングリッシュを習得できます!プライベートレッスンルームと自習室が完備されているため学習環境が充実!

EMS Language Centre


学校が多種多様な国籍のレストランが立ち並ぶグルメエリアに位置しているので様々な国際食に触れる機会にも!映画やカジュアルな言い回し、日常生活で役立つ英会話やメール・履歴書の書き方、マリンスポーツや市内観光など沢山のアクティビティがありとても充実!

Sheffield Academy


ツインタワー近くの高層ホテル内に学校があり、週30時間の授業を受けることが出来ます。さらに授業後にはスピーキングクラスや会話クラスが設けられているのでより英語力を向上させる機会が◎

気軽にできるオンライン相談も
実施中!