【保存版】厳選!留学費用が安い8つの国 | スマ留

【保存版】厳選!留学費用が安い8つの国

【保存版】厳選!留学費用が安い8つの国

グローバルに活躍できる人材において最も大切なことのひとつが高いレベルの英語力です。語学留学では、日本の語学学校や語学教室で学ぶ場合に比べ、ネイティブが話す英語に触れる機会を多く設けることができます。そのため、短期間で語学を身につけることが期待できます。しかし、語学留学には、渡航費や家賃、現地での生活費など多くの費用がかかりがちです。経済的な心配をせずに集中して学ぶためにも、留学費用はできるだけ低く抑えたいと考えている人は多いのではないでしょうか。そこで、英語圏、非英語圏を含めた留学費用が安い国と、留学先で学ぶメリットを厳選して紹介します。

 

【フィリピン】とにかく安い!人気!

7,000を超える小さな島から構成されるフィリピンは、日本の約80%にあたる29万9,000平方キロメートルほどの面積を持つ国です。人口は2015年時点で約1億9,800万人。マレー系が主体であり、そのほか中国系やスペイン系、混血や少数民族などが暮らしています。ASEAN(東南アジア諸国連合)で唯一のキリスト教国としても有名です。公用語は英語とフィリピノ語ですが、フィリピンには約80もの言語が存在しています。義務教育において第2言語として英語を学ぶため、国民の英語力は高いレベルであるといえます。
そんなフィリピンでの語学留学は、費用がかからずに英語を学ぶことができるとして人気を集めています。たとえば、語学留学にかかる費用で大きな割合を占める語学学校の学費。滞在費を含めても1カ月に12万~18万円で、学費が高いところでも25万円ほどとなっています。学費を気にしないで立地や雰囲気、授業形態などのたくさんの条件から自分に合った学校を自由に探すことができ、選択肢が広がるでしょう。また、フィリピンの語学学校には食事付きのところもあります。住みなれていない海外では、初めは食事のための買い物なども苦労するかもしれません。食事が不規則になると体調を崩しやすくなります。しかし、こういった学校を選べば、食事の心配をせずに語学の習得だけに集中することができるでしょう。
また、フィリピンは物価が安いこともポイントです。日本と比べると実に5分の1ほど。語学留学というと、留学先への渡航費や家賃など、金額の大きな費用に目が行きがちですが、現地での生活費も意外と大きな出費になるものです。ちょっとした買い物や国内の交通費など、毎日かかる費用を安く済ませることができれば、かなりの節約になります。フィリピンは公共交通機関が大変発達しているうえに運賃が安いことが特徴です。LRTと呼ばれる電車やMRTと呼ばれる地下鉄を利用することで、首都のマニラを中心にさまざまな都市や観光地へ短時間で行くことができます。フィリピンでの留学なら、語学の学習に集中できるとともに、留学期間中の生活を存分に楽しむことができるのです。

日本から1番近い英語留学ができる国「フィリピン」

日本から1番近い英語留学ができる国「フィリピン」

留学費用:
最低価格保証
人気度:
★★★★☆
主要都市:
セブ島・クラーク・バギオ

【フィジー】留学費用を抑え南国気分も味わえる

フィジー留学

オセアニア大陸に位置し、300以上の島からなるフィジーは、面積が約1万8,270平方キロメートル、四国とほぼ同じくらいの小さな国です。人口は約89万2,000人、そのうち約57%がフィジー系、約38%がインド系という民族構成になっています。時差を含めても日本から飛行機で数時間の距離にあり、観光地としてはもちろん、語学留学先としても人気の高い国です。常夏のリゾート地のイメージが強いフィジーですが、日本の夏よりも湿度は低く、過ごしやすい気候といえるでしょう。本土のビチレブ島から船で数時間で行ける離島、ヤサワ諸島や透き通った海が美しいナタンドラビーチなどは地元の人たちや留学生でにぎわっています。
フィジーを語学留学先に選ぶメリットは次の3点になります。1点目は国民全員が英語を話すことができるという点です。フィジーでは主に英語とヒンディー語が使用されていますが、公用語が英語のため、教育はすべて英語で行われます。そのため、国民全員が英語を話すことができるのです。2点目は親切で面倒見のよい国民性を持っていることです。留学先では、日本で普段は触れる機会が少ない英語を常に使用することになります。そのため、日ごろから英語で会話をしているフィジーの人々とのコミュニケーションに戸惑うことも多いかもしれません。しかし、フィジーには留学生のレベルに合わせてゆっくりと簡単な英語を使って話をしてくれる優しい住民が多いことが特徴です。語学学校での授業だけではなく、普段の生活の中でも積極的に住民に話しかけやすい環境にあるといえるでしょう。フィジーには、もちろんスーパーマーケットもありますが、たくさんの食材や日用品が売られている市場がたくさんあります。市場では、値切り交渉をしたり商品について尋ねたりすることができるので、多くの住民とコミュニケーションを取るチャンスが得られます。
3点目は生活費が安いことです。語学学校の授業料や生活費を含めても、1カ月で11万円ほどで生活ができます。留学中の住居形態は、「アパートを借りる」「ホームステイをする」「ルームシェアをする」という3パターンから選択する人が多い傾向です。フィジーでの留学では寮に滞在すると住居費を抑えることができます。寮費が安いうえ、家具を買いそろえたり毎日の食事の心配をしたりする必要がありません。また、交通費が安いこともポイントのひとつです。フィジー国内での移動手段としては主にワゴン車ほどの規模であるミニバスやタクシーを使用します。電車も走っているのですが、旅客用ではなく、サトウキビの収穫の時期にだけ輸送を行うために利用されます。とにかく交通費を抑えたいならミニバスを利用しましょう。街中にはいくつもミニバスの停留所があるため、慣れると便利に移動ができます。ミニバスよりも割高にはなりますが、タクシーも日本と比べて安く利用できるため、ミニバスが運行していない時間帯にはタクシー、通常の移動ではミニバス、のように使い分けをする人が多い傾向です。

【マルタ】語学留学にピッタリ!

マルタ留学
マルタは、地中海に浮かぶ316平方キロメートルほどの島国です。2016年時点での人口は約43万人、公用語はマルタ語と英語です。格安の語学留学先となるとアジアやオセアニアの国々が多いのですが、ヨーロッパ留学を検討している人はマルタへの留学を選択すると費用が抑えられます。通う語学学校や滞在地、住居形態によっても異なりますが、1カ月で約17万円が相場となっています。費用の安さのほかにも、マルタでの語学留学はメリットがいくつかあります。まずは日本人が少なく、英語の上達が望める環境にあるということです。
英語に触れる機会が多く、世界で通用する英語力を身につけることができます。ある程度のレベルの英語力を有している人や、短期間で習得したいという人には最適な国であるといえます。一方、周りに日本語が理解できる人がいないという点に不安を感じる人もいるかもしれません。しかし、マルタは世界中からの留学生を受け入れているヨーロッパの国々の中のひとつです。マルタでもあらゆる国籍や年齢の人が暮らしているため、留学生の英語力のレベルに合わせてコミュニケーションを図ってくれるでしょう。また、世界遺産や美しいビーチなど、滞在中に楽しめるスポットが充実していることもマルタの魅力のひとつです。語学学校での授業だけではなく、留学中に仲良くなった友達と観光を楽しむことで英語力や会話力を向上させることができます。留学費用を抑えながら、語学を習得し、多種多様な国籍の人たちとの異文化交流を楽しむなら、マルタへの語学留学が最適です。

地中海の真ん中に位置する美しい海に囲まれた島、抜群の治安と絶景の宝庫「マルタ島」

地中海の真ん中に位置する美しい海に囲まれた島、抜群の治安と絶景の宝庫「マルタ島」

留学費用:
79,800円~
人気度:
★★★★★
主要都市:
バレッタ・セントジュリアンズ・スリーマ

【マレーシア】世界的な大手語学学校が複数点在!

マレーシア留学
マレーシアの2016年時点での人口は約3,200万人、日本より少し小さい33万平方キロメートルほどの面積を有しています。人口の内訳は、マレー系民族が約67%、中国系が約25%、インド系が約7%です。公用語はマレー語で、そのほかには中国語やタミル語、英語が使われています。英語圏の国ではありませんが、過去にイギリス領だったこともあり、準公用語は英語です。英語教育のほか、中国語教育も盛んで、大手語学学校から中小語学学校まで数多くの学校が存在し、語学留学先として人気が高まっています。
多額の費用がかかるというイメージがある海外留学ですが、マレーシアでの語学留学なら費用は月12万円程度です。留学費用が抑えられる理由は2つあります。1つ目は語学学校の選択肢が多いことです。上述のように、さまざまな規模の語学学校がある分、その学費も自分の予算に合わせて選択しやすくなります。学費を抑えながら、授業形態や学べる言語など豊富な選択肢の中から自分に最適な語学学校を選ぶ音ができるのです。2つ目は物価が安いことです。留学期間中は、学校での授業だけでなく、慣れない土地で一定の期間生活するということも考慮しなければなりません。食事や買い物、公共交通機関を利用した移動などのほか、体調を崩した場合やけがをした場合には医療費などがかかる可能性があります。このように、生活費は意外と大きな出費です。そのため、日本よりも物価が安いマレーシアなら、安心して日々の生活を送ることができるでしょう。

抜群のステイ環境!安心リーズナブルに多国籍交流・英語留学ができる国「マレーシア」

抜群のステイ環境!安心リーズナブルに多国籍交流・英語留学ができる国「マレーシア」

留学費用:
148,000円~
人気度:
★★★☆☆
主要都市:
クアラルンプール

【ノルウェー】大学進学の学費が無料?!


北欧に位置するノルウェーは、日本とほぼ同じ38万6,000平方キロメートルほどの面積を有する国です。人口は2016年時点で約525万8,300万人。ノルウェー語を使用する人がほとんどのため、語学留学先としては意外に思う人もいるかもしれません。しかし、ノルウェーでの語学留学にはほかにはないメリットがあります。それは、留学生でも学費が無料であるということです。ノルウェーといえば、教育に力を入れている国というイメージがあるのではないでしょうか。
専門学校や大学、大学院も含むすべての教育機関の授業料が無償であることは有名ですが、それは国籍に関係なく、留学生であっても授業料が一切かかりません。さらに、博士、修士、学士のどのレベルでも適応されます。留学費用で高い割合を占める学費ですが、これが無償であればかなり安い費用で語学留学ができます。ただ、注意すべきなのは生活費が高くなってしまう点です。なぜなら、ノルウェーのすべての教育機関において学費が無料なのは、その分を税金で賄っているからです。
教育制度が充実しているほか、医療費も原則無料、さらには「ゆりかごから墓場まで」とたとえられるように高福祉国家でもあります。このことから分かるように、ノルウェーの税金は世界でもトップクラスの高さです。さらに、物価は日本に比べても格段に高く、日本で生活しているときと同じように無意識に買い物をしたり公共交通機関を利用したりしていると、生活費がかさんでしまいます。しかし、せっかく海外で留学しているのに、その地ならではの生活を楽しむことができないのはもったいないことです。ノルウェーでは週20時間の就労が許可されているため、こういった制度を上手に利用することが重要です。物価や税金がどれくらいの水準であるかを把握するとともに、語学学習に支障のない範囲でアルバイトなどを両立させることで、より留学生活を楽しむことができるでしょう。

【韓国】女性におすすめ!

韓国留学
日本海を挟んで向かい側に位置する韓国は、日本から飛行機でわずか2時間ほどで行くことができる国です。手軽に海外旅行ができるとして、毎年多くの日本人観光客が韓国を訪れますが、留学先としても大変人気があります。その留学費用は、月に約10万円です。留学経験がなく、海外での生活に不安がある人や安く語学留学をしたい人にぴったりの国です。
また、「美容大国」ともいわれるように、韓国は美容への関心がきわめて高い国としても知られています。世代を問わず化粧品やメイク方法、スキンケアに関する知識が豊富な人が多いことが特徴です。最先端の化粧品や美容グッズが安く手に入るうえ、世界中で人気が高い韓国ブランドの商品をいち早く購入することができます。また、エステやネイルなども盛んで、街中のいたるところにエステサロンやネイルサロンの看板が掲げられています。エステサロンだけでも、ボディエステやフェイシャルエステなどオーソドックスなものから、コルギや垢すりなど韓国発祥のエステの施術が受けられるところもあります。さらに、日本よりも安く施術を受けることができるのもうれしいポイントです。また、安いのは美容に関するグッズやエステサロンの施術料金だけではありません。
日本からそう離れていない国であるにもかかわらず、全体的な物価水準も日本よりも少し安いです。公共交通機関の運賃や食材、日用品などが安いため、生活費を安く抑えることができます。韓国では鉄道や地下鉄、バス、タクシーなどが移動手段の中心となりますが、利用方法は日本と似ており、初めての生活でもそれほど戸惑うことはありません。ちょっとした買い物や観光でも利用しやすく、充実した留学生活を送ることができます。また、日本人の味覚との相性がよい韓国料理を思いっきり味わうことができるのも、長期間滞在する留学ならではといえるでしょう。キムチやサムギョプサル、サムゲタンといった古くから親しまれている韓国料理や、チーズタッカルビのような若い世代に人気の高い韓国料理など、幅広い料理を楽しめることもメリットです。このような魅力を持つ韓国は、特に女性からの留学希望者が多い傾向があります。

【スリランカ】留学先の穴場!


インドの南海に浮かぶ、北海道の0.8倍ほどの島国です。人口は2016年時点で約2,103万人、そのうちシンハラ人が約74.9%、タミル人が15.3%、スリランカ・ムーア人が9.3%です。公用語はシンハラ語とタミル語、連結語として英語が使用されています。連結語とは異なる複数の民族間を結びつける言語のことで、スリランカで英語はシンハラ人とタミル人をつなぐ役割を果たしています。
スリランカは日本ではあまりなじみのない語学留学先ですが、安い費用で学ぶことができるという点では留学先の穴場スポットであるといえます。語学学校の授業形態は大きく分けてグループレッスンと個人レッスンがありますが、スリランカでは個人レッスンを実施している語学学校が多い傾向です。
一般的に個人レッスンのほうが留学生一人ひとりのレベルに合わせたきめ細やかな授業ができるため、料金が高くなります。しかし、スリランカでの語学留学なら、生活費などを含めても月に7万~10万円ほどの費用に抑えることが可能です。「自分の英語力に不安がある人」「講師とのコミュニケーションを充実させたい人」「レッスン内容やカリキュラムを自由に選択したい人」などに最適です。しかし、個人レッスンではグループレッスンに比べてほかの留学生と顔を合わせる機会が少なくなるというデメリットがあります。学校外で現地の住民と触れ合う機会を積極的に設け、ほかの留学生と観光を楽しみながらコミュニケーションを図るなどの工夫が必要です。

【南アフリカ】多くの留学生が訪れる人気国!


日本の3.2倍、約122万平方キロメートルの面積を有する南アフリカ。2016年時点での人口は約5,590万人であり、黒人が約79%、白人が9.6%、混血民族であるカラードが約8.9%、アジア系が2.5%です。公用語は11にものぼり、英語やアフリカーンス語、バンツー諸語などがあります。かつてのイギリス領だった名残から、歴史のある語学学校が多く、ハイレベルな語学学習が可能です。しかし、語学費用は月に17万円ほどと安く、なるべく費用を抑えて高い語学能力を身につけたい人にとって絶好の留学先です。多数の言語が飛び交うため、日々の生活の中でいろいろな言語を耳にすることができます。
南アフリカで留学生活を送るメリットは、費用や語学レベルの高さだけではありません。日本では見ることができない、南アフリカならではの大自然に触れることができます。たとえば、淡水湖として世界で初めて世界遺産登録されたマラウイ湖国立公園や、無数のペンギンが一斉に集まるボルダーズビーチ。透明度の高いこれらのスポットでは、シュノーケリングやダイビング、サーフィンなどのマリンスポーツを楽しむことができます。また、リウォンデ国立公園やケープ植物区保護地域群では、手がつけられていない雄大な自然を肌で感じることが可能です。学校での語学学習だけでなく、このようなその土地ならではの自然に触れることで、より充実した留学生活を送ることができるでしょう。

留学費用を安くするポイント!


留学に対して経済的な不安がある人でも、検討しやすい留学先がたくさんあることが分かりました。さらに、留学費用を抑えるポイントについても解説します。1点目は、滞在先として都心部ではなく郊外の地域を選択することです。日本においてもいえることですが、海外でも地域によって家賃や物価、税金に大きな差があります。一般的には首都やそれに近い都市は全体的な物価が高く、生活費が高くなりがちです。なるべく生活費を安くしたいと考えているなら、郊外を生活の拠点にすることを意識しましょう。
ただ、郊外に滞在する場合は、地域によっては交通手段があまりないというケースも考えられます。自宅から学校までのアクセスや都心部への移動手段についてしっかり検討したうえで滞在先を選択することが大切です。このことに留意すれば、郊外に住むことにはたくさんのメリットがあります。まずは、住民との密度の濃いコミュニケーションが取れること。都市部に比べて人口が少ない分、一人ひとりの住民と深く関わることができます。さらに、貴重な経験ができるというメリットもあるでしょう。都市部は人口も多く、公共交通機関も発達しており、ショッピングやグルメなどが楽しめる施設がたくさんあります。たしかに、生活には便利でエンターテインメント性の高い場所ですが、その土地ならではの特色に触れるには郊外での滞在が最適です。
2点目としては、オフシーズンの時期での出発を検討することです。旅行や出張での海外渡航と同様に、留学も渡航時期によって航空券の価格に差があります。特に年末年始や夏季休業の時期は渡航費用が高額になるうえ、予約も取りづらく、出発時期としては適切であるとはいえません。年末年始は12月の第4週から翌年1月の第2週目までが旅行客数のピークになります。夏季休業期間は、大学生が休みに入る7~9月末までがその時期にあたるので注意が必要です。特に小・中学生の夏休みと重なる7月中旬から日本のお盆休みにあたる8月中旬は航空会社の繁忙期であるため、渡航時期としては避けたほうがよいでしょう。
3点目は、奨学金制度を活用することです。奨学金には主に給付型と貸与型の2種類があります。給付型は受け取った奨学金を返す必要がなく、そのままもらえるものです。一方、給付型は決められた期限までに返還する必要がある奨学金で、「無利子型」「有利子型」に分類されます。奨学金制度を利用する際に注意すべきなのは、一般的に募集時期が1年に1度だけであるということです。その時期までに、申請方法や留学に必要な金額を調べておく必要があります。また、留学費用を全額カバーできる奨学金はほんのわずかであることにも注意しましょう。留学生自身の語学の能力や、TOEIC・TOEFLに代表される語学に関する試験の実績によって、利用できる奨学金制度が異なります。留学費用のすべてを奨学金に頼るのではなく、自己資金で賄うという前提のもと、計画的に余裕を持って資金を準備することが大切です。

留学費用を抑えても語学留学できる!

留学先としてたくさんの選択肢がある中、特に費用を抑えることができる国を8つご紹介しました。語学留学にかかる費用には、渡航費や語学学校の学費、現地での食費や交通費などさまざまで、国によって安く抑えられる費用も異なります。「語学学校でのレッスンに力を入れたい」「ほかの留学生とのコミュニケーションを重視したい」「現地の住民とのつながりを大切にしたい」など留学の目的はさまざまです。自分自身の希望通りの留学生活を送るためには、留学先の国について事前に調べておくことが大切になります。費用を抑えて留学したいと考えている方は、ぜひこの記事で紹介した国への留学を検討してみてはいかがでしょうか。

 

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (2評価, 平均評価: 5.00 )
Loading...

無料個別・団体相談を毎日行っております。

お気軽にご予約ください。

その他ご不明な点は
お気軽にお問い合わせください

LINEで問い合わせ

メールフォームで問い合わせ

0120-501-946


お電話での受付時間は、11:00〜19:00 水曜定休

スマ留のお申し込みはこちらから

本申し込みはこちら