ワーホリで住民票や年金・保険などはどうしたらいい?手続きのまとめ | スマ留

ワーホリで住民票や年金・保険などはどうしたらいい?手続きのまとめ

ワーホリで住民票や年金・保険などはどうしたらいい?手続きのまとめ

ワーホリをする際に、海外転出届を提出することによって、ワーホリ中の住民票や年金、税金の支払いが変わってきます。住民票を抜くことによって、メリットやデメリットがあります。年金や税金は、払う義務が変わります。

この記事では、ワーホリ中の住民票や海外健康保険の選び方などご紹介していきます。まずは、海外転出届からみていきましょう。

1.ワーホリ出発前にする役所手続き①:海外転出届

ワーホリ中の、住民票や保険料はどのようになるのでしょう。日本では、海外転出届によって、住民票や保険料などが変わります。この章では、海外転出届についてご紹介していきます。

海外転出届とは?

海外転出届とは、1年以上日本を離れる際に提出するものです。海外転出届を提出することによって、税金や年金などの負担を軽くすることができます。提出する場合は、渡航する14日まえまでにする必要があります。海外転出届を提出する際は、パスポートと印鑑が必要です。

届出が必要なワーホリ期間は?

海外転出届は、1年以上海外にいく際に、基本的に提出しなければならない書類です。1年未満の方は、提出する義務は、ありません。しかし、提出することもできます。海外転出届を提出するメリット・デメリットは、どのようなことがあるのでしょう。

海外転出届を出すメリット・デメリット

海外転出届を提出するメリットは、住民税や保険料など、一部支払い義務がなくなることです。ただし、住民税は、1月1日に住民票が残っている場合は、払う必要があります。

ワーホリ出発前にする役所手続き①:海外転出届

2.ワーホリ出発前にする役所手続き②:国民年金

海外転出届を提出すると、ワーホリ中、住民票を抜いておくことができます。住民票を抜くことによって、国民年金を支払う必要がなくなります。この章では、ワーホリ中の国民年金についてご紹介していきます。

海外転出届を出す場合

海外転出届を提出することによって、年金を払わなくてもよくなります。しかし、払わないことで将来に年金をすべてもらうことができなくなってしまうので、注意が必要です。

海外転出届を出さない場合

提出しない場合は、ワーホリ中も年金を支払う必要がありますが、将来、年金をすべて受け取ることができます。ワーホリ中に年金を支払う方法は、保険料納付猶予制度を利用する方法、後納制度を利用する方法があります。保険料納付猶予制度は、任意で加入することによって年金を支払うことができる制度です。後納制度とは、海外の滞在が2年以内の場合、帰国後に払うことができる制度です。この制度を利用することによって、ワーホリ中の年金を支払うことができます。

3.ワーホリ出発前にする役所手続き③:国民健康保険

海外転出届を提出することによって、ワーホリ中、住民票がなくなるため、国民健康保険から抜けることになります。この章では、ワーホリ中の国民健康保険についてご紹介していきます。

海外転出届を出す場合

海外転出届を提出することで国民健康保険から外れるため、海外健康保険に加入する必要があります。海外では、治療費が高いため、海外健康保険に加入していないと高額な治療費を請求されます。海外健康保険の選び方は、5章でご紹介していきます。

海外転出届を出さない場合

海外転出届を提出しない場合は、国民健康保険の保険料を支払う必要があります。日本の保険に入っているため、海外健康保険に必ず入らないといけないということはありません。日本の保険料を支払っている場合は、海外でかかった治療費が日本で換算されてお金が戻ってくることがあります。しかし、海外の滞在期間が1年以上という条件があります。

4.ワーホリ出発前にする役所手続き④:その他

ワーホリで、住民票や保険など以外に役所で手続きする必要があるものは、何があるのでしょう。この章では、住民税や保険料など以外に手続きすることについてご紹介していきます。

住民税

住民税は、前年度に稼いだ分の税金を払う必要があります。住民税が決まるのは、1月1日です。1月1日に住民票がある場合は、前年度に稼いだ分の税金を支払う必要があります。しかし、1月1日までに住民票がない場合は、住民税を支払わなくてもよくなります。

マイナンバー

海外転出届を提出した際には、マイナンバーカードの返却が必要です。しかし、渡航後に失効されて、家に送られてきます。失効されたマイナンバーは、帰国後に使うことがあるため、保管しておきましょう。

確定申告

ワーホリ中の確定申告は、事前に申告することができます。確定申告は、2月~3月に申告するため、事前に申告する際は、事情を説明しましょう。事前に申告する場合は、源泉徴収票、印鑑、所得税控除に必要な明細書、納税をしている口座情報が必要です。

5.現地でのトラブルに備えよう!ワーホリ保険を選ぶ際のポイント

ワーホリ中は、住民票を抜いて保険や年金を払わなくてもよくなりますが、海外健康保険に加入が必要です。海外健康保険は、保険会社やプランが多いため、どの保険を選べばよいのでしょう。海外健康保険は、ワーホリで渡航する国やプランで決めるなどの選ぶ方法があります。

ワーホリする国によっては、医療の技術が異なるため、治療費にも差があります。また、海外では、救急車を呼ぶだけでもお金がかかり、日本より治療費が高くなってしまうことがあります。そのため、ワーホリ保険に加入しましょう。

補償プランは、保険会社によって異なります。ワーホリする国によって、必要な補償プランが組まれていないと意味がありません。そのため、必要な補償プランが組まれている保険会社を選びましょう。また、保険会社によって費用が異なります。費用を抑えたい人は、補償プランを組み替えられる保険会社を選ぶとよいでしょう。このように補償内容や費用などで選んでみてはいかがでしょう。

6.まとめ

ワーホリ中の住民票や年金などは、海外転出届を提出することによって異なります。海外転出届を提出した場合は、住民票がなくなり、年金や国民健康保険を支払う必要がありません。提出しない場合は、年金や国民健康保険などの税金をワーホリ中に支払うことになります。海外転出届を提出する場合は、役所に渡航する14日まえまでに提出しましょう。

また、海外転出届を提出した場合は、国民健康保険から抜けてしまうため、ワーホリ保険に加入しましょう。ワーホリ保険に加入していないと高額な治療費を請求されることがあります。ワーホリ保険に加入する保険会社を選ぶ際は、補償プランや費用を比べてみるとよいでしょう。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...
まずは無料で留学カウンセリング
LINE@で留学相談してみる

無料留学カウンセリングを毎日行っております。

お気軽にご予約ください。

LINE@で留学相談してみる

その他ご不明な点は
お気軽にお問い合わせください

資料ダウンロード

メールフォームで問い合わせ

0120-474-400


お電話での受付時間は、平日 11:00〜19:00 土日祝 11:00~17:00 (水曜定休)

「スマ留」サービス申し込み兼契約はこちらから

本申し込みはこちら