【ワーキングホリデーしたい40歳】海外で働く方法はあるのか? | スマ留

【ワーキングホリデーしたい40歳】海外で働く方法はあるのか?

【ワーキングホリデーしたい40歳】海外で働く方法はあるのか?

ワーホリは、日本とワーホリ協定を結んでいる国にワーホリすることができます。ワーホリには、条件があり、基本的に年齢が30歳までと決まっています。そのため、ワーキングホリデーは、40歳の方などはすることができません。しかし、海外で働く方法はワーホリだけではありません。

この記事では、ワーホリ制度の概要や40代の人が海外で働く方法などについてご紹介していきます。40代で海外の仕事に就きたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

1.年齢制限は30歳……ワーキングホリデー制度について

ワーホリとは、ワーホリ協定を結んでいる国に滞在して仕事や観光、語学学校に通うことができます。日本とワーホリ協定を結んでいる国は、2019年時点で23ヶ国です。

ワーホリでは、滞在中に仕事や観光、学校に通うことができるため、海外の文化や語学を学ぶことができます。ワーホリをするには、ワーホリビザを取得する必要があります。ワーホリビザの取得には、条件を満たしていることが必要です。

ワーホリビザの取得条件には、年齢制限があります。ほとんどの国がワーホリビザを取得できる年齢は、18歳~30歳です。そのため、ワーキングホリデーを40歳ですることはできません。海外で働きたい40歳の人は、ほかの働ける方法を見つける必要があります。

2.ワーキングホリデー不可・40歳オーバーが海外で働く方法

ワーキングホリデーを40歳ですることはできません。40代の人が海外で働くためには、どのような方法があるのでしょう。40代の人が海外で働くためには、駐在員や現地就職、海外転勤をするという方法があります。

駐在員

海外に進出している日本の企業で働くことによって、海外に駐在員として働きにいくことができます。駐在員は、ワーホリと違って、年齢制限がありません。日本の企業のため、日本人も勤務しており語学が苦手な方でも働くことが可能です。

現地就職

海外に現地就職する方法もあります。海外には、専門技術やスキルがあると採用されやすくなります。現地で就職したい方は、転職エージェントを利用することをおすすめします。転職エージェントを利用することによって、企業の情報や現地の情報について教えてもらうことができます。

海外転勤

海外に進出している日本の企業は、日本人を採用するスペースを持っています。そのような企業の情報は、求人サイトに載っているため、探しやすいです。海外で働くためコミュニケーションがとれる程度の語学力が必要です。

このように海外で働くことができます。ワーキングホリデーは、40歳だとできないため、このような方法を利用してみてはいかがでしょう。

.ワーキングホリデー不可・40歳オーバーが海外で働く方法

3.英語力で可能性が広がる!40歳からの短期留学という選択肢

ワーキングホリデーは、40歳ですることができません。ワーホリ以外で働くには、英語力が必要です。そのため、40歳を過ぎていて英語力に自信のない方には、短期留学がおすすめです。

短期留学がおすすめの理由

短期留学とは、1週間~3ヶ月程度の留学のことです。短期留学では、年齢制限がないため、40代の人でもいけます。短期留学をおすすめする理由は、費用を抑えることができる点や働くことができる国がある点、英語力が伸びる点です。

短期留学は、長期留学と比べて滞在期間が短いため、留学費用を抑えることができます。また、40代で働いている方は、長い休暇を取ることが難しいことも多いためおすすめです。

短期留学する国によっては、学生ビザで働くことができる国があります。働きながら学校に通うことができるため、現地で働く経験をすることができます。また、学校に通って英語を学ぶことができるため、英語力を伸ばすことができます。

英語力で増えるチャンス

英語力が上がることでさまざまなことに有利になります。英語力をあげるメリットは、給料が上がることや仕事の幅が広がる、現地就職に有利になることなどがあげられます。日本の企業では、英語能力テストの点数によってボーナスがでる企業があります。英語力をあげることによって、もらえる金額が上がるというメリットがあります。

また、英語力が高いことによって国内だけでなく海外で働くことが可能になります。働ける場所が広がることによって、仕事を選択する幅が広がります。海外就職では、英語が使えないと働くことができいため、英語力をあげることにメリットがあります。

4.格安・フィリピンから定番国まで!おすすめの短期留学先

留学にいける国は、世界中さまざまな場所があります。この章では、短期留学におすすめの国につてご紹介していきます。今回おすすめする国は、フィリピン、イギリス、オーストラリアです。

フィリピン

フィリピンは、留学費用が安い国として有名です。フィリピンは、物価や授業料が安く、日本から近いため、移動費もあまりかかりません。また、フィリピン留学では、講師と1対1の授業も選べるため、授業のレベルを自分の英語力にあわせやすく、授業に置いていかれること少ないです。そのため、短期留学でも語学力を向上させることができます。

イギリス

イギリス留学では、レベルの高い教育や世界に通じるイギリス英語を学ぶことができます。イギリスの教育レベルは、世界中で高いといわれています。そのため、イギリスに留学することでレベルの高い教育を受けることが可能です。また、イギリス英語は、世界中で多く使われているといわれています。イギリス英語を覚えることによって、海外の企業や海外と関係がある企業での就職に有利になります。

オーストラリア

オーストラリアは、治安が良く暖かい気候のため住みやすい国として知られています。オーストラリアの法律には、「ESOS法」という留学生の権利を守る法律があるため、安心して留学することができます。この法律では、留学中に充実した教育を受けられるように基準を設定したり、契約に不備がないようにしたりして、権利を守ってくれます。

ワーキングホリデーは、40代ではすることができません。しかし、留学では、年齢に関係なくすることができるため、おすすめです。ぜひ上記のような国に短期留学してみてはいかがでしょう。

5.まとめ

日本とワーホリ協定を結んでいる国にワーホリすることができます。しかし、ワーホリビザには、年齢制限や国籍などの取得条件があります。年齢制限は、18歳~30歳です。そのため、ワーキングホリデーを40歳ですることができません。40代の人が海外で働くには、駐在員や現地就職、海外転勤する方法があります。

海外で働くには、語学力が必要です。語学力に自信がない方は短期留学がおすすめです。短期留学では、費用を抑えることができ、語学力を向上させることができます。短期留学には、フィリピンやイギリス、オーストラリアがおすすめです。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...
まずは無料で留学カウンセリング
LINE@で留学相談してみる

無料留学カウンセリングを毎日行っております。

お気軽にご予約ください。

LINE@で留学相談してみる

その他ご不明な点は
お気軽にお問い合わせください

資料ダウンロード

メールフォームで問い合わせ

0120-474-400


お電話での受付時間は、平日 11:00〜19:00 土日祝 11:00~17:00 (水曜定休)

「スマ留」サービス申し込み兼契約はこちらから

本申し込みはこちら