留学時の代表的な滞在手段「ホームステイ」その特徴や費用 | スマ留

留学時の代表的な滞在手段「ホームステイ」その特徴や費用

留学時の代表的な滞在手段「ホームステイ」その特徴や費用

ホームステイは、海外に滞在する方法として利用されています。滞在方法を迷っている人は、ホームステイのメリットやデメリット、費用について知りたい人もいらっしゃるでしょう。

この記事では、ホームステイについて基礎知識やメリット、費用などをご紹介していきます。この記事を読んだ人は、ホームステイのメリットや費用について知り、滞在方法を決める際に参考になるでしょう。まずは、ホームステイの基礎知識からみていきましょう。

1.そもそもホームステイってなに?

ホームステイとは、現地の家族と一緒に生活する滞在方法です。ホームステイを受けいれている家族のことを「ホストファミリー」といいます。ホームステイでは、ホストファミリーと生活をすることによって、海外の文化や習慣を体験することができます。

ホームステイには、フルボード、ハーフボード、ルームオンリー、ベッド・アンド・ブレックファーストという方法があります。フルボードは、3食の食事がついており、学校の日はお弁当が渡されます。ハーフボードでは、2食ついているプランです。2食しかついていないため、1食は自分で対応する必要があります。

ルームオンリーは、部屋を貸してもらい自分たちでご飯を作るプランです。ベッド・アンド・ブレックファーストは、ベッドを貸してもらえ、朝ご飯を出してもらえます。ルームオンリーやベッド・アンド・ブレックファーストは、キッチンをかりることができない家庭もあります。外食より自炊のほうが食費を抑えることができるため、費用を抑えたい人は、キッチンを貸してくれる場所を選びましょう。

2.ホームステイで滞在するメリットとデメリットとは

海外でホームステイという方法で滞在すると、どのようなメリットやデメリットがあるのでしょう。メリットとデメリットに分けてご紹介していきます。

メリット

ホームステイをするメリットは、語学力が向上しやすいことや現地の文化が学べる、現地の家庭料理を食べることができる、人脈を広げることができるなどです。ホームステイでは、ホストファミリーと生活します。生活するなかで英語に触れていることによって、語学力が向上しやすいです。

ホームステイでは、ホストファミリーと生活することで現地の文化や習慣を体験することができます。海外の文化は、日本と異なることがあり、現地の文化や習慣に触れることによって、価値観や考え方を広げることが可能です。また、ホストファミリーによっては、食事が提供されるところもあります。そのため、現地の家庭料理を食べることができます。日本では、食べる機会が少ないため、貴重な体験ができます。

ホームステイでは、学校や仕事以外にホストファミリーの友達にも人脈を広げることが可能です。人脈が広がることによって、相談できる人や仕事の紹介などをしてもらえることがあります。ホームステイには、このようなメリットがあります。

デメリット

ホームステイをするデメリットには、自由な時間が少ないことや滞在先の家族に気を使わないといけないかもしれないこと、食事があわないことなどがあります。ホームステイは、ホストファミリーによって生活スタイルが違います。そのため、生活スタイルがあわないことがあります。

ホストファミリーによっては、自由な時間が少ないことがあり、一人の時間や勉強する時間がないということも否定できません。また、ホストファミリーと暮らすことで、ルールを守らないといけなかったり、気を使ったりすることもあります。気を使うことによって落ち着くことができないということもあります。

ホームステイで食べる現地の家庭料理は、味付けなどが日本と違います。そのため、口にあわないかもしれません。また、栄養バランスが偏っていることもあります。このようにホームステイには、メリットとデメリットがあります。

3.ホームステイに必要な費用はどれくらい?

海外でホームステイをする際に、どのくらいの費用がかかるのか知りたい人もいらっしゃるでしょう。ホームステイは、国によって費用が違うため、国別にご紹介していきます。

オーストラリア

オーストラリアのホームステイだけをするには、1ヶ月約10万円~15万円です。費用には、食費や水道光熱費などが含まれています。また、家庭によっては、インターネット使用料もかかることがあります。オーペアやナニーでは、家事や子供のお世話をすることによって無料でホームステイすることができます。オーストラリアにホームステイしたい人は、こちらの記事をご覧ください。【オーストラリアのホームステイの特徴は?おすすめのお土産も紹介】

イギリス

イギリスでは、1ヶ月約40万~70万円です。イギリスでは、ホームステイする都市によって費用が異なります。イギリスに興味のある方は、こちらの記事をご覧ください。【イギリスを知るならぜひ!ホームステイのメリット】

カナダ

カナダのホームステイも1ヶ月約35万~60万円です。カナダでは、ご飯を提供してくれるホストファミリーが多いです。カナダにホームステイしたい人は、こちらの記事をご覧ください。【初めてのカナダ留学ならホームステイがオススメ?滞在方法について】

アメリカ

アメリカのホームステイは、1ヶ月に約40万~70万円かかります。アメリカのホームステイでは、ホストファミリーが多い特徴があります。アメリカにホームステイしたい人は、こちらの記事をご覧ください。【アメリカに留学するならホームステイをしよう!費用や留学成功のコツ】

マルタ

マルタのホームステイ費用は、1ヶ月20万~55万円です。マルタは、ホームステイにかかる費用がほかの国に比べて安いです。そんなマルタにホームステイしたい人は、こちらの記事をご覧ください。【マルタ留学でホームステイしたい!留学するまえに気になる点を解決】

アイルランド

アイルランドのホームステイは、1ヶ月約35万~60万円です。アイルランドでは、1週間ごとの契約になります。アイルランドのホームステイ情報は、こちらをご覧ください。【アイルランド留学ではホームステイがオススメ?メリットとデメリット】

ニュージーランド

ニュージーランドのホームステイ費用は、1ヶ月約30万~55万円です。ホームステイ費用は、光熱費などが含まれているなどホストファミリーによって異なります。ニュージーランドにホームステイしたい人は、こちらの記事を参考にしてみてください。【ニュージーランド留学はホームステイがオススメ?その魅力と注意点!】

マレーシア

マレーシアのホームステイ費用は、1ヶ月約10万~25万円です。費用には、学校までの送迎などが含まれています。そのため、費用を安くすることもできます。マレーシアにホームステイしたい人は、こちらの記事をご覧ください。【マレーシア留学ならホームステイがオススメ?魅力と注意点を紹介】

4.ホームステイをする際に注意しておくべきこととは

ホームステイをする際の注意点は、ホストファミリーのルールや洗濯、ほかに留学生がいることなどです。

ホームステイでは、ホストファミリーのルールを守りましょう。ルールには、門限やおふろに入れる時間などがあげられます。国によっては、水不足の地域もあるため、おふろに入る時間に制限があります。こういったホストファミリーのルールは必ず守りましょう。

ホストファミリーによっては、洗濯物を一緒に洗ってくれない家庭があります。そのため、洗濯物をどうすればよいのか確認をしましょう。また、干し方なども聞いておきましょう。また、ホームステイには、ほかの留学生がいる場合があります。そのため、さまざまな国の人が集まることがあります。そういった人たちとは価値観が違うこともあるかもしれませんが、どんな人とも対等に接することが重要です。

5.まとめ

ホームステイとは、現地の家庭で一緒に生活することです。一緒に生活する家庭のことをホストファミリーといいます。ホームステイのメリットには、語学力の向上や現地の文化に触れること、現地の家庭料理を食べられることなどがあります。デメリットには、自由な時間がないことや気を使うことなどです。

ホームステイにかかる費用は、国によって異なります。また、国のなかでも地域によって違います。このように費用が異なるため、事前に調べておきましょう。ホームステイをする際は、ホストファミリーのルールや洗濯などがあります。ルールを守ってトラブルが起きないようにしましょう。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...

40種類の緑と独特な魅力をもつエネルギッシュな国「アイルランド」

緑豊かな大自然があるアイルランドは、ケルト文化が色濃く残る国です。アイルランドの大学は世界最高レベルで、教育水準は非常に高いです。人口の40%が25歳未満の若者と、とてもフレッシュでエキサイティングな国でもあります。日本人が少ないので現地の方やヨーロッパの人とたくさん関われます。ヨーロッパに位置しながらも英語圏で、物価は他ヨーロッパ国に比べて安く、近隣ヨーロッパ旅行ができるところも魅力。

アイルランド留学について
まずは無料で留学カウンセリング
LINE@で留学相談してみる

お役立ち情報

無料留学カウンセリングを毎日行っております。

お気軽にご予約ください。

LINE@で留学相談してみる

その他ご不明な点は
お気軽にお問い合わせください

資料ダウンロード

メールフォームで問い合わせ

0120-474-400


お電話での受付時間は、11:00〜19:00 水曜定休

「スマ留」サービス申し込み兼契約はこちらから

本申し込みはこちら