【高校留学】失敗を招く留学をしないために知っておくべきこと | スマ留

【高校留学】失敗を招く留学をしないために知っておくべきこと

【高校留学】失敗を招く留学をしないために知っておくべきこと

お金と時間をかけて決意した高校留学を、失敗させたくないのは当然の気持ちです。

しかし、留学をしたにもかかわらず、特に英語が上達しないまま帰国する高校生は少なくありません。理由として「留学に対する間違った認識」が挙げられます。ただ、外国に滞在するだけでは、語学力は身につきません。

語学留学とは「勉強の場」であり、観光客のような気分では失敗してしまいがちです。また、積極的に海外の文化を理解し、なじむ姿勢も重要です。

この記事では、高校生の語学留学でよくある失敗の原因を挙げながら、それらを防ぐための対策を紹介していきます。

留学すればだれでも英語を話せるようになるのは勘違い?

語学力を身につけるために、海外留学が有効なのは事実です。海外に行けば、「英語を使わなければいけない必然性」にさらされます。自然と向学心が発達し、真剣に英語を勉強するようになるでしょう。

また、ネイティブの人間に囲まれた環境で、本場の発音に接するのも肝心なポイントです。

やがて、英語を話したり聞いたりする状況が日常化していくにつれて、いわゆる「英語脳」に切り替わっていきます。

頭の中で「日本語を英語に翻訳する過程」を挟まなくても、自然に英単語が出てくるようになるでしょう。

しかし、すべての語学留学生が英語力を身につけられると限りません。むしろ、少なくない留学生が、出国時からほとんど英語力を伸ばせないまま帰国しているのです。語学留学の質を決めるのは本人の過ごし方次第です。

間違った過ごし方を続けていたり、語学を習得する意識が低かったりすれば、英語力は伸びないでしょう。これから留学を検討している人は、よくある失敗の理由を分析し、反面教師とするのがおすすめです。

教えて!英語が上達しない理由


英語を話せるようになりたいと海外留学をした日本人は、現地で不安や緊張を覚えがちです。

外国は日本と文化も習慣も異なるため、最初のうちはなじみにくいのも仕方ないでしょう。

しかし、留学先の語学学校などで同じ日本人を見つけてしまい、つい固まっていくのは考えものです。そもそも、日本人は欧米人と比べて内向的な人種だといわれています。

注意しなければ、言葉も文化も通じ合う日本人同士で交流を深めていき、現地の人々とのコミュニケーションを怠ってしまいがちです。

そんな状態が続けば、英語に触れる機会はどんどん失われていくでしょう。学校でもプライベートでも使用するのは日本語が中心になり、英語を話さなくなってしまいます。また、日本語しか使わない集団に対し、現地人も声をかけづらくなるものです。

その結果、日本人同士のコミュニティだけで充足してしまい、語学留学の意義から遠ざかっていきます。

日本人との交流を絶つ必要はありませんが、少なくとも現地の友人を作る努力は続けましょう。
観光気分で留学を決めた人に比べると、「絶対に語学を習得して帰る」という意識をもつのはいいことです。

ただし、向学心が間違った方向に行かないよう注意しましょう。たとえば、せっかく留学しているのに部屋で勉強している時間ばかり優先している日本人もいます。あまり外に出ず、学校行事や現地のスポットなどにも顔を出しません。

それどころか、ホストファミリーとすら親しく会話しないまま、留学期間を終えるケースも珍しくないのです。
しかし、こうしたタイプの留学生が語学力を身につけられるわけではありません。

なぜなら、「机に向かって英語の勉強をしている」状態は、日本にいたころと代わり映えがないからです。日本ではできない体験を重ねるからこそ、語学留学の密度は濃いものになります。そして、現地人との交流を深め「もっとコミュニケーションを取りたい」と思うからこそ、自然に英語も学べるのです。机の上で行う勉強も大切ですが、留学ではそれ以外の学びも散らばっています。勉強も大切ですが、現地の人やホストファミリーとの交流もそれ以上に大切にしていきましょう。

もともとの英語力がなさすぎると失敗しやすい

「英語ができなくてもまったく大丈夫」「とにかく留学さえしてしまえば自然に英語力はそなわっていく」と考える人もいるでしょう。こうした意見が完全に間違いとまではいえません。

なぜなら、ほとんど英語が話せない人が海外にわたり、ネイティブ並みの語学力を習得した事例は過去にあるからです。出国時の英語力は、留学の成否を決める絶対的な要素ではありません。真剣に英語力を学びたい気持ちがあれば、留学を検討してみてもいいでしょう。

ただし、「英語力がなくても留学は成功するが、失敗する確率の方がより高い」ともいえます。

英語が全然できないのに留学がうまくいった人には「尋常ではない目的意識があった」「現地で優秀なコーチ役に出会えた」など、特別な事情があったケースが大半です。通常の語学留学であれば、なんの準備もないまま海外に行っても困ってしまう場面の方が多いでしょう。

まず、授業で使われる単語の意味が分からないので授業が理解できません。留学生のために授業が止まってくれるわけではないので、分からないまま授業は進み、より理解が遠のいていきます。

先生や同級生に質問しようとしても、質問の言葉すら出てこないでしょう。仮に質問ができたところで、単語が分からない状態は授業時と変わりません。

留学してからしばらく時間が経てば、完全に授業から置いてきぼりをくらってしまいモチベーションにも影響します。

学校での友達作りなどでも、英語ができないのは大きなハンディキャップです。完璧に英語力を磨いてから留学しなくても大丈夫ですが、最低限知っておくべき英語表現は国内で身につけておきましょう。

ある程度の英語力があれば、留学先の授業を受けていても「知らない単語」を調べるだけで授業にはついていけます。その場で電子辞書を引くなどの工夫をすれば、授業ペースに取り残される可能性も低くなるでしょう。

英語だけ好き!では危ない


「英語が好きだから語学留学で英語力を高めたい」というのは、とても自然な考え方です。

日本でも英語圏の映画や音楽は人気ですし、英語に興味をもつ機会は少なくありません。また、英語を話せるようになると、さまざまな国の人たちと交流をもてるようになります。「英語好き」は語学留学のモチベーションとして非常に重要です。

ところが、英語が大好きで語学留学をしたのに現地でやる気をなくしてしまった日本人も少なくないのです。

その原因として「語学留学のシステム」が挙げられます。語学留学では、現地の学校に編入して、現地の学生と同じカリキュラムで学習を行っていくパターンもあるでしょう。

外国人だけを対象にしたクラスを設置している学校もありますが、ネイティブの中に混じって生活や勉強を続けるからこそ、英語の習得に近づけるともいえます。
しかし、留学先で学ぶのは英語だけではありません。むしろ、学校によっては英語以外の授業を受ける時間の方が長いといえるでしょう。

たとえば、歴史の授業だと海外の史実を中心に学んでいきます。いくら英語力が十分にそなわっていたとしても、歴史に関心がなければ理解が追いつかない内容です。それは、他の授業であっても変わりません。

数学なら数学の知識が、物理なら物理の知識が要求されます。「英語が好きだから英語だけ勉強していたい」という人は大きな壁にぶつかるでしょう。

そこで、語学留学を希望するなら、英語以外の科目についても復習しておくのがおすすめです。

日本の教育で、中学までの基本科目は理解できている必要があるでしょう。また、現地で文化や芸術などを詳しく学びたい人は、基礎的な知識を日本で予習することが重要です。語学留学をしても英語だけに集中できる環境が用意されてはいません。

さまざまな勉強をする過程で、英語を学ぶ必要性が出てくるのだと理解しておきましょう。

本人が留学を望んでいることが大前提

留学は人生で絶対に必要な行動ではありません。確かに、一部の企業では新人採用において留学経験者を優遇しているなどの傾向が見られます。

しかし、それも「留学に成功して会社にとって戦力になれる資質をそなえている」からこそ重用されるのです。何も「留学経験者を無条件で採用している」わけではありません。

「就職に有利だから」「社会的なステータスになるから」など、世間の声に惑わされて留学を決めたなら、海外で苦労をする可能性があります。

そもそも、留学には大変な面がたくさんあります。現地の気候や食べ物が肌にあわず、体調を崩すかもしれません。

「語学」と「授業内容」の両方を学ばなければいけないため、勉強時間は日本にいたころの2倍になります。観光地に留学しても、遊ぶ暇を削って勉強しなければいけないときも出てきます。

文化の違いも大きな不安要素です。日本では当たり前のように受け入れられていた行動で、現地人を怒らせてしまう恐れもあるでしょう。

そんなときも自分の力で誤解を解き、関係を修復しなければいけません。

また、欧米では一部の人間が黄色人種について差別意識を抱いています。心ない言動で深く傷ついてしまう留学生もいます。
こうした現実がありながらも、語学留学で人生をステップアップできた人がいるのは、他人に言われたからではなく「自発的に学びたいという意欲」があるからこそです。

漠然と「留学をしておけば将来に有利」と考えていたのではなく、自分の人生に留学が必要だと信じた人が海外でも濃密な時間を過ごせています。

留学に興味をもった人は、「なぜ海外で英語を勉強する必然性があるのか」「日本ではどうして無理なのか」を真剣に考えましょう。
日本では外国語を話せる人が少ないため、帰国子女をもてはやす風習があります。また、グローバル化社会において、英語力の需要が高まってもいます。

しかし、意志が弱い人ほど世間の声に流されてしまい、望んでいない留学を決断して後悔しがちです。留学先で結果を残すためには、困難にもめげずに留学をがんばれるだけのやる気が肝心です。

正しく選ぼう!本人のレベルにあった学校への入学

語学留学を行うとき、学校選びは非常に重要なポイントです。普通の高校に編入する人もいれば、語学学校で学ぶ人もいるでしょう。

また、学校によって規模や専門分野が大きく異なります。「どうせ留学するならレベルの高い学校にチャレンジしてみたい」と考える人も珍しくありません。また、知名度の高い学校に入った方が、なんとなく安全な気がするのも事実です。

しかし、「レベルの高い学校がいい学校」と思いこんで、実力に見合わない学校へ入ってしまうと非常に苦労しがちです。

まず、授業のスピードについていけません。学校側は「生徒の基礎ができている」ことを大前提にしています。基本的な文法や単語については詳しく解説してくれないため、「現地で英語を学び直そう」と思っていた生徒はあっさりと置いていかれます。

予習と復習をよほどがんばらなければ、まったく授業の意味が分からないまま留学期間を終えるでしょう。

また、「レベルの高い学校だから」といって英語力が順調に伸びていくとは限りません。

なぜなら、学力が追いついていない人は授業の内容を間違って覚えてしまう恐れもあるからです。教師や他の生徒にも引け目を感じてしまい、質問をしにくくなります。同級生と一緒に勉強をしたくても、理解度に差があるため誘われなくなりがちです。

その結果、学校内で孤立して英語を話す機会が少なくなっていくでしょう。
しかし、友達を作るために「日本人が多い語学学校に入学する」のも本末転倒な選択です。日本人がたくさんいれば、孤独を感じる時間は減ります。授業で分からない部分も簡単に聞けるでしょう。

そのかわり、「海外にいる空気」を感じにくくなり、文化交流のチャンスが失われていきます。日々の緊張感が薄まるので、勉強に集中しづらくなる問題も起きます。

本気で英語力を高めたいなら、日本人率の低い学校を選ぶのも一つの方法です。留学初期こそ苦労しますが外国人の友人ができやすいメリットがありますし、逃げ道を断つことでモチベーションもアップするでしょう。

重要!現地の生徒やホストファミリーとしっかり交流する


語学留学に失敗する人の特徴として、「留学先で日本人を探してしまう」という点が挙げられます。

日本人同士で仲良くなり、互いの不安をサポートし合いたいと考えるからですが、留学の意義と照らし合わせるとあまり意味のある過ごし方とはいえません。日本人同士で行動してしまうと、どうしても相手への依存度が高まっていきます。

何か問題があっても「同じ日本人に聞けばいい」と考えてしまうので、緊張感が弱まるのです。「日本人同士仲良くしよう」という発想は脇に置いて、ネイティブスピーカーと積極的に交流をもつようにしましょう。
現地の生徒やホストファミリーと交流すると、日本人同士で固まるよりもメリットが得られます。

まず、ネイティブの英語に触れる時間が長くなるため、「英語脳」が発達していきます。ネイティブに自分の英語を指摘してもらうことで、日本人特有の発音の癖が解消されていき、スピーキングも向上するでしょう。また、現地の生活で困ったことがあれば、現地人に聞くのが一番です。

買い物や学校での手続きなど、ささいな問題で悩まされる頻度は格段に減ります。
現地人と交流を深めるには、日本にいる家族、友達に連絡する回数も減らしていきましょう。「甘えが出る」「ホームシックにかかる」などのデメリットもあります。

しかし、もっとも現実的な問題として「英語脳がリセットされてしまう」ことはデメリットです。ネイティブスピーカーと集中的に会話をするようになれば脳は英語に慣れていき、ネイティブと同じスピードで英語の思考ができるように変わっていきます。

しかし、日本語に長時間触れてしまうと脳は再び日本語の思考に戻ってしまい、吸収した英語力が失われてしまうでしょう。

現地で孤独感を覚えたなら、「日本に連絡する」のではなく、「現地で友達を作る」ことを優先します。日本の友達たちとは帰国すれば再会できます。

しかし、現地の友達は留学中でしか作れません。現地の友達からは日本人とは違った発想、価値観を学べます。何より、定期的にネイティブスピーカーとコミュニケーションをもてるのは、語学力アップのためにも理想的です。

現地にいることだけが目的であってはいけない

語学留学をした人がよく口にするのが「海外に行くことで視野が広がる」「留学したから人生経験が豊かになった」という考え方です。これらの意見を信じ、留学を決意する人もたくさんいるでしょう。

しかし、大前提として留学で人生を変えた人たちには「目的意識」があります。ただ、外国に滞在していたわけではなく、自分をどう高めていくかを考えながら過ごしていたからこそ、留学を貴重な経験にできたのです。

逆をいえば、「ただ留学するだけで人生が変わる」とは言い切れません。
留学先では、授業に対して能動的な姿勢を保ち続けましょう。予習復習を徹底し、自分から分からないことをその場で聞くことも大切です。

しかし、それ以上に「学校で習ったことをどう自分のものにしていくか」を意識します。留学中の勉強は、単位を稼いだり偏差値を高めたりするための勉強とは異なります。語学や外国の文化を深く学ぶことによって、自分の人生の可能性は広がるのです。

単語一つ学ぶだけでも「人生のどこで使う機会が来るか」などと考えながら、確実に自分のものにしていきましょう。

目的を失うと英語力が伸びなくなるのはありがちな傾向です。最初は「外国にいる」「現地の人の囲まれている」という喜びでやる気がみなぎっていた人も、しばらくして環境に慣れてくると壁に直面します。留学中は勉強も大変ですし、カルチャーギャップで息苦しい思いをする瞬間もあるでしょう。目的があるからこそ、つらい時期も乗り越えて勉強を続けられます。

国内にいるときから目的を設定するのが理想ですが、留学先で自分を見つめ直してから目的を考えるのも遅くはありません。
留学の目的としては「英語を覚える」だけではなく、その先まで想像してみましょう。

たとえば、英語を使って外国人向けのブランドを立ち上げたり、英語を利用できる就職先を目指したりすることも良いでしょう。また、海外の音楽や映画鑑賞で理解を広げるなど具体的な目的が定まってくるとモチベーションも高まります。

目的は第三者から見て立派な内容でなくてもかまいません。ただ、自分が心から信じて掲げられる内容にしましょう。

将来像をしっかりともつ

留学そのものが目標になってしまうと、いざ留学期間が始まった時点でがっかりしてしまう人は少なくありません。

留学生の中には漠然とした「外国のイメージ」や「バイリンガルの格好良さ」に憧れている人も混じっています。しかし、留学先が観光地になっているとは限らないため、留学中も生活圏に特別感を抱けないまま過ぎていくケースも出てきます。

また、英語力を高めてバイリンガルになれたとしても、実践できる機会がなければ意味はありません。そもそも長期間現地の空気に触れていれば、一方的な留学のイメージは消えていき、現実に引き戻されます。

留学に成功した人の多くは、自分の将来像を明確にもっている傾向です。そのため、外国の表層的なイメージに惑わされず、地に足のついた留学生活を送れます。

自分に必要な知識や人脈を探し、学ぶ姿勢があるため毎日が充実するでしょう。そして、留学で学んだことを帰国してからも活かす努力を惜しみません。留学で得た知識は復習して忘れないようにしますし、交流をもった相手との連絡が途絶えないよう接点を保ち続けます。

進路に迷ったとき、外国がなんとなく魅力的に見えるとき「とりあえず留学する」のはやめておきましょう。

目標のない人が外国に行っても、余計に悩みが大きくなってしまう可能性があります。留学先では恵まれた環境を用意してもらっていたのに、本人の意識が低いので気づかないまま不満を抱きがちです。留学に挫折して帰国すると、お金と時間を浪費しただけで終わります。

留学をするときは、「留学から帰った後の人生」についてもビジョンをもちましょう。

たとえば、「帰国後はさらに独学で語学力を高めて海外の大学を目指す」などのビジョンがあれば、留学期間中も不満を抱いている暇がなくなります。留学はゴールではなく、人生の目標にたどり着くためのスタートラインに過ぎません。目標から逆算して留学をいかに役立てるかを考えましょう。

成功した!ということができる留学生活を送ろう

高校留学が失敗する原因は多岐にわたります。最初から意識が低かった人もいれば、現地に着いてから理想と現実のギャップを感じる人もいるでしょう。

また、留学の意義を理解しきれていなかったケースも目立ちます。せっかく海外にいるのに日本人同士で仲良くなって、現地人を避けていたのでは英語力は上達しません。

留学を「観光の延長」ととらえてしまうのも大きな誤解です。最初は心が弾んだ外国の風景も、時間が経てば日常に変わります。そんなとき、留学生は「どうして留学をしたのか」という自問自答に行き当たるでしょう。

留学をするなら、まず目的意識をしっかりともつことが重要です。留学はうまく過ごせば、自分の将来を豊かにしてくれるほどの経験となります。

そのためには、留学中のモチベーションを保ち、積極的に学び続けなければいけません。また、「現地になじむ努力」も必須でしょう。ネイティブスピーカーとコミュニケーションをとってこそ、語学力は上達します。日本では得られなかった人脈を広げるためにも、自分からネイティブの輪に入っていきましょう。

しかし、高校生が海外でありがちな問題を自力で解決していくのは困難です。

また、留学には安くないコストがかかるので、本当にするべきか悩んでいる高校生も多いでしょう。

そこで、格安プランで短期留学から長期留学までをサポートしてくれる「スマ留」がおすすめです。スマ留なら「語学上達」と「異文化交流」という留学の意義を守ったまま、高校生の安全かつ低コストでの留学を実現してくれます。

説明会は全国各地で開催されているため、興味がある人は気軽に足を運んでみましょう。帰国後に高校留学をしてよかったと本人が思えるようにしっかりと準備をして留学に臨むと、現地での時間はかけがえのない内容に変わります。

 

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...

無料個別・団体相談を毎日行っております。

お気軽にご予約ください。

その他ご不明な点は
お気軽にお問い合わせください

LINEで問い合わせ

メールフォームで問い合わせ

0120-501-946


お電話での受付時間は、11:00〜19:00 水曜定休

スマ留のお申し込みはこちらから

本申し込みはこちら