メニューボタン

【2022年最新】マルタ留学の新型コロナウイルス最新情報

by smaryu

作成日2021.12.24

(更新日2022.01.13)

【2022年最新】マルタ留学の新型コロナウイルス最新情報

CONTENTS

新型コロナウイルスの感染拡大による影響で昨年から各国が入国制限を行っていましたが、最近ではワクチン接種率も高まり徐々に隔離なしで行くことのできる国が増えてきました。

スマ留でも実際に多くのお客様からお問い合わせをいただいており、中でも費用を抑えながら留学できる国として今人気なのがマルタです!

マルタは現状ワクチン接種を完了していれば隔離なしで入国することができます。

この記事ではマルタのコロナ最新情報や入国条件の詳細、マルタ留学中の注意点についてまとめています。また、最後には実際にコロナ禍でマルタ留学に行ったお客様の体験談も掲載しています。コロナ禍のマルタ留学を検討されている方はぜひチェックしてみてください。

マルタに入国するための条件


2021年12月現在ワクチン接種済みの方は隔離不要で入国することが可能です。条件の詳細は下記の通りですので、渡航をお考えの方はご確認ください。

ワクチン接種完了者

  • 日本のワクチン証明書を「VeriFLY」からデジタル化し提出することで自主隔離無しで日本からの入国と対面授業への参加が認められます
  • 入国後の自己隔離および事前のPCRは不要です

※ワクチン接種から2週間以上経過している必要があります。
※出発前にPassenger Locator Formに登録をしておく必要があります。

ワクチン接種未完了者

  • 入国時、72時間以内に受けたPCR検査の陰性証明書が必要です
  • 政府指定ホテルで2週間の隔離が必須です(事前予約は不要で到着時に案内されます ※費用は2週間で約1,400ユーロ)
マルタへの入国 可能
ワクチン接種証明 必要 ※用意できない場合は隔離措置あり
PCR検査の陰性証明 必要
入国後の隔離 ワクチン接種証明の提示で無し
語学学校の状況 8月から対面を再開予定 ※一部学校

マルタの現地最新情報

【10月28日更新】日本のワクチンパスポートがマルタ政府が認めるワクチン接種証明書として認可

マルタ政府が認めるワクチン接種証明書に日本のワクチンパスポート(新型コロナワクチン接種証明書)が追加されました。 日本のワクチンパスポートを提示することで以下が可能となります。

  • 入国後の隔離免除
  • 現地での学生ビザの申請
  • 対面授業への参加

これにより日本人留学生はマルタへの留学がしやすくなります。

【9月5日更新】隔離中の政府指定ホテルについて

PCR Test (鼻咽頭検査)での陰性証明書を提出することで、日本からの入国が可能になりました。(14日間の隔離有り)

8/1時点で指定されているホテルは下記となります。

  • Corinthia St George’s Bay Marina Hotel
  • Sliema Hotel

空港到着後自動的に振り分けられ、一泊100ユーロがかかります。

【7月26日更新】ワクチン接種証明書の提出不可の場合、14日間の自主隔離が必須

コロナワクチン接種証明書を所持せずにマルタに渡航する場合、実費でのホテル強制隔離の対象(最低1,400ユーロの宿泊費)となります。新型コロナウィルス感染症(COVID-19)PCR検査(nasopharyngeal RT-PCR test/鼻咽頭Realtime RT-PCR検査)の陰性証明書の提出のみの入国は不可です。

【7月12日更新】入国時にワクチン接種完了の証明が必須

マルタ国内のコロナ感染者増加に伴い、7月14日以降にマルタへ到着する方は以下の条件が適用されます。

  • 語学学校の授業はオンラインに移行
  • 入国時に「ワクチン接種完了証明」が必要

【6月18日更新】マルタ入国時に必要なPCR検査は「咽喉頭拭い式」のみに変更

6月17日より、PCR検査・咽喉頭拭い式のみが認められることとなりました。これまで唾液、咽喉頭拭い式の指定がなく、いずれの場合でも可能でしたが変更となりましたので注意しましょう。

【6月3日更新】入国時にPCR陰性証明またはワクチン接種証明書が必要

マルタ到着前72時間以内に受けたPCR検査の陰性証明の提出、またはマルタのワクチン接種証明書を入国時に提出することが義務つけられました。提出できない方は、 到着時に必須のPCR検査を120ユーロで受けなければならず、検査結果が陽性でも必要と思われる期間、強制隔離となる可能性があります。

マルタ渡航中の注意点

マスク着用の義務化

12月11日より外出時のマルタ着用が義務化されました。マスクをつけずに外出し、違反が認められた場合は100ユーロの罰金が課せられます。マルタで外出する時には、日本と同様にマスクを着用するようにしましょう。

マスク着用義務化に関する法令はこちら

レストラン等の営業

レストラン、バーの営業は深夜2時まで許可されています。

マルタ現地の生活・状況について

語学学校によって制限は設けられていますが、授業の後にビーチや買い物に出かけることも可能です。

マルタから帰国する際の注意点

地中海に浮かぶ島国「マルタ」

マルタ出発前にすること

出国前72時間以内に行われたPCR検査の陰性証明書の用意、誓約書の提出、質問表への登録を済ませておきましょう。

日本入国時のPCR検査について

書式は政府指定のフォーマットをダウンロードして利用しましょう。検査方法や検体採取方法は指定フォーマットに英語で書かれていますので、印刷してそのまま検査機関に持っていきましょう。

日本帰国後の自己隔離について

マルタ出発72時間以内に受けたPCRテストの陰性証明書を検疫官に提出します。到着空港でPCR検査を受け陰性だった場合は、自宅等で14日間の待機が認められます。また、誓約書の提出もあるので注意しましょう。

マルタ留学体験談


ここからは実際に”withコロナ時代”にマルタに留学を実現した方のリアルな体験談をご紹介します。

今後留学を検討されている方はぜひ参考にしてみてください!

コロナ禍での留学を決めたきっかけを教えてください。

Kさん|2021年5月渡航
会社の入社が8月からだったため3月に大学を卒業してから時間があったので、学生時代に唯一やり残した留学を経験してみたいと思ったからです。新型コロナウイルスの影響で無事に渡航できるか不安だったのですが、ドバイとマルタが渡航できるということを知りました。その中で治安や英語学習の環境、アクティビティの充実度などを総合的に判断してマルタを選びました!
Hさん|2021年3月渡航
就職後の仕事に英語を使うのですが、そのために受けたオンライン英会話がとても楽しく英語に興味を持つようになったのがきっかけです。そのため、国も英語力の向上をメインに考え日本人比率が低いマルタを選びました。マルタは費用も抑えられて、コロナ禍でも渡航可能だったため留学先としてぴったりでした!
佐藤 みずきさん|2021年4月渡航
もともと行こうとしていた大学の派遣留学の期間が短くなってしまい休学していて時間があったので、別の国にも留学しようと思ったのがきっかけです。マルタは私が渡航した時期は隔離なしでPCR検査のみで入国することができました。さらに治安も良く価格も安いので、私の求めている留学条件にぴったりでした!

マルタの魅力はどんな点だと感じましたか?

Kさん|2021年5月渡航
多国籍で色んな国の人と交流ができる、アクティビティが充実している、海が綺麗、治安が良いなどたくさんあります!観光スポットも充実しており、友達と一緒に色々回ることができて楽しかったです!中でも私のおすすめはゴゾ島とコミノ島とポパイ村です。また今の時期で言うと比較的コロナが落ち着いているのも魅力だと思います!
まるさん|2021年3月渡航
就職後の仕事に英語を使うのですが、そのために受けたオンライン英会話がとても楽しく英語に興味を持つようになったのがきっかけです。そのため、国も英語力の向上をメインに考え日本人比率が低いマルタを選びました。マルタは費用も抑えられて、コロナ禍でも渡航可能だったため留学先としてぴったりでした!
佐藤 みずきさん|2021年4月渡航
観光地がたくさんあり、いろんな場所を訪れることができます!特におすすめなのはスリーマです。たくさんお店があり、歩き回るだけでも楽しかったです。また、ポパイヴィレッジも絶景を味わうことができておすすめです。

現地での生活はどうでしたか?

よしこさん|2021年4月
午前中は出かけたり勉強をしたりして、午後にオンライン授業を受けていました。休日は友達と観光スポットを回ったりなどお出かけをしていました。特におすすめの観光スポットはディングリクリフです!マルタで最も標高が高い場所として知られていて、大自然を味わうことができます!
まるさん|2021年3月渡航
平日は午前中学校に行って午後は観光をして過ごしました。休日は1日中街を散策していました!滞在先はホームステイに決めたのですが、ホストファミリーがとても優しくて非常に満足でした!
佐藤 みずきさん|2021年4月
平日は午前中に授業を受けて、放課後や休日は観光や買い物などをして過ごしていました。語学学校はInternational House Maltaに通ったのですが、コロナ禍で人数が少ない分質問をしやすい雰囲気があって良かったです。また宿泊先は学生寮にしたのですが、スーパーや観光地へのアクセスが良くとても生活しやすかったです。ただ日本人が多かったのが少し残念でした。

実際に渡航してみて現地のコロナ対策はいかがでしたか?

S.Mさん|2021年1月
マスクを必ずつけて外出すること、外出先で4人以上で集まらないこと。これらの違反が見つかった場合、即刻100€の罰金がとられます。また街中にはPCR検査場があり、無料で受けることができます。語学学校では必ずマスクを着用しての授業が義務付けられていました。マスクを着用していないと、部屋に返されます。登校時には全員検温されるので、微熱などが発覚した場合も授業は受けられません。
Kさん|2021年5月渡航
20時頃まで外が明るく街やビーチも夜遅くまで賑わっていたのですが、そのような人が集まるところでは常に警察官が監視していて、マスクを外すと罰金を取られるなどの措置が取られていました。語学学校は登校時に体温検査と消毒が必須なのに加え、教室のサイズごとに最大収容人数を設けソーシャルディスタンスを徹底していたので安心でした。また空港や機内でもマスクや消毒液の配布があり感染対策がしっかりしている印象でした。
Hさん|2021年3月
Hさん|2021年3月
外出時はマスク着用義務の他に7人以上の集団行動を禁止していました。7人を超える場合は一定の間隔を空けて、複数グループに分かれて行動するよう義務づけられていました。語学学校は登校時に検温を行い、座る席が指定されていました!また空港や機内ではスタッフ全員が飛沫対策をとっており、便によっては客同士の間隔を2~3席空けていたので、とても安心でした。

コロナ禍で留学してみて不便だったことを教えてください。

Kさん|2021年5月渡航
帰りの便が航空代理店に勝手にキャンセルされてしまい、手続きが大変だったことです。
Hさん|2021年3月渡航
対面授業が解禁されるまでは授業で感じられる楽しさが少なかったです。返答のタイミングが他の生徒と被ったり、接続不良で効率の悪い授業になることもありました。途中で対面授業に切り替わってからは不便なことはありませんでした!
佐藤 みずきさん|2021年4月渡航
私の渡航した時期は授業がすべてオンラインだったことです。Wi-Fiの環境があまり良くなく、困ってしまうことが多々ありました。

反対にコロナ禍で留学してみて良かったことがありましたら教えてください。

Kさん|2021年5月渡航
あえてこのコロナ禍で留学に来る人たちはみんな何らかの目的を持っていて、留学に対する意欲が高い人たちです!そんな人たちと出会って人生や仕事について熱く語り合うことができたのは、本当に良い経験になりました。
S.Mさん|2021年1月
私は就活直前だったので、留学したこと自体に大きな意味があったと思います。留学での経験を通して就活に対して前向きに取り組めるようになりました。またコロナの状況下で渡航する人自体が少ないので、飛行機の機内は人がまばらで快適に過ごせたのも良かったです!
佐藤 みずきさん|2021年4月
みんながあまり外に出ない分学生寮にいる時間が多かったので、ルームメイトととても仲良くなることができました!

実際に留学して成長した点や変わった点はありますか?

Kさん|2021年5月渡航
たった1ヶ月の留学でしたが、自分の人生を大きく変え視野が広がる経験になりました。今回の留学がきっかけで、将来は英語を仕事に活かして世界で活躍できるビジネスパーソンになりたいと強く思いました!
まるさん|2021年3月渡航
語学学校の授業が少人数制だったおかげで英語を話す機会が多く、当初の目的だった英語力をつけることができました。また留学をして自信がついたことにより、自分から行動する積極的な姿勢が身につきました!
S.Mさん|2021年1月渡航
より海外に対しての興味関心が強まったように感じます。また将来に対して前向きに考えられるようになりました。留学前は「英語を使って働きたい」という漠然とした夢がありましたが、留学を通して、その理由や今の自分に足りないものをしっかり考えられるようになりました。

今留学を検討している方へメッセージをお願いします。

Kさん|2021年5月渡航
コロナ禍での留学に心配を抱えている方も多いかと思いますが、今だからこそできる最高の留学体験があります!スマ留は格安なだけでなく、サポートも手厚く、安心して任せられます。ぜひこの機会に一歩踏み出して、留学へ乗り出してみてはいかがでしょうか。
Hさん|2021年3月渡航
コロナ禍で不安なことや気になることが多いと思います。留学前はエージェントの方やネットにたくさん頼ってたくさん情報を集めたり、現地で生活した人からリアルな体験談を聞くことをおすすめします!
佐藤 みずきさん|2021年4月渡航
コロナ禍で留学するのは手間やお金が通常よりかかってしまうけれど、それでも行く価値は十分にあると思います!マルタはのどかな国で、スローライフを楽しむにはぴったりです!

マルタってどんな国?

マルタの基本情報

美しい地中海に囲まれたマルタは島国で、マルタ島、ゴゾ島、コミノ島の3つの島と2つの無人島からなります。イタリアにあるシチリア島から船で約2時間の場所にあり、地中海の中央に位置しています。1年を通して温暖で過ごしやすく、リゾート地としても有名です。

面積は東京23区の半分程の小さな島国ですが、その中には美しい地中海はもちろん、ヨーロッパの街並みまで多くの絶景が詰まっています。

マルタの文化

マルタはイタリアや中東の文化の影響を受けていますが、小籤などについては独自の進化を遂げています。ウサギの煮込みや海に囲まれているマルタならではのシーフード料理などが代表的です。

マルタの物価

物価は日本よりも少し安いです。特に食材などの物価が安く、お店で売っているパンは日本円にして30円かからないものもあります。しかし、レストランなどでの外食は少し高めにつく場合もあります。なるべく費用を抑えたい方は自炊を心掛けるようにしましょう。

マルタの気候

1年中温暖な気候ですが、特に6月~9月中旬にかけてはサマーシーズンで日差しも強く30℃を超える日もあります。寒暖差が激しく、雨が降ると気温が下がるので軽く羽織れる上着や薄手のセーターを持っていると便利です。

マルタの公共交通機関

マルタには電車が走っておらず、遠出する際にはバスを使う必要があります。一回につき190円ほどの料金が必要で、シーズン中だと250円ほどに値上がりするのが特徴です。

また、マルタは日本と同じ左側通行なので、レンタカーを借りて移動するときも安心です。車も右ハンドルなので運転しやすいです。

 

まとめ

いかがでしたか?マルタは隔離なしで入国することができ、比較的感染者数も落ち着いているので、今留学に行きたい方におすすめです。

スマ留では”withコロナ時代”の留学を検討している方を応援し全力でサポートいたします。

行きたい時期や国が決まっていないという方も、カウンセリングでスマ留カウンセラーがお客様のご要望にぴったりなプランをご提案いたします。お気軽にご相談ください!

マルタ留学ついて

まだ知る人が少ないマルタ島にあるマルタ共和国は、シチリアの南、北アフリカのとの間に位置する「地中海のヘソ」ともいわれる小さな島国。 その立地でありながら公用語の一つが英語であることは珍しく、マルタ島は英語留学の穴場スポットです。 マルタ島はイタリアの南に位置し、ヨーロッパ各地へのアクセスが良好なことも魅力の一つ。 異文化交流、重層的な歴史、紺碧の地中海、年間通して温暖な気候、海の幸をふんだんに使った地中海料理、 マリンリゾートののんびりとした時間、良好な治安など語りつくせないほどの魅力がつまったとっておきの島、それがマルタ島です。

マルタ留学についてもっと知る

無料オンライン相談も実施中!

無料オンライン相談も実施中!