ワーホリを後悔する人が多いのはなぜ?失敗ケースから学べる対処法 | スマ留

ワーホリを後悔する人が多いのはなぜ?失敗ケースから学べる対処法

ワーホリを後悔する人が多いのはなぜ?失敗ケースから学べる対処法

ワーホリで後悔をする方は多くいるといわれています。これらの人には特徴があり、ほとんどの方が同じような後悔をしているそうです。

ワーホリを成功に近づける一番の方法として、ワーホリ前に対策をしておくことがあげられます。そこで、ここではワーキングホリデーをするにあたって後悔せずにいくにはどのようにすればよいのかをご紹介したいと思います。

1.ワーホリの後悔と対策①:帰国後の就職活動がうまくいかない

ワーキングホリデーでの後悔の1つによくあげられるのが、帰国後の就職活動がうまくいかないということです。この主な原因として考えられるのは、留学前にしっかりとした計画を練らずに渡航してしまったということです。ワーキングホリデーにとりあえずいくと、失敗する可能性が高くなります。

その理由として、目的がないため、ワーホリで何を軸にがんばればいいかわからいということが言えます。ワーホリに行くことが目的になっている方がこれらの状況に陥りやすいといえるでしょう。

対策としては渡航前に比較材料を作っておくことなどがあります。たとえば、留学前にTOEICを受験し点数を明確にしておきます。そして帰国後までにどれくらいの点数を目指すかという目標をたてましょう。

または帰国後の就職を視野に入れているのであれば、有利になるような職業経験をしておくことやビジネス英語を勉強しておくことなどがいいでしょう。留学後何が自身に必要で、どのような道筋を立てると今後役に立つかということを計画しておきましょう。そうすることで留学後の就職活動がうまくいく可能性が高いといえます。

2.ワーホリの後悔と対策②:英語力があんまり伸びなかった

ワーホリ後の後悔として英語力があまり向上しなかったということもあげられるでしょう。こういった失敗をしてしまう理由にはシンプルに英語学習時間が少なかったということが考えられます。ワーキングホリデー中に毎日ネイティブと会話し、丁寧に教えてくれるという環境があれば話は別ですが、実際はそうはいかないでしょう。

ワーホリ中に語学力を上げる方法として、どの程度の英語力を身につけたいのかを明確にするという方法があります。もしある程度の日常会話を習得したいと考えるのであれば、英会話を練習する必要があります。海外にいるので英会話をする機会は豊富にあります。

会話ではなくTOEICで700点以上の点数が取りたいのであれば、それに向けた文法や単語を勉強しなくてはなりません。これらの学習目標を明確に立てることにより英語学習へのモチベーションアップにつながり継続的に英語学習に取り組むことができるでしょう。

ワーホリの後悔と対策②:英語力があんまり伸びなかった

3.ワーホリの後悔と対策③:ネイティブの友達ができなかった

ワーキングホリデー後の後悔でよくあげられるものには、ネイティブの友達ができなかったということもあります。理由としては日本人との付き合いが多くなってしまったということがあげられます。日本人同士だと慣れない海外生活で互いに不安を和らげることができ、安心できるためネイティブの友達を作る必要も薄くなります。

もし、ネイティブと友達になりたいのであれば日本文化に興味がある方や、日本語を学習したいネイティブを探すのが近道でしょう。日本語を勉強したい、または文化が知りたいという外国の方は多くいます。そこで情報提供する代わりに英語を教えてもらいましょう。そこから友達に発展させていくなどが可能かもしれません。

また、外国人交流イベントやパブなどで交流し友達になるという方法もあるでしょう。こういったイベントには日本に興味がある方が多くいるため、比較的簡単に友達になることができる可能性があります。

こういった場では積極的に話しかけることをおすすめします。イベントの探し方ですが、このようなイベントはネット検索で滞在している場所などを調べると見つけることができるでしょう。

4.英語力や経歴だけじゃない!ワーホリで得られるもの

ワーホリで後悔をしてしまうケースは多いといえます。しかし、後悔をしてしまったとしてもワーホリで得られるものも多いといえます。たとえば、精神面ではではどうでしょうか。ワーホリを決意し、渡航したというだけですでにチャレンジ精神が身についていることでしょう。

また英語が伸びなかった、ネイティブの友達ができなかった、でもこれらを経験し英語を頑張って学習しようという意欲や、次はどういったことをすればネイティブの友達がきるのかなどの対策を考えるきっかけになるのも事実です。また、海外には日本とは違った考え方の方たちが多くいます。

そういった考え方を目にすることで物事を大きく考えることができるようにもなるでしょう。これらはあくまで一例であり、そのほかにもワーホリに行って良かったということは多くあります。後悔を避けるためには、渡航前に計画を立てることも重要ですが、さまざまな視点をもつことも重要なのです。

英語力や経歴だけじゃない!ワーホリで得られるもの

5.インターンシップでスキルアップ!ワーホリ以外の海外で働く方法

海外で働く方法はワーキングホリデーだけではありません。働く方法としてインターンシップやボランティアなどがあげられます。ワーホリとインターンシップやボランティアの違いは自由度の違いといえるでしょう。インターンシップを選択すると基本的には指定されたホテルでの滞在になるため、住みたい場所の選択はできません。

一方ワーホリは自由で好きなところに住むことができます。しかし、仕事は1から自身で探さないといけないでしょう。海外インターンシップは海外の企業で職業体験ができるというシステムです。インターンシップには有給・無給と2つあります。

給料をもらいながら働きたいのであれば有給インターンシップ、給料が無くても職業体験をしたいなら無給インターンシップを選ぶとよいでしょう。ほかにも、インターンシップにはさまざまな業種があります。自身が経験したいことを体験させてくれるのか、また給料や勤務時間はどれくらいなのかなど、リサーチしなければいけないことは多くあります。

注意点として有給インターンシップは給料がもらえると同時に責任も重くなります。また募集が比較的少ないため簡単には見つからないでしょう。一方無給のインターンシップは募集が多くあるのが特徴といえます。海外では無給が一般的であるため数多くの企業が募集をしています。

無給のインターンシップでしか経験したい職業がないという場合以外は、有給インターンシップをおすすめします。インターンシップでは基本的にネットを通して日本での面接がおこなわれます。そのため、事前にある程度の英語力は必要になってくるでしょう。しかし働くことができる場合海外での長期勤務や移住という選択肢が増えるかもしれません。

無給でもいい、お金では買えないものが欲しいという方はボランティアをおすすめします。ボランティアをすることで自己の成長や就職後のアピールポイントにもなります。しかし、無給となるとある程度の資金は必要です。インターンシップやボランティア、ワーキングホリデーで後悔しないためには自ら行動するということが大変重要でしょう。

6.まとめ

ワーキングホリデーでの後悔として帰国後の就職活動がうまくいかない、英語力の向上が感じられないということがあげられます。また、ネイティブの友達ができなかったなどがありますが、改善策もそれぞれにあります。就職活動では事前の目標設定の重要性、英語力の向上には比較材料を作っておくなどがあります。ネイティブの友達を作るには交流する機会を作ることが重要でしょう。

ワーホリで後悔したとしても、それ以上に得られるものもたくさんあります。ワーキングホリデーを通じて日本の良さに改めて気づくことができたり、海外の人々と交流することによって新たな価値観を吸収できたりとメリットは多くあることでしょう。

また海外で働く方法としてワーキングホリデーだけでなく、インターンシップやボランティアもあります。しかし、事前にしっかりとしたリサーチが重要になってくるでしょう。

しっかりと計画を立てたり、視野を広く持ったりすることで、ワーホリを成功に導いてください。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...
まずは無料で留学カウンセリング
LINE@で留学相談してみる

無料留学カウンセリングを毎日行っております。

お気軽にご予約ください。

LINE@で留学相談してみる

その他ご不明な点は
お気軽にお問い合わせください

資料ダウンロード

メールフォームで問い合わせ

0120-474-400


お電話での受付時間は、平日 11:00〜19:00 土日祝 11:00~17:00 (水曜定休)

「スマ留」サービス申し込み兼契約はこちらから

本申し込みはこちら