イギリスワーホリの費用を解説!費用を抑える・現地で稼ぐ方法とは | スマ留

イギリスワーホリの費用を解説!費用を抑える・現地で稼ぐ方法とは

イギリスワーホリの費用を解説!費用を抑える・現地で稼ぐ方法とは

物価が高いといわれているイギリスのワーホリ費用は、どのくらいかかるのでしょう。イギリスのワーホリ費用には、ワーホリビザの申請料や航空券、生活費などがかかりますが、工夫することで費用を抑えることができます。

この記事では、イギリスのワーホリ費用やイギリスでできる仕事、費用の節約方法についてご紹介していきます。また、イギリスのマナーについてもご説明していきます。

1.イギリスワーホリの相場費用と内訳

この記事では、イギリスのワーホリ費用について渡航前と滞在中にわけてご紹介していきます。イギリスのワーホリ費用は、約250万円~300万円といわれています。

出発前にかかる費用

イギリスに向かうまえにかかる費用は、ワーホリビザの申請料、往復航空券、海外健康保険料です。ビザの申請料は、約3万5千4円です。イギリスまでの往復航空券は、約14万円~18万円です。航空券は、出発する時期や航空会社によって金額に差が出てきます。

海外健康保険は、約20万円~25万円です。保険料は、保険会社や保険プランによって異なります。また、保険内容は、自分で選択することができ費用を抑えることができます。

滞在中にかかる費用

イギリスに滞在中は、家賃、食費、学費、交通費がかかります。イギリスでの家賃は、安くて約6万~7万円はかかります。都市部と地方では、家賃に差が出てきます。食費は、約25万円~35万円です。交通費は、約10万円~15万円かかります。交通費は、住んでいる地域や移動範囲で異なります。

イギリスワーホリの相場費用と内訳

2.チップで高収入をねらおう!イギリスワーホリの仕事例

イギリスワーホリでは、現地で働くことができます。では、どのような仕事ができるのでしょうか。この章では、イギリスワーホリでできる仕事についてご紹介していきます。イギリスでの仕事は、飲食店や学校の講師、美容院で働くことができます。

飲食店では、日本料理店やカフェ、レストランなどがあります。飲食店では、お客さんとかかわるホールの仕事でコミュニケーションが取れるレベルの英語力が必要です。キッチンの仕事では、お客さんとかかわることがないため、英語が苦手な方でも働くことができます。ホールの仕事では、給料と別にチップがもらえるため、もらえる金額が増えます。

学校の講師では、日本の教育免許を取得している人は働けます。講師として教える内容は日本語です。日本語だけでは、教えることが困難のため会話ができる程度の英語力が必要です。美容師の資格を持っている人は、美容院で働くこともできます。イギリスの美容院には、日本人が経営しているお店もあるため、英語が苦手な方でも働きやすいでしょう。美容院では、お客さんとコミュニケーションをとるため、技術だけでなく向上します。

このように、イギリスでは働ける職業がさまざまです。英語が苦手な方でも働くことができます。働けることによって、物価が高いイギリスのワーホリ費用の足しを作ることができます。

チップで高収入をねらおう!イギリスワーホリの仕事例

3.工夫しだいで効果大!イギリスワーホリの節約方法

物価の高いイギリスでは、ワーホリ費用が高くなってしまいます。しかし、工夫をすることによって、費用を抑えることができます。この章では、イギリスのワーホリ費用を節約する方法をご紹介していきます。節約方法は、日本で英語力を身につける方法やシェアハウス、自炊する方法などがあります。

日本で英語力を身につけておくことで、仕事が見つけやすく給料がいい場所で働くことも可能です。また、英語でコミュニケーションが取れるなら、語学学校に通う必要がありません。学費をなくして、仕事でお金を稼ぐために日本で英語力を身につけることよいでしょう。

イギリスでは、家賃が高いです。そのため、家をかりる際は、シェアハウスをすることがおすすめです。シェアハウスをして人が増えていくにつれて1人が払う家賃が安くなります。結果費用を抑えることにつながります。また、イギリスは物価が高いため、レストランなどの外食を控えるようにしましょう。イギリスのスーパーには、安く量が多いところがあります。そのようなスーパーを利用することによって、外食をするより食費を抑えることができます。

4.渡航前に知っておこう!イギリスのマナー

イギリスには、ワーホリ費用以外にもマナーについても知っておきましょう。この章では、知っておきたいイギリスのマナーについてご紹介していきます。イギリスのマナーには、日本と異なることがあります。日本とは異なるマナーには、チップや電車のマナーなどがあります。

イギリスのレストランでは、チップの支払いが必要です。チップを払わない人は、あまりよくない印象をもたれます。払うチップの値段は、支払い額の10%~15%といわれています。チップは、現金だけでなくクレジットカードで払うことも可能です。カードで払う際は、店員に伝えましょう。

日本では、電車のなかで電話をすることは、マナーではないといわれています。しかし、イギリスでは、そのようなマナーがなく電話をしている人が多くいます。また、イギリスでは、くしゃみをした場合に、周りの人に「Bless you」といいます。日本では、声をかけませんが、イギリスでは声をかけましょう。

5.まとめ

イギリスのワーホリ費用は、約250万円~300万円かかるといわれています。イギリスに渡航するまえにかかる費用は、ワーホリビザの申請料、往復航空券、海外健康保険です。滞在中には、家賃、食費、学費、交通費がかかります。イギリスのワーホリ費用は、シェアハウスや自炊をすることによって、費用を抑えることができます。

イギリスのワーホリでできる仕事は、飲食店や学校の講師、美容院などです。飲食店のキッチンの仕事では、お客さんとコミュニケーションをとることがないため、英語が苦手な人でも働くことができます。イギリスのワーホリでは、費用だけでなくマナーの違いにも知っておきましょう。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...

英語発祥の地、独自の伝統と文化の最先端が絶妙なバランスを保つおしゃれな島国「イギリス」

歴史ある文化や伝統が色濃く残るイギリスは、古い伝統も守りながらも、常に流行の発信地としてファッション・アート・音楽・考え方や技術などを生み出し世界中に発信している国としても有名。英語教育にも古い歴史をもち、語学学校の質や教育レベルも世界的に高いです。英語発祥の地として、上品なクイーンズイングリッシュを学ぶことができることが魅力。多国籍国家でもあるため国際色豊かで留学生でも住みやすい雰囲気があります。ヨーロッパ各国へ小旅行を楽しむこともできる、ヨーロッパの魅力たっぷりの国です。

イギリス留学について
まずは無料で留学カウンセリング
LINE@で留学相談してみる

無料留学カウンセリングを毎日行っております。

お気軽にご予約ください。

LINE@で留学相談してみる

その他ご不明な点は
お気軽にお問い合わせください

資料ダウンロード

メールフォームで問い合わせ

0120-474-400


お電話での受付時間は、平日 11:00〜19:00 土日祝 11:00~17:00 (水曜定休)

「スマ留」サービス申し込み兼契約はこちらから

本申し込みはこちら