効率的!1ヶ月間の短期留学で語学力アップ | スマ留

効率的!1ヶ月間の短期留学で語学力アップ

効率的!1ヶ月間の短期留学で語学力アップ

海外で語学の勉強をしたいものの、長期留学をする時間がない、留学にかけられる費用があまりないなど、短期間の留学を検討している人は少なくないでしょう。

どうせなら短い時間を最大限有効に活用して、できるだけ語学力を上げたいものです。ただし、1ヶ月程度の留学の場合、本当に語学力を上げることができるのかどうか心配です。

そこでポイントになるのが、留学期間をどのように過ごすかでしょう。ここでは、短期留学でも語学力アップは夢ではないこと、人気の短期留学のタイプ、短期留学ならではのメリットなどについてご紹介します。

1ヶ月の留学でも効果はある?


果たして1ヶ月の短期留学で英語力をアップすることができるのか、と不安に思う人は少なくないでしょう。目標とするレベルがどれくらいかにもよりますが、率直に言って英語力は確実にアップします。

そもそも、みなさんが留学したい理由は何でしょうか?「外国の人と会話ができるようになりたい」「リスニング力を上げたい」「海外で生活したい」など、目標は人それぞれでしょう。留学することで英語の環境に身を置くので、必然的に毎日英語を使用します。英語はよく、筋トレと同じだといわれます。日頃から使う練習をしていないと、いざ話そうと思っても口からスムーズに出てこないのです。

小学校から高校や大学まで、何年も英語の勉強をしているのに、全く話せないという人も多いようです。日本の学校では、文法や単語、読解など受験対策の英語学習が中心なので、日本人はリスニングやスピーキングが苦手だといわれます。実際に海外に行っても、他の国の学生に比べて、人前で話すことが恥ずかしく初めの頃はなかなか発言できない人も多いでしょう。なぜなら、「完璧な英語を話す」ことが目標になっているからです。一方、外国の留学生は、たとえ間違った英語でも、積極的に発言をしようとします。彼らは、英語は自分の意思を伝えるための「手段」だと考えています。

英語漬けの環境の中で生活することで、たとえ短期の留学でも、英語で話すことに「慣れる」ことが可能です。英語を話すことへの恐怖心や恥ずかしさがだんだんと薄れ、自分の考えをどう相手に伝えればいいかと考えるようになります。そうなればしめたものです。あとは、クラスに積極的に参加したり、友人との会話を楽しんだりするうちに、自然と英語力がアップしていくでしょう。最初の「英語に慣れる」時間をクリアすれば、短期間でも十分語学力を身につけることは可能です。

短期留学で人気な3つのタイプ


短期留学にはさまざまな方法がありますが、その中でも人気の3つのタイプをご紹介します。

語学留学は、最短1週間から最長1年間程度、語学学校に通って語学を集中的に学ぶ方法です。語学を学ぶことが目的なので、入学時にはそれぞれに合ったレベルのクラスに振り分けられるため心配ありません。英語が全く話せない人でも大丈夫な基礎クラスや、大学留学のための準備コース、ビジネス英語コースなど、多彩なコースが用意されているのも魅力です。中には、「英語 + ヨガ」「英語 + バリスタ」など、英語と人気のアクティビティを組み合わせたコースもあります。世界中に語学学校はとてもたくさんあるので、自分の好きな国や地域から学校を選ぶことも可能です。

次にご紹介するのは「海外インターンシップ」です。海外インターンシップとは、学生や社会人を対象に、海外の企業で就労体験ができるプログラムのことを指します。「将来は海外の企業で働きたい」「就職活動にインターンシップの経験を生かしたい」「海外で自分の実力を試したい」などといった志の人が参加する傾向にあります。募集内容にもよりますが、1ヶ月程度から参加できるものもあるのでチェックしてみましょう。応募条件として英語力やキャリアを問うもの、無条件に誰でも応募できるものなどさまざまです。

海外の一般家庭に滞在して生活体験をする「ホームステイ」も人気の短期留学です。ホームステイのメリットは、現地のリアルな家庭生活を体験することができる点でしょう。料理や掃除、買い物といった家事全般から余暇まで、英語でコミュニケーションをとりながら異文化に触れることができます。

一般的には、ホームステイをしながら語学学校や大学に通うケースが多く、一日中英語に触れる時間があるのが魅力的です。

メリット1!リスニングやスピーキングが伸びる


日本人が苦手とするリスニングとスピーキングですが、これらのスキルをアップさせるためには実際に海外で過ごすことがとても有効です。日本で英語を勉強していても、ネイティブの発音を耳にするのは勉強中だけです。

たとえば、1日に2時間の勉強時間を確保したとしましょう。CDやDVDなどの教材を利用する、もしくはネイティブのクラスに参加すると想定します。1ヶ月間続けたとして60時間の勉強量になります。一方、海外に留学する場合、午前中だけのクラスに参加したとしても、午後には友人たちとのアクティビティ、帰宅後にはホームステイ先の家族との会話と1日中英語漬けの生活になり、この差は歴然です。

スーパーでの買い物でも、商品名の表示やレジでの会話はすべて英語となり、これらは日本にいては体験できないことです。一日中英語を音として耳に入れる、必要にかられて英語を口に出すことなどが、英語の実力をつける近道となるでしょう。「英語耳」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

一般的に、英語耳とは英語の音を聞き取ることができる能力のことを指します。海外では小さい子どもでも日本人より流暢に英語を話します。これは、生まれたときから英語だけの環境で生活をしていることによって可能になります。たとえ、1ヶ月間だけの留学だとしても、毎日のように英語のシャワーを浴びることで、英語耳を養うことは十分に可能です。その結果、短期間で日本人の苦手とする、TOEICのリスニングスコアを上げることができるでしょう。

人とコミュニケーションを取るためには、まず相手が何を言っているのかを理解することが必要です。リスニング力が付いてくると、スピーキング力も上がっていきます。自分から積極的にコミュニケーションをとるよう努力する、外国の人と常に一緒に過ごすようにするなど、授業以外の時間の使い方に気をつけさえすれば、短期留学でも効果的に英語力をつけることはできます。

メリット2!短期集中で時間の節約ができる


1年間以上現地に滞在して勉強する長期留学に比べ、1ヶ月程度から参加することができる短期留学は手軽というメリットがあります。

「初めての海外で不安……」「英語が全く話せないから長期留学は無理」という人にとっても、精神的な不安が少なく実現できるのではないでしょうか。いずれは長期留学をしたいけど、その前に語学力を少しでもアップさせたいという人にもおすすめです。短期留学の特徴は、目の前の具体的な目標を立てることができる点です。長期の留学の場合は期間が長いので、中だるみをすることも多く、途中で勉強への意欲が薄れることもありえます。真新しい環境での生活となるので、勉強以外の遊びにも気が向き、まだ時間があるからいいやという気持ちが起こりがちです。しかし、短期留学は時間の制限が間近に見えているため、集中して勉強することができるでしょう。

また、語学学校には、短期間で効率的に学ぶことができるプログラムが用意されており、読む・書く・聞く・話すと、英語力を総合的にバランス良く身につけることが可能です。限られた時間の中、自分の苦手とする部分を強化するのもいいでしょう。教室での勉強だけでなく楽しみながら英語を学びたい人には、「語学+α」のクラスがおすすめです。たとえば、語学+ダンス、ダイビング、料理教室など、それぞれの興味に合わせたプログラムを選択することができます。関心のあることを体験しながらだと、英語がスムーズに体に入ってくるから不思議です。長期留学のようにダラダラと時間だけが過ぎていくのではなく、「今日できることは今日のうちに」という気持ちで、集中して学ぶことができるのが短期留学のメリットです。

メリット3!留学費用も抑えることができる


1年間以上の長期語学留学の場合、授業料や生活費、おこづかいなど、留学費用がとても高くなってしまいます。

国や住む場所、学校の授業料などによって金額が変わるので一概には言えませんが、一般的にアメリカで年間250〜400万円程度、イギリスで300〜400万円程度、カナダでは180〜300万円程度かかるのが目安となります。長期留学ともなると、休みのときに旅行に出かけたり、いろいろなプログラムに参加して余暇を充実させたりと、思った以上に出費がかさんでしまいます。せっかくの海外、日本では体験できないことを大いに満喫したいと思うでしょう。気がつけば、当初予定していた留学費用を大いに超えてしまったということもありえます。

一方、短期留学の場合は、期間が短い分留学費用を抑えられるというメリットがあります。費用の目安は、アメリカの語学学校に1ヶ月通った場合で30〜50万円程度、イギリスで20〜40万円程度、カナダでは20〜30万円程度となります。1年間の留学と比べると、実に8分の1〜10分の1程度の費用で留学を実現することが可能です。浮いた分のお金は、現地で余暇を充実させるために使うこともできます。学生のときには保護者が留学費用を工面してくれることが多いですが、社会人ともなると自分の働いたお金で留学をすることになります。予算が限られていることも多く、費用を抑えるために短期留学を選ぶ人も多いでしょう。

少しでも留学費用を抑えるためには、物価が安い国を選ぶ、都会よりも田舎を選ぶ、繁忙期を避けて出発するなどがポイントです。物価が高い地域だと、毎日の食費や日々移動に利用する交通機関の料金など、ちょっとしたことの積み重ねで費用の差が大きくなります。また、授業でなるべく上のクラスに入れるよう、日本で語学の下地を作っておくとより短期集中で学ぶことが可能になるでしょう。

メリット4!日本文化との違いを体感することができる


語学力アップ以外にも、異文化を体験したいという希望を持って短期留学をする人は多いのではないでしょうか。

日本と海外の違いは言葉に始まり、食事や文化、生活習慣など多岐にわたります。全く違う環境で生まれ育った人間同士、考え方の違いに驚くことも多いでしょう。

短期留学中にホームステイをする場合、特に現地の人の生活の様子を詳しく知ることができます。日本と異なり、家の中でも土足で過ごす、チップを渡す、出会い頭にハグをするなど、日本にはない習慣に戸惑う人も多いようです。そのような海外の体験を受け入れることによって、グローバルな視野を持つ人間として成長することができます。また、海外では多様性を認め合う風潮があり、人と違うことが決しておかしいことではありません。人に合わせてニコニコしてばかりいないで、きちんと自己主張をしていく力が必要になります。

留学先では現地の人だけでなく、世界中から集まってきた海外の留学生とも交流することができるのもメリットです。アジア、ヨーロッパ、アメリカ、オーストラリアなど、それぞれに異なる文化を持つ人たちが集まるため、毎日顔を突き合わせて付き合っていくには、お互いを認め合い受け入れる必要があります。せっかく留学をしても、言葉の不安があるため日本人同士で固まって過ごす留学生もいるようです。せっかくの貴重な留学期間、積極的に海外の人たちとコミュニケーションをとりましょう。きっと、お互いの違いを楽しむ感覚で過ごすことができるはずです。

短期留学では、語学だけでなく日本と世界各国の文化の違いをも体験できます。

短期留学で効率的に語学力アップ!


語学力をアップさせるため、就活や転職に活かす武器にするためなど、短期留学をする人の目的はさまざまです。短い留学期間といえども、1ヶ月程度あれば十分に語学力をアップさせることは可能です。

まずは、現地で英語のシャワーを浴び、英語耳を養いましょう。リスニング力がアップすれば、スピーキングの上達にも効果があるでしょう。短期間だと具体的な目標が立てやすく、集中して勉強することが可能です。さらに、費用を安く抑えることができる、異文化体験ができるなど、短期留学のメリットはたくさんあります。プログラムによっては、語学+αで自身の興味の分野を掘り下げることも可能です。

このようにメリットが多い短期留学、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

無料個別・団体相談を毎日行っております。

お気軽にご予約ください。

その他ご不明な点は
お気軽にお問い合わせください

LINEで問い合わせ

メールフォームで問い合わせ

0120-501-946


お電話での受付時間は、11:00〜19:00 水曜定休

スマ留のお申し込みはこちらから

本申し込みはこちら