メニューボタン

【最新版】短期留学で英語の学習に効果はある?英語力を伸ばすためのポイント

by smaryu

作成日2020.02.20

(更新日2021.05.06)

【最新版】短期留学で英語の学習に効果はある?英語力を伸ばすためのポイント

CONTENTS

英語をきちんと勉強したい!でも、語学学校に通う時間の余裕もないし、ましてや海外留学なんて…と迷っている人に注目されているのが、「短期留学」です。最近では、1週間から滞在できる手軽な留学プランも豊富にありますが、短期留学で英語の習得に効果があるのか気になるところです。

そこで、短期留学でどんなことができるのか、どんな効果が得られるのか、詳しくご紹介します。

また、短期留学の概要についてはこちらでまとめておりますので、短期留学をご検討中の方はぜひこちらもご覧ください。

 

短期留学とは?

近年、私たちは「グローバル化」という言葉をよく耳にするようになりました。もちろん日本でも国際化が進み、「職場に外国人の上司や同僚がいる」「海外の取引先と仕事をすることになった」「英語によるミーティングが増えている」ということが珍しくなくなってきました。中には条件として入社前後の英語資格を取得必須にしている企業も少なくありません。そのため、社会人にとって英語力は仕事に欠かせないスキルの一つとなりつつあります。できるだけ早く効果的に英会話をマスターするには、外国に身を置いて英語漬けになるのが一番の近道です。

そこで最近、高校生や大学生、社会人から人気なのが「短期留学」です。その言葉通り、短期間での英語力向上を目指すプログラムです。具体的に短期留学とはどのようなものなのかご紹介します。

短期留学はおもに3ヵ月以内の留学

短期留学はその名の通り、比較的短い期間の留学を指します。一般的には、おもに観光ビザで滞在できる、3ヵ月以下の留学が短期留学と呼ばれているようです。留学エージェントが提供するプログラムに参加したり、大学の留学協定校のプログラムを利用したりといった方法があります。

短期留学の最大の魅力はなんと言ってもやはり、休暇を利用することで留学ができ短期間に集中して学ぶことで英語力を鍛えられることでしょう。学生は春休みや夏休みなどの長期休暇を利用して、社会人は有給休暇を活用してなど、気軽に参加できます。

世界各国の語学学校や大学で、短期留学を受け入れるプログラムを設けているところがあり、1週間程度から参加が可能です。

ホームステイや学生寮など、滞在スタイルは多彩!

短期留学は、様々な国の語学学校や大学の語学留学プログラムから、選択可能です。また滞在先については、ホームステイや学生寮、シェアハウスなどが一般的です。例えば「外国の暮らしを体験し、文化や習慣を学んでみたい!」という人はホームステイで一般家庭の生活を体験するのも良いでしょうし、「世界各国からの留学生とたくさん交流して、友達をつくりたい!」という人は、留学生同士での共同生活を経験出来る学生寮やシェアハウスがおすすめです。

本格的な留学の前に体験したい人にもおすすめ

仕事や学校の都合で日数に制限がある人でも、短期留学なら休暇を利用して気軽に留学にチャレンジできるでしょう。短期ということでビザが不要なプランも多く、面倒な手続きが少ないのもうれしいところ。

また、長期留学や海外赴任など、本格的に海外生活を送る前に、自分が本当に海外で暮らしていけるのか、どのような生活になるのか、不安に思うこともあるでしょう。そういった場合、外国での暮らしを体験するため、短期留学を利用してみるという手段があります。

 

短期留学のおすすめポイント

「短期留学の具体的なメリットは何だろうか?」そのような疑問を抱いている人は、たくさんいるかと思います。ここでは、具体的に短期留学で英語を学ぶことのおすすめポイントについて考えてみます。

費用を抑えることができる

何と言っても、長期留学に比べて費用の安く抑えられることが最大のメリットではないでしょうか。プランによっては海外旅行よりも安くなることもあるのです。中には、自らアルバイトをして費用を貯めて渡航する学生もいるため、経済的な理由で諦めずに留学という夢を実現することが可能です。

短期集中で英語力をアップ

「果たして短期間で英語力を上げることは可能なのか?」このような疑問が浮かんでくると思います。短期だからこそのプログラムで、英語力をアップさせることは十分可能です。言語は日々の努力の積み重ねが大切なため、短期と言えど環境を変えることが語学スキルアップに繋がります。

就職活動でアピールできる

大学生においては、就職活動時に、自己アピールのひとつとして留学経験を記載することは、自身の強みになります。留学経験は英語力の向上に繋がるため、業種や分野によって異なる部分もありますが、特に語学スキルを求める企業からは、高く評価されることもあります。

社会人でも有給を利用して行ける

社会人になると、学生とは違い、なかなか休みが取れず留学に行ける時間がない…そのような現状があります。しかしながら、短期留学は最短で1週間から可能なので、有給を有効活用できます。その他、仕事や学校等の都合で日数に制限がある人でも、短期留学なら休暇を利用して、気軽に留学にチャレンジできるでしょう。

本格的な留学を考えるきっかけになる

近年「長期留学」「海外大学への進学」を考えている人が増加傾向にあります。長期留学を計画している人がまず、お試し期間として短期留学を経験することは、本格的な留学への第一歩になります。また、本格的な海外生活を送る前に、「自分が本当に海外で生活し、暮らしていけるのか」と不安に思うこともあるでしょう。そんな不安解消のために、外国での暮らしを体験するために短期留学を利用するという手段があります。

 

短期留学でもあなたの英語力に変化あり!

短期留学は手軽に参加できる反面、「本当に短期留学で英語力がアップするのかな?」と不安になる方も多いのではないでしょうか。「2~3ヵ月程度の留学では英語力アップは期待できない」という意見もあり、わざわざ時間とお金を費やして短期留学しなくてもいいと考える人もいるでしょう。確かに、短期留学が長期留学に比べて語学の習得度合という意味では劣るかもしれません。ただし、短期間でも集中的に英語を学べば英語力をアップさせることは可能です。教科書や参考書では学ぶことができない、「生きた英語」にふれることもできます。短期留学で英語がペラペラになれるわけではありませんが、やり方次第では充分プラスになります。

では実際に、短期留学を経験すると、英語力にどのような変化が見られるのか解説します。

スピーキングやリスニングに効果あり!

日本で英会話教室に通ったり独学で勉強することと短期留学の最大の違いは、「一日中、英語で会話をし続ける」という点です。一般的に、リスニングやスピーキングが伸びやすいと言われています。なぜなら、日本にいる時よりは英語を使う機会が増えるからです。毎日英語に触れ、積極的に行動することを心がけると良いでしょう。

英語への抵抗感がなくなることも

短期留学で得られる最大の変化は、なんといっても「英語を話すことに抵抗がなくなる」ということでしょう。日本では人前で英語を話すには勇気が必要だという人も多いですが、留学先では英語は誰もが当たり前に使うもの。「伝えなければ生活できない」という環境に身を置くことで、たくさん英語を話す機会が得られます。

自身で感じられる成長

最初のうちは英語を話すことに抵抗感を感じたり恥ずかしさがあると思います。しかしながら、徐々に慣れてきて堂々と話せるようになります。ご自身で感じられる成長があるかと思います。

また短期間でも外国人の友達を作ることが可能なので、コミュニティが広がり英語を話す機会がますます増えることも英語習得の効果に繋がります。そのために意識的にどのように過ごすかを考え、短期集中型に向いている国を選択したり、あるいはプログラムに参加することでより英語習得の効果が大きく期待できます。

留学プログラム構成による効果

短期間で効果的に英語を学ぶためには目的に合わせてプログラムを組むことが重要です。滞在中は「何を重視するのか」など希望する条件によって必要な日数やプログラムの内容は変わってくるでしょう。受け入れ先の学校や留学プランによって授業のコマ数や学習レベルが違いますので、自分の目指すレベルやイメージを持っておくが理想的です。

 

短期留学で英語力を伸ばすための5つのポイント

「外国で暮らせば、自然と英語ペラペラになる」というのは、幻想でしかありません。英語は目的意識を持って地道な努力を重ねてこそ身に付くもの。特に短期留学で英語力アップの成果を出すには、限られた時間をいかに有効に使えるかにかかっています。

大切な期間を無駄にしないために意識するべきことや、押さえておきたいポイントを5つご紹介します。

1.目的意識を持つ

短期留学の体験者に話を聞くと、「想像以上にあっという間だった」と話す人が多いです。1週間から3ヵ月程度という滞在期間は、海外生活の非日常感を味わっているうちに過ぎていきます。大事な時間を無駄にしないよう、「現地で何をしたいのか」「何を学びたいのか」「どんなスキルを得たいのか」という明確な目的意識を持っておくことが重要です。

例えば、「留学後にTOEICの得点を100点アップする」のように具体的な目標を持っておくとモチベーションをキープでき、達成感を味わうこともできます。「その日習ったフレーズをその日のうちに使ってみる」といったToDoリストを作っておくのもいいかもしれません。海外生活では物珍しさから観光やショッピングなど、楽しいことに流されやすいもの。勉強に集中できるよう自分を律することが大切だといえます。

2.できるだけ現地人と関わる努力をする

留学のメリットの一つは、「授業で習った単語やフレーズをすぐに使うことができる」という点でしょう。学校や通学中、街中、ホームステイ先、学生寮など、留学中はあらゆる場所で英語を使います。それだけでも英語力を鍛えることはできますが、期間が限られた短期留学なら、もっと積極的に現地の人たちと関わる努力をしましょう。現地の人と関わることで、教科書ではわからない表現を身に付けられるだけでなく、現地の文化や歴史にふれることになります。言語はそこに生きている人たちの思いや考え方が凝縮されたもの。言葉の背景にあるものを知ることで、より英語を深く理解できるようになります。

また、外国にいると自分が日本人であることを実感する機会も多いと思います。異文化交流を通じて日本について客観的な目を持つようになり、国際感覚を身に付けることもできるでしょう。

3.現地で日本人とばかり接しない

留学生活で特に注意しなければならないのが、日本人同士のコミュニケーションです。慣れない海外生活の中で、学校や学生寮、ホームステイ先の近所に日本人がいると安心するものです。同じく留学を志した人同士、気が合うことも多いでしょう。だからといっていつも日本人といっしょにいてばかりでは、せっかく海外留学した意味がありません。短期留学であれば、できるだけ日本人以外の人と英語で会話するように意識することが大切。日本人と仲良くしてはいけないというわけではありませんが、できるだけほかの国から来たクラスメイトや現地の人を交えて英語で話す工夫をしましょう。

4.スピーキングやリスニング力を伸ばそうと意識する

一般的に海外留学して3ヵ月ほどで相手の話していることが理解できるようになり、半年経つと英語で話ができるようになるといわれています。3ヵ月以下の滞在となる短期留学では、そこまでのレベルに達することは難しいかもしれません。短期留学では高度な英語力を求めるのではなく、英語漬けになれる環境を最大限に活かしたリスニングとスピーキングの強化にしぼるのが得策です。一日中英語を聞き続けていると、初めは集中力が持たずにぐったり疲れてしまうかもしれません。辛抱強く相手の話を聞き周囲の会話に聞き耳を立てていると、次第に耳が英語に慣れてきて相手の話す英語が聞き取れるようになってきます。

リスニング力が鍛えられると、相手の問いかけに何を返せばいいのかわかってきます。うまいフレーズや言葉が出てこずもどかしい思いをするかもしれませんが、その経験を積み重ねることで英語を話す自信がついてくるはずです。

5.しっかりしたプログラムやサポートのあるプランを選ぶ

短期留学で英語力を確実にアップさせるには、目標を達成するためのサポートを受けられる留学プランを選ぶことが大切です。留学エージェントではグループ授業で英語を学ぶプランや、マンツーマンレッスンで弱点を強化できるプラン、世界中から学生が集まり国際色豊かな学校で学べるプランなど、さまざまな短期留学のプランを用意しています。自分に合ったプランはどれか、プランを吟味して最適なプランを選びましょう。

また現地での経験を最大限に活かすために出発前に日本で集中レッスンを受けられたり、留学中の困り事をサポートしてくれたりと、留学エージェントによって留学前、留学中、留学後に受けられるサービスが異なります。各社が行っている無料留学カウンセリングなどを利用して、授業以外のサービス内容もしっかりチェックしておきましょう。

 

【国別】英語留学ができるおすすめの留学先

ここからは国別にどんな特徴があるのかを見ていきます。留学先を決める時の参考にしてみてください。

フィリピン

低価格かつ短期集中型に最も適した留学先として知られています。「短期間で英語力を向上させたい!」という人は授業コマ数の多いフィリピンがおすすめ!主に日本資本と韓国資本の学校があり、一人一人の目的別に応じたプログラムを選択可能です。最大の特徴はマンツーマンレッスンでの丁寧な個別指導も含まれている点です。

マルタ

ヨーロッパでは珍しく公用語が英語となっており、地中海に浮かぶ島として知られるマルタは低価格で物価も安く、短期留学に適しています。歴史的街並みが未だに残っており、観光も楽しめるのではないでしょうか。また日本人比率が低く治安も良いため、「英語漬けの日々を送りたい!」という方におすすめです!

カナダ

「訛りのない綺麗な英語を学べる」これが最大の魅力ではないでしょうか。そのため、世界各国から多くの留学生が集結しています。バンクーバー及びトロントが代表的な留学の都市として知られている最大の理由は、留学生に対する手厚いサポートが充実しているからです。気候面においては、季節によっては極端に寒い時期があります。

アメリカ

エンターテイメントの国として知られているアメリカに憧れの抱いている人は多いですよね。日本人に最も馴染みのあるアメリカ英語は、比較的聞き取りやすいです。特にロサンゼルス周辺は留学地として人気が高いです。学習面だけでなく、空き時間の観光も充実させたいと考える人にぜひおすすめです!物価は少々高いですが、年中通じて気候が温暖で過ごしやすいのも魅力のひとつでしょう。

オーストラリア

留学生に優しい教育大国として知られています。自然と都市のバランスが良く、気候重視な方にはおすすめです!親日家が多くフレンドリーな国民性なので、過去に一度も海外渡航経験がない方でも安心して留学することができます。近年、オーストラリアに留学を考える人が多く注目されています。

イギリス

ヨーロッパからの留学生が多いため、日本人が少ない環境で勉強できます。大都会やヨーロッパが好きな方に特におすすめです!またイギリス英語なのでアメリカ英語とはまた違った発音や言い回しを学ぶことができます。

アイルランド

ヨーロッパの中でも最も治安が良く、1年中穏やかな過ごしやすい気候です。また、日本と同程度の物価で食費が安いため、生活費を抑えての留学が可能です。環境重視で大自然に囲まれて学びたいという人におすすめです!

またこちらの記事でも、短期留学におすすめな国や、短期留学のメリットなどについてまとめていますので、短期留学にご興味のあるの方はぜひこちらも合わせてご覧ください。

 

 

【目的・条件別】あなたにぴったりな国を見つけよう

では実際にあなたにぴったりな国は?ここからは目的や条件別に見ていきます。

英語にこだわりたい

短期集中型で英語力の向上を目指したい人はフィリピン。また訛りのない綺麗な英語を身に付けたい人はアメリカやカナダが最適です。

低価格にこだわりたい

留学費用をできるだけ抑えたい、現地での生活費も抑えたいなど、経済的面を重視している方は、フィリピンやマルタが最適です。

立地条件や治安の良さにこだわりたい

留学生の受け入れに慣れている国は、初めて海外に行くという方でも安心できる環境であることが多いです。オーストラリア、マルタ、カナダはそのような点で最適です。

日本人比率にこだわりたい

できるだけ日本人の少ない留学先を選びたい方は、マルタやアイルランドが最適です。ヨーロッパからの留学生が集まりやすい傾向にあるため、海外の友達が作りやすいとも言えます。

授業のコマ数にこだわりたい

グループレッスンだけでなくマンツーマン指導も行われているため、コマ数多めの授業を希望する方はフィリピンが最適です。ほとんどの国の学校が1日数コマの授業内容でプログラムを組んでいますが、フィリピンは違います。朝から夕方までのプログラムで、どちらかと言えば厳しめなスケジュール構成になっています。

勉強だけでなく、観光にもこだわりたい

勉学だけでなく週末などの時間を利用して観光も楽しみたいという方は、アメリカ、マルタ、イギリスが最適です。アメリカはロサンゼルス、ハリウッド近郊のエンタメの本場を味わえたり、世界的に有名なテーマパークなども点在しています。マルタは世界遺産観光、イギリスは王室宮殿や天文台などがあります。

日本からのアクセスの良さにこだわりたい

日本から最も近い英語圏として知られているフィリピン、直行便があるアメリカ、カナダ、オーストラリアは比較的アクセスが良いと言えます。最近では格安航空券などもあるため、費用を抑えることが可能です。

働きながら学べる環境にこだわりたい

現地で勉強しながら働くこともできるワーキングホリデーを考えている方には、オーストラリア、カナダ、ニュージーランド、イギリス、アイルランドが最適です。ワーキングホリデーはどこの国でも行えるわけでないため気をつけましょう。

 

実際に短期留学でかかる費用を見てみると…

短期留学で必要な費用項目やおおよその費用を見ていきます。

短期留学にかかる費用の項目
  • 学費
  • 居住費
  • 渡航費(ビザ、航空券)
  • 保険料
  • 生活費
留学期間 費用相場
1週間 約20~30万円
1ヶ月 約30~50万円
3ヶ月 約80~130万円

国や語学留学によって、少々費用が変わってくることもありますが、おおよその概算目安として参照してみてください。

また、短期留学に必要な費用などについてはこちらの記事でまとめていますので、短期留学にご興味のある方や、費用が気になる方はぜひ合わせてご覧ください。

 

 

あなたに合った期間は?目的に合わせて決めよう

「滞在期間を決められない!」「どうやって決めたらいいのか?」そうした疑問を解決するために、ひとりひとりに合った期間を見つけてみましょう。

1週間

休暇や有給を利用して語学留学を経験したい!という方に向いてます。忙しい社会人にもおすすめです!

4週間(1ヶ月)

1~2ヶ月の語学留学は個人差はありますが、ほとんどの人が「英語に慣れ、簡単な日常会話が出来るようになるくらいの期間」と言われています。特に、「話す」「聞く」に関しては、一番成長を感じられます。そうした成長から、英語への自信にも繋がります。大学や高校の夏休み・春休みの期間を使って行く方は1~2ヶ月の期間が一番多いです。

12週間(3ヶ月)

3ヶ月の語学留学は、留学当初「早すぎて聞き取れない!」と思っていた英語も、次第に耳が慣れ聞き取れるようになり会話の幅が広がり始める期間です。「大変」というよりも、「楽しさ」が勝ってくる時期ではないでしょうか。また、友達の輪が広がってプライベートでも英会話を楽しめるようになります。

24週間(半年)

半年間の語学留学では英語脳が鍛えられ、スピーキング及びリスニング能力が如実に成長したことを自身で実感できる期間です。「暮らした」感を得られ英語で言いたい事が言えるようになり、グローバルな考え方も身に付くでしょう。

 

実際の留学体験者の声

語学留学を決断するまで様々な不安があることでしょう。実際にスマ留で留学を経験した先輩の声を紹介します。

アメリカ留学・西村珠緒さん

  • 滞在国:アメリカ
  • 滞在期間:1週間
  • 渡航時期:2020年2月
  • 滞在方法:学生寮
  • 職業:大学生
  • 海外経験:旅行はあるが、語学留学は初めて

ーなぜアメリカを選んだのですか?

西村さん
いろいろな面で栄えているアメリカという国に憧れていたからです。フロリダに行ったことはありますが、ディズニーランドがメインでしたし、アメリカは広いので何回行っても楽しめます。LAに憧れも強くあったのでロサンゼルスに決めました。

ー西村さんにとってのロサンゼルスの魅力ってなんですか?

西村さん
意外と自然が多く、住みやすいところです!ビル街をイメージしていたのですが、思ったより緑や自然が多かったところは良かったです。また、ロサンゼルスは有名な場所ばかりで放課後も行くところが多く楽しかったです!治安を心配して1人で出歩くのが最初は大変でしたが、4日目から徐々に慣れてきて1人で行動しても大丈夫でした!


ー今回通った“Mentor Language Institute”の学校の雰囲気や生活について教えてください。

西村さん
日本人のスタッフさんも常駐してくれていてとても通いやすい学校でした。クラスは15人くらいで、ブラジル・スペイン・日本から来ている学生が多かった印象です。

オーストリア留学・井上雅さん

  • 滞在国:オーストラリア
  • 滞在期間:1週間
  • 渡航時期:2020年2月
  • 滞在方法:ホテル
  • 職業:大学生
  • 海外経験:語学留学の経験あり

ーなぜオーストラリアを選んだのですか?

井上さん
友達で留学したことがある人達に聞くと「オーストラリアおすすめだよ!」っていう意見が多かったからです。以前から興味があり、見てみたい建物や行ってみたい観光スポットがありましたし、気候も過ごしやすそうだと思っていたのでオーストラリアに決めました。

ー井上さんにとってのシドニーの魅力ってなんですか?

井上さん
留学生活と観光がバランスよくできる都市ということが一番の魅力です!大きい都市なので利便性があり、観光スポットもたくさんあるので、放課後にいろんなところへ遊びに行くことが出来ました。1週間でしたが、毎日充実した日々を過ごせました。天気の良い日には、オペラハウスやハーバーブリッジがおすすめです。


ー今回通った“Bridge Business College”の学校の雰囲気や生活について教えてください。

井上さん
スタッフの方も先生もフレンドリーでクラスメイトとも仲良くなる機会が多くあったので有意義で楽しい留学生活を送ることが出来ました!駅から直結しているビルの中にある学校で、とても便利な立地でした。学校内は広く、綺麗で、勉強しやすい環境でした。

マルタ留学・チューバックアンジェラさん

  • 滞在国:マルタ
  • 滞在期間:1週間
  • 渡航時期:2020年2月
  • 滞在方法:学生寮
  • 職業:大学生
  • 海外経験:旅行はあるが、語学留学は初めて

ーなぜマルタを選んだのですか?

チューバックさん
元々ヨーロッパは、行きたいという憧れや願望がありました。ただ日本から遠いですし、航空券や物価も高いため、なかなか行けませんでした。ヨーロッパでありながら、英語が公用語であることや街全体が世界遺産であることに興味が沸き、マルタを選びました。マルタは留学先を調べるまであまり知らなかった国でしたが、インスタで調べてみると世界遺産であるおしゃれな街並みが広がっていましたし、治安もいいみたいで、すぐ行きたいという気持ちが募りました。

ーチューバックさんにとってのマルタの魅力ってなんですか?

チューバックさん
いつでも美しい青い海が見られることと、どこを見渡してもヨーロッパらしい素敵な街並みが広がっているところです!着いた初日にマルタの街を散歩したのですが、“うわーっ!”ってつい言葉に出てしまうくらいイメージしているヨーロッパの街並みで、とてもかわいくて綺麗でした。長い歴史のある教会や建造物が多く残っていて、どこも絶景で感動してばかりでした。治安面も調べた通りで、夜中や早朝に出歩いていても問題ないくらい治安が良いと感じました!留学で行く国という面では、ネイティブな人がアメリカやイギリスなどに比べたら少ないので最初の留学におすすめだと思います。


ー今回通った“Magister Academy”の学校の雰囲気や生活について教えてください。

チューバックさん
海沿いの街セントジュリアンの閑静な住宅街にある小さな語学学校でした。学校には、世界中から幅広い年代の学生が勉強しに来ていて、先生やレセプションの方々はとても親切でした。放課後には、毎日異なるアクティビティを用意してくれます。クラスメイトは10人くらいでした。17歳のコロンビア人から29歳のブラジル人まで様々でした。他にはドイツ、台湾、ロシアなど本当に様々な国から来ていました。

 

まとめ

短期留学は、期間が限られているからこそ、目的意識をしっかり持って臨むことが重要です。楽しい海外生活の中で周りに流されず、自分を律して英語力を鍛えるためには、入念な準備やサポートが不可欠といえます。裏を返せば、目的意識を持って留学生活を送れば、短期間でも十分に英語力をアップさせることは可能といえるでしょう。

スマ留のお客様は7割が短期留学を利用しています。留学カウンセラーが豊富な経験から、英語力アップのためのプランをご提案します。短期の語学留学をご検討の際は、国選びや学校選びに役立つ、スマ留の無料留学カウンセリングをご利用ください。

「自分に合った留学先がわからない!」という方や「留学についてもっと話を聞いてみたい!」という方は、ぜひ一度スマ留にお気軽にご相談ください。WEBから無料カウンセリングのご予約をお受けしています。

 

充実した留学生活を送るためにも事前のリサーチが重要になってきます。短期留学を検討している方々にとって、本記事が今後の準備や対策の参考になれば幸いです。

Q&AまとめQ&A

Qどれくらいの期間を短期留学と言いますか?
一般的に、1週間から3ヶ月以内の語学留学を意味します。
Q具体的にどんなメリットがありますか?
費用を抑えられる、短期集中、有給を利用しての留学などの様々なメリットがあります。
Qそれぞれの目的に合ったプログラムを選択することは可能ですか?
もちろん可能です。国、学校によって異なった様々なプログラムがありますので、ご自身の目的に合わせて選ぶことが大切です。
Qどうしたら自分に合った国を見つけ、選ぶことができますか?
国の特徴をきちんと把握することで、ご自身に合った国を見つけることができます。まずは、ご自身で調べてみたり、カウンセリングを受けられるなど、正しい情報収集をしましょう。
Q実際にどうやって滞在期間を決めたらよいですか?
「目的及び目標達成のために必要な期間はどれくらいなのか?」と考えてみることが大切です。もちろん、期間によって、英語習得の効果に違いがあります。

無料オンライン相談も実施中!

無料オンライン相談も実施中!