ワーホリの履歴書ガイド!現地での職探しに役立つ書き方とは? | スマ留

ワーホリの履歴書ガイド!現地での職探しに役立つ書き方とは?

ワーホリの履歴書ガイド!現地での職探しに役立つ書き方とは?

ワーホリで仕事をする際は、履歴書が必要です。ワーホリの履歴書は、ほとんどの場合パソコンを使います。ワーホリの履歴書をどのように書けばよいかわからない人もいらっしゃるでしょう。この記事では、ワーホリ履歴書の特徴や書く内容、注意点などについてご紹介していきます。

また、ワーホリにパソコンを持っていく際の注意点についてもご紹介していきます。まずは、ワーホリ履歴書の特徴から見ていきましょう。

1.ワーホリの履歴書はレイアウト自由!英文履歴書の特徴

ワーホリで使う履歴書は日本と書き方などが違います。この章では、ワーホリで使う履歴書の特徴についてご紹介していきます。ワーホリで使う履歴書は、すべて英語で書く英文履歴書です。特徴には、写真が必要ないことや書き方のルールがないことなどがあります。

英文履歴書には、証明写真や性別を載せる必要がありません。載せる必要がない理由は、外見などの差別をなくして平等に審査をするためです。また、海外では、外見などで使用を決めた場合は犯罪になります。

ワーホリで仕事をする際必要になる書類には、レジュメとCVがあります。レジュメとは、履歴書のことを指し、CVは、職務経歴書のことです。レジュメとCVの違いは、内容や書き方です。レジュメは、企業の人が見やすいように書きます。そのため、履歴書に比べてCVの方が長く情報量が多くなります。

.ワーホリの履歴書はレイアウト自由!英文履歴書の特徴

2.スキルはしっかりアピール!ワーホリの履歴書の書き方

ワーホリの履歴書は、書き方にルールがないため、内容をどのように書けばよいのかわからないという人もいらっしゃるでしょう。この章では、履歴書の書き方についてご紹介していきます。ワーホリの履歴書に書く内容は、氏名や滞在先の住所などの個人情報や学歴、職歴、資格、志望動機です。

個人情報

個人情報には、氏名、滞在先の住所、連絡先を書きます。上でも書いたように生年月日や性別などの情報は、書く必要がありません。証明写真をはる必要もありません。

学歴、職歴

学歴と職歴は、新しいものから書いていきます。学歴には、獲得した賞なども書きましょう。職歴が多い方は、応募する企業の業務に似ている職務経歴を選んで書くことができます。

資格

資格は、持っている資格を書くのではなく、応募する企業に関係する資格を書きます。また、スキルについても書きましょう。スキルとは、語学力やパソコンの操作能力などです。

志望動機

志望動機は、その企業で働きたいという意思を3行くらいの文で書きます。志望動機では、自分をアピールすることができます。アピールする方法としては、職歴以外に長所やスキルを書く方法もあります。

履歴書には、上記のようなことを記入します。履歴書に書く際の順番は、個人情報、志望動機、学歴、職歴、資格です。書く順番を守って自分をアピールしましょう。履歴書を書き方についてわかったところで、次に書いていく際に注意する点についてみていきましょう。

3.スペルミスに要注意!履歴書を作成する際の注意点

ワーホリの履歴書には、ルールがなく自由に書くことができます。しかし、履歴書を書く際に注意するポイントもあります。この章では、ワーホリの履歴書を書く際に注意するポイントについてご紹介していきます。ワーホリの履歴書を書く際に注意するポイントは、履歴書のサイズやスペルの間違い、文の書き始めなどです。

ワーホリの履歴書は、サイズが決まっています。履歴書のサイズは、A4サイズです。履歴書は、インターネット上にテンプレートがあります。そのため、テンプレートを利用することがおすすめです。また、行の間隔や文字の大きさをアレンジすることによって見やすい履歴書を作ることが可能です。

また、スペルの間違いに注意しましょう。書き終わった際は、ほかの人に見てもらったり、パソコンの修正機能を使ったりしてスペルの間違いがないようにしましょう。

また、英文履歴書は、文の書き始めが普通の英文と異なります。英文履歴書は、動詞から書き始めます。そのほかには、定冠詞や人称代名詞も書きません。

このように、ワーホリ履歴書は、ルールがありませんが注意する点があります。注意点を守って履歴書を書きましょう。

4.履歴書の作成に必要……パソコンを持っていく際の注意点

ワーホリの履歴書は、パソコンを使って作るのが一般的です。そのため、パソコンを持っていく人もなかにはいらっしゃるでしょう。この章では、ワーホリにパソコンを持っていく際の注意点についてご紹介していきます。パソコンを持っていく際の注意点は、カバーを使うことや盗難に気をつける、変換プラグを持っていくことなどです。

海外にパソコンを持っていく際は、手荷物として飛行機に乗ります。そのため、カバーに入れておくことをおすすめします。カバーに入れておくことによって、パソコンの傷つきを防ぐことができます。また、カバーによっては持ち運びが便利になるものもあります。

海外では、日本に比べてすりや盗難の犯罪が多いといわれています。そのため、パソコンが盗まれないように注意しましょう。盗まれないようにするには、防犯グッズやカバーにカギをかけるなどの対策を取りましょう。

また、海外は、日本と電圧が違います。そのため、ワーホリに持っていく際は、コンセントのプラグが現地の電圧に対応しているか確認をしましょう。対応していない場合は、変換プラグを持っていくようにしましょう。

5.まとめ

ワーホリで仕事をする際は、履歴書が必要です。ワーホリの履歴書は、日本の履歴書とは違い英文履歴書です。英文履歴書の特徴には、書き方にルールがないこと、性別や証明写真が必要ないことなどがあります。ルールがないため、自由に書くことができますが、サイズや動詞から文を書き始めるなど注意する点があります。履歴書は、インターネット上にテンプレートがあります。テンプレートを使って作ることがおすすめです。

ワーホリの履歴書に書く内容は、個人情報、学歴、職歴、資格、志望理由などです。ワーホリの履歴書は、日本と書き方が異なるため注意しましょう。また、ワーホリに持っていく際も盗難などに気をつけましょう。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...
まずは無料で留学カウンセリング
LINE@で留学相談してみる

無料留学カウンセリングを毎日行っております。

お気軽にご予約ください。

LINE@で留学相談してみる

その他ご不明な点は
お気軽にお問い合わせください

資料ダウンロード

メールフォームで問い合わせ

0120-474-400


お電話での受付時間は、11:00〜19:00 水曜定休

「スマ留」サービス申し込み兼契約はこちらから

本申し込みはこちら