ワーホリに語学学校は必要なのか?得られる効果・通学期間について | スマ留

ワーホリに語学学校は必要なのか?得られる効果・通学期間について

ワーホリに語学学校は必要なのか?得られる効果・通学期間について

ワーホリでは、語学学校に通うことができます。ワーホリ中の語学学校には、通えば英語力を効率的に伸ばすことも可能ですが、デメリットもあることには注意が必要です。この記事では、ワーホリ中に語学学校に通うメリットや通える期間についてご紹介していきます。また、語学学校を選ぶポイントについてもご説明していきます。 ワーホリ中に語学学校に通うか迷っている方は、ぜひ参考にしてみてください。まずは、語学学校に通うメリットからみていきましょう。

1.英語力を補強!ワーホリで語学学校に通うメリット

この章では、ワーホリ中に語学学校に通うメリットについてご紹介していきます。語学学校に通うメリットは、語学の向上や人脈が広がる、働く際に有利になることがあげられます。

語学学校に通うことで語学力が向上します。語学学校のコースには、一般英語コースやビジネスコースなどがあります。ビジネスコースでは、仕事に使える英語を学ぶことができます。仕事で使える英語を学べることによって、働く際に役立ちます。

語学学校には、さまざまな人が通っています。コースが同じ人などとコミュニケーションをとることによって、人脈が広がります。人脈が広がることによって、仕事を紹介してもらえたり、相談する相手が増えたりすることにつながります。

ワーホリで仕事を探す際は、すべて英語でやり取りをします。その際に、英語が使えないと仕事に就くことが難しくなります。また、英語を使う仕事の方が給料を多くもらえることがあります。そのため、語学学校で英語を学ぶことは、メリットといえるでしょう。

英語力を補強!ワーホリで語学学校に通うメリット

2.ワーホリ期間は仕事に集中!語学学校に通わないメリット

ワーホリ中に語学学校に通うことには、メリットがありますが、通わないことにもメリットがあります。この章では、ワーホリ中に語学学校に通わないメリットについてご紹介していきます。語学学校に通わないメリットには、授業料がかからないことや働く期間が長くなることなどがあります。

ワーホリ中に語学学校に通わないことによって授業料がかかりません。国によっては、授業料が高いことがあります。そのため、英語が話せてワーホリ費用を抑えたい方には、メリットです。また、語学学校では、日本の学校で習ったことを学ぶことがあるため、ある程度知識がある人は非効率的な授業になってしまうこともあります。それなりに英語でコミュニケーションをとることができる人にとっては、通わないメリットが大きいでしょう。

さらに、ワーホリ中に語学学校に通わない場合は、学校に通う分の時間を働くことにあてられます。働く時間が長くなることによって、海外で働いた経験を積み上げることが可能です。ワーホリで働いた経験は、就職面接でのアピールポイントにもなるでしょう。

3.語学学校を選ぶ際のポイント・必要な通学期間

この章では、語学学校を選ぶ方法や通える期間についてご紹介していきます。ワーホリ中に語学学校に通いたい人は、ぜひ参考にしてみてください。

語学学校を選ぶ際のポイント

語学学校を選ぶポイントには、コースや設備、日本人の割合などがあります。コースは、自分の英語レベルにあうコースを選びましょう。語学学校のコースには、一般英語コースやビジネスコースなどがあります。また、学びたいことを学べないと通う意味がないため、学びたいコースがある学校を探しましょう。

また、学校によって設備が異なります。学校によっては、自習室や勉強スペースなどの設備が整っているところがあります。設備が整っていることによって勉強に集中することができます。そのため、設備が整っている語学学校を選ぶようにしましょう。

コースや設備が同じような学校で迷っている方は、日本人がいる割合をみてみてはいかがでしょう。日本人が少ないことで日本語に頼らず英語を勉強することができます。また、日本人以外の人との交流が多くなり、日本語を多く使うことを避けることが可能です。

必要な通学期間

ワーホリ中に語学学校に通える期間は、ワーホリする国や英語レベルによってさまざまです。語学学校に通うことができる期間は、オーストラリアでは4か月以内、ニュージーランドやカナダ、デンマーク、香港は6ヶ月です。そのほかの国では、通う期間に制限がありません。また、個人の英語力のレベルや目標によって通う期間はさまざまです。そのため、ワーホリで語学学校に通う必要な期間は、個人差があります。

4.ワーホリ期間は限られている……事前に語学留学するのもアリ

ワーホリでは、語学学校に通う期間や滞在期間が決められていることもあります。ワーホリ期間を充実させるためには、どのようにしたらよいのでしょう。ワーホリ期間を充実させるには、語学留学してからいく方法もあります。

ワーホリ前に語学留学をすることによって、国の下見や語学力をあげることができます。留学で国について下見をしておくことで、国の特徴や文化を知っておくことができるため、困ることが少なくなるでしょう。また、語学力をあげておくことによって、ワーホリ中に語学学校に通う必要がなくなり、授業料がかからないことや仕事や観光する時間が増えます。

ワーホリ前の語学留学で費用を抑えたい方には、フィリピンがおすすめです。フィリピンは、物価や授業料、航空券が安く費用を抑えることができます。また、フィリピンには、世界から企業が進出しています。そのため、世界の企業とコミュニケーションをとる必要があり、英語が使われるようになりました。こういったことから、フィリピンでもさまざまな人に通じる高い英語を学ぶことができます。

5.まとめ

ワーホリ中に語学学校に通う、通わないには、それぞれメリットがあります。通うメリットは、語学力の向上や人脈が広がる、働く際に有利になる点です。通わないメリットは、授業料がかからないことや働く期間が長くなる点などがあります。英語が苦手な方は、ワーホリ中に語学学校に通う方メリットがあるといえるでしょう。

語学学校に通う必要がある期間は、ワーホリをする国や個人差によって違います。ワーホリ中に通うことができる期間は、オーストラリアで4ヶ月、ニュージーランドやカナダ、デンマーク、香港では6ヶ月です。そのほかの国には、制限がありません。ワーホリ中に語学学校に通う時間を削りたい人は、事前に語学留学することをおすすめします。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...
まずは無料で留学カウンセリング
LINE@で留学相談してみる

無料留学カウンセリングを毎日行っております。

お気軽にご予約ください。

LINE@で留学相談してみる

その他ご不明な点は
お気軽にお問い合わせください

資料ダウンロード

メールフォームで問い合わせ

0120-474-400


お電話での受付時間は、11:00〜19:00 水曜定休

「スマ留」サービス申し込み兼契約はこちらから

本申し込みはこちら