ワーホリ帰国後はどうなる?海外経験を就職に活かすためのポイント | スマ留

ワーホリ帰国後はどうなる?海外経験を就職に活かすためのポイント

ワーホリ帰国後はどうなる?海外経験を就職に活かすためのポイント

ワーホリ帰国後の進路には、就職やほかの国にいくという進路があります。ワーホリ帰国後に就職するには、英語力や専門スキルをアピールする必要があります。 この記事では、ワーホリ帰国後の進路について、就職でアピールするポイントなどご紹介していきます。ワーホリ帰国後の進路に不安のある方は、ぜひ参考にしてみてください。

1.ワーホリ帰国後は日本で就職が一般的!ワーホリ後の進路

この章では、ワーホリの帰国後の進路についてご紹介していきます。ワーホリの帰国後の進路は、日本で就職、現地で就職、海外にいくという3つです。

帰国して就職

ワーホリから帰国後は、海外で働いた経験やワーホリでできた人脈を生かして日本で就職することができます。しかし、ワーホリで経験したことを上手く伝えることができないと日本で就職することが難しいといわれています。ワーホリ帰国後の就職については、次の章で詳しくご紹介していきます。

現地就職

ワーホリでは、ワーホリ期間が終了した後に現地で就職することも可能です。ただし、ワーホリと就職では、取得するビザが違うため、ビザを申請し直す必要があります。海外で就職をしたい方は、ワーホリで海外にいき、就職先を探してみてはいかがでしょう。

ふたたび海外へ

ワーホリのその後に、ほかの国にワーホリしたり、留学したりすることもできます。さらに語学力を伸ばしたい人やほかの国で働いてみたい人は、この方法がおすすめです。

ワーホリ帰国後は日本で就職が一般的!ワーホリ後の進路

2.英語力は資格でアピール!帰国後の就職活動のポイント

ワーホリから帰国後に日本で就職することは、難しいといわれることがあります。この章では、帰国後に就職活動する際のポイントについてご紹介していきます。ワーホリ帰国後に就職を考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

英語力は資格で証明する

ワーホリのその後に就職する際、アピールするべきポイントは、英語力です。しかし、履歴書に英語が得意と書いても、評価してもらうことは難しいです。英語力を証明するには、英検やTOIECなどの英語能力テストなどで証明することができます。資格で英語力があることをアピールしましょう。

専門スキルをアピールする

ワーホリ帰国後に就活でアピールできるものは、英語力だけではありません。専門スキルをアピールして就職することができます。ワーホリで身につけられる専門スキルは、さまざまです。ワーホリでの専門スキルを身につける方法については、次の章でご紹介していきます。

コミュニケーション力

ワーホリでは、仕事や現地で生活するなかでコミュニケーションをとります。就職面接では、コミュニケーション能力を見られることがあるため、ワーホリで身につけたコミュニケーション能力を面接や企業の人との会話でアピールしましょう。

3.専門コースで学ぶ!ワーホリ中に専門スキルを身につける方法

ワーホリの帰国後に日本で就職する際や現地で働くときに、専門スキルが役に立ちます。この章では、ワーホリ中に専門スキルを身につける方法についてご紹介していきます。ワーホリでは、専門学校に通うことやインターンに参加することで専門スキルを身につけることが可能です。

専門学校に通う

ワーホリでは、国によって語学学校だけでなく、専門学校に通うこともできます。海外の専門学校では、ビジネスやホスピタリティ、ツーリズムなどを専門的に学ぶことができます。ビジネスでは、仕事全般に関係する基礎を、ホスピタリティでは、接客について学ぶことができ、ツーリズムでは、観光ガイドについて学べます。

このように海外の専門学校には、仕事に関係する学校があります。専門学校に通える国にいって専門スキルを身につけてみてはいかがでしょう。

企業インターンシップに参加する

専門スキルを身につけるには、インターンに参加して身につけるという方法もあります。日本の企業にはない海外企業の専門スキルを身につけることによって、日本の就職に役立ちます。また、面接の際に、インターンの経験を話すことによって、ワーホリの経験をアピールすることができます。

専門コースで学ぶ!ワーホリ中に専門スキルを身につける方法

4.人気ナンバーワンはオーストラリア!ワーホリでおすすめの国

オーストラリアは、日本からワーホリにいきたい国として、1番人気があります。オーストラリアは、国が大きく、自然が豊かな国です。オーストラリアにワーホリすることによって、語学だけでなく、観光も楽しむことができます。また、オーストラリアは、語学学校以外に専門学校に通うことができます。

オーストラリアのワーホリでは、セカンドビザを取得することができ、滞在期間を延ばすことが可能です。滞在期間が伸びることによって、専門スキルや言語を学ぶ時間が長くなり、就職面接の際に、アピールするポイントが多くなります。また、現地の人とコミュニケーションをとる時間が長いため、コミュニケーション能力も上げられます。

上記のようなことからオーストラリアのワーホリは、人気があります。ワーホリから帰国後の進路にも役立つオーストラリアにいってみてはいかがでしょう。

5.まとめ

ワーホリ帰国後は、就職やもう1度海外にいくという進路があります。しかし、ワーホリ帰国後に、日本で就職することは難しいといわれています。就職するには、英語の資格や専門スキル、コミュニケーション能力をアピールすることがポイントです。ワーホリで、専門スキルを身につける方法は、専門学校に通うことやインターンに参加する方法があります。

専門学校では、ビジネスやホスピタリティなどを専門的に学ぶことができます。インターンでは、日本にはない技術などを身につけることができます。ワーホリ帰国後に日本で就職する以外に海外で働きたい人は、専門スキルを身につけてみてはいかがでしょう。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...
まずは無料で留学カウンセリング
LINE@で留学相談してみる

無料留学カウンセリングを毎日行っております。

お気軽にご予約ください。

LINE@で留学相談してみる

その他ご不明な点は
お気軽にお問い合わせください

資料ダウンロード

メールフォームで問い合わせ

0120-474-400


お電話での受付時間は、平日 11:00〜19:00 土日祝 11:00~17:00 (水曜定休)

「スマ留」サービス申し込み兼契約はこちらから

本申し込みはこちら