ニュージーランドでのワーホリ費用の内訳とは?さまざまな魅力も! | スマ留

ニュージーランドでのワーホリ費用の内訳とは?さまざまな魅力も!

ニュージーランドでのワーホリ費用の内訳とは?さまざまな魅力も!

ニュージーランドにはワーホリ制度があり、毎年多くの方がワーホリで訪れます。ニュージーランドへワーホリにいくのであれば、費用がどれくらいかかるか気になる方もいるかもしれません。

この記事では、ニュージーランドのワーホリにかかる費用の目安についてご紹介します。また、ワーホリ中の仕事やニュージーランドの魅力についてもお話しているので、ワーホリを検討している方は参考にしてみてください。

1.ニュージーランドワーホリの相場費用と内訳

ニュージーランドでのワーホリ費用は生活スタイルによって大きく異なりますが、おおよその費用は1年間で200万円前後です。この章では、ワーホリ費用の内訳についてご紹介します。

ワーホリ出発前にかかる費用

まずは、片道の航空券料金が8万円前後です。航空料金は、渡航時期や利用する航空会社によって大きく変動します。

次にビザの費用ですが、日本国籍の方がニュージーランドのワーホリビザを申請する場合は申請費がかかりません。代わりに、指定の医療機関で健康診断を受ける必要があります。健康診断の料金は、約1万円から3万円です。

また、海外で万が一事故や病気などがあっても大丈夫なように海外保険に加入する必要があります。海外保険は、年間約20万前後です。

現地でかかる費用

ワーホリ中は、生活費と食費の割合が大半を占めます。ニュージーランドでは、週ごとの家賃表記が一般であり、相場は週1万5千円から3万円ほどとなります(月6~12万円)。1カ月の食費は、3万円前後となります。

また、ワーホリ中に語学学校に通うという方もいるかもしれません。ワーホリビザでは最大6ヶ月の就学が認められており、学費は1カ月で10万円前後になります。期限いっぱいまで就学するという場合は、60万円前後の学費が必要と考えておきましょう。

ニュージーランドでのワーホリ費用の内訳とは?さまざまな魅力も!

2.英語力がカギ!ニュージーランドワーホリの仕事と給料

ワーホリでニュージーランドに長期滞在をするとなると、多くの方は現地で仕事をすることになると思います。ワーホリで仕事を探すときは、自分がどれだけ英語を使ったコミュニケーションを取れるかがポイントになってきます。

英語があまり得意でない方は、英語をあまりしゃべらなくても通用するフルーツピッキングや日本食レストラン、日本人向けの旅行ツアーなどで働くのがいいかもしれません。逆に英語が得意という方は、英語での接客が求められるカフェやホテルのスタッフなども視野に入ってきます。また、十分な英語力に加えて専門スキルもあれば、もしかしたらオフィスワーカーになれるかもしれません。

このように、英語力によってできる仕事も異なってきます。ワーホリ中の仕事の選択肢を増やしたい場合は、ワーホリ前にしっかり英語を勉強しておくようにしましょう。

仕事をするとなると、給料はいくらもらえるのかと気になる方も多いかもしれません。ニュージーランドでの最低賃金は、年々増加傾向にあり2019年4月時点では約17ニュージーランド・ドル(約1300円)を超えました。最低賃金は、今後も増加させていく予定のようです。最低賃金が高いため、日本と比べると給料平均も高い傾向があります。

3.少しでも安く!ニュージーランドワーホリの節約術

ニュージーランドの物価は、ものにもよりますが日本と比べると高い傾向にあります。そのためニュージーランドでのワーホリでは「いかにして費用を抑えて生活できるか」が重要になってきます。生活をするうえで、大きなウェイトを占めるのは食費と家賃の2点になってきます。

普段から外食が多いと、食費がかさんでしまいます。そのため、食費を抑えたい場合は自炊が重要になってくるでしょう。自炊をする際は、スーパー選びが重要になってきます。ス-パーを何軒か利用してみて、その中から値段が安い場所を探してみましょう。

ニュージーランドでは、全体的に家賃も高いです。日本のような一人暮らしをするとなると、家賃だけで月10万円前後かかることもあります。そのため家賃を節約したい場合は、複数人で1つの物件を共有して暮らすシェアハウスが効果的です。シェアハウスできる場所は、インターネットなどで探すことができるので検索してみてください。

4.大自然を満喫できる!ニュージーランドならではの魅力

ニュージーランドにはさまざまな魅力があります。ここではニュージーランドの魅力をいくつかご紹介します。

大迫力の自然とアクティビティ

ニュージーランドには日本とは違った、広大な自然が広がっています。また、ホエールウォッチングやバンジージャンプ、カヤックなどの自然を直に感じられるアクティビティもおすすめです。

おいしい料理の数々

フィッシュアンドチップスやラム肉料理、ハンギ料理、ホーキーポーキーなどさまざまなおいしい料理を楽しむことができます。

心優しいキーウィ

キーウィとは、ニュージーランド人が自分たちのことをいう際に使う言葉です。キーウィはフレンドリーな方が多く、ニュージーランドにワーホリに来た外国人にも優しく接してくれます。困ったことや探しているものがあれば一緒になって探してくれるでしょう。

ニュージーランドでのワーホリ費用の内訳とは?さまざまな魅力も!

5.まとめ

ニュージーランドには広がる大自然とエキサイティングなアクティビティ、暖かい現地の人、おいしい料理などさまざまな魅力もあります。そんなニュージーランドのワーホリ費用は、年間200万前後です。費用は、生活スタイルによって大きく異なるので注意しましょう。

ワーホリで長期滞在をするとなると、現地で仕事をしながら生活費を稼ぐという方も多いと思います。ニュージーランドは賃金が高い傾向がありますが、物価も日本と比べると高めです。英語ができると、より給料のいい職に就きやすくなるのでワーホリ前にしっかり勉強しておくといいかもしれません。

現地で生活を続けるのであればある程度の節約を心がける必要があります。外食を控え自炊を増やしたり、気の合う仲間を見つけてシェアハウスをするなどして節約を心がけましょう。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...

ダイナミックな絶景とたくさんの動植物達との出会いに癒される国「ニュージーランド」

日本の7割ほどの国土に「地球の箱庭」とよばれるほどの壮大な大自然がぎゅぎゅっと詰まっているニュージーランドは世界中の人々を魅了しています。南半球に位置しますが、歴史的背景からイギリス文化が色濃く残る国でもあり、イギリスにいるかのような優雅な雰囲気も味わえます。物価も日本の3分の2程度、安全な国の一つでもあり治安も良好で、住みやすい国でもあります。

ニュージーランド留学について
まずは無料で留学カウンセリング
LINE@で留学相談してみる

無料留学カウンセリングを毎日行っております。

お気軽にご予約ください。

LINE@で留学相談してみる

その他ご不明な点は
お気軽にお問い合わせください

資料ダウンロード

メールフォームで問い合わせ

0120-474-400


お電話での受付時間は、平日 11:00〜19:00 土日祝 11:00~17:00 (水曜定休)

「スマ留」サービス申し込み兼契約はこちらから

本申し込みはこちら