語学留学でなにが得られる?留学先の選び方や成功させるポイント | スマ留

語学留学でなにが得られる?留学先の選び方や成功させるポイント

語学留学でなにが得られる?留学先の選び方や成功させるポイント

語学留学というと、「語学だけを勉強する」イメージを持っている方もいらっしゃるかもしれません。しかし、語学留学のメリットは語学力アップだけではなく、精神的な成長や価値観の変化など、人生において大きな影響もあるのです。

この記事では語学留学がどんなものか、どの国に留学したらいいのか、どんな留学スタイルがあるのか、準備はいつ始めたらいいのか、という情報をお届けします。語学留学を成功させるために、ぜひ参考にしてみてください。

1.身につくのは語学だけじゃない!語学留学のメリット

語学留学で得られることには語学力の向上以外にも、国際感覚が身につくというメリットがあります。日本とはまったく違う留学先の環境では、これまで見なかった光景を目の当たりにしたり、日本とは違った考えかたに気づいたりするでしょう。

また、語学留学ではさまざまな国からきた留学生と一緒に勉強します。彼らもそれぞれの国でつちかった価値観やスタイルがるので、語学学校内でも日本とは違う発見に驚くことも多いはずです。

日本とは違う文化や考えかたを知ることで価値観が広くなり、国際感覚が身につくのも語学留学の大きな成果です。日本でも語学学校や大学で外国語を勉強することはできますが、自分の体験を通して国際感覚を身につけられるのは語学留学ならではのポイントといえます。

そして、精神的に大きく成長できることも、語学留学のメリットです。精神面の成長の例として、コミュニケーションを積極的にとれるようになることがあります。「空気を読む」という表現があるように、日本では黙っていても自分の不安や戸惑いを察してくれることが多いですが、海外では無言のヘルプは通用しません。

その際に、自分の状況や要望を伝えてどうにかしようと努力することで、積極的なコミュニケーション能力が身につくのです。それは慣れない英語でコミュニケーションをとるということなので、恥や失敗を恐れない勇気が身につくことにもなります。

身につくのは語学だけじゃない!語学留学のメリット

2.どこを選べばいい?留学先として人気の国の特徴

ここでは英語圏の留学先として人気の国をご紹介していきます。国ごとに特徴があるので、自分の性格や希望の留学スタイルにあった国を選ぶための、参考としてみてはいかがでしょうか。

・イギリス

イギリスが語学留学の場所として人気がある最大の理由は、イギリス特有の英語を学べることでしょう。イギリスは英語発祥の地といわれていて、クリアな発音のイギリスアクセントに魅力を感じる方が多いようです。また、イギリスには歴史的な建造物が多く残っているので、古き良きイギリスの雰囲気が好きな方には魅力的な場所でしょう。

・アメリカ

アメリカの特徴は、「人種のサラダボウル」と表現されるほどさまざまな人種の人が暮らしているので、異文化コミュニケーションの機会が多い点です。また、アメリカは国土が非常に広く、都市によって雰囲気がガラッと変わることがあるのも、大きなポイントではないでしょうか。

・カナダ

カナダは、イギリスとフランスの文化が共存している国です。地域によって英語を話す人が多かったり、フランス語を話す人が多かったりするのが、カナダならではの特徴です。カナダ留学では英語だけでなく、フランス語やフランス文化にふれる機会があるのです。

・オーストラリア

オーストラリアは日本人にとても人気がある留学先です。その理由はやはり、全体的な治安の良さとフレンドリーな雰囲気でしょう。オーストラリアには人気の観光スポットとして都市・海・山すべてがそろっているので、留学中に観光を楽しむ方も多いようです。

・ニュージーランド

ニュージーランドはオーストラリア同様に治安が良く、自然豊かな環境が魅力です。日本人の留学生が比較的少なく、アメリカやイギリスに比べて物価が安いというメリットもあります。

3.目的に応じて最適なスタイルを選ぼう

語学学校にも種類があることをご存じでしょうか。また、留学期間や滞在方法の選択も、留学を計画する際に重要な点です。ここからは、自分にあった語学留学を計画するにあたって、あらかじめ知っておくと役立つポイントをご紹介していきます。

はじめに1つ目のポイントが、語学学校の種類についてです。語学学校は、「私立校」と「大学付属校」の2種類があります。

私立の語学学校の特徴は、カリキュラムの種類が豊富な点や留学生向けの課外イベントが多い点です。留学生それぞれの学びたいことにあわせて、留学中の体験を大切にするというのが、私立語学学校の基本的なスタイルといえるでしょう。

いっぽう、大学付属の語学学校は、カリキュラムの種類が少ないのが一般的です。大学付属校に通う留学生の目標は、付属の大学への進学であり、おもに一般的な語学授業や専門分野の勉強が大半を占めているからです。

次に2つ目のポイントが、留学期間です。留学期間は大きく3つに分けられ、1か月から3か月未満の短期留学、3か月から半年未満の中期留学、半年以上の長期留学となります。

英語力の向上は個人差がありますが、英語で自分のいいたいことを話す力が身につくのが短期留学です。中期留学になると英語リスニング力が上がり、長期留学ではさらに、会話を英語で理解し英語で発信できるようになり始めるといわれています。

そして3つ目のポイントが、滞在方法の選択です。滞在方法にはホームステイ、学生寮、シェアハウスがあります。語学留学ではホームステイを選択する方が多く、その理由にはホストファミリーが現地生活のサポート役となってくれることがあげられます。

ホームステイに対して学生寮やシェアハウスを選ぶ方は、滞在費の安さや自分の生活スタイルで暮らせるという点が魅力だからでしょう。料理や洗濯など身の回りのことを自分でする必要がありますが、やりくりによっては留学にかかる費用を抑えられるかもしれません。

4.計画が大切。語学留学に必要な準備と手続き

語学留学は半年以上前から準備を始めるケースが多いようです。まず、自分の希望する留学スタイルにあった留学先を探すために、インターネットでの情報収集や学校への資料請求を始めます。

次に、入学を希望する学校が決まったら、その学校への入学出願をおこないます。学校にもよりますが、たいていコース開始の約4か月前から出願を受け付けるパターンが多いです。

入学許可書がおりると、だいたいコース開始の3か月前ごろから入学手続きを始めます。入学手続きには入学金の支払いや必要書類の提出、学校によっては海外保険の加入の指示があります。

そして、入学手続きと同時に進めなくてはならない手続きがあります。それがパスポートの申請です。パスポートは申請してたいてい1週間程度で発行されますが、ほかの手続きでパスポート情報が必須になるので、留学を決めたときにあらかじめ取得しておくことをおすすめします。

パスポートが取得できたら、航空券の購入をします。航空券は出発日によって、価格が大きく変わります。また、利用する航空会社によって、同じ出発・到着場所でも価格は異なります。インターネット上の航空券の価格比較サービスを利用して、お得に航空券を購入してみてはいかがでしょうか。

さらに、留学期間やコースによっては学生ビザが必要となります。たいてい3か月以上の留学では学生ビザが必須となる国が多いですが、なかには短期留学であっても1週間の授業数が多いと学生ビザが必要となるケースもあります。

学生ビザの取得が必要かどうかは、各国政府のホームページで確認できるので、正確な情報を把握するようにしましょう。

ほかの手続きとしては、出発の1か月前までに海外保険の加入や滞在先の手配を完了しておきます。海外保険は、インターネットで保険会社ごとのプランを比較しながら検討するのがおすすめです。滞在先は、留学先の学校が紹介してくれるケースもあれば、ホームステイやシェアハウスを紹介するホームページを利用して自分で探すこともあります。

5.留学が失敗してしまうパターンと対策

英語力アップや国際コミュニケーションをめざして語学留学をしても、十分な成果が得られず、「もっとこうしていれば……」と後悔してしまう方も多くいます。ここでは、留学が失敗してしまうパターンと対策方法をご紹介していきます。

留学したのに英語力があまり伸びなかったという失敗は、日本人のコミュニティに入ってしまったことが原因となるケースがみられます。とくにアメリカの大都市やオーストラリアの人気都市など日本人留学生が多い場所では、この失敗をしてしまう方は多いのではないでしょうか。

なにも知らず、言葉もあまり理解できない環境に日本人を見つけたときには、少なからず安心してしまい、自然と交流の機会が多くなるでしょう。なぜなら日本人同士では言葉が伝わるだけでなく、言葉にしなくてもお互いの気持ちがわかりやすいことが多いからです。

初めての環境で日本人がいるのは心強いですが、せっかく留学するのであれば、外国の人とのコミュニケーション機会が多くなるよう意識しておきましょう。また、日本人と話す場合にも、日本語禁止ルールを設けるといった工夫も有効な対策です。

そして、国際コミュニケーションを目的として留学したのに、あまり現地の知人や友人ができなかったという失敗パターンにも注意が必要です。この失敗の原因は、自分から積極的に話かけられなかったことです。自分の英語力に自信がなく、留学先の人々に話しかけるのを恥ずかしく感じてしまったりすると、こういったパターンにおちいってしまいます。

留学先では語学を勉強しに来ている人は多いので、英語をうまく話せないのは自分だけではありません。自分から話しかける勇気がわかないときには、「留学できる期間は限られている」「失敗しても、それも勉強だ」と考えてみてはいかがでしょうか。

 留学が失敗してしまうパターンと対策

6.まとめ

語学留学には語学力の向上だけでなく、国際感覚やコミュニケーション能力が身につくというメリットがあります。英語圏の留学先として人気な国には、イギリス英語が学べるイギリスや異文化とのコミュニケーション機会が多いアメリカがあげられます。また、オーストラリアやニュージーランドも、治安の良さや自然豊かな環境で人気のある留学先です。

語学留学にはさまざまなスタイルがあります。語学学校の種類は、留学期間の長さは、現地の滞在方法は、といういくつかの選択によって留学スタイルの幅が広がるでしょう。希望の留学スタイルを決めて情報収集するのは、留学の半年くらい前には始める必要があります。

留学プランが決定したら、入学出願や入学手続き、パスポートや学生ビザの取得、航空券や滞在先の手配、海外渡航保険への加入など準備しなくてはならないことがたくさんあります。スケジュールを意識して進めるようにしてみてください。

留学を成功させるための秘訣として、留学の失敗ケースを知ることも有効です。失敗の例として、海外の人々とコミュニケーションがあまりとれなかったことや日本人の友人と過ごす時間が多くなってしまった、という事例があります。こういった失敗ケースがあることを意識して、留学の成果を最大限得られるようすることをおすすめします。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...
まずは無料で留学カウンセリング
LINE@で留学相談してみる

無料留学カウンセリングを毎日行っております。

お気軽にご予約ください。

LINE@で留学相談してみる

その他ご不明な点は
お気軽にお問い合わせください

資料請求

メールフォームで問い合わせ

0120-501-946


お電話での受付時間は、11:00〜19:00 水曜定休

スマ留のお申し込みはこちらから

本申し込みはこちら