メニューボタン

ダブリンの街並みに触れる!留学前に観たいアイルランドが舞台のオススメ映画3選!

by smaryu

作成日2020.10.07

(更新日2021.05.05)

ダブリンの街並みに触れる!留学前に観たいアイルランドが舞台のオススメ映画3選!

美しいジョージアン様式の建物や、カラフルなドアが印象的なアイルランドの首都ダブリン。歴史ある建物が多く残る中でモダンな雰囲気とも調和するダブリンは、”古くて新しい街”として親しまれています。また、音楽の街としても知られる程パブやストリートミュージシャンで溢れており、街中から音楽が聴こえてきます。

今回は、そんなダブリンの街並みが楽しめる厳選映画を3つご紹介いたします!

 

80年代のダブリンで夢を目指すバンド少年達の青春音楽映画『Sing Street − シング・ストリート 未来へのうた』

作品紹介

『ONCE ダブリンの街角で』などで知られるジョン・カーニー監督が、1980年代のダブリンを舞台に描いた半自伝的青春ミュージカルコメディです。主題歌は、カーニー監督作『はじまりのうた』に出演したマルーン5のアダム・レヴィーンが担当しました。音楽が繋ぐ出会いや少年たちの青春を、Duran Duran、The Clash、The Jamなどの当時のヒット曲が彩ります。

  • 公開年 2016年
  • 主演 フェルディア・ウォルシュ=ピーロ
  • 監督 ジョン・カーニー
  • 上映時間 106分

あらすじ

舞台は1985年。大不況に襲われたダブリンに住む少年コナーは冴えない日々を送っていました。ある日、父の失業で公立高校へ転校することになったコナーですが、そこでいじめの対象になってしまいます。さらに畳みかけるように、両親の夫婦喧嘩から家庭崩壊寸前の危機に!そんな中、突如目の前に現れた女性に恋をしたコナーは、彼女に組んでもないバンドのPV出演を願い出てしまいます。そこから始まる切ない青春ラブストーリーから目が離せません!それぞれ家庭に問題を抱えたバンドメンバー達との友情や、曲作りにも注目です!

視聴できる動画配信サービス

  • Amazonprime
  • U-NEXT
  • dTV
  • TSUTAYA TV
  • ビデオマーケット
  • Rakuten TV
    ※2020年5月現在

主なロケ地

この映画の題名にもなったシング・ストリートはダブリンに実際に存在し、映画の世界をそのまま体験することができます。題名は映画の内容に沿って”Sing Street”と綴っていますが、実際のこの通りの綴りは”Synge Street”です。

他にも、フィッシュ&チップスを買っていたFusco‘sCafeや、コナーが恋するラフィーナと会っていた墓地セント・カティリンズ・パーク、2人がデートに来ていたダルキー島、コナーが転校してきた高校シング・ストリート・クリスチャン・ブラザーズ・スクールなどなど…作中ではダブリンの至るところが登場します!

 

 

”友達以上恋人未満”幼なじみの切ないすれ違いを描くラブストーリー『Love Rosie − あと1センチの恋』

作品紹介

『P.S.アイラヴユー』で有名なセシリア・アハーンの『愛は虹の向こうに』を原作にした、イギリスとドイツの合作映画です。友達以上恋人未満ですれ違う男女のラブストーリーを、リリー・コリンズとサム・クラフリンが演じます。

  • 公開年 2014年
  • 監督 クリスティアン・ディッター
  • 主演 リリー・コリンズ/サム・クラフリン
  • 上映時間 103分

あらすじ

6歳から幼なじみのロージーとアレックスの関係は、友達以上恋人未満。何でも話し合える唯一無二の友人関係を築いていた二人でしたが、高校卒業間近にロージーが妊娠したことをきっかけにどんどんすれ違っていきます。そこから2人は互いに結婚や離婚を経験し、12年の歳月を経てやっと…。たった一言の「好き」が言えなかったせいで12年間も遠回りしてしまう2人の甘く切ないラブストーリーです。

視聴できる動画配信サービス

  • Amazon prime
  • U-NEXT
  • TSUTAYA TV
  • ビデオマーケット
  • Netflix
  • FOD
    ※2020年5月現在

主なロケ地

映画の設定はイギリスですが、撮影はダブリンとカナダで行われました。ロージーとアレックスが高校卒業後に別々の進路を進む別れのシーンは、ダブリン空港で撮影されています。アイルランド最大の空港で玄関口となっているこの空港は、毎日多くの人で賑わっています。

他にも、ロージーの家が撮影された町ラスマインズや、お父さんが働いていたホテルとして使用されたシェルボーンホテル、ラストシーンでロージーの経営するホテルとして使用されたタラホール・ハウトなど、ダブリンの美しい光景がたくさん登場します。

 

ストリートで出会った2人が音楽を通して心を通わせるラブストーリー!『ONCE − ダブリンの街角で』

作品紹介

始めはアメリカのわずか2館のみで公開した映画でしたが、口コミで動員数を増やし最終的には140館での上映となった話題のラブストーリーです。監督は同バンドの元ベーシストで、『はじまりのうた』や『シング・ストリート』でも音楽をテーマにしているジョン・カーニーです。音楽映画の最高傑作とも言われています。

  • 公開年 2007年
  • 監督 ジョン・カーニー
  • 主演 グレン・ハンサード
  • 上映時間 87分

あらすじ

ダブリンのストリートで出会ったミュージシャンの男性と彼の歌を聴いていた女性。音楽を通じて出会った2人は、お互いにミュージシャンであるという共通点から仲良くなります。2人の関係は徐々に深まり次第に惹かれていきますが、実は女性は結婚していたのです。音楽から始まった禁断の恋の行方はどのようになってしまうのでしょうか?

視聴できる動画配信サービス

なし
※2020年5月現在

主なロケ地

物語の始まりとなる2人が出会ったストリートは、ダブリンにあるグラフトン・ストリートです。ここは、たくさんのショップやレストランが建ち並ぶ、ダブリンでも有名な通りです。大道芸が多く行われており、特にレベルの高いストリートミュージシャンの演奏を聴けることで有名です。

ダブリンを舞台としたこの映画は実際にある公園やお店をたくさん使って撮影が行われました。特に2人がランチをしたグラフトンストリートにあるサイモンズプレイスカフェは、ダブリンの中でも人気のカフェです。シナモンロールとコーヒーの組み合わせは最高に美味しいと地元の人たちからも評判が高く、根強く愛されています。

他にも、2人が演奏をした楽器屋として使用されたウォルトンズや、2人が出かけたダブリンの絶景が楽しめるキライニーヒルなど…作中では実在するダブリンのスポットがたくさん登場します!

 

おわりに

アイルランドを舞台にしたオススメ映画3選いかがでしたか?どの映画を観てもダブリンの美しい街並みが印象に残ること間違いなしです!アイルランドには他にも、スター・ウォーズのロケ地やまるでハリー・ポッターに出てくるかの様なトリニティ・カレッジなどがあります。

ぜひ、この機会にアイルランドが舞台の映画をチェックしてみてください!

各国のおすすめ映画はこちらから!

アイルランド留学ついて

緑豊かな大自然があるアイルランドは、ケルト文化が色濃く残る国です。アイルランドの大学は世界最高レベルで、教育水準は非常に高いです。人口の40%が25歳未満の若者と、とてもフレッシュでエキサイティングな国でもあります。日本人が少ないので現地の方やヨーロッパの人とたくさん関われます。ヨーロッパに位置しながらも英語圏で、物価は他ヨーロッパ国に比べて安く、近隣ヨーロッパ旅行ができるところも魅力。

アイルランド留学についてもっと知る

無料オンライン相談も実施中!

無料オンライン相談も実施中!