ベストな期間が知りたい!留学期間ごとにできること | スマ留

ベストな期間が知りたい!留学期間ごとにできること

ベストな期間が知りたい!留学期間ごとにできること

「英語を上達させたい」「外国人の友達を作りたい」「海外での暮らしを体験してみたい」など、留学の動機は人それぞれです。ところが、実際に留学したいと思っても、一体どのくらいの期間留学したら良いか、目安が分からずに悩んでいる人も多いことでしょう。

ここでは、留学期間ごとに、どんなことができるのかをそれぞれ紹介していきます。留学すべき期間が分かれば、留学の予定を立てたり準備をしたりする際に大いに役立つはずです。

留学によって達成したい目標や叶えたい夢とあわせて、自分にとってのベストな留学期間を考えてみてください。

1週間から2週間の短期留学でできること


1週間から2週間という短期間の留学は、単なる「海外旅行の延長」と捉える人も多いでしょう。しかし、短期集中でできることはたくさんあります。

時間が限られているので、「なぜ留学するのか」という目的意識を持って、目の前の課題に集中して取り組んでいくことが大切です。それができれば、短期間であっても、帰国後には目に見える成果が感じられるでしょう。短期間の留学の場合、多くの場合ビザの取得は必要なく、事前準備にもそれほど時間がかかりません。

また、留学費用が比較的良心的なのもメリットです。学生であれば夏休みなどの長期休みを利用して、比較的気軽に参加することが可能です。社会人でも長期休暇等を利用してうまく予定を組めば、会社を休職・退職することなく留学できるでしょう。

短期間の留学では、スクールに入って語学を学んだり海外生活を体験したりすることができます。さらに「将来的には長期留学を」と考えている場合は、事前のシミュレーションとして短期間の体験留学を行うのも1つの方法です。短期間滞在することで、長期留学生活がよりイメージしやすくなるでしょう。

学生で夏休みを利用するならば、「サマースクール」への参加も選択肢の1つです。サマースクールでは世界中の学生と知りあえるという貴重な機会が得られます。英語力やコミュニケーション能力が鍛えられるだけでなく、異文化やいろいろな考え方への理解にもつながります。

普段の生活に追われて「やりたいことができない」「時間がない」という人は、短期間の留学を「リフレッシュ期間」と捉える考え方もあります。

日本とは全く違った環境に身を置いて日常生活から少し離れることで、これまでの生活が一旦リセットできるでしょう。身も心もリフレッシュすれば、帰国後新たな気持ちで日常生活にのぞむことができるはずです。

1週間から2週間という期間は、留学には短いと感じられるかもしれません。しかし、目的や立場によっていろいろな選択肢があり、それぞれできることもたくさんあります。

1カ月の短期留学でできること


1カ月の留学期間があれば、1週間から2週間の短期留学に比べて行動の幅は広がり、できることの選択肢も増えます。日常生活においても、1カ月あれば、現地での暮らしに慣れ始めるのに十分な期間といえるでしょう。

しかし、あくまでも「1カ月」の留学はまだまだ短期間の域を出ません。人によっては海外生活に慣れてしまったら、あっという間に時間が経つように感じられるでしょう。

ですから、集中力や目的意識を忘れずに持ち続けることが不可欠です。学生であれば、夏休みなどの長期休みをうまく利用すれば、休学せずとも十分留学が可能という点がメリットに挙げられます。そういった意味では、「1カ月」 はまだ日本での生活との折り合いをつけやすい留学期間といえるでしょう。

1カ月間滞在していると、スクールで学んだ英語を、生活や観光などで活用できる場面も多くなってくるはずです。どんどん使うことで、英語が上達するだけでなく、徐々に日常会話にも慣れてくるでしょう。

すでにある程度英語に自信がある場合は、ダンスやヨガ、料理教室など、語学習得にプラスして、自分の好きな習い事を集中的にやる時間も取れます。留学先がビーチリゾートの場合はダイビングやサーフィン、冬であればスキーなど、行く地域や季節にあわせて好きなように留学プランを組んでみるのも楽しいのではないでしょうか。その土地ならではのものごとに触れることで、語学だけでない魅力を見出せるはずです。

元々英語ができる人は、1カ月かけて集中して英語力を向上させる「短期集中語学留学」に挑戦してみるのも手です。ホームステイをしたり、マンツーマンで徹底的に英語を勉強したりするなど、あえて英語だけの環境に身を置いてみるのは、英語力の短期間での向上におすすめです。日本語を一定期間シャットダウンすることで、短期間であっても英語力を大きく伸ばすことができるでしょう。

3カ月の短期留学でできること


3カ月間現地に暮らしていると、英語での生活にも慣れるとともに、徐々にリスニングができるようになってくるでしょう。一般的に、英語を理解するためには、ある程度のまとまった学習時間が必要といわれています。

しかし、数週間や1カ月程度の短期間の留学では、いくら頑張って勉強しても、どうしても時間の制約があります。

一方で、3カ月間英語に触れていれば、少しずつではありますが、相手が何を言っているのか理解できるようになってきます。初めのうちは速すぎて全く理解できなかった英語がだんだん分かるようになり、明らかな変化を感じられるはずです。ここで初めて「英語力がついてきた」というはっきりした手応えを実感することができるのではないでしょうか。

しっかりと英語を学んでいれば、リスニング力だけでなく、話したり書いたりする能力にも明らかな変化が現れ、いわゆる「英語脳」を獲得することができます。

例えば、考えたことを英語で表現したい場合、英語に慣れていなければ、「一旦日本語で考えてから英語に翻訳する」という中間作業を行わなければなりません。しかし、日本語と英語の文法的な違いもあり、この作業にはどうしても時間がかかってしまいます。

その結果、「言いたいことが言えなかった」経験を持つ人もいるのではないでしょうか。もし英語脳を獲得できれば、日本語に変換しなくとも、直接英語でものごとを考えたり話したりすることが可能になります。3カ月間生きた英語に触れていれば、徐々に英語で直接ものごとを考えられるようになってくるでしょう。

学生であれば、「インターンシップ制度」を利用して、語学にプラスして実際の会社で実務経験を積むこともできます。「将来は英語を使った仕事がしたい」「就職する前に実際に働いてみたい」という希望がある学生には特におすすめです。学生のうちから実際のビジネスシーンに携わることで、語学を活かせるだけでなく、スキルアップにもつながるでしょう。

半年の長期留学でできること


半年間の留学期間があれば、3カ月以内の短期留学に比べるとできることははるかに増えます。学生であっても社会人であっても、半年以上の長期留学では、学校を休職したり仕事を辞めたりして留学をする人がほとんどでしょう。

日本での生活をある程度犠牲にしなければいけない訳ですから、留学前に帰国後の進路も考えておく必要があります。長期留学の場合は特に、「帰国後にどうしたいのか」「何を学びたいのか」という目標をあらかじめはっきりさせておくことが大切です。

ただ漠然と「留学したい」というだけでは、時間だけがあっという間に過ぎてしまいます。さらには、現地滞在のためのビザの取得も必要になってくるでしょう。前もって入念に留学の準備をしなければならない上に、留学のための費用も工面する必要があります。

このように、事前にやるべきこと・考えるべきことがいろいろありますが、留学を有意義なものにできれば、価値のある経験が得られることでしょう。

半年の長期留学では、より深く英語を学んだり現地の生活になじんだりすることができます。スクールなどに通い、語学研修を積んで徹底的に英語を学べば、英語力の向上にもつながるでしょう。リスニングができるようになるだけではなく、英会話もだんだん普通にできるようになってきます。

短期間の留学ではなかなか身体に染み着きにくかった英会話も、半年間鍛えれば徐々に自分のものにすることができるはずです。

半年間あれば、語学研修に加えて、専門分野を学ぶための時間を取ることもできるでしょう。国や地域によっては、語学学校に専門学校が併設されていて専門分野を学ぶことができるところもあります。学べる分野は多種多様なので、学びたい分野がきっと見つかるでしょう。専門分野を学ぶことで、資格を取ったり知識・スキルを身につけたりすることができます。

英語力の向上だけではない留学の成果がアピールでき、帰国後の進学・就職にも大いに有利になるはずです。語学の他に学びたい分野がある人は、行きたい国や地域で何が学べるか、あらかじめ調べておくと良いでしょう。

1年の長期留学でできること


1年の留学期間があれば、語学面で更なる上達が見込め、日常会話も不自由なく普通にできるようになるでしょう。自立して普通に現地で暮らしていけるようになるには十分な期間といえます。

中には留学のための費用がネックになって、留学をためらっている人も多いかもしれません。

しかし、1年間の長期留学になると、国によってはアルバイトやワーキングホリデーなどで「働く」という選択肢を取ることができます。ですから、留学費用が事前に十分に貯まらなくても、現地である程度の留学費用をまかなうことが可能です。ただし、現地でネイティブの人たちを相手に働く訳ですから、ある程度の語学力は必要と考えておきましょう。

現地で働くことができれば、お金の心配なく留学を続けられます。留学の前に、取得するビザの種類や国などによって、働くことができるのかどうか、事前に確認しておくことをおすすめします。

1年間の長期留学では、「生きた語学力がしっかりと身につく」ことが大きなメリットとして挙げられます。1年間みっちり語学研修を積めば、英語を話すことが当たり前になり、日常会話もほぼ問題なくスムーズにこなすことができるようになるはずです。

1年間現地でしっかり学んだからこそ身につく語学力は、日本で勉強しても得られるものではありません。これは、帰国してからの進学・就職の際にも、十分なアピールポイントになるでしょう。

ベストな留学期間はどのタイプ?


留学を考える際に大切なのは、留学によって叶えたい夢や達成したい目標を具体的に考え、最終目標をきちんと見据えることにあります。留学のその先にある目標がはっきりすれば、留学期間を見極めるのも難しくはありません。

自分の目標と留学期間でできることを考えあわせれば、留学すべき期間もおのずと絞り込めるでしょう。ただ漠然と「留学したい」と思っている場合は、「なぜ留学したいのか」「留学によって何をしたいのか」を見極めていくことが必要です。

そうすれば「どのくらいの期間留学すべきか」も徐々に見えてくるはずです。

もし、語学留学によって語学をしっかり身につけたいという目標があるなら、最低でも半年は集中して勉強する必要があります。日常会話に困らない位話したり、不自由なくリスニングができたりするようになりたいならば、半年よりも1年間の留学期間がおすすめです。

もし限られた期間で「海外生活を体験したい」というのであれば、1週間から2週間の短期留学が適しています。短期間であれば、学生でも社会人でも、現在の生活環境を大きく変えることなく留学できるのがメリットです。

留学期間ごとにそれぞれメリットがある


留学を考えたら、まずは自分の目標にあわせて「どのくらい留学すべきか」期間をきちんと考えてみましょう。自分にあった留学期間を見極めることができれば、自ずと留学のためにやるべきことも分かり、準備もスムーズにいくはずです。特に、ビザの取得や留学費用の工面など、事前の準備は時間に余裕を持ってしっかりと行いましょう。

特に半年以上の長期留学の場合、入念な事前準備は留学を有意義なものにするためには欠かせません。もし留学準備時点で、英語のレベルが満たないならば、事前に勉強しておくのも1つの方法です。現地に着いてからでも十分勉強することは可能ですが、短期間の留学の場合、スタート地点の違いで、最終的な英語力に大きく差がつく場合もあります。

留学の準備をしっかりとすることで、留学をより有意義なものにできるでしょう。

留学すべき期間は人によって異なります。「長いから良い」「短いから悪い」と一概に決められるものではありません。また、置かれている状況や現在の環境によっても、ベストな留学期間は変わってくるでしょう。留学してから後悔しないためにも、そのときの自分にあった期間を探ることが大切なのです。

それには、「帰国後どうしたいのか」を留学準備期間からはっきりと見据えることが必要です。留学期間にはそれぞれメリット・デメリットがあります。自分の希望とメリットをあわせてベストな期間を決めるのが、留学を成功させる鍵といえるでしょう。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...

無料個別・団体相談を毎日行っております。

お気軽にご予約ください。

その他ご不明な点は
お気軽にお問い合わせください

LINEで問い合わせ

メールフォームで問い合わせ

0120-501-946


お電話での受付時間は、11:00〜19:00 水曜定休

スマ留のお申し込みはこちらから

本申し込みはこちら