ロサンゼルス留学の特徴や魅力は?費用や準備・手続きとプランの選び方 | スマ留

ロサンゼルス留学の特徴や魅力は?費用や準備・手続きとプランの選び方

ロサンゼルス留学の特徴や魅力は?費用や準備・手続きとプランの選び方

ロサンゼルスへの留学を検討している人の中には「どうやって学校を選べばいいの」「費用はどれくらい」など疑問を持っている人もいるでしょう。ロサンゼルスは世界有数の巨大都市であり、とても刺激的な町です。一方で、語学学校や住居などの選択肢が多く、自分にあったプランを自分一人で立てるのはとても大変です。本記事ではロサンゼルス留学の特徴やメリット、費用のほか、留学を成功させるためのポイントなどを紹介します。

1.ロサンゼルスに留学する前に知っておきたい街の基礎知識

1.ロサンゼルスに留学する前に知っておきたい街の基礎知識

ここでは、ロサンゼルスの街の特徴や物価、生活環境などについて紹介します。

1-1.都市の特徴

ロサンゼルス市の人口は約390万人です。これは、アメリカ国内ではニューヨーク市に次ぐ規模で、アメリカ第2の都市とも呼ばれています。ロサンゼルス市はアメリカ西部の太平洋側、西海岸にあります。カリフォルニア州ロサンゼルス郡内に位置しており、群まで含めると人口は約1000万人にものぼる、まさに大都市です。周辺にはサンフランシスコ、ビバリーヒルズ、サンタモニカ、ロングビーチといった有名な都市が多々あります。日本との時差は17時間(サマータイムの時期は16時間)です。日本のほうがロサンゼルスよりも進んでいます。

ロサンゼルス近郊には、ハリウッドやディズニーランド、ラスベガスといったエンターテインメントのほか、砂漠や山脈などの大自然も豊富です。市内はもちろんのこと、周辺地域も含めて有名な観光地や大自然が多々ある、とても魅力的な都市です。

1-2.物価について

ロサンゼルスの物価は、日本と比べると高めです。しかし、すべてが一律に高いというわけではなく、ものによって異なっています。家賃はルームシェアの場合は600ドルからが相場です。スタジオルームと呼ばれる1人暮らし用の広さの部屋は、およそ1000ドル以上が相場になります。水道費、光熱費、通信費などの費用(ユーティリティ費用)は、1人暮らしの場合150~200ドル程度が大体の目安です。食費については、野菜やパン類などの食品は、基本的には日本と同じくらいの値段か、もしくは少し高めの値段になります。肉類は日本よりも割安な場合もあります。

外食は少し高めです。一般的な費用は20ドル程度からで、そのうえに10~20%のチップの支払いが発生します。留学費用をできるだけ抑えたい場合は、外食はできるだけ控え、自炊をしたほうが節約になります。

1-3.生活の環境

ロサンゼルスの気候は、典型的なアメリカ西海岸の気候です。温暖で乾燥しており、過ごしやすいです。生活に必須のインターネットについては、街中にWi-Fiが普及しており、とても便利です。公立図書館や美術館などの公共施設の多くではWi-Fiを無料で提供しています。水道水はそのまま飲んでも問題ありません。胃腸が弱い人や、万が一ロサンゼルスの水が体に合わないといった場合でも、ミネラルウォーターの500mlボトルを1ドル前後で購入できるため、安心して生活できます。治安については、ハリウッド、サンタモニカ、ビバリーヒルズといった有名な観光エリアは比較的心配はいりません。

しかし、サウスロサンゼルスやイングルウッドは治安が悪いといわれているので注意しましょう。

2.ロサンゼルスに留学する3つのメリット

2.ロサンゼルスに留学する3つのメリット

ここでは、ロサンゼルスに留学するメリットについて、語学学校の数や生活環境の面などから紹介します。

2-1.語学学校が多い

メリットの1つ目は、語学学校の数が多いことです。ロサンゼルスには非常に数多くの語学学校があり、選択肢が豊富なため、より自分に合った学校を見つけやすいです。例えば、英語のレベルや英語学習の目的(大学進学のため、仕事のためなど)、予算、通学期間などに合わせて、幅広いコースや学校の中から自分に合った学校を選ぶことができます。また、ロサンゼルスには世界中から多種多様な国籍の留学生が集まっているため、語学学校の受け入れ体制も充実しています。そのようなしっかりとした体制の中で、多様なバックグラウンドを持つクラスメイトとともに英語を学ぶことができるため、モチベーション維持につながります。

ロサンゼルスにはカリフォルニア大学ロサンゼルス校や南カリフォルニア大学など、大学も数多くあります。目的意識をもって大学進学を目指し、そのために語学学校で英語を学んでいる人も多くいます。そういった意欲の高い生徒とともに学ぶことができるのも、メリットの1つといえるでしょう。また、仕事も豊富なロサンゼルスには、職を求めて世界中から多くの人が、レベルの高い英語の習得を目指して語学学校に通うケースもあります。そのため、ビジネスレベルの英語を身につけることもできます。

2-2.多様性がある

メリットの2つ目は、多様性があるため英語以外にも多様な文化や価値観を学ぶことができることです。ロサンゼルスには、アメリカの中でも特に多様な人種が集まっており、さまざまな文化や価値観が混在しています。人種構成としてはおよそ半数が白人で、その他は黒人やヒスパニック、アジア系などです。宗教はキリスト教(プロテスタント、カトリック)がおよそ半分を占めており、ほかにもユダヤ教、イスラム教といった多様な宗教観を持った人々がともに生活しています。

このような多種多様な人種、価値観、文化的背景の人々と触れ合う中で、共通のコミュニケーション手段として英語を使用するため、英語力を磨きやすい環境です。学校だけではなく普段の生活の中でも、このような多様性ある価値観に触れることができるため、語学だけではなく国際的なコミュニケーション能力や幅広い視野を身につけることができます。

2-3.日本人が生活しやすい

メリットの3つ目は、日本人が生活しやすい環境であることです。ロサンゼルスは多様性のある街のため、さまざまな人種や文化、価値観を受け入れる体制が整っています。そのため、アジア人である日本人が渡航しても物珍しく見られることもなく、受け入れられる環境です。日本企業も数多く進出しており、日本人や日系人も多くいます。また、「リトルトーキョー」という日系コミュニティもあります。外務省が公表している「海外在留邦人数調査統計」(2018年版、2017年10月1日時点)によると、ロサンゼルス都市圏の在留日本人は約6万8000人です。これは、タイのバンコクやニューヨークといった大都市圏を超え、最大の数となっています。

このように多くの日本人や日系人が滞在していることから、日本語が通じる病院や弁護士など日本人向けのサービスが充実しており、万が一のトラブル時でも安心して対応することができます。また、日本の食材も入手しやすく、日本での食生活を維持しやすい点も大きな魅力です。長期の留学になればなるほど日本食が恋しくなるため、重要なポイントとなるでしょう。

3.ロサンゼルス留学に必要な準備や手続き

3.ロサンゼルス留学に必要な準備や手続き

ここでは、ロサンゼルスに留学する際に必要となる、学校選びの方法やビザ申請などの手続き、生活の準備について紹介します。

3-1.留学先の学校選び

ロサンゼルスには多種多様な学校があるため、選択肢がとても豊富です。例えば、学位取得ができる4年制大学や、2年制のコミュニティカレッジなどがあります。これらの学校では、専門的な分野を学ぶことが可能です。一方で、学位取得や特定の分野の勉強が目的ではなく、英語の学習が目的の場合は、約60もある語学学校の中から、英語レベルや予算に合わせて学校を選ぶことができます。語学学校には3ヵ月や半年といったコースが多いですが、2週間や4週間といった短期コースもあります。そのため、学生や社会人でも春夏休みなどを活用して留学するということも可能です。留学する際にはまず初めに、目的をはっきりさせることが最重要です。そうすることで、このような多数ある選択肢の中から、自分に合った学校を選ぶことができます。

3-2.ビザ申請・取得

ここでは、ロサンゼルスに留学する際に必要となるビザの申請方法を紹介します。まず、日本国籍の人は、アメリカでの滞在期間が3ヵ月以内の短期留学かつ授業時間が週18時間未満の場合は、ビザの申請は不要となります。4ヵ月以上滞在する場合や、アメリカの大学・大学院にフルタイムの学生として通学する場合には、F-1ビザというビザの取得が必須となります。F-1ビザの申請をするためには、日本国内のアメリカ大使館やアメリカ領事館に必要書類を提出しなければなりません。その必要書類の中には、通学予定の現地の学校から発行される、I-20と呼ばれる入学許可証が含まれます。そのため、F-1ビザの申請は、学校選びを終えてこの入学許可証を入手した後から開始します。

ビザ申請の書類は英語での記入となります。英語での書類作成や書類記入に慣れていないと大変な作業になりますが、正確に間違いのないように記入しなければビザが認められないため、慎重に準備しましょう。留学エージェントなどを利用すると、このような煩雑なビザ申請の記入方法などのサポートが受けられるため、スムーズに承認される確率が高くなります。

3-3.生活の準備

入学手続きやビザ取得が完了した後は、住居の手配など現地での生活の準備をします。フルタイムの学生に必要なF-1ビザは学生用のビザのため、原則として現地で就労して収入を得ることは認められていません。そのため、渡航前に現地での生活費を確保しておくことが必須となります。住居については、アパート、シェアハウス、ホームステイといった選択肢があります。これらの中からどの手段をとるのか、あらかじめ決めておきましょう。

費用の面からみると、ホームステイが最も安いです。そのため多くの留学エージェントが推奨しており、自由に選べるプランなどを提供しているエージェントもあります。また、留学先で英語を学ぶとはいっても、現地に到着すればすぐに生活してくために英語を使う環境におかれます。そのため、現地でも生活に困らないよう、ある程度の英語の勉強はしておくと、渡航後の生活で苦労せずにすみます。特にリスニング力は、日本にいながらも聞き流すだけで磨くことができ、現地で真っ先に必要となる能力のため、重点的に勉強しておくことがおすすめです。

4.期間別ロサンゼルス留学の費用相場について

4.期間別ロサンゼルス留学の費用相場について

ここでは、ロサンゼルス留学にかかる費用について説明します。特に、その中でも大きな割合を占める学費、家賃、食費などについて説明します。

4-1. 1ヵ月の語学留学の場合

ロサンゼルスの語学学校の学費の相場は、1ヵ月で10~30万円程度が目安です。これは生活費などを除いた学校に支払う授業料・入学金などの金額になります。これらの学費は学校や選択するコースなどによっても大幅に変わってきます。学校によっては一般コースや日常的な会話コースであれば10万円程度からのプランもあります。(TOEICやTOEFL対策、ビジネス、進学を目的としたコースなどは、より高額になっていく傾向にあります。)

留学エージェントを通して学校を探す場合は、学費や住居、食費などが含まれたパッケージプランもあるため、よりお得なものを選べる場合があります。留学エージェントが提供するプランにはさまざまな仕組みがあるため、価格だけを鵜呑みにするのではなく、きちんと内容も確認することが重要で低価格なプランを実現させているスマ留では、優良な語学学校が厳選されており、稼働率が少ない授業時間帯を活用することで質の高い講義をより低価格で提供しています。

4-2. 3ヵ月の語学留学の場合

ロサンゼルスの語学学校の学費の相場は、3ヵ月で25万円程度が目安になります。

4-3. 6ヵ月の語学留学の場合

6ヵ月では、ロサンゼルスの語学学校の学費の相場は45万円程度が目安になります。

4-4. 1年の語学留学の場合

ロサンゼルスの語学学校の学費の相場は、1年では85万円程度が目安になります。ロサンゼルスの家賃の相場は、街の中心部か郊外か、海岸の近くか内陸部か、また治安がよい地域か悪い地域かなどによって大きく異なってきます。例えば、1ベッドルームのアパートを借りる場合、人気エリアでは210,000円前後(約を超える場合も多々ありますが、車で30分しか離れていない人気のないエリアでは半額となるケースもあります。

人気のエリアとは、具体的にはビバリーヒルズ、サンタモニカ、ウエストウッド、アーバイン(オレンジカウンティ)などです。これらに比べると比較的人気のないエリアは、トーランス、コリアタウン、イングルウッドなどになります。これらのエリアでは、賃料は107,000ロサンゼルスは日本と比べアパート費用が高く、学生ビザは原則として現地で働くことができず住宅費を補うことができないため、留学生は割安なシェアハウスなどを利用するケースも多いです。留学エージェントを利用する場合は、提供されているパッケージ金額のなかにシェアハウスやホームステイ料金が含まれていることもあり、自分で探したり、契約したりする必要がないため大変便利です。

4-5. 現地でかかる生活費について

ロサンゼルスでかかる食費の相場は、1ヵ月5万円程度です。食品スーパーなどでは野菜、パンや米などの主食類、乳製品、卵といった一般的な食品の価格は日本と同じ程度か、やや高めの水準です。肉類は割安なことが多いです。外食は基本的に20ドル程度以上となり、日本よりも高めの価格帯です。それに加え、外食をすると合計金額の10~20%のチップの支払いも追加で必要となるため、外食が多いと食費が一気に跳ね上がってしまいます。そのため、留学費用を節約したい場合は、外食はできるだけ控え、可能な限り自炊をするほうがよいでしょう。

ホームステイの家賃は一般的に1ヵ月10万円〜16万円するので、一見すると高いようにみえるかもしれません。しかし、その家賃の中には朝と夜の食費が含まれていることもあるため、アパートを借りるよりも結果的に安くなる場合があります。そのため、賃料を比較する際には食費が込みかどうかなど、条件に注意して検討しましょう。また、ホームステイの場合は、家でも英会話の練習ができたり、アメリカ人の生活や文化を間近で見ることができたりするといった点もメリットになります。

4-6.その他

ロサンゼルスで留学生活を送るためには、学費や居住費のほかに水道費、光熱費、通信費といったユーティリティ費用がかかります。目安は1ヵ月150~200ドル程度ですが、住居によってはこれらが家賃に含まれているケースもあります。そのため、賃料が安いと思ってもユーティリティ費用が含まれていなかったり、または賃料が高いと思ってもユーティリティ費用が含まれているため結果的にお得だったりと、単純には比較ができないので、注意しましょう。

また、そのほかの費用として、ビザ申請費用もあります。ビザ申請費用は1万6000円程度です(出典:米国ビザ申請「ビザ申請料金」)。万が一申請が却下されて再度する場合でも、その都度申請費用を支払う必要があるため、注意が必要です。航空券費用もロサンゼルス留学に必要な費用です。日本とロサンゼルス間の航空券は往復で10~15万円程度が目安になります。さらに、海外保険料も留学生活に必要な費用の1つです。疾病や盗難、損害、死亡などといった海外保険の保険料の目安は、1万5000円~2万円程度になります。

このように留学には多岐にわたる費用がかかります。留学エージェントが提供しているパッケージプランの場合、こういったユーティリティ費用や保険料がすでに含まれている場合もあるため、プランを比較する際には詳細をよく確認しましょう。

5.ロサンゼルス留学を成功させるためのポイント

5.ロサンゼルス留学を成功させるためのポイント

ロサンゼルス留学を成功させるためには、どういったポイントがあるのでしょうか。ここでは、留学エージェントを活用するメリットや、学校選びやプラン選びのポイント、コストパフォーマンスについて紹介します。

5-1.エージェントを活用するメリットを知る

海外留学をする際には、一般的に学校選びや居住地の手配など全てを自分で行う方法と、留学専門のエージェントに手続きを依頼するまたは相談する方法の2つの方法があります。ロサンゼルスで語学留学をする場合、学校だけでも約60校もあり、自分の英語レベルや留学目的に合わせて最適な選択肢を見つけることは時間もかかり、非常に大変な作業です。また、ビザ申請の手続きなども自分でアメリカ大使館・領事館のホームページを確認しながら英語で記入をしなければならないため、こちらもとても大変な手間と時間がかかります。

このような手続きは自分で行うには大変だというだけではなく、正しく記入できていないと、それが原因で申請が通らないといった問題が発生するケースもあります。そのため、より吟味してこういった手続きを自分で行うのか留学エージェントに相談するのか、決めたほうがよいでしょう。現地で住居を探す場合も自分で探すことも可能ですが、手間や時間がかかるうえに、現地の住宅事情に詳しくない場合だと、賃料の高いところと契約してしまう危険性もあります。留学前に自分で住居を手配し、渡航して現地での生活に慣れてきた頃に、契約したところよりもより安くて条件のいい住居を見つけたりするといったパターンはよくみられます。

そうなると、せっかくの時間と手間をかけた分だけ、とても残念な気持ちになりますよね。留学エージェントを活用すれば、これらの手間やリスクを避けて、自分に合った最適な学校選びやビザ申請、住居探しなど、あらゆるサポートを受けられるというメリットがあります。ビザ申請がうまくいくか不安な場合や、自分にとって最適な学校をより効率的に見つけたい場合などは、留学エージェントを有効活用するとよいでしょう。

5-2.目的に合うプランを選ぶ

ロサンゼルス留学では、学校の多さから留学プランも数多くあります。その中から自分に合った最適なものを選ぶことが、留学を成功させる鍵です。多様な選択肢があるからこそ、どのようなニーズにも対応することが可能です。そのような充実した環境を生かし、意義のある留学生活を送るためにも、まずは自分の目的を明確にすることが最重要です。例えば、語学学校といっても、日常会話を学ぶものからビジネス英会話を学ぶもの、大学などの進学を目的とするものなどまでさまざまなコースがあります。さらに、ハリウッドには映像コースを用意している語学学校などもあります。

こういった多様な環境の中から自分の目的に合わせ、最適なものを選択することで、留学を成功に導くことができるのです。また、居住場所についても、1人暮らし用アパートや、シェアハウス、ホームステイなどさまざまな選択肢があります。専門的な勉強に集中したいのなら1人暮らし用アパート、いろんな人との交流をしたいのならシェアハウス、ホームステイなど自分の目的に合わせて選択しましょう。「自分に合うプランがわからない」「どのような選択肢があるのかをまずは知りたい」といった場合には、留学エージェントに相談するのもおすすめです。

留学エージェントに膨大な量の情報が蓄積されているため、わからないことが多い場合でも、一人ひとりに合わせたプランを提供してくれます。

5-3.内容と費用のバランスを意識する

ロサンゼルス留学のプランを提供する留学エージェントはたくさんありますが、留学エージェントを利用する際には、プランの内容と費用のバランスを比較することが大切です。その上で、自分にとってどれがもっともコストパフォーマンスがよいのかを十分に検討することが重要になってきます。留学エージェントによって手数料が無料のものや、生活費や航空費込みといったプランなど多種多様なプランがあるため、単純比較はできない場合が多いです。ですから、留学において自分は何を優先したいのかを見極め、比較基準を明確にしたうえで、詳細までしっかりと確認しましょう。

せっかく留学するのだからしっかりと英語力を身につけたいといった場合には、講義の質が高い語学学校や、学習サポート体制がしっかりしている留学エージェントを選ぶと、学習効率をより高めることができるのでおすすめです。例えばスマ留は、稼働率の低い時間帯を確保することによって、質の高い授業の語学学校を従来の価格の最大約半額という低価格で提供しています。そのため、受ける授業の質は高品質のまま変わらず、費用だけを低価格に抑えて受講することが可能です。

また、オンライン英会話と英語学習アプリを活用した英語学習サポート体制も充実しています。留学前に活用すれば渡航前の英語力の向上に役立てることができるだけではなく、留学中も授業の復習や授業のメモとして活用できる、とても便利なサービスです。さらに、スマ留だけのオリジナルプログラムであるミッションというサービスもあります。これは週3日、1日3時間程度行われる体験型学習サービスです。現地の学校ではインプットを中心とした詰め込みの授業が多くなりがちですが、ミッションはこのような現地の授業に加えて行うことができるアウトプット型の学習になります。

街中の実際の生活環境の中で課題をクリアしていくため、学校ではなかなか学ぶことができない生きた英語を学ぶことができ、さらに応用力も高めることができます。こうしたサービスを現地の学校と合わせて活用することで、より英語力を高めることが可能です。

ロサンゼルス留学を成功させるにはエージェントの利用も効果的

ロサンゼルスは世界有数の大都市であり、英語だけでなく多様な価値観を学べる場所です。一方で、学校などの選択肢の多さから、自分に合ったプランを選ぶことが大変な場合もあります。そういった場合には、留学エージェントを活用するのも効果的な方法です。スマ留は質の高い授業を提供する語学学校に通常よりも低料金で通えるうえに、住居手配などのサポートも充実しているので、気軽に相談して情報を集めてみるとよいでしょう。

ワーキングホリデーを使った留学で効率的に英語を学ぼう!

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...

言わずと知れた経済・ファッション・グルメ・エンタメなどあらゆる分野で世界をリードしている国「アメリカ」

日本の26倍の国土を誇るアメリカは、北はアラスカ、南はフロリダやハワイの50の州で形成されており、それぞれの地域で文化や気候が全く異なることが特徴。「人種のるつぼ」とよばれているように、各国の人々が様々な想いや背景を持って集まります。様々な分野で最先端を走るアメリカには、ビジネスチャンスも広がっており、語学留学だけでない様々な滞在スタイルが可能です。日本とは180度異なる文化・価値観・多様性を尊重する精神に触れ、英語を学ぶだけにとどまらない人間的成長や経験ができるのではないでしょうか。

アメリカ留学について
まずは無料で留学カウンセリング
LINE@で留学相談してみる

無料留学カウンセリングを毎日行っております。

お気軽にご予約ください。

LINE@で留学相談してみる

その他ご不明な点は
お気軽にお問い合わせください

資料ダウンロード

メールフォームで問い合わせ

0120-474-400


お電話での受付時間は、平日 11:00〜19:00 土日祝 11:00~17:00 (水曜定休)

「スマ留」サービス申し込み兼契約はこちらから

本申し込みはこちら