プチ留学は幅広い年齢層にオススメ!長期休暇を利用しよう! | スマ留

プチ留学は幅広い年齢層にオススメ!長期休暇を利用しよう!

プチ留学は幅広い年齢層にオススメ!長期休暇を利用しよう!

社会人や学生の方で「長期留学はできないが、留学したい」と考えている方は多いのではないでしょうか。そこでおすすめしたいのが、プチ留学になります。この留学は1週間の短期間から留学をすることができ、長期休暇を取ることができない方には大変おすすめの留学形態となっています。

しかし、たった1週間の留学でいったいどのようなことができるのでしょうか。ここではプチ留学でできることや、どれくらいの費用で留学をすることができるのかなどの情報をご紹介していきます。

1.そもそもプチ留学はどんなスタイル?

プチ留学は1週間から1カ月など、短期間で留学をするスタイルです。長期休暇が取れるゴールデンウィークや、お盆休みを使って留学することが一般的です。このプチ留学では語学学習のほか、現地のアクティビティを豊富に体験することができます。
プチ留学

例として、サーフィン、ダイビング、乗馬、料理やダンスなど、できることはたくさんあります。プチ留学の特徴として、英語初心者でも問題なく留学できるということがいえます。英語が流ちょうに話せなくても、語学学校に通う場合はあなたのレベルにあわせて授業を作ってくれるので問題はありません。

また、英語を話す環境を肌で感じることができることも、プチ留学の大きなメリットです。日本で住んでいると、英会話教室や外国の友達がいない場合は英語の環境に身を置くことはありません。しかし、ネイティブスピーカーがいる環境に身を置くことで英会話をする機会が増えるため、英語力の向上につながります。

しかし、短期間では英語力の大幅な向上は難しいと考える方もいるかもしれません。実際このプチ留学でも英語の学習をすることはできますが、やはり長期間の留学と比べると学習量の差は大きく開いてしまいます。

しかし、プチ留学をすることでいろいろな新しい目標を作ることができるかもしれません。「短期間では英語力があがらなかったが、英語学習をつづけてみよう」、「長期間での留学を視野に入れてみよう」というように、次につながる新たな考えを作りだすことができるのがプチ留学をする最大の魅力であり、大きな意味をもっているのです。

2.忙しい社会人にも!プチ留学はこんな方におすすめ

プチ留学は社会人や学生で時間が取れない、長期間の留学には抵抗があるという方には最適の留学方法といえます。とくに学生は夏休みや春休みなど、社会人と比べると長期休暇を取る機会が多くあるため、比較的簡単にプチ留学にいくことができるでしょう。

また、親子連れでも留学にいくことが可能です。若いときに留学にいけず、後悔をしている親御さんもいるのではないでしょうか。このような方が子どもに留学にいく機会を作ってあげることで、自身の後悔も晴れるとともに、子どもにも留学経験をさせることができるという一石二鳥のプログラムもあります。

プチ留学は長期留学よりも気軽に留学を体験することができるプランです。「今まで海外へ観光にいったことはあったが、観光以上の経験をしたい」という方にも最適の留学方法といえるでしょう。

3.プチ留学におすすめの国5選!それぞれの国の特徴と費用相場

「プチ留学を考えているが、どれくらいの費用か知りたい」「おすすめの国はどこか」という疑問もあるでしょう。ここではそれらをご紹介します。費用はおもに滞在費、生活費、航空券、海外保険などを合計した金額になります。

アメリカ

アメリカは多国籍文化で、さまざまな人種の人たちが暮らしています。また、エンターテイメントのレベルは世界でもトップクラスであり、音楽やアート、映画などから、さまざまな刺激を受けることができるでしょう。そんなアメリカでプチ留学する場合は1週間に約17~25万円の費用が必要になります。語学学校や滞在スタイルによっても費用は変動します。

カナダ

カナダは教育水準が高いことで知られており、留学生が大変多くいる国でもあります。また、治安がよいため安心して留学生活を送ることができます。そんなカナダにプチ留学をするには、1週間で約18~36万円の費用が必要になります。カナダは語学学校がいくつもあるので、費用を比較してより安い学校を探してみるのもよいでしょう。

イギリス

イギリスには独自の文化があり、英語の発祥の地としても知られます。留学を通して、イギリスの文化やイギリス英語などを学ぶことができるでしょう。日本の学校ではアメリカ英語で授業を受けるため、会話の聞き取りにはすこし苦労するかもしれません。ここイギリスでプチ留学をした場合、1週間に約15~30万円の費用がかかります。

オーストラリア

オーストラリアではコアラやカンガルーなど、日本では珍しい動物たちを見ることができます。また、ダイビングやサーフィンなどのマリンスポーツも体験できます。オーストラリアの留学で1週間にかかる費用は、約20~30万円になります。アクティビティの誘惑が多いオーストラリアでは、お金の管理が必要かもしれませんね。

フィリピン

フィリピンは上記で述べた国よりも、物価がかなり安い傾向にあります。そのため、外食をしたり物を購入したりする場合は、格安で済ませることができるでしょう。そんなフィリピンの留学費用は1週間で約15~20万円となります。近年フィリピン留学は、この費用の安さから人気が出てきています。

4.時間を有効に……プチ留学をより効果的にするコツ

プチ留学にはいくつか考えておかなければならないことがあります。それは、費用、国の特徴、フライト時間になります。

まず費用ですが、渡航先によって費用はばらつきがあります。そのため、自身の予算にあわせて留学先を選択する必要があります。もちろん費用のことだけでなく、何を体験したいかによっても留学先を選ぶ必要があるでしょう。

もしヨーロッパの雰囲気や文化を体験したいのならイギリスがよいですし、サーフィンやダイビングなどのマリンスポーツをしたいのであればオーストラリアがいいでしょう。また、プチ留学の場合、フライト時間は大変重要になります。

フライト時間が長くなれば、時差ボケなどにより滞在中はしっかりと睡眠が取れなかったり、体の調子がおかしくなったりするおそれもあります。そのため、自身の体質にあわせて飛行時間が短い国を選択するなどの対策も考えなければならないでしょう。

5.まとめ

プチ留学は長期休暇などを利用した、おおよそ1週間から1カ月の期間の留学です。留学中は英語学習やさまざまなアクティビティなどを体験することができます。長期留学よりも気軽に体験できるプチ留学は、学生や親子連れ、または社会人にもおすすめの留学形態となっています。

おすすめの留学先にはカナダやオーストラリアなどがあり、留学場所は自身の目的によって決める必要があるでしょう。プチ留学では費用や、国の特徴、フライト時間など考慮することで留学をよりいいものにすることができます。短い期間でも持ち帰れるものがあるように、しっかりと計画を立てていきましょう。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...

英語発祥の地、独自の伝統と文化の最先端が絶妙なバランスを保つおしゃれな島国「イギリス」

歴史ある文化や伝統が色濃く残るイギリスは、古い伝統も守りながらも、常に流行の発信地としてファッション・アート・音楽・考え方や技術などを生み出し世界中に発信している国としても有名。英語教育にも古い歴史をもち、語学学校の質や教育レベルも世界的に高いです。英語発祥の地として、上品なクイーンズイングリッシュを学ぶことができることが魅力。多国籍国家でもあるため国際色豊かで留学生でも住みやすい雰囲気があります。ヨーロッパ各国へ小旅行を楽しむこともできる、ヨーロッパの魅力たっぷりの国です。

イギリス留学について
まずは無料で留学カウンセリング
LINE@で留学相談してみる

無料留学カウンセリングを毎日行っております。

お気軽にご予約ください。

LINE@で留学相談してみる

その他ご不明な点は
お気軽にお問い合わせください

資料ダウンロード

メールフォームで問い合わせ

0120-474-400


お電話での受付時間は、11:00〜19:00 水曜定休

「スマ留」サービス申し込み兼契約はこちらから

本申し込みはこちら