メニューボタン

ワーホリ用スーツケースはどんなタイプがいい?失敗しない選び方とは

by smaryu

作成日2019.06.07

(更新日2021.05.05)

ワーホリ用スーツケースはどんなタイプがいい?失敗しない選び方とは

ワーホリでは、スーツケースにも気をつけることがあります。飛行機には、スーツケースの重さやサイズに制限があるためです。ワーホリのスーツケースを選ぶ際は、サイズや重さ、機能に着目して選ぶことをおすすめします。

この記事では、ワーホリのスーツケースに関する飛行機のルールや選び方などについてご紹介していきます。 まずは、飛行機に乗る際のスーツケースの制限から見ていきましょう。

 

オーバーすると追加料金が!飛行機で持っていくスーツケースの制限

オーバーすると追加料金が!飛行機で持っていくスーツケースの制限

飛行機では、スーツケースに制限があり、制限を超えてしまうと追加料金を請求されることがあります。この章では、飛行機を利用する際のルールについてご紹介していきます。

持ち込み荷物の制限

機内に持ち込めるのは、手荷物です。手荷物の大きさには、3辺で115cm以内、重さが7kg~20キロ以内という制限があります。そのほかには、パスポートやパソコンなどが入ったカバン1つまで持ち込むことができます。

預入荷物の制限

無料で預けることができるスーツケースは、20キロまでです。JALでは、1キロごとに200円~400円かかります。JALは、移動距離によって金額に差が出ます。ANAの場合は、超えた重さによって金額が変わります。預けることができる荷物の数が決まっていないため、超えてしまいそうな人は、ほかのスーツケースに入れることがおすすめです。

 

重視する点は人それぞれ!ワーホリのスーツケースを選ぶ際のポイント

スーツケースを買う人が重視している点は、さまざまです。ワーホリで使うスーツケースを選ぶ際は、素材、サイズ、重さ、機能に注目して選んでみてください。

素材

スーツケースには、ハードとソフトの2つの素材があります。ハードのスーツケースは、頑丈に強化された素材です。ソフトのスーツケースは、柔らかい素材で作られています。ハードのスーツケースのほうが頑丈なため、ワーホリのスーツケースとしておすすめです。飛行機では、揺れたり、スーツケース同士がぶつかったりするからです。

サイズ

ワーホリのスーツケースは、サイズに注目することもおすすめです。スーツケースのサイズには、50リットル~59リットルのものや70リットル~73リットルなどさまざまな大きさがあります。ワーホリでは、荷物が多いため、大きめのサイズがよいでしょう。飛行機には、大きさの背弦があるため、制限を超えないように気をつける必要があります。

重さ

ワーホリでは、荷物が多いため、スーツケース自体の重さを重視する人もいらっしゃるでしょう。飛行機には、23キロを超えてしまうと追加料金がかかります。そのため、なるべく軽いものが良いでしょう。しかし、軽すぎると壊れてしまう可能性があるため、気をつけましょう。

機能

スーツケースの機能では、カギや車輪に注目しましょう。スーツケースのカギで安心できるものは、TSAロックです。TSAとは、アメリカ運送保安局のことです。TSAロックは、TSAの人しか開けることができないため、カギを開けられる心配がありません。

車輪は、小さすぎるものに注意しましょう。車輪が小さいと、荷物の重さや段差によって壊れてしまうことがあります。そのため、車輪も頑丈なものがおすすめです。

 

スーツケースが金庫代わりに!現地生活で荷物を管理する方法

ワーホリでは、治安のよくない国では、すりや盗難などの犯罪が多い傾向にあります。そのため、貴重品の管理をしっかりする必要があります。安全対策をした管理方法は、1ヶ所に入れておかないことや、ATMを使う際は、すぐに済ませる、カバンを体のまえで管理するなどの方法です。

貴重品を1ヶ所に入れて持っているとすべて盗まれる可能性があります。そのため、ばらばらに管理することによってすべて盗まれることを防ぐことができます。ATMを使う際は、後ろから見られている可能性があります。そのため、もたつかずにすぐに済ませるようにしましょう。また、カバンは体のまえに持ちましょう。視界にあることで盗まれることを防ぐことが可能です。

ワーホリ中のスーツケースは、住んでいる場所に置いておくことが多いです。そのため、スーツケースと家具をワイヤーでつなげておくことがおすすめです。また、カギをかけることによってお金などを管理することもできます。このように対策をしておくことで盗まれることを防ぐことができます。

 

滞在場所に迷わず着ける!空港送迎サービスのメリット

空港では、送迎サービスというものがあります。送迎サービスは、予約することによって目的地まで送ってもらうことができます。送迎サービスを利用するメリットは、時間に左右されないことや荷物を持っておく必要がないため楽なこと、安全性が高いことです。ワーホリ用のスーツケースも楽に運べるでしょう。

送迎サービスは、24時間やっており、予約していくことで時間に左右されません。また、到着時間がずれた場合でも送迎してもらうことが可能です。送迎サービスでは、荷物を積んでもらえるため、移動が楽になります。

また、送迎サービスは、会社や運転手の情報を知ることができます。そのため、安心して利用することができるでしょう。

送迎サービスは、留学・ワーホリエージェントが提供していることがあります。送迎サービスを利用したい人は、ぜひ留学・ワーホリエージェントを利用してみてください。留学・ワーホリエージェントは、サポートや現地に日本人スタッフがあるところなどがおすすめです。

 

まとめ

ワーホリでは、スーツケースに荷物を入れることが多いです。飛行機に乗る際は、航空会社によって制限があります。スーツケースを預ける際は、23キロ以上の場合から追加料金がかかります。また、大きさにも制限があります。そのため、ワーホリのスーツケースを選ぶ際は、素材や機能以外にサイズにも着目して選ぶようにしましょう。

海外の治安がよくない国は、すりや盗難などの犯罪が多い傾向にあります。そのため、貴重品の管理が大切です。貴重品を管理するには、スーツケースが役立つことがあります。スーツケースには、カギがついているため盗まれることが少ないです。また、スーツケースは、家具などにワイヤーでつなげておくことが大切です。

 

無料オンライン相談も実施中!

無料オンライン相談も実施中!