ワーホリに行く目的とは?長い休暇で何を得るかは自分しだい! | スマ留

ワーホリに行く目的とは?長い休暇で何を得るかは自分しだい!

ワーホリに行く目的とは?長い休暇で何を得るかは自分しだい!

ワーホリを考えている方はどれくらいいるでしょうか。その中にはなんとなくワーホリに行きたいと思っている方がいるかもしれません。ワーホリには目的が大変重要になってきます。もし、とりあえずワーホリに行けば何か得られるだろうと思っている方は日本滞在時に目標設定をすることをおすすめします。

ワーホリに行きたい方の目的や考えはそれぞれ異なり、そのため目標設定にも違いがでてきます。この記事ではワーホリ前の準備しておくべきことや目標設定のヒントをご紹介していきたいと思います。

1.そもそもワーホリとは?ワーホリ制度の概要

ワーホリは日本とワーホリ協定を結んだ国に長期滞在できるという貴重なビザシステムのことをいいます。貴重な理由としては、このビザを使用することでの滞在は一人一回までとなっていることがあげられます。一回の滞在でワーキングホリデービザを取得することができるのは各国に1つと決まっており、さまざまな条件が定められています。

ワーホリには年齢制限があり、日本国籍を所持している方で、基本的にワーキングホリデービザ申請時に年齢が18歳から30歳以内でなければなりません。ワーキングホリデーの特徴として、海外に長期滞在しながら働いたり、働きながら語学学校に通うことができたりということがあげられるでしょう。

また、海外の文化を身近に感じたり、共有したりできるということもワーキングホリデー制度の魅力の1つでもあるでしょう。そのほかにも各国によって制度や条件が少しずつ違うということがあげられます。たとえば、就学期間や就労期間は国によって期間の違いが見受けられるでしょう。そのためワーホリ前には目的や情報収集、準備が必要になってくるでしょう。

そもそもワーホリとは?ワーホリ制度の概要

2.「ホリデイ」の過ごし方は人それぞれ!ワーホリの目的と成果

ワーホリは文字通りワークとホリデイを経験できるというものですが、ホリデイはどのように過ごすのがいいのでしょうか。ここでは目的別休日の過ごし方をご紹介します。

英語力をアップさせたい

ワーホリにおいて英語力の向上は多くの方が考えていることの1つではないでしょうか。
ワーホリでは英語力を向上させるための方法が多くあります。1つの方法としては、日々の生活に英語を取り入れるということがあげられるかもしれません。

日々の生活から英語学習を取り入れることは海外では容易におこなうことができます。そのため常に英語学習のアンテナを張るようにしましょう。自宅での自習や現地のテレビ、ラジオを聞くこともおすすめです。

海外で働きたい

ワーホリでは働くことももちろん可能です。そのため海外での職場の雰囲気や経験を積むこともできます。どのような理由で仕事をしたいかしっかりと確認することによって働き方も変わってくるでしょう。海外での就労は帰国時の就職時にアピールポイントになったり自信につながったりするかもしれません。

しかし海外で仕事をすることは決して簡単ではありません。英語を母国語レベルで話せる方は別ですが、ほとんどの場合がそうではないため、常に頭を使うことになるでしょう。英語を使うことは日本人にとって慣れないことであるため、毎日使用することで疲れがたまる可能性があります。

また職場で問題が起こった場合にも英語で対処しなければならないためパニックになる可能性もあります。これらの問題を少しでも緩和するために英語学習を渡航前からしておくことをおすすめします。

長期旅行がしたい

ワーキングホリデーでは長期旅行も可能です。旅行の手段は人それぞれですが、旅をすることでさまざまな経験をすることができるでしょう。ワーホリでは1つの地域に縛られることはありません。たとえば、ある地域に3カ月住んでその後、住む場所を変えるということもできます。そしてその地域で仕事をして旅行資金をためるということも可能です。

ワーホリでの長期旅行では、長期旅行ならではの多くの人々との出会いや、その地域で感じたものや考え方を身につけることができるかもしれません。ワーホリの目的や方法は人それぞれということがわかったのではないでしょうか。

3.具体的なビジョンを持とう!ワーホリで目的が大切な理由

ワーホリでは目的が大変重要になってきます。あらかじめワーホリ後の自身をしっかりと想像しておくことで、「帰国時になりたい自分に近づけたか」ということを判断できるでしょう。もし目標設定をしていなかった場合、ワーホリ中何を指標に頑張っているのかわからなくなり、モチベーションの低下につながる可能性も出てくるでしょう。

また英語学習においては目標が設定されていないことで帰国後の成果や得たものを提示できず、就職活動などでも不利になる可能性があるでしょう。自身の成長や未来のためにしっかりとした目標設定をおこない、ワーホリ後何を得ることができたのかを説明、提示できるようにしておくことをおすすめします。

具体的なビジョンを持とう!ワーホリで目的が大切な理由

4.現地生活を満喫するには英語力が重要!ワーホリ前の英語勉強法

現地で生活するにあたって重要なことは、やはり英語力になってきます。ワーホリ中に英語を勉強し、徐々に理解力をあげることもいい方法かもしれません。しかし、それでは最初の数カ月は英語が理解できないため現地生活を満喫できないかもしれません。そういったことも含めてワーホリには目的が重要になってくるでしょう。

一番いい方法はワーホリ前から英語学習をしておき、渡航後に英語力を活用して、現地で仕事を獲得することや友達をつくることでしょう。渡航前の学習方法として独学やオンラインスクール、英会話学校などがあげられます。

独学は費用も安く、自分のペースでできるため英語学習が1人でも可能な方にはいい方法といえるでしょう。しかし、文法や単語ばかりを学習してしまいがちかもしれませんが、それと並行し英会話の学習も進めるほうがいいでしょう。海外で生活するには自発的に話していかなくてはなりません。その練習として、オンライン英会話や英会話教室を利用するという方法があります。

オンライン英会話は費用も比較的安いので、英会話を学習したいという方にはおすすめです。英会話教室では周りに同じく英会話をしたい方が集まってくるため、モチベーションアップにつながるかもしれません。1人では続かないことも周りの方々のおかげで続く可能性もあるでしょう。また、一対一の英会話教室もあるので、周りを気にせず学習したいという方にもおすすめできます。

そのほかには、もし時間があれば短期留学という方法もあります。短期留学の中でも二か国留学というものがあります。これはフィリピン留学を最初におこない、英語が母国語の国に行くまえに英語の基礎をしっかりとつけるというものです。フィリピンでは公用語として英語が使われているため、留学では朝から晩まで長時間英語漬けの生活をおくることが可能です。

そのため英語力も渡航前とは変わってくるかもしれません。この短期留学での英語力の基礎を作っておくことでワーホリ時には比較的スムーズにネイティブの会話が聞き取れるようになるかもしれません。

5.まとめ

ワーホリ制度は、日本とワーホリ協定を結んだ国に長期間滞在できるという制度です。年齢制限やさまざまな条件があるので、渡航前にはしっかりとした確認が必要でしょう。ワーホリではさまざまな生活ができ、その仕方によっては帰国後の成果につながるかもしれません。ワーホリ中、英語学習をしっかりとすることも可能ですし旅行することも可能でしょう。

しかし、帰国後のことを考えてしっかりとしたビジョンを持つことが重要になってくるでしょう。ワーホリでは目的をはっきりしておくことで何をすればいいかが明確になってくるため、渡航前に各々目標設定をしておくことが重要でしょう。しかし現地で生活を満喫するためには目標設定だけでは不十分かもしれません。

事前にしっかりと英語学習をしておくことが必要でしょう。その手段として自宅学習やオンライン英会話、短期留学などがあげられます。自分の目的にあわせしっかりとした学習計画が重要でしょう。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...
まずは無料で留学カウンセリング
LINE@で留学相談してみる

無料留学カウンセリングを毎日行っております。

お気軽にご予約ください。

LINE@で留学相談してみる

その他ご不明な点は
お気軽にお問い合わせください

資料ダウンロード

メールフォームで問い合わせ

0120-474-400


お電話での受付時間は、11:00〜19:00 水曜定休

「スマ留」サービス申し込み兼契約はこちらから

本申し込みはこちら