ワーホリの仕事について!できる仕事や給料、探し方をご紹介します | スマ留

ワーホリの仕事について!できる仕事や給料、探し方をご紹介します

ワーホリの仕事について!できる仕事や給料、探し方をご紹介します

留学をしてみたいけど、お金がない……という方におすすめなのが、ワーキングホリデービザを取得して、働きながら勉強するという方法です。

実際、多くの人がこのビザを取得し、海外で働きながら学んでいます。では、ワーホリで仕事を探し、働くにはどんなことが必要なのでしょうか?

この記事では、「必要な英語力は?」「どんな仕事があるの?」「お給料はどれくらい?」などといったワーホリ初心者の疑問にお答えします。滞在期間を延ばせる働き方についてもご紹介しますので、ぜひ最後まで目を通してみてください。

1.ワーホリで仕事をするためにはどれくらいの英語力が必要なの?

現地で仕事に就くとなるとやはり気になるのが「どのくらいの英語力が必要なのか」、ということでしょう。
ワーホリで仕事をする場合の英語力は、働く場所によって、要求されるレベルがかなり異なります。

たとえば日本人が多く利用する日本食レストランであれば、接客もほぼ日本語でおこなわれるため、高い英語力を要求されることはありません。相手のいっていることが何となくわかり、基本的な英単語でコミュニケーションが取れるぐらいの初級~中級レベルの英語力で大丈夫です。

しかし、現地の一般的なレストランとなると、当然お客さんは現地の人々ばかりです。要求される英語力も少し上がってきます。文法的に多少のぎこちなさはあっても、一般生活をおくれるだけの中級以上の英語力が必要となってくるでしょう。

さらに、高級なレストランともなれば「接客英語」と呼ばれる、丁寧な言い回しが必要になってきます。このレベルであれば、ほぼネィティブと同じ上級レベルの英語力を要求されることになります。

その一方、キッチンスタッフやホテルの清掃員などは高い英語力は要求されません。相手がいっていることが何となく理解でき、身振り手振りも使いコミュニケーションを取っているレベルの英語力の人は、働きながら少しずつ力を伸ばせるので向いているかもしれません。

ワーホリで仕事をするためにはどれくらいの英語力が必要なの?

2.ワーホリ中にできる仕事の種類ともらえる給料について

ワーホリで日本人に人気の職種はキッチンスタッフやウェイトレス、ウェイターです。これらの仕事は英語力が初級~中級レベルの人でも就ける仕事のため人気となっています。

英語のレベルが上がり、日常会話をこなせるほどの中級以上になってくると、日本人観光客を案内するツアーガイドの仕事などに就く人もいます。ほかには免税店などのお土産屋さんなども人気です。

また、ワーホリで滞在している人のなかにはファーム(農場)で働く人も多くいるようです。これは、ファームで働いた留学生に対して、ビザの延長などの優遇措置が行われていることにも関係しています。これについては、のちほど詳しく説明します。

なお、ワーホリ中のお仕事は基本的にはアルバイトとなりますので、お給料は時給で支払われます。
フランス、イギリス、アイルランド、ポルトガルといったヨーロッパ圏内であれば、1,000円前後の金額になる国が多いようです。しかしオーストリアの時給は2,000円ほどとかなり高くなっています。

また、日本にはない風習として海外にはチップという文化があります。このチップは接客に対する個人的な対価となりますので、丁寧な接客をおこなっていたらお客さんが奮発してくれることもあるかもしれません。

ワーホリ中にできる仕事の種類ともらえる給料について

3.ワーホリの仕事を探す方法3選

ワーホリで仕事をしたい!と思ったら、仕事の探し方がとても重要です。日本とは異なる文化圏の職探しとはどんなものなのか、見当もつかない方もいるのではないでしょうか。そんな方に向けて、ワーホリで仕事を探すときの有力な方法を3つほどお伝えします。

人から紹介してもらう

一番確実で効率的な方法が、人から紹介してもらうことになります。

雇用主の心理としては、少しでも信用できる人を雇いたいものでしょう。その点でいえば海外から来たあなたは、「異国の地から来た、よくわからない人」なので、信用度はとても低くなってしまいます。
しかし、知り合いから紹介された人ならば信用度はグッと上がるので採用してもらいやすくなるのです。

ワーホリでその国に来ていて「現地に知り合いなんていない!」という方でも、語学学校での就学を同時にしている場合はその学校を頼りましょう。語学学校の中には、ワーホリ留学生に仕事の紹介をおこなっているところがあるのです。学校の窓口などで聞いてみてください。

学校に行く予定もないし、紹介してもらえるアテがないという方には以下の方法がおすすめです。

日本語で書かれた求人サイトで探す

国によっては日本語で現地の求人を紹介してくれているサイトがあります。英語に自信がないという方には最適でしょう。

ただ、このようなサイトに掲載されている求人情報は日本人向けなので、はじめから業種が限られているなどの制限があることがあります。

現地のサイトで探す

一番多くの種類の職業が掲載されているのはやはり現地の求人サイトです。就きたい職業が決まっている場合は、こちらで探したほうが効率がいいでしょう。

しかし当然、全文英語となりますので、英語力が低い方にはオススメできません。また、求人も留学生に向けてではなく、現地の方に向けておこなっていますので、留学生が応募できるかどうかの確認はしておいたほうがよいでしょう。

4.オーストラリア・ニュージーランドはファームジョブでビザの延長も

せっかく外国で働くのだから一年以上、外国で暮らしてみたい……!そんな方に活用してもらいたいのが、ファームジョブという働き方です。

通常、ワーキングホリデービザは一年間の制限があります。しかし、ニュージーランドやオーストラリアなど農業が盛んな国では、農場で一定期間働いていたことの証明ができれば、ビザを延長することができるのです。これをファームジョブといいます。

ニュージーランドでは3カ月のビザの延長がおこなえ、オーストラリアでは2年目のセカンドビザの取得ができますので、ぜひ利用してみてください。

農場での仕事は果物の収穫や梱包など、体力に自信がない人もできる仕事が多くあります。また、給料は時給制と歩合制の2通りで、農場によって給料の出し方は異なります。時給はだいたい2,000円ほどで、一概にはいえませんが、歩合制ですと効率的に作業をおこなえば一日30,000円前後稼ぐことも可能です。

さらに、農場にはいろいろな人たちが働きにきていますので、国際色豊かな現場で英語力を上げることができます。ワーホリで仕事を探す際の選択肢の1つにファームジョブを加えてみてはいかがでしょうか。

オーストラリア・ニュージーランドはファームジョブでビザの延長も

5.まとめ

ワーホリで働く場合の必要な英語力は職業によってさまざまですが、英語力があれば選択の幅が広がるのは確かです。現地のレストランなど現地に入って生活していこうと考えている人には、日常生活できるレベルの英語力は獲得しておいたほうがいいでしょう。

できれば現地の人の紹介で仕事を探したいものですが、難しい場合がほとんどですので、インターネットをフルに活用して仕事を探してみてください。
長く留学することを考えている方には、農場で働くのもおすすめです。

現地で働くことは文化を学び、肌で感じるとてもいい経験になるはずです。ぜひワーホリでいい仕事に就き、経験とお金の両方を手に入れましょう!

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...
まずは無料で留学カウンセリング
LINE@で留学相談してみる

無料留学カウンセリングを毎日行っております。

お気軽にご予約ください。

LINE@で留学相談してみる

その他ご不明な点は
お気軽にお問い合わせください

資料請求

メールフォームで問い合わせ

0120-501-946


お電話での受付時間は、11:00〜19:00 水曜定休

スマ留のお申し込みはこちらから

本申し込みはこちら