ロンドン留学の費用はどれくらいなの?費用をおさえる方法もご紹介 | スマ留

ロンドン留学の費用はどれくらいなの?費用をおさえる方法もご紹介

ロンドン留学の費用はどれくらいなの?費用をおさえる方法もご紹介

ロンドンはイギリスの首都で、観光地や世界遺産など興味深い文化がたくさんあります。言わずと知れた人気な観光地の1つで、留学先にもよく選ばれています。今回はそんなロンドン留学での費用の面にスポットライトをあてましょう。

ロンドンは魅力がたくさんあり、それにともなって、行きたい観光地が増えるなど出費もかさむ可能性が高いといえます。そんななかで、いかにして費用をおさえていけるのか、ぜひ参考にしてみてください。

1.ロンドン留学での学費はどれくらいかかる?

ロンドン留学の費用のうち学費はいくらぐらいかかるのでしょうか。だいたい留学費用の概算はありますが、選択する学校や宿泊先にもよっても費用は違います。

ロンドンの語学学校の学費は1か月で約40万円〜約130万円といわれています。こちらは日本でいう専門学校の語学学校をはじめ、大学なども含んでいます。語学学校は大学に比べ学費が安くおさえられる場合が多いです。

そのため、学費をなるべくおさえたいという方は語学学校を選びましょう。語学学校は都心に近いと学費が高くなったり、寮を併設していると宿泊費が学費に含まれる場合もあります。

ただ学費だけで見てしまうと高く感じますが、自分で宿を探したりホームステイやシェアハウスに入ったりするよりは結果として宿泊費をおさえられる場合があります。語学学校は学費だけにとらわれず、さまざまな面を考慮して選ぶようにしましょう。

ロンドン留学での学費はどれくらいかかる?

2.ロンドン留学中の滞在に必要な費用は?

ロンドン留学の費用は具体的にいくらぐらいかかるのか、内訳で紹介いたします。ロンドンは都会なため物価が基本的に高いといえます。ただ日本と同じように高いものは高く、安いものは安いという程度です。そんなに驚くほど日本と違うわけではありませんので、大きな心配はいりません。

【おもな1か月分の費用】
交通費 ¥10,000
海外留学保険料 ¥15,000
光熱費 ¥8,000
食費 ¥35,000
通信料 ¥5,000
娯楽費 ¥30,000
その他雑費 ¥7,000

こちらが暮らしにかかわってくる費用の内訳です。英ポンドの相場によっても値段は多少変わることがあります。あくまでも目安としてとらえてください。

3.留学費用をおさえるためのポイント

ロンドン留学の費用をおさえるポイントや目安はなにかあるのでしょうか?基本的には、留学において「なにを達成したいか」という目的を明確にすることで、ポイントや目安を定めることができます。

・重視すべきポイントを決める

例えば、「どうしてもこの学校で英語を学びたい!」という方は学費が多少高くても、その学校にいかなければ意味がありませんよね。また「世界遺産や観光地を現地のかたと英語を使ってめぐり、文化をしっかり学びたい」という方は観光にかかる費用をおさえるわけにはいきません。

その学校に行く、文化をしっかりと学ぶ、という目的があることで、食事は外食を我慢したり、他の出費をなるべく控えたりするなどという意志決定につながります。このように「自分がなぜお金を払って留学にいくのか」というような目的をしっかり定め、それに応じて費用をおさえていきましょう。これをするだけで無駄な出費も減らしやすいですし、なにより目標の達成に向けた意識を高めることができます。

・学割を利用する
観光地やレストランやお店によっては学割が適用される場所もあります。学割が適応される場所であるならば、学割を利用しましょう。

・生活費を節約する
食費はできるかぎり自炊をすることでおさえられます。また、通信費は携帯電話を現地で契約する場合かかってくるので、ご自身にあった携帯プランを選んでいきましょう。

また、上にあげた金額はあくまで平均的な目安で、ワーキングホリデーなど長期で手に職を持ちながら留学する方は生活費を稼ぐことができます。ご自身の予算にあわせた留学プランをたてましょう。工夫次第でロンドン留学は格安におさえることも可能かもしれません。

4.ロンドン留学を成功させる秘訣

せっかくロンドンに留学に行くのですからロンドン留学の費用面以外でも目いっぱい楽しみ、充実した留学生活を送りたいですよね。そのためにはロンドンという国の魅力や文化をしっかりと理解し、工夫して過ごすことが重要です。

そのためには、学校選びが重要でしょう。ご自身の英語のレベルにあわないと楽しい学校生活を送ることができなくなってしまうからです。。おすすめは、「Ofsted」を利用することです。

「Ofsted」は、イギリス政府が管轄している教育機関です。こちらの機関はイギリス国内の学校を定期的に視察し、その評価を自身のホームページで公開しています。これによりイギリスのどの学校がどんな取り組みをしているか、どんな授業をしているか、評判はどうかなどを確認することができます。

このような国内の学校の評判・評価を公開することは日本ではあまりないので驚かれるかたも多いでしょう。ただ、留学する側にとって、どんな学校かを入学する前にある程度把握できることは学校選びに大変役立ちます。ぜひ利用してみてください。

また現地の人とのコミュニケーションも大切です。ロンドンでは英語に相手を思いやる日本でいう敬語や丁寧語のような表現が多用されていてます。日本語と共通のスピリットをコミュニケーションから感じることができるので、馴染みやすいでしょう。

留学の成功のために、こういった英語の特徴を頭に入れ、円滑なコミュニケーションをはかりましょう。

5.まとめ

ロンドン留学の費用のうち学費や生活費などの滞在中にかかる費用を内訳でご紹介しました。どの語学学校や大学を選ぶかなどによって出費にふり幅が出るため、ご自身の状況にあった学校を選ぶことが重要です。

また費用をおさえる方法もたくさんあります。ただ、むやみに費用をおさえてばかりいると本来の留学の目的を見失ったり、なにも達成できなかったり、ということになりかねません。

そのため、しっかり「達成したい目的・目標」を定め、なにをおさえるべきなのかをしっかりと見極めましょう。またせっかくお金を払い大切な時間を使って留学に行くのですから、実りのあるものになるように工夫することを心がけていってください。

英語発祥の地、独自の伝統と文化の最先端が絶妙なバランスを保つおしゃれな島国「イギリス」

歴史ある文化や伝統が色濃く残るイギリスは、古い伝統も守りながらも、常に流行の発信地としてファッション・アート・音楽・考え方や技術などを生み出し世界中に発信している国としても有名。英語教育にも古い歴史をもち、語学学校の質や教育レベルも世界的に高いです。英語発祥の地として、上品なクイーンズイングリッシュを学ぶことができることが魅力。多国籍国家でもあるため国際色豊かで留学生でも住みやすい雰囲気があります。ヨーロッパ各国へ小旅行を楽しむこともできる、ヨーロッパの魅力たっぷりの国です。

イギリス留学について

無料個別・団体相談を毎日行っております。

お気軽にご予約ください。

その他ご不明な点は
お気軽にお問い合わせください

LINEで問い合わせ

メールフォームで問い合わせ

0120-501-946


お電話での受付時間は、11:00〜19:00 水曜定休

スマ留のお申し込みはこちらから

本申し込みはこちら