ハワイ留学の学費にはどのくらいが目安?費用節約には滞在費がカギ! | スマ留

ハワイ留学の学費にはどのくらいが目安?費用節約には滞在費がカギ!

ハワイ留学の学費にはどのくらいが目安?費用節約には滞在費がカギ!

観光地として知られるハワイは、語学教育をおこなうためのシステムが整っているため留学先として人気が高まっています。しかし、ハワイ留学の学費は、どのくらいかかるのか気になる方も多いのではないでしょうか。

今回は、ハワイ留学にかかる学費について注意点などをふまえながらご紹介していきます。また、費用を抑えるためにできる節約方法についても解説していきますので、留学をお考えの場合の参考にしてみてください。

1.ハワイ留学ではどのくらいの学費がかかるの?

学校や滞在期間によって異なりますが、ハワイ留学の学費は1年間で、約250万~450万円ほどかかるとされています。また、学校の授業レベルなどによっても学費が変わってくるため、費用が安価な場合、満足のいく内容ではない可能性も考えられるので注意が必要です。

留学の目的に合わせて、いくつかの学校の費用や授業内容、生徒の人数などをあらかじめ比べておくことも大切です。しかし、ハワイ留学をする場合に、学費以外にかかる滞在費が含まれているのかという点も気になるのではないでしょうか。ハワイの学校の場合、滞在費がどのようになっているか次の章で詳しくみていきましょう。

ハワイ留学にはいくら必要?おおまかな費用の内訳

2.ハワイの学校の学費には滞在費も含まれる?

ハワイの学校に留学する場合に、滞在費は学費のなかには含まれないため注意が必要です。海外のなかでも人気の観光地であるハワイは、場所によっては滞在費が高額になる場合があります。また、アメリカは留学期間中に働きながら語学を学ぶワーキングホリデーの制度がないため、より滞在費が高くなってしまうといった特徴があります。

その分、学校のシステムが整っており教育に力をいれているため、留学先のなかでもハワイはとくに人気が高いのです。しかし、このようなかさむ費用を少しでも抑えるためには、ハワイ留学の学費や滞在費を工夫して節約することが重要になります。

ハワイでの生活で必要になるお金

3.学費よりも滞在費の節約を意識しよう

ハワイ留学の学費は、学校によって多少変動はありますが、より出費を抑えたい場合には、住まいの場所などを工夫して滞在費の節約を意識することが大切です。ハワイのなかでも観光地付近はとくに物価が高いため、滞在先には適していないといわれています。

せっかくのハワイだからといって海などのリゾート地近くに住むと、学費以上に滞在費がかさむ可能性もあるため気をつけなければいけません。留学にかかる費用を少しでも抑えるためにも、ハワイの中心部から離れた場所に滞在することや住居の種類などを工夫して滞在費を節約するようにしましょう。具体的にどんな節約が効果的か、次の章でみていきましょう。

授業料の違いはなに?語学学校の選び方

4.滞在費を節約するポイント

学費や滞在費など、さまざまな費用がかさむハワイ留学は、節約できるポイントでうまく工夫することが重要になります。なかでも、渡航費が高額となる観光シーズンを外すことや学生寮、アパート、ホームステイなどをうまく活用することで滞在費の節約につながります。それぞれ節約するためのポイントについて、詳しくみてみましょう。

留学・観光シーズンを外す

海外の観光地のなかでも人気の高いハワイは、長期休暇や大晦日、お正月などのシーズンはとくに渡航費が高額になりやすいです。また、学生長期休みの期間などは、短期留学をおこなう人数も増えるため、航空券なども競争率が高くなるおそれがあります。

できるだけ費用を抑えるためにも、このような留学や観光が増加するシーズンは外すようにするのが、滞在費を抑えるひとつのポイントです。

学生向けのアパートを利用

留学生向けのアパートや学校の用意する寮を、滞在期間中の住まいとして活用するのも節約に効果的です。ハワイの場合、観光地やビーチ付近に住居を借りてしまうと、景色や利便性などのメリットは生まれますが、その分かかる滞在費用が高額になります。

しかし、学生向けアパートであれば家賃を抑えることができるだけでなく、学校近くにあることが多いため、通学しやすいなどのメリットもあります。さらにアパートによっては、家具があらかじめ用意されているものもあるため、すぐに生活を始めることもできるようです。

ホームステイやシェアハウスを利用

学生向けアパートなども滞在費の節約につながりますが、滞在期間が長いとその分費用がかさんでしまいます。そのような場合には、現地ファミリーの家にホームステイしたり、シェアハウスを利用したりするのも節約方法のひとつです。

ホームステイであれば学校以外でも語学の向上につながるだけでなく、ハワイでの疑問や悩みなどを話すことができるメリットもあります。さらに、シェアハウスはアパートを借りるよりも大幅に費用を節約できるうえ、さまざまなルームメイトと交流や情報交換などを楽しむことができます。

5.まとめ

ハワイ留学で滞在する方法には、シェアルームや学生寮、ホームステイ、コンドミニアムなどがあります。コンドミニアムというのは、キッチンや洗濯機などが揃った宿泊施設のことです。留学以外にも、中期滞在する観光客が利用することもあります。

ハワイへの留学費用をおさえるためには、滞在方法も工夫する必要があります。ハワイ留学の滞在方法としておすすめなのが、シェアルームや学生寮です。シェアルームだと、家賃を分割して支払うことができるため比較的費用を安くすませることができます。

ハワイには学生向けのアパートがあるので、その部屋をシェアして入居するのもよいでしょう。学生寮は学校の近くにある場合が多く、通学するのに便利なことが多いです。家具を用意する必要がないため、費用を浮かせることができます。

また、ホームステイをするのもよいでしょう。設定料金にもよりますがホームステイ代には食費も含まれているため、外食をするときよりも安く済ませることが可能です。現地の食文化に触れることができるほか、ファミリーとのコミュニケーションも楽しむことが可能です。ホームステイでかかる費用の目安としては、日本での1人暮らしの費用と同じくらいになるといわれています。

ハワイ留学で費用を安くおさえたい場合におすすめできないのは、コンドミニアムです。中期から長期にかけて滞在する観光者向けの施設となります。ハワイは観光地になっているので、コンドミニアムもほかの国と比べて高い傾向があります。安全性は高いかもしれませんが、費用面を重視するならコンドミニアムは避けたほうがよさそうです。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...

言わずと知れた経済・ファッション・グルメ・エンタメなどあらゆる分野で世界をリードしている国「アメリカ」

日本の26倍の国土を誇るアメリカは、北はアラスカ、南はフロリダやハワイの50の州で形成されており、それぞれの地域で文化や気候が全く異なることが特徴。「人種のるつぼ」とよばれているように、各国の人々が様々な想いや背景を持って集まります。様々な分野で最先端を走るアメリカには、ビジネスチャンスも広がっており、語学留学だけでない様々な滞在スタイルが可能です。日本とは180度異なる文化・価値観・多様性を尊重する精神に触れ、英語を学ぶだけにとどまらない人間的成長や経験ができるのではないでしょうか。

アメリカ留学について
まずは無料で留学カウンセリング
LINE@で留学相談してみる

無料留学カウンセリングを毎日行っております。

お気軽にご予約ください。

LINE@で留学相談してみる

その他ご不明な点は
お気軽にお問い合わせください

資料ダウンロード

メールフォームで問い合わせ

0120-474-400


お電話での受付時間は、平日 11:00〜19:00 土日祝 11:00~17:00 (水曜定休)

「スマ留」サービス申し込み兼契約はこちらから

本申し込みはこちら