海外で勉強したい人必見!語学留学の基礎知識まとめ | スマ留

海外で勉強したい人必見!語学留学の基礎知識まとめ

海外で勉強したい人必見!語学留学の基礎知識まとめ

語学は、いくら机上で勉強したからといって自然と話せるようになるものではありません。文法や語彙数はもちろん大切ですが、それよりも実践でコミュニケーション手段として活用していくことが何よりの上達方法です。

勉強中の日本人同士で外国語を勉強し合ってもあまり意味がありません。やはり、現地でネイティブの人に囲まれながら勉強していくことが上達の近道といえます。語学を上達させたいのであれば、ぜひ海外での語学留学をして、本場の発音に慣れ親しんでいきましょう。

ここでは、語学留学に関する基礎知識について解説していきます。

語学留学とは海外で外国語を学ぶこと

留学には、さまざまな目的があります。スポーツ、芸術、学業など、何かのスキルを集中的かつ、本格的に学んだり、学びたい分野の本拠地へ出向いて、より専門的にスキルアップを測ったりするのが留学です。中でも語学留学は、語学のスキルを伸ばすために行います。海外の学校に通い、その外国語しか使われない環境の中で、集中的に外国語を学ぶことが語学留学です。

語学留学では、語学を学びながら海外で生活することになるので、1日中その外国語を使用しなければならない環境となります。生活をしていくためには、外国語を習得しなければならないので、嫌でも体にしみついていくことになるのです。また、日本で外国語を学ぶことと違い、本場の発音をたくさん聞いて練習することができます。

ネイティブの発音は日本人ではなかなかできない発音が多くあります。そんなネイティブの発音を存分に聞ける語学留学は、効率的に習得ができるのです。
一般的な留学期間は、最短で1週間から最長で1年間ほどとなっています。もちろん、期間が長いほど、語学のスキルはどんどんと上達していくのが一般的です。

しかし、たとえ1週間だけの留学だったとしても、日本での勉強よりも大変効率的なスキルアップが見込めます。1週間の間は、日本語ではなく外国語を常に使用するからこそ、短期間でも上達することができるのです。語学留学をしているのは、小学生からシニア世代までの実に幅広い年代の人たちになります。

現代では、グローバル化がどんどんと進んでいるので、それに伴い語学力もさらに求められる傾向です。子どもはもちろんのこと、それはシニア世代においても同様といえます。語学力があれば世界が広がり、できることも実に多くなってくるといえるのです。


留学というと、どうしても語学上級者向けというイメージが根付いている人も多いのではないでしょうか。しかし、留学は語学スキルを伸ばすためのもので、元々の語学スキルに制限はありません。入門者、初心者、中級者、上級者まで、その人の語学レベルに応じたプログラムが用意されています。まったくの入門者だからと、留学に引け目を感じる必要はありません。

誰でも学びたいときに、気軽に留学ができる時代なのです。

海外で語学留学をするメリットとは?

海外で語学留学をすることには、大きなメリットがあります。語学は、耳で聞いて実際に話すことが、上達への近道です。海外での語学留学では、学校での授業はもちろん、学校以外の生活もすべて外国語を使用して過ごすことになります。日本語では、誰も理解してくれない環境となるのです。こうして、強制的に外国語しか使えない環境に身をおくことで、その言語に早く慣れることができるでしょう。

外国語を使うことができなければ、誰ともコミュニケーションがとれなくなり自分が困ってしまうので、自然と外国語が身につくようになるのです。また、その土地に住んでいる人たちの考え方や文化、環境は、実際に体験してみなければわからないものがたくさんあります。これらを実際に体験することで、外国語はより習得しやすくなってきます。

なぜなら、語学は、その土地の考え方や文化に関連して発展していることがほとんどだからです。語学を勉強しながら、このように異文化に触れられる点も、語学留学の醍醐味かもしれません。
語学留学をすると、海外に友だちができます。しばらくの間その土地で生活をしていくわけですから、コミュニケーションをとるにつれて、友だちも自然とできてくるものです。そして、何度も語学留学をしていると、世界各国に友だちができるようになります。これは、何にも変えがたい人生の大きな財産となるのではないでしょうか。それも、さまざまな国の友だちがいれば、それだけ自分の視野も広がるというものです。そのうえ、グローバルな視点を持てるようにもなるでしょう。

日本国内だけではわからないことも、グローバルな視点があれば広い見地からものごとを見ることができます。これも、人生において大きな影響力となり、自分の強みとなることは間違いありません。


さらに、語学留学をすると、海外移住をしたいと思ったときにも非常に役立ちます。旅行でしか海外へ行ったことがない人よりも、語学留学をしたことがある人の方がその土地のことをより深く理解できます。そのため、いざ海外移住しようと思ったときに、行動しやすくなるのです。また、日本に帰ってきてからも、語学を活かした仕事ができるようになるメリットもあります。

多くの企業がグローバル化の波にのっている現代においては、語学に長けている人材は重宝されること間違いありません。就活はもちろん、転職においても、語学留学は有利に働くことが多いのです。

世界の代表的な言語を学べる国とは?


世界には、実に多種多様な言語があります。英語のように世界各国で親しまれている言語から、少数の人しか知らない言語まで、語学留学では自分の好きな言語を選んで学ぶことが可能です。中でも人気となっているのは、世界的にも代表的ないわずと知れた英語でしょう。世界公用語とされている英語は、いまや話せることが当たり前といわれるようにもなってきています。

そのため、英語を習得するための語学留学は、大変人気となっているのです。

英語を学べる国は、アメリカ、イギリス、オセアニア、フィリピン、マレーシア、マルタ島などとなっています。英語が第1言語ではなくても、英語が通じる国は大変多くなっているのです。そのため、英語の語学留学の場合は、留学先も多く幅広い選択肢があります。たくさんの国で使われているからこそ、英語は話せて決して損はない言語といえます。


そして、フランス語を学べる国は、フランス、スイス、カナダの一部地域、南アメリカ、アフリカなどです。フランス語は、中世においては世界の共通語となっていました。今では、国際オリンピック委員会や国連の公用語として使用されています。英語と並んで、フランス語も世界各国で使用される言語なのです。

また、スペイン語は母国スペイン以外に、メキシコやアルゼンチン、コロンビアなどで学ぶことが可能です。かつてスペインの植民地だった中南米は、スペイン語が公用語となっています。さらに、スペイン語は国連公用語の1つでもあります。英語以外にも世界的に広く使用されている、フランス語やスペイン語も、このように世界のさまざまな国で学ぶことが可能です。

候補がたくさんありすぎる?語学留学先の決め方

語学留学は、その言語の母国以外でもさまざまな国で学ぶことができます。そのため、語学留学で行く国には、候補が非常にたくさん挙がることになります。その中から行き先を1つに決めるときには、何よりも自分がどの国に行きたいかを重視して選んでいきましょう。

自分が興味のある国ならば、語学留学も楽しく、より有意義な時間を過ごすことができます。特に行きたい国がなければ、まずは語学留学の目的や上達目標のレベルを考えてみましょう。海外での就職などといったより高い目的がある場合は、その言語に強く人脈も確保できる土地を選ぶのがおすすめといえます。

英語ならばアメリカなど、言語の母国を選ぶとよいでしょう。同時に、語学留学のために捻出できる費用などの設定も大切です。国によって、語学留学のための費用は大きく異なります。これらの条件を加味して、行き先を決めていくと安心です。


英語が学びたい場合、英語には大きく分けてイギリス英語とアメリカ英語があります。もちろん、どちらも同じ英語なので大差はありませんが、日本でいう土地ならではのなまりのようなものがあるのです。こうした言語ならではの癖も含めて、語学留学の行き先は決めていきましょう。イギリス英語ならば、イギリスやオセアニアが留学先として多くなっています。アメリカ英語の場合は、アメリカやフィリピンなどが人気の留学先です。

そして、フランス語を学びたいけれど、フランスだと費用が高いといったケースでは、カナダのケベック州のようなフランス語圏で学ぶ方法もあります。語学留学には、さまざまな方法があるので、あらゆる面から行き先を決めていくとよいでしょう。

語学留学ができる学校の種類とは?

語学留学ができる学校には、いくつかの種類があります。主流は、私立の語学学校に通うことです。私立の語学学校は、学校によってマンツーマンや少人数制、クラス生など学校ならではの個性があります。アットホームな雰囲気なことが多く、語学留学がはじめての人にもおすすめです。

マンツーマンでしっかりとスキルアップしたい人にも、友だちを作りながらワイワイと楽しくスキルアップしたい人にも好まれています。


もう1つは、大学附属の語学コースに通う方法です。大学附属の語学コースは、国によってあまり数が多くないところがあります。大学附属の語学コースのメリットは、大学のキャンパスで勉強できるという点です。大学の施設を利用できるので、海外の学校の雰囲気を肌で感じることができます。

そのため、将来海外の大学に進学したい人に大変おすすめの方法です。どんな目的で、どんな風に学んでいきたいかによって、学び方も選んでいきましょう。

語学留学の一般的な授業方法とは?

語学留学での授業は、語学レベルによってカリキュラムが違います。また、試験準備、進学、ビジネス、インターンなど、語学留学をする目的によっても学ぶ内容が異なってきます。そのため、自分が希望する目的に合わせての語学力を身につけることが可能です。授業スタイルは、グループレッスンやマンツーマンレッスンなどが一般的。グループレッスンでは、小規模の場合は4人程度、大手の学校では10人以上のグループで授業を行います。

グループレッスンのメリットは、友だちが作りやすいという点です。同じ志の仲間がいれば、勉強にも力が入って、互いに励まし合ったり、高め合ったりすることもできるでしょう。また、いろいろな人とディスカッションしたり、一緒に勉強したりできることもメリットになります。


それに対して、マンツーマンレッスンは1対1でじっくり納得できるまで語学を習得できるのがメリットです。期間中は語学の習得に専念したいという人は、マンツーマンがおすすめです。フィリピンではマンツーマンが主流となっているなど、国によっても主流となる授業方法も異なってきます。授業方法も事前に調べておくと、より自分に合った語学留学をすることができそうです。

語学留学の一般的なスケジュール


ここで、語学留学の一般的なスケジュールを見てみましょう。フルタイムの場合は、月曜日から金曜日まで、しっかりと授業をする日々です。午前中に文法やリスニング、スピーキング、リーディングなどをみっちりと勉強していきます。

ランチタイムを挟んで、午後は選択科目の授業や課外活動などを行います。1日のほとんどは、こうして語学の勉強のための時間に費やすことになるのです。ただし、選択科目や課外活動は勉強というよりも楽しむ要素も多く、楽しみながら語学に親しむことができます。そして、土日は勉強をお休みです。自由な時間となるので、観光やアクティビティを楽しむことができます。息抜きをしながら、習得したばかりの語学力を活かして過ごすことになるのです。


語学留学というと、毎日ずっと勉強をしているイメージがあるかもしれません。しかし、一般的なスケジュールは、そこまで勉強ばかりを詰め込んでいるわけではありません。自由な時間も比較的多く、堅苦しい生活ではないことがわかります。しかし、そこは異国の地です。買い物をするにしても観光をするにしても、語学力を発揮しなければなりません。そのため、総合的に見ると、語学留学している間はずっと勉強をしているといっても過言ではないのです。

語学留学の一般的なスケジュール

ここで、語学留学の一般的なスケジュールを見てみましょう。フルタイムの場合は、月曜日から金曜日まで、しっかりと授業をする日々です。

午前中に文法やリスニング、スピーキング、リーディングなどをみっちりと勉強していきます。

ランチタイムを挟んで、午後は選択科目の授業や課外活動などを行います。1日のほとんどは、こうして語学の勉強のための時間に費やすことになるのです。ただし、選択科目や課外活動は勉強というよりも楽しむ要素も多く、楽しみながら語学に親しむことができます。そして、土日は勉強をお休みです。自由な時間となるので、観光やアクティビティを楽しむことができます。息抜きをしながら、習得したばかりの語学力を活かして過ごすことになるのです。


語学留学というと、毎日ずっと勉強をしているイメージがあるかもしれません。しかし、一般的なスケジュールは、そこまで勉強ばかりを詰め込んでいるわけではありません。自由な時間も比較的多く、堅苦しい生活ではないことがわかります。しかし、そこは異国の地です。買い物をするにしても観光をするにしても、語学力を発揮しなければなりません。

そのため、総合的に見ると、語学留学している間はずっと勉強をしているといっても過言ではないのです。

語学留学しても上達しないケースがある?

語学留学をすれば、誰でも自然に語学が上達すると考えている人も多くいます。しかし、実際はそうではありません。せっかく海外へ語学留学をしていても、ほとんど上達しない人もいるのです。日本人でよくありがちなのが、日本人留学生同士で固まってしまうケースです。

語学レベルがあまり高くない場合、ネイティブと会話ができず不安になってしまいます。そして、同じ境遇の日本人留学生同士で固まってしまいがちです。もちろん、同じ日本人なので仲良くすることは悪いことではありません。

ただし、一度日本人の友だちを作ってしまうと、そこから抜け出すことが難しくなってしまいます。日本語でスムーズに意思疎通ができる相手だからこそ、どうしてもその甘い環境に居続けたくなってしまうのです。そうなると、留学期間が終わるまで、結局ネイティブの人とコミュニケーションをとらずに終わってしまいます。これでは、せっかく海外へ出向いたのに、日本国内で英語を学んでいたのとさほど変わりがなくなってしまうのです。


逆に、日本人同士で固まるのを敬遠して、日本人を避けすぎるといったケースもあります。せっかく海外へ語学留学したのだから、ネイティブと仲良くならなければならないという意気込みが強すぎると、友だち同士の輪が広がらなくなってしまうのです。まだ、語学力が満足でないときにネイティブと仲良くなるのは、なかなか大変なことです。

もちろん、ネイティブと親交を深めることは、自身の語学力アップに大きく役立ちます。そして、それは語学留学の醍醐味ともいえます。しかし、そればかりに執着してしまうと、気疲れしてしまい勉強どころではなくなってしまうでしょう。語学留学では、日本人の友だちを作ることもまったく問題ありません。ただし、そればかりでネイティブとの親交を深めないと、語学は上達しなくなってしまうので注意が必要です。

日本人留学生が語学留学を成功させるポイント

日本人留学生が語学留学を成功させるためには、いくつかポイントがあります。まず、何よりもネイティブの友だちを作ることです。ネイティブの友だちができれば、楽しくコミュニケーションをとりながら語学を学ぶことができます。

そのうえ、友だちを通じて、その土地の価値観や文化など、多くを学ぶこともできるでしょう。友だちができれば、毎日を楽しく充実した留学期間を過ごすことができるのです。そして、日本人同士で固まりすぎないことも大切になります。どうしても、同じ日本人同士で仲良くしたくなるのは仕方のないことかもしれません。

しかし、日本人同士で固まりすぎていると、ネイティブの人と仲良くなりにくくなってしまいます。日本人同士での交流を深めることは問題ありませんが、あくまでも適度に抑えてネイティブとの親交も大切にしていきましょう。
また、わからなくても失敗してもいいので、積極的にコミュニケーションをとる努力も大切です。語学力は、どんどんと自分から実践していかなければ上達しません。最初から、完璧に話すことができる人はいないのです。始めのうちは、わからなくて失敗するのも当たり前です。失敗を恐れて行動しないままでは、上達するものも難しくなるでしょう。語学力アップのための留学なので、積極的にコミュニケーションをとるように心がけていきましょう。


また、授業の予習・復習は欠かさずに行っていきましょう。語学留学において、授業はメインの時間です。授業の前には、予習をして授業内容がより深く理解できるように努めていきましょう。テキストに目を通しておくだけでも、授業内容の理解度は大きく変わってきます。

また、授業の間だけ集中して勉強していても、ほとんどの場合数時間もすればその多くが記憶から抜けてしまいます。だからこそ、復習は必ずその日のうちにしていきましょう。繰り返し勉強することで、授業内容は記憶にしっかりと定着していきます。そして、繰り返し学ぶことで、語学は自分の身となるのです。


語学留学を成功させるためには、日常生活の中でもなるべくその言語に触れるようにすることが重要です。授業が終わったからといって日本語ばかりを使っていては、言語が身につかなくなってしまいます。言語をより自分のものにするためには、日常生活の中でも積極的に言語を使っていく必要があるのです。よく、「その言語で考えて夢を見ろ」などといいますが、まさにそれくらい言語を自分の頭にインプットしていくと効果的です。

語学の勉強以外は留学先の文化を満喫しよう


語学留学では、その言語がしっかりとわからないうちは、不安に襲われてしまうかもしれません。思ったようにコミュニケーションがとれない不安は、誰にとっても大きいものです。慣れない土地での生活は、そんな不安もストレスも大きく、精神的にも苦労の連続といえます。

また、長期留学の場合は、半年経ったころに勉強がマンネリしたりスランプに陥ったりしやすい傾向です。積極的に勉強していて、ある程度言語を理解しコミュニケーションがとれるようになる時期が、だいたい半年になります。半年を過ぎると、勉強がつまらなくなってしまったり、それ以上の上達を感じられなくなったりするケースが多くなるのです。勉強へのやる気がなくなってしまい、それ以上の上達を目指さなくなってしまいます。


こうした語学留学初期の不安や、長期留学におけるマンネリなどは、留学先の文化を満喫することで解消していきましょう。勉強以外の時間は、なるべくその国の文化に触れて楽しむのです。体を動かすことが好きならば、マリンスポーツやウィンタースポーツもいいでしょう。その土地ならではの体の動かし方を経験して、気に入るものを見つけて極めてみるのもよいかもしれません。静かに過ごすことが好きならば、おしゃれなカフェで本場のコーヒーを飲むのもすてきです。何も考えずにおいしいコーヒーを飲みながら、外国のおしゃれな空間を満喫してみましょう。たったこれだけでも、不安の解消や勉強のやる気アップには効果的となります。

また、自然や動物と触れ合うなどの経験もおすすめです。自然や動物との触れ合いは、ストレスを軽減して心をリフレッシュしてくれます。勉強ばかりに気をとられてがんばりすぎていると、どうしてもストレスがたまったり行き詰まったりしてしまうものです。時には気分転換をして、心を解放してあげることも大切でしょう。こうした気分転換は、リフレッシュになるとともに、留学先の文化を学ぶことにもつながります。自分なりのリフレッシュ方法を見つけて、留学先の文化の理解も深めていきましょう。

語学留学の目的と上達レベルをハッキリさせよう

語学留学を成功させるためには、留学する目的を定めておくことが大切です。「どうして語学留学をするのか」「何のために語学留学をするのか」をハッキリと決めておきましょう。目的が定まっていない状態で留学をすると、軸がぶれて勉強する意味を見失ってしまうことも少なくありません。

語学留学をする目的は、人によって実にさまざまです。「語学力の向上」「自身のスキルアップ」「海外での進学」「就活」「海外移住」のためなど、その目的はまったく異なるのです。やみくもに語学留学をするのではなく、しっかりと目的を持っておくことが大切です。


また、上達したい語学力のレベルをハッキリさせることも、語学留学を成功させるポイントとなってきます。例えば、「日常生活で問題ないレベル」「会社で勤務をしても問題がないレベル」など、語学力のレベルもさまざまです。

自分が達成したい目的に合わせて、上達レベルもハッキリと決めておきましょう。こうした目標があれば、留学中も勉強を進める指標となります。語学留学という貴重な体験を身につけるために、まずは自分の目標をハッキリとさせていくことが大切なのです。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...

壮大な自然と近代都市。留学生に優しい国「オーストラリア」

海外渡航経験の少ない方にも自信を持っておすすめできるのが、気さくでフレンドリーな人柄が魅力のオーストラリア。多文化・多民族国家であるゆえ、馴染みやすく、何度も訪れたくなる心地よさがあります。期間や渡航スタイルの選択肢が広く、短期留学やワーキングホリデーなど自分に合った形を選ぶことができるのもメリットです。

オーストラリア留学について

無料個別・団体相談を毎日行っております。

お気軽にご予約ください。

その他ご不明な点は
お気軽にお問い合わせください

LINEで問い合わせ

メールフォームで問い合わせ

0120-501-946


お電話での受付時間は、11:00〜19:00 水曜定休

スマ留のお申し込みはこちらから

本申し込みはこちら