【留学体験談vol.16】フィリピン/セブ留学の魅力とは?【短期留学】 | スマ留

【留学体験談vol.16】フィリピン/セブ留学の魅力とは?【短期留学】

【留学体験談vol.16】フィリピン/セブ留学の魅力とは?【短期留学】

PROFILE

  • 名前 田邉有莉加
  • 職種 留学プランナー
  • 今回ご紹介する国 フィリピン/セブ島
  • 留学形式 短期留学
  • 滞在期間 1週間
  • 留学経験のある国 フィリピン
  • 旅行経験のある国 シンガポール、アメリカ、フィリピン、インドネシア、韓国、メキシコ

INTERVIEW

留学を決めた経緯・目的を教えてください。

友人と旅行に行った際に現地の方と意思疎通ができないことにショックを受け、英会話教室に通い始めました。大学卒業後にオーストラリアでワーホリに行くために資金集めをしていたところ、修学期間に限りがあるというところから、ワーホリを諦め、日本にある語学学校に進学しました。学校に通い始め英語が少しずつ身についてきた頃、やはり海外で勉強したい気持ちから夏休みの期間を使って1週間のフィリピン留学を決意しました。

フィリピン/セブ島を選んだ理由を教えてください。


通っていた語学学校にセブ校舎があったのと、全日制の生徒限定の割引きがあったからです。 また、日本との時差も1時間しかなく、飛行機で数時間で行くことができるので、夏休みを使っていくのにちょうど良いと思ったからです。

短期留学の魅力は何ですか?

生きた英語を身につけられる」ことです。語学学校では基本発音が綺麗でスラングなんて使う先生はいません。しかし、留学中お店で出会った人や語学学校の先生は日常的にタガログ語と英語で生活しているので、訛りだったり話すスピードのギャップに触れることができました。 また、フィリピン 留学は格安で長時間の授業を受けられるので1週間でもとても実りのある時間を過ごせました

フィリピン/セブ島の魅力を教えてください。

フィリピンは7000以上もの島々からなる国で、常夏です。 歴史的建造物だったり、美しい海に囲まれアクティビティーは飽きないくらいたくさんあります!フィリピン 人は陽気な方が多いので、一人でご飯を食べに行っても隣のお客さんがビールを奢ってくれたり優しさに触れる機会が多かったです。

フィリピン/セブ島で1番お気に入りの場所を教えてください。


学校の近くにあった屋台です。1日2食付きの学生寮だったので、夜ご飯は食べに行くか自炊する必要がありました。せっかくセブに来たからには本場の味を出来る限り食べたかったので、毎晩屋台に行ってました!屋台は激安なので、値段を気にせずお腹いっぱい食べられることが屋台の魅力です。毎日屋台は多くの人で賑わっていて、ここで知り合ったおじさんに学校でどんなことをしたのかを話しに行っていました。語学学校は日本人が多かったので、ここで過ごす時間を大切にしていました。

どれくらいの期間で英語を話せるようになりましたか?

渡航前に半年間日本で勉強していたのと学校では日本語禁止だったので日常英会話程度なら話せていました。 フィリピンではマンツーマンの授業が1日4時間あったためレスポンスの速さは少し身についたかなと帰国してから感じました。

渡航前はどれくらいの英語力でしたか?


私は文法が苦手だったので、文法に関しては絶望的だったと思います‥。

フィリピン/セブ島の留学経験で、英語力はどれくらい変化ありましたか?

留学期間が1週間のため成長に関してはよくわかりませんが、経験値を増やしたことによって積極的に自分から英語を学ぶチャンスを掴みにいく姿勢を身に付けることができました。

英語の習得に1番効果的だと思う方法を教えてください。


現地の人と知り合って自ら英語を話す環境を作ることです。 フィリピンはアジア圏の方が多いので、出来る限り日本語を話す環境から離れることが一番”Speaking力”を伸ばすのに最適だと思います。 また、私がよくやっていたのは、電車に乗っている時に好きな洋楽の歌詞を目で追い、わからない単語があれば検索し和訳していました。ただ音楽を聴くのではなく和訳したり口パクで真似たり少しでも英語に触れるようにしていました!

フィリピン/セブ島の短期留学経験で得られたことを教えてください。


日本がどれだけ安心安全な国かということを再認識しました。 語学学校から初日にマップをいただいて危険な場所にはドクロのマークが書いてあり、ここには絶対行かないでと言われました。場所によっては危険に隣り合わせなので、夜普通に出歩ける日本って本当に安全なんだなと感じました。 また、自分から積極的に話に行くことが苦手ですが、1週間と短い期間だったからこそ出来る限り多くのことを学びたいという気持ちが大きかったため、いろんな人に声をかけて英語を話す機会を作っていました。英語だけでなく、自分自身も成長できました

フィリピン/セブ島での1番の思い出や印象的なエピソードを教えてください。

フィリピン料理のバッロトを食べたときです。 フィリピンでは孵化寸前のアヒルの卵を茹でたものを食べます。これも先ほどの屋台でフィリピン留学最後の夜ご飯の時に思い出作りに食べました。味は鶏肉と卵の中間のような味がして、見た目は衝撃的でした‥!今でもそのときの記憶ははっきり覚えています。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...

日本から1番近い英語留学ができる国「フィリピン」

大小7100以上の島々からなる東南アジアの島国フィリピンは、島ごとにも特徴が異なります。国全体に美しいビーチリゾートが散在しており、高級リゾートから自然の美しさを生かしたトロピカルな雰囲気漂うリゾートまで様々。フィリピンは熱帯性気候のため、1年を通して暖かく、マリンスポーツなどリゾート気分を味わえるのも魅力の一つ。日本からも4時間の距離にありながら世界第3位の英語使用国のため、比較的気軽にリーズナブルに語学留学を学ぶことができます。

フィリピン留学について
まずは無料で留学カウンセリング
LINE@で留学相談してみる

無料留学カウンセリングを毎日行っております。

お気軽にご予約ください。

LINE@で留学相談してみる

その他ご不明な点は
お気軽にお問い合わせください

資料ダウンロード

メールフォームで問い合わせ

0120-474-400


お電話での受付時間は、平日 11:00-14:00/15:00-19:00
土日祝 11:00-14:00/15:00-17:00
【火・水曜定休】

「スマ留」サービス申し込み兼契約はこちらから

本申し込みはこちら