カナダのビクトリアに留学しよう!特徴とおすすめポイントをご紹介 | スマ留

カナダのビクトリアに留学しよう!特徴とおすすめポイントをご紹介

カナダのビクトリアに留学しよう!特徴とおすすめポイントをご紹介

カナダで人気の留学先といえば大都市のバンクーバーやカナダ経済の中心であるトロントなどがあります。しかし、カナダにあるビクトリアも留学先としてそれらに劣らず魅力的な都市となっています。

本コラムでは留学先としておすすめの都市ビクトリアを詳しくご紹介していきます。ビクトリアはバンクーバーに近い場所にありながら、移民の割合が低く、英語をしっかりと学びたい人に選ばれている都市です。観光が盛んなので、ワーキングホリデーでカナダを訪れている人には仕事が見つけやすい都市となっています。

1.8割がカナダ人。カナダ留学にビクトリアを選ぶメリット

カナダに留学を考えている人であればビクトリア以外に、バンクーバーなどの都市を候補に考えている人も多いのではないでしょうか。しかし、ビクトリアのほうがカナダ人のいる割合は多くなっているのです。その理由はカナダが移民を歓迎する政策を取っており、多くの外国人がバンクーバーなどの都市部に移り住んだためです。

語学の向上を目指して留学するのであれば、ビクトリアのような周りがネイティブスピーカーばかりの環境のほうがよいのではないでしょうか。

また、ビクトリアはとても気候が温暖です。夏は涼しく暑い日でも20℃ほどで、冬でも平均気温が0度を下回る日はありません。夏の最高気温が30℃を超える日本からすればみれば、とても過ごしやすい気候となります。

また、バンクーバーに比べると小さな街で田舎の印象を受けますが、その分、人がとても穏やかなのも特徴の一つです。地元の人が公園で演奏に耳を傾けており、時間が穏やかにゆったりと流れているのを感じられます。そして、治安もいいため安心して留学生活を送ることができます。カナダでもビクトリアは留学中を静かに過ごせる都市となっているのです。

8割がカナダ人。カナダ留学にビクトリアを選ぶメリット

2.観光地としても人気。ビクトリアはどんな街?

ビクトリアが観光地として人気の理由はその街並みにあります。イギリス植民地であった影響があちらこちらに残っており、カナダ国内でも珍しい雰囲気をまとった街となっているのです。また、「ガーデニングシティ」や「花の都」とも呼ばれ、街のあちこちで花が育てられていて、訪れる人を楽しませてくれています。

そんなビクトリアのなかでもダウンタウン近くにあるブリティッシュコロンビア州議事堂は、観光スポットとしておすすめの場所となります。荘厳なネオバロック様式の議事堂は現在も州議会がおこなわれている、ビクトリアのランドマークとなっています。

この他にもオススメなのがインナー・ハーバーです。ヨーロピアンスタイルのホテル「ザ フェアモント エンプレス 」の目の前に広がる港の風景は、ビクトリアに来たことを感じさせてくれる場所となっています。

周辺にはおしゃれなカフェやレストランが多くあるので、港を眺めながら一休みするのもよいかもしれません。

ほかにもさまざまな観光スポットがありますのでカナダのビクトリアに留学したらいろいろな観光スポットを巡ってみてください。

3.ワーホリにもおすすめ。ビクトリアでできる仕事

カナダのビクトリアに留学したらどんな仕事がみつかるのでしょうか。ビクトリアで仕事を探したときに一番多くみつかるのは観光関係の仕事になります。そのため、仕事先として多いのは、ホテルのハウスキーピングや観光地でのツアーガイドなどでしょう。

ハウスキーピングなどはコミュニケーションを取る機会が少ないので、英語の初心者におすすめの仕事となります。

ほかにも飲食店でのウェイトレス、ウェイターの仕事は見つけやすく、チップなどがもらえることから人気の仕事となっています。ですが、地元のレストランではローカルの人がお客様となるため、スムーズに会話ができるレベルの英語力を求められますので初心者では難しいでしょう。

英語初心者の人であればジャパレスと呼ばれる日本食レストランで働くことをおすすめします。日本人スタッフも多いのでコミュニケーションも取りやすく、安心して働けます。

仕事の見つけ方ですが、ネットを活用するとみつかりやすくなっています。また、英語に自信がない人にはネットを使った職探しはとてもおすすめです。求人サイトのなかには日本語で書かれたサイトもありますので、ぜひ活用してください。

4.数は少なめ?ビクトリアの語学学校

ビクトリアは小さい田舎の街だから語学学校が少なくて、質が悪いかも……と不安になる人もいるかもしれませんが、ビクトリアには語学学校が11校もあり世界中の留学生から選ばれており安心です。

語学学校の授業内容は学校によってさまざまですが、なかには学校を中心に数ブロック先まで母国語の使用を禁止している学校もあります。これはイングリッシュポリシーといって、会話を英語のみに限定して語学力の向上を図る目的でおこなわれています。

日本人同士で話しているとついつい日本語で話してしまうものですが、このルールがあれば強制的に英語で会話することとなりますので、語学教育に力を入れている学校で採用されているルールになります。

このように、カナダのビクトリアは語学留学で劣っているわけではありませんので、安心して学校を探してみてください。

数は少なめ?ビクトリアの語学学校

5.とめ

カナダにはいろいろな留学先がありますが、ネイティブのカナダ人の割合が多く英語環境で生活ができるのがビクトリアの魅力ではないでしょうか。また、その英国風の街並みは日本では見ることができない風景になっています。異国情緒あふれるなかでの留学生活はきっと、充実したものになるでしょう。

ビクトリアでは観光に関係した仕事が見つけやすいため、ワーキングホリデーでの滞在先としてもおすすめです。ぜひ、語学学校に通いながら仕事のなかで、英語のスキルを伸ばしていってください。

カナダのビクトリアへ留学し、美しい街並みのなかでの滞在をぜひ実現させてくださいね。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...
まずは無料で留学カウンセリング
LINE@で留学相談してみる

無料留学カウンセリングを毎日行っております。

お気軽にご予約ください。

LINE@で留学相談してみる

その他ご不明な点は
お気軽にお問い合わせください

資料請求

メールフォームで問い合わせ

0120-501-946


お電話での受付時間は、11:00〜19:00 水曜定休

スマ留のお申し込みはこちらから

本申し込みはこちら