カナダのウィスラーは有名なリゾート!その基本情報から滞在費まで | スマ留

カナダのウィスラーは有名なリゾート!その基本情報から滞在費まで

カナダのウィスラーは有名なリゾート!その基本情報から滞在費まで

みなさんは、「ウィスラー」という都市をご存知でしょうか?ウィスラーはカナダのガリバルディ州立公園のなかにある「ウィスラー山」の近くにある山岳都市です。山が近いので自然が豊富で、広大な土地や降り積もる雪を利用したさまざまなイベントがおこなわれている「イベントの都市」ともいえます。

ウィスラーはカナダのなかではあまり知名度がなく、主要都市からも少し離れているため「行ったことがない」という方も多いかもしれません。そこでこの記事では、ウィスラーに関するさまざまな情報をまとめました。ウィスラーのことがよくわかる内容になっていますので、ぜひ参考にしてみてください。

1.カナダで有名なスキーリゾート「ウィスラー」の概要

ウィスラーは、カナダを代表するリゾート地です。山と自然に囲まれたウィスラーだからこそ、自然を活かした様々なイベントをおこなうことができるのでしょう。では、実際にウィスラーとは一体どんな都市なのでしょうか。

場所

ウィスラーは、カナダのバンクーバーの北側にある、ガリバルディ州立公園の近くにある山岳都市です。山脈があることから山を利用したアウトドアアクティビティや、冬に山に積もる雪を利用したスキーやスノーボードなどのウィンタースポーツが盛んにおこなわれています。

時差

ウィスラーは、カナダに5つあるタイムゾーンのなかでも「太平洋標準時」に属しています。そのため日本との時差が17時間あります。日本が朝7時だとすると、ウィスラーは前日の午後2時になるのです。ただし、ウィスラーはサマータイムを取り入れているため、サマータイムの期間中には1時間早まり16時間の時差になります。季節によって時差に違いがあるので、ウィスラーを訪れるときには時差を事前に確認しておくと混乱せずに済むのではないでしょうか。

治安

ウィスラーは、豊富な自然を利用したリゾート地としても知られています。そのため、多くの方がウィスラーを訪れますが、カナダのほかの都市部と比べて治安がいいといわれているのです。観光者向けの販売店や飲食店が立ち並ぶウィスラーは夜でも人の目があるので、犯罪抑止につながっているのかもしれません。

しかし、リゾート地に来る観光客をねらった犯罪が起きるおそれはあります。だからこそ、つねに防犯意識を高く持って行動することが大切です。

また、ウィスラーは山がすぐそばにある都市なので、熊などの野生動物が出没することもあります。動物に襲われるおそれもあるので、動物が行動しやすい夜にはあまり出歩かないようにしましょう。

2.ウィスラーの見所やおこなわれるイベント

ゾート地ということもあり、ウィスラーではさまざまなイベントが日常的におこなわれています。とくにスポーツに関するイベントや広大な土地を利用した音楽イベント、映画祭などが多く開催されているのです。

スポーツ関連のイベントだと、ランニング、バイク、スキー、スノーボードなどのレースが毎月開催されています。ウインタースポーツのイメージが強いウィスラーですが、1年を通して様々なスポーツ関連イベントが開催されているのです。自然に囲まれた最高の環境で、大好きなスポーツを思い切り満喫してみてはいかがでしょうか。

また、音楽イベントは、ある程度広い敷地と大きな音を出しても問題のない自然環境が必要なのでウィスラーはぴったりだといえるでしょう。ほかにも映画祭は年に2回ほどあり、こちらも人気です。ウィスラーがイベントごとに向いている環境を持った都市だということがわかります。

ウィスラーの見所やおこなわれるイベント

3.バンクーバーからバスが便利!ウィスラーへの交通手段について

ウィスラーへは、日本からの直行便がありません。そのため、最寄りの空港を降りた後に別の交通手段で向かう必要があります。日本から行くには、まずバンクーバー空港へ向かいましょう。

バンクーバー空港からウィスラーに向かうもっとも便利な交通手段はバスです。ウィスラーには「ウィスラーエキスプレス」というバスが運行しており、バンクーバー空港からウィスラーまで直行で行くことができます。わざわざ空港から別の場所に移動する必要がないので、手間がかからずおすすめです。

ウィスラーエキスプレスは、バンクーバー空港からウィスラーまでの所要時間が約2時間30分かかります。少し長い旅になりますので、何か暇つぶしになるようなものをあらかじめ用意しておくといいかもしれません。

バスだけでなく、リムジンをチャーターしたり水上飛行機を利用したりして行くこともできます。それぞれなかなか利用できない乗り物なので、体験してみることもいいでしょう。ただし、バスよりは料金が高くついてしまいますので注意が必要です。

4.実はそれほど寒くない?ウィスラーの気候について

ウィスラーは山岳都市ですし、冬には雪が多く降り積もるので寒いイメージがある方もいるでしょう。そのイメージは間違っておらず、基本的には日本よりは寒くウィスラーの年間の平均気温は日本よりかなり低めの8℃です。そのため寒さ対策はしっかりしておきましょう。

しかし、あくまでこれは日本と比べたら平均気温が低く見えるというだけで、冬場でも平均気温は-2℃~-3℃ほどと日本とそこまで大差はありません。まずウィスラーには日本と同じように四季があります。春~夏の時季は平均気温が10~15℃程度です。基本的に夏はとても過ごしやすいので、日本の暑さに慣れていると、日中が過ごしやすく感じるのではないでしょうか。

しかし、夏にはもちろん猛暑日になることもあります。猛暑日には日本のように30℃を越えることもあるので、ウィスラーに行くときには暑さ対策のために防止や冷感グッズを持参するといいでしょう。また、日焼けが心配な方は日焼け止めを持っていくことをおすすめします。

秋~冬にかけては、最高気温が13℃程度になります。寒いときには-2℃前後まで気温は下がるでしょう。スキーやスノーボードがしっかりと楽しめるくらいの雪が降るので、防寒対策はしっかりしておくことをおすすめします。

5.ウィスラーに滞在する際にかかる費用の目安はどれくらい?

ウィスラーはリゾート地のためか、バンクーバーなどの主要都市と物価はそこまで変わりません。そのためウィスラーで生活していくときにはしっかりと資金繰りの計画をおこなうことが大切です。

そこで、ウィスラーに1ヶ月滞在するにはいくらかかるのか調べてみました。

【ウィスラーでの滞在にかかる費用(1ヶ月)】
・滞在費 約5万円
・生活費 約10~20万円
・交通費・航空券代 約10~15万円
合計 約30万円~50万円 

交通費はバンクーバー空港からウィスラーへの移動費用を加算したものです。また滞在費、生活費はどこに住むのか、どんな生活をするかで変わってきます。工夫すればもっと値段をおさえることができるかもしれません。

ウィスラーに滞在する際にかかる費用の目安はどれくらい?

6.まとめ

「ウィスラー」は、カナダでも屈指のリゾート地です。その土地柄から、スポーツやエンターテインメントなどあらゆるイベントがおこなわれています。

ウィスラーは日本からの直行便がありません。そのためバンクーバー空港からバスなどに乗って向かう必要があります。バンクーバー空港からウィスラーに向かう、「ウィスラーエキスプレス」という直行バスがあるので、それを利用すると便利です。

ウインタースポーツで有名なウィスラーには、雪がよく降ります。しかし、寒さ自体はそこまで厳しいというわけではありません。もちろん冬には気温がマイナスになることもあるので、防寒対策はしっかりしておきましょう。

たくさんのアウトドアスポーツがウィスラーでは楽しめます。ウィスラーの特徴を知って、存分に滞在期間を満喫してくださいね。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...

都市と自然が絶妙に調和した国「カナダ」

世界2番目の国土を誇る広大な大地と雄大な自然が特徴のカナダは、都市ごとに雰囲気や気候が異なり、冬にウィンタースポーツが楽しめる都市があるなど四季折々の魅力が溢れています。 地理的・文化的にはアメリカに似ている部分も多いが、「旧英連邦国家」でフランス語も公用語としており、欧米2つの雰囲気を味わえることも魅力の一つ。 多民族国家で移民が多く協調性を大切にする温かい国民性から、異文化の様々なバックグラウンドを持つ人々が仲良く暮らす国としても有名。 留学生が受け入れられやすい環境や雰囲気があり、強いなまりもないニュートラルな英語を話すため、英語初心者も安心して留学することができます。

カナダ留学について
まずは無料で留学カウンセリング
LINE@で留学相談してみる

無料留学カウンセリングを毎日行っております。

お気軽にご予約ください。

LINE@で留学相談してみる

その他ご不明な点は
お気軽にお問い合わせください

資料請求

メールフォームで問い合わせ

0120-501-946


お電話での受付時間は、11:00〜19:00 水曜定休

スマ留のお申し込みはこちらから

本申し込みはこちら