アメリカのホームステイにはいくら必要?費用と節約のポイントをご紹介 | スマ留

アメリカのホームステイにはいくら必要?費用と節約のポイントをご紹介

アメリカのホームステイにはいくら必要?費用と節約のポイントをご紹介

ホームステイは、留学先での滞在方法でとてもメジャーであり、人気のあるものです。なぜなら、現地に実際に住んでいる人々と共同生活をし、深く交流をすることができるからです。これに加えて、語学力をつけることにつながったり、仲良くなったりできる可能性もあります。

この記事では、アメリカのホームステイに焦点を当て、どのぐらいの費用がかかるのか、注意したほうがいい点などをまとめました。留学前も、留学中もどちらでも役立つ内容になっていますので、ぜひ参考にしてみてください。

1.アメリカホームステイ費用の目安

アメリカの滞在方法には、さまざまな選択肢があります。そのなかでホームステイを選ぶにあたっては、やはり費用がどのぐらいかかるのかが重要な判断材料になってきます。まずは、アメリカのホームステイでの費用の目安をみていきましょう。

1カ月の留学費用の目安(ホームステイの場合)
・渡航費 約10万円
・生活費 約4万円~5万円
・滞在費 約15万円
・学費 約15万円

合計 約45万円

上の金額は、アメリカでホームステイした場合の金額です。ホームステイの場合、滞在費に食費や光熱費などの暮らしにかかわる生活費が含まれていることが多いです。生活費をおさえることができる一方、滞在費はほかの滞在方法より高くなる傾向にあります。

2.アメリカでの生活費の目安と節約法

ここでは、アメリカのホームステイでの生活費の目安と節約法について紹介します。ホームステイの場合、ほかの滞在方法に比べて生活費はおさえやすい傾向にあります。自炊をする場合や、外食をする場合よりは食費や光熱費をおさえやすいです。

・生活費の目安

食費:約5,000円~1万円
この金額は、すべての食事をホームステイ先で取り、お弁当もホームステイ先で用意してもらった場合のものです。いわば最低費用ともいえます。毎食は食事が出ないというホームステイ先もあるでしょうし、そもそも食事が出ないというホームステイ先もないとは言い切れません。ホームステイをする場合、食費に関しては事前に確認する必要がありそうです。

交通費:約3000円~1万円
交通費は、おもに滞在先から学校までのものや、観光地などに行く際にかかるものです。1カ月の定期券を購入したとしても、1万円ほどはかかってしまいます。

・節約法

生活費のなかでもっともおさえやすいのはやはり食費です。先にも紹介しましたが、毎食ホームステイ先で食事を取り、お弁当もホームステイ先で用意してもらえばあまりかからないでしょう。また交通費は、学校から近いホームステイ先を選ぶことで節約することができます。徒歩圏内の場所だと交通費がかからずに済みますね。

アメリカでの生活費の目安と節約法

3.はじめにルールを確認しよう!ホームステイ先での心構え

アメリカのホームステイは、基本的に初対面で国籍が異なる人同士が共同生活をすることが多いです。また、ホームステイは寮などとは違い、一般家庭に部屋を間借りして住まわせてもらうことになります。そのため、共通のルールを守り、節度のある行動を心がけることが必要となります。

ただ、ルールだからといって身構える必要はありません。なぜなら、そのほとんどが共同生活を円滑にするためのものだからです。みなさんの家庭にも家族のルールが少なからずあると思いますが、そのような類のものだと考えていればよいでしょう。

定められることの多いホームステイのルールには、掃除当番や食事の時間、テレビを見ていい時間などがあります。ホームステイ先のルールがあるかはまずホストファミリーなどに聞くなどして確認し、しっかりチェックし守ることでホストファミリーとの関係を円滑にすることができます。

4.ホームステイの認識が違う場合も。ステイ先の探し方と注意点

アメリカのホームステイでは、受け入れてくれるホストファミリーに事前に会って話をするということは少ないです。そのため、現地で初めて顔を合わせ共同生活を始めることになる場合がほとんどです。そのため、ホストファミリーがもっているホームステイの認識と、留学生が持っているホームステイの認識が違っている場合があります。

ホストファミリーにとっては、ホームステイはビジネス

留学生は、ホームステイを「異文化交流の場」「現地の人とコミュニケーションを取り、語学力向上をするための場」と考えている人が多いでしょう。それは正しい認識ですし、ホストファミリーもほとんどはホームステイにかんして留学生と共通の認識を持っています。

しかし、受け入れる側であるホストファミリーのなかには、あくまで「ビジネス」として割り切っている場合もあるかもしれません。

「ビジネスとしてお金を稼ぐため」という認識を持っているホストファミリーの場合、あまり留学生とコミュニケーションを取ってくれなかったり、一緒に出掛けたり食事を取ってくれなかったりなど、留学生とホストファミリー自身の生活を分けて考えてしまうこともあります。

探し方のコツ

事前にホストファミリーに会うのは難しい場合が多いですが、探し方のコツとして、「ホストファミリーとの事前のメールのやりとり」や、「事前の電話相談」を利用する方法があります。

この方法は、ホームステイ先を検索できるウェブサイトや、一部の留学エージェントがおこなっているサービスのひとつです。会うことはできなくても、メールや電話であればどのような人柄のホストファミリーなのかを判断する手助けになります。また事前に質問に答えてもらうこともでき、現地でどのような暮らしをしていくのかを想像しやすくなるでしょう。

5.まとめ

アメリカの留学には、さまざまな滞在方法があります。なかでもホームステイは、現地に実際に住む人々と共同生活ができることや、交流することで語学力をつけることにつながったり仲良くなったりできる可能性があるため人気です。

アメリカのホームステイでは、生活費をおさえやすい傾向にあります。なぜなら、ホームステイ先では食事が出ることが多いため、生活費が滞在費に含まれていることがほとんどだからです。

またホームステイは共同生活なので、ルールが定められている場合もあります。身構える必要はありませんが、ホストファミリーとの関係を円滑にするためにはしっかり守っていく必要があるでしょう。この記事で、ホームステイのことについて理解していただき、留学生活を楽しんでもらえたら幸いです。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...

言わずと知れた経済・ファッション・グルメ・エンタメなどあらゆる分野で世界をリードしている国「アメリカ」

日本の26倍の国土を誇るアメリカは、北はアラスカ、南はフロリダやハワイの50の州で形成されており、それぞれの地域で文化や気候が全く異なることが特徴。「人種のるつぼ」とよばれているように、各国の人々が様々な想いや背景を持って集まります。様々な分野で最先端を走るアメリカには、ビジネスチャンスも広がっており、語学留学だけでない様々な滞在スタイルが可能です。日本とは180度異なる文化・価値観・多様性を尊重する精神に触れ、英語を学ぶだけにとどまらない人間的成長や経験ができるのではないでしょうか。

アメリカ留学について
まずは無料で留学カウンセリング
LINE@で留学相談してみる

無料留学カウンセリングを毎日行っております。

お気軽にご予約ください。

LINE@で留学相談してみる

その他ご不明な点は
お気軽にお問い合わせください

資料請求

メールフォームで問い合わせ

0120-501-946


お電話での受付時間は、11:00〜19:00 水曜定休

スマ留のお申し込みはこちらから

本申し込みはこちら