留学の意味ってなに?一般的な留学の目的と決めておくことの重要性を解説 | スマ留

留学の意味ってなに?一般的な留学の目的と決めておくことの重要性を解説

留学の意味ってなに?一般的な留学の目的と決めておくことの重要性を解説

「留学をしてみたい!」と考えている人はたくさんいることでしょう。しかし、ただ留学をするというだけではあまり効果は得られないことも多いです。なぜなら、留学には「目的」
が必要だからです。

しかし、留学する目的といっても明確に決まっているという方は少ないのではないでしょうか。そこで、この記事では、留学する際の目的を決める理由や、目的の決め方を紹介します。留学に大きくかかわる重要なものなので、ぜひ参考にしてみてください。

1.代表的な留学の目的。英語力を身につける

留学の目的が、英語力を身につけることだという人はもっとも多いでしょう。英語を勉強している人は、留学をしてネイティブに近い英語力を身につけることが多いです。

日本で勉強しているだけでも英語力はある程度付きますが、現地でネイティブの会話を聞いて体に染み込ませることが、英語力をつけることにもっとも有効です。英語上達の1番の近道であるといえるのではないでしょうか。

英語は世界で会話人口の多い言語のひとつです。そのため、英語を習得すればコミュニケーションを取ることのできる人の数も増えるでしょう。英語を身につけたいという人が多いことにもうなずけますね。

代表的な留学の目的。英語力を身につける

2.海外で学んだ経験が役立つ。進学、就職のため

海外に留学した経験は、進学、就職などの未来の自分にも役立てていくことができます。なぜなら、留学は、誰でも気軽にできるものではないからです。留学で培った経験は、自分を評価してもらうための1つのアピールポイントになるでしょう。

進学では、留学経験を優遇してくれる場合があります。たとえば入学試験に面接をともなう場合、留学のエピソードを話すことで、「経験が豊富なんだ」「英語が得意で魅力的な生徒だ」と思ってもらいやすいでしょう。

また英語の学科などに進む場合は、留学をしていた生徒はある程度、英語力の基盤ができていると判断されやすいかもしれません。

就職では、履歴書に留学の経験を書くことができます。どんな職場でも、「英語ができる」ということは大きなアピールポイントになります。英語が必要な職場はもちろんのこと、一見英語が必要にならないような職場でも、もしかしたら外国人とのかかわりを持ったりすることもあるかもしれません。そんなとき英語で対応ができる人がいることは、職場にとっても助けになります。

留学の経験は自分の未来の手助けになるのです。こんなに自分にとってメリットがあるのなら、いますぐ留学したくなってきてしまいますね。留学の目的をしっかり設定し、留学を実りのあるものにしていきましょう。

海外で学んだ経験が役立つ。進学、就職のため

3.目的がなければ行動できない。目的をはっきりさせることの重要性

留学は、「ただすればいい」というわけではありません。ただ留学し、現地でなんの目的も持たず過ごしているだけでは時間もお金も無駄にしてしまいます。留学で必要なことは、「留学の目的をはっきりさせること」です。

「留学の目的をはっきりさせる」といわれても、どうしたらいいのかわからないという人も多いかもしれません。しかし、むずかしく考える必要は一切ないです。まずは、「なぜ留学をしたくなったのか」を考えてみましょう。

留学を思い立つまでには、かならずなにか理由があったはずです。たとえば「海外の文化に触れたい」「英語力をもっと高めたい」「ホームステイをして現地のホストファミリーと交流したい」などがあるでしょう。

それらの留学に思い立った理由を、「目的」に置き換えるといいかもしれません。「海外の文化に触れて、最終的に英語でこの国を説明できるまでになりたい」「英語力をもっと高めて、最終的には英語の先生と英語でネイティブ並みの会話がしたい」「ホームステイをして、最終的にはホームステイ先のホストファミリーと英語でメールがしたい」などが例です。

目的は小さなものでも、大きなものでもなんでもかまいません。まずはその目的を達成するために、現地でがんばってみましょう。ただ、目的はなるべく早く達成することを目標にしてみるともっといいです。1つめの目的を達成したら、また新たな目的を決めて今度はそれを達成できるようにすると、どんどん留学生活が充実していきますよ。

4.最適なスタイルを見極めよう。目的別留学の種類

ひとことに留学といっても、留学にもさまざまな種類があります。この留学の種類をしっかりと見極め、「今の自分や自分の留学の目的に合ったもの」を選ぶことが留学においてはとても大切になってきます。いくつか留学の種類と、目的によってふさわしい期間を紹介しますので、留学形態や期間を選ぶ目安にしてみてください。

長期留学

名前の通り、長期間滞在する留学形態のことを長期留学といいます。長期留学はおもに1年以上を指すことが多いです。長期留学は現地での滞在期間が長いため、「とにかく語学力を身につけたい」「少しでも現地の人と多く交流したい」など、時間が必要な方にはおすすめです。

「大は小を兼ねる」といいますが、長期留学は可能性が無限大でしょう。留学期間は長いに越したことはないので、余裕のある方は基本的に長期留学を選ぶべきです。

短期留学ワーキングホリデー

ワーキングホリデーは勉強をしながら現地で働くことができる留学形態のことです。ワーキングホリデーはお金を稼ぐことができるので、ある程度長く滞在しても出費をおさえることができます。

「長期留学ではお金の余裕がないけれど、短期留学では物足りない」という人にはおすすめです。「学校での勉強だけではなく、働きながら実践的な英語を身につけていきたい」という目的を持っている人にはおすすめです。

最適なスタイルを見極めよう。目的別留学の種類

5.まとめ

留学の目的でもっとも代表的なものは、「英語を身につける」ことでしょう。日本でもある程度英語力は身につきますが、留学することでネイティブの会話を聞き体に染み込ませることができます。

留学の経験は、自分の未来の手助けにもなります。進学や就職では自己アピールの1つになるでしょう。また経験だけではなく、英語力があるということは評価されやすく職場でも役立てていけるかもしれません。

留学では、目的をはっきりさせることがとても大切です。目的をはっきりさせないと、時間がただ過ぎてしまって時間もお金も無駄にしてしまうからです。目的をしっかりと決め、その目的に合った留学形態を選ぶといいかもしれません。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...
まずは無料で留学カウンセリング
LINE@で留学相談してみる

無料留学カウンセリングを毎日行っております。

お気軽にご予約ください。

LINE@で留学相談してみる

その他ご不明な点は
お気軽にお問い合わせください

資料ダウンロード

メールフォームで問い合わせ

0120-474-400


お電話での受付時間は、11:00〜19:00 水曜定休

「スマ留」サービス申し込み兼契約はこちらから

本申し込みはこちら