フィリピン留学では食事も重要ポイント!フィリピンの食事って? | スマ留

フィリピン留学では食事も重要ポイント!フィリピンの食事って?

フィリピン留学では食事も重要ポイント!フィリピンの食事って?

「フィリピン料理」というと、どんな料理を思い浮かべますか。フィリピンの食事は、アジアとスペインの影響を受けているので、そう考えるとイメージがわくのではないでしょうか。

この記事では、フィリピン料理の特徴や、有名な料理、そしてフィリピン留学でも食事が重要であることについて解説していきます。フィリピン留学を考えているかたに、ぜひ参考にしてもらいたい内容となっています。

1.フィリピンの食事ってどんなもの?食べるときの注意点

日本でフィリピン料理のレストランを見かけることは、あまり多くはありません。ここでは、日本人にとってあまりなじみがないフィリピンの食事の特徴を解説していきます。

アジア料理とスペイン料理の影響

フィリピンは東南アジアに位置していて、中国やタイ・ベトナムにも地理的に近い国です。そのため、主食は米で、調味料にしょう油が使われることも多くあります。

いっぽうスペインからの影響はというと、豚肉を使う料理が多い点です。フィリピンはスペインに統治されていた時代があったため、アジアの国であるにもかかわらずスペイン料理の影響を強く受けているのです。

フィリピン料理で使われる食材

フィリピン料理では、豚肉を中心として肉と、フィリピン近海でとれる魚介類がたくさん使用されます。そのため、たんぱく質が豊富で栄養価が高いといえます。

肉料理に豚肉が使われる1つの理由として、フィリピンはスペイン統治の影響でキリスト教徒が多く、豚肉がタブーとされるイスラム教徒が少ないということもあるそうです。

栄養バランスについてですが、フィリピン料理にはあまり野菜が入っていません。フィリピン滞在中には、野菜不足や高カロリー食事にならないようにバランスよく食事をとることをおすすめします。

フィリピンで食事をするときの注意点

フィリピンで食事をする際に注意していただきたいのが、衛生面です。フィリピンでは値段が安くて手軽さが魅力な屋台で食事することが多いかもしれません。フィリピンの屋台のなかには、衛生面の管理について日本とちがうマナーや考えをもつお店もあるようなので、そのことを頭に置いておくといいかもしれません。

また、フィリピンは屋台だけでなくレストランでも注意することがあります。それは、レストランで出される水や氷に水道水が使われていることがある点です。フィリピンの水は日本ほど安全性が高くありません。フィリピンでは販売されているミネラルウォーターを飲むようにして、飲食店でドリンクをオーダーするときには、氷を無しにしてもらうと安心です。

フィリピンで食事をするときの注意点

2.フィリピンの代表料理

フィリピンの伝統的な料理はたくさんありますが、ここではレストランや屋台などでよく売られている料理を3つご紹介します。フィリピンの食事の味になれていないかたにも、食べやすそうなものを選びました。

トロン

トロンは、バナナを春巻きの皮でつつんで油で揚げた料理です。フィリピンでとれる食材として有名なフィリピンバナナを使用しています。バナナは甘いので、パイのようなスイーツ感覚の料理だそうです。

ルンピア

ルンピアは、豚肉や野菜を春巻きの皮でつつんで、油でカリっと揚げる料理です。フィリピン風春巻き、というと分かりやすいかもしれません。家庭ではもちろん、屋台で売られていることも多いそうで、気軽に食べられるファーストフードです。

クリスピーパタ

クリスピーパタは、豚肉のから揚げです。から揚げというと鶏肉のイメージがありますが、このクリスピーパタは鶏肉のから揚げよりさらにジューシーです。油が多くて味が濃いので、途中でしょう油やチリソースなどをつけて味を変えてみるのもよさそうです。

3.フィリピンの語学学校選びは食事も大切!

フィリピンに留学を考えているかたに知っておいてもらいたい重要なことがあります。それは、「学校の食事がおいしいか」というポイントです。その理由をこれから解説していきます。

フィリピンの語学学校は食事つきが多い

欧米やオーストラリアなどの語学学校とはちがい、フィリピン留学の語学学校では食事付きのところが多いそうです。自炊したり外に食べにいく必要がないので、そのぶん勉強や学校生活に集中できるのがメリットです。毎日の食事だからこそ、フィリピン留学で学校の食事がおいしいかどうかは、とても重要な問題なのです。

語学学校の食事って?

フィリピンの語学学校が食事付きの場合、どんな料理がでるのか気になりますよね。基本的にはフィリピンなのでフィリピン料理だそうですが、日本人が多い学校では日本食に力をいれている学校もあるそうです。学校の食事には学校の特色が強く表れているようです。

心配なかたは、ビュッフェ形式がおすすめ

食事付きの語学学校で「フィリピンの食事が口に合わないかも」、と心配なかたは、食事がビュッフェ形式の学校を探してみるといいでしょう。苦手なものはさけて、食べられるものを食べればいいので、食事のストレスを回避できます。

フィリピンの語学学校選びは食事も大切!

4.どうしても食事が合わなかったら…

フィリピン留学では、「留学先の学校で食べる食事がどうしても美味しく感じられない」というかたもやはりいるそうです。そんなときの対処法を2つご紹介します。

食事なしプランに変更できるか相談してみる

留学手続きの際に食事付きプランにしているかたも、学校によっては途中で食事なしのプランに変更できるケースがあるかもしれません。学校のサポートセンターや、留学エージェントを利用しているかたはエージェントを通してでも相談してみるといいでしょう。

フィリピンで日本食を探す

フィリピンの食事事情ですが、フィリピンにはフィリピン料理だけでなく、日本食や中華料理、韓国料理などさまざまな国籍のレストランがあります。「海外にいるのに日本食を食べるのはもったいない」と考えるかたもいるかもしれませんが、食べなれた味は満足感がありますし、気持ちをいやしてくれるでしょう。

日本食レストランでの食事でお金がきになるかたは、フィリピンのアジアマーケット(スーパーマーケット)で日本のインスタント食品を探してみましょう。ラーメンやレトルト食品などが見つかるかもしれません。また、日本食の調味料を買って、フィリピンの食材を和風に調理してみてもいいでしょう。

どうしても食事が合わなかったら…

5.まとめ

フィリピンの食事は、他のアジアの国と同じように、米が主食で調味料にしょう油が使われることがあります。またスペイン統治時代の背景もあり、豚肉をたくさん使うスペイン料理の影響も受けています。

フィリピン料理を食べる際に、特に屋台では衛生面に注意が必要です。また、水道水も飲料水として使わないほうがよく、ミネラルウォーターを飲むようにし、レストランのドリンクでは氷なしにしてもらうといいでしょう。

フィリピンに留学を考えているかたは、食事付きの語学学校が多いため、どんな食事が出されているか調べることをおすすめします。もし現地の食事がどうしても合わない場合には、フィリピンにある日本食レストランや、スーパーで日本のインスタント食品を探してみるといいでしょう。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...

日本から1番近い英語留学ができる国「フィリピン」

大小7100以上の島々からなる東南アジアの島国フィリピンは、島ごとにも特徴が異なります。国全体に美しいビーチリゾートが散在しており、高級リゾートから自然の美しさを生かしたトロピカルな雰囲気漂うリゾートまで様々。フィリピンは熱帯性気候のため、1年を通して暖かく、マリンスポーツなどリゾート気分を味わえるのも魅力の一つ。日本からも4時間の距離にありながら世界第3位の英語使用国のため、比較的気軽にリーズナブルに語学留学を学ぶことができます。

フィリピン留学について
まずは無料で留学カウンセリング
LINE@で留学相談してみる

無料留学カウンセリングを毎日行っております。

お気軽にご予約ください。

LINE@で留学相談してみる

その他ご不明な点は
お気軽にお問い合わせください

資料ダウンロード

メールフォームで問い合わせ

0120-474-400


お電話での受付時間は、11:00〜19:00 水曜定休

「スマ留」サービス申し込み兼契約はこちらから

本申し込みはこちら