日本と違うオーストラリアのコンセント!注意が必要な電化製品は? | スマ留

日本と違うオーストラリアのコンセント!注意が必要な電化製品は?

日本と違うオーストラリアのコンセント!注意が必要な電化製品は?

海外留学する際に確認しなければいけないことの1つに、コンセントのことがあるのではないでしょうか。電化製品は充電、もしくはコンセントに挿さないと使うことができませんよね。オーストラリアのコンセント事情はどんなものになっているのでしょうか?

今回のこのコラムでは、コンセントはもちろんのこと、変圧器、電化製品など海外留学の際の電気にかかわる知識について紹介します。事前に準備しなければならないこともあるので 、留学前にしっかりと準備し、現地で焦ってしまわないようにしましょう。

1.オーストラリアで「コンセント」と言っても通じない?

「コンセント」は、英語でも同じ単語だと思っている方も多いでしょう。しかし、コンセントという単語は英語では意味が違い、「同意する」「承諾する」という意味になってしまいます。 「コンセント」は和製英語で、日本でしか通じないものなのです。オーストラリアをはじめとして海外でコンセントのことは「outletアウトレット」、「plugプラグ」、もしくは「socketソケット」というので覚えておきましょう。

以上のことから、英語圏で「コンセント」と言ってしまうと、海外で使うと現地の人々を困らせてしまうことにもなりかねませんので、注意してくださいね。オーストラリアでもコンセントの場所を聞くなど、現地で意外と使う単語なので頭の片隅に残しておきましょう。

オーストラリアで「コンセント」と言っても通じない?

2.オーストラリアのコンセントは電圧が高い!注意が必要な電化製品

オーストラリアの電圧は220ボルト~240ボルトです。電圧が高いということは、コンセントにプラグを挿した際に流れる電流が高いということです。電化製品にはそれぞれ対応した電圧があります。これを超えた電圧を持つコンセントに挿してしまうと故障してしまうこともあるのです。

日本の電圧は100ボルトなので、オーストラリアの電圧に対応しない電化製品もあります。そのままオーストラリアのコンセントに挿してしまうと、電圧の差から不具合が生じることもあるでしょう。最悪の場合発火しけがや災害のもととなったりしますので、絶対に使用しないでください。

とくに日本製のドライヤーやヘアアイロンなどは、100ボルトにしか対応していないことが多いです。そのため、ドライヤーやヘアアイロンを持って行く際は、対応している変圧器を持って行きましょう。また、海外でも使用できる電圧設定のあるドライヤーなどもありますので、そちらを購入するのもいいです。

3.日本とは形が違う!オーストラリアのコンセントの差込口について

オーストラリアのコンセントの差込口は日本とは違います。まずプラグを挿す穴が3つ空いています。1番下の穴は使わなくても電気が供給するためあまり気にしなくてもいいでしょう。メインで使う上2つの穴の配置は日本が縦に平行に並んでいるのに対し、オーストラリアはちょうどハの字型に並んでいます。

このため日本で使っている電化製品は、そのままでは挿しこむことができません。変換プラグを購入しておくようにしましょう。

4.オーストラリア渡航時に必要な変換プラグ・変圧器の選び方

変換プラグや変圧器の必要性はおわかりいただけたと思います。では、どういった選び方をすればいいのでしょうか?

・変換プラグ
変換プラグは利便性に特化したものを選びましょう。変換プラグにも種類があり、ある国の形状にのみ対応したもの、または1つでさまざまな国の形状に対応しているものもあります。

留学ではある1つの国を選んでも、近くの別の国に足を運ぶこともあるでしょう。また留学だけではなく海外旅行などであらゆる国に行く機会もあるかもしれません。そのため、さまざまな国で使うことのできるマルチタイプがおすすめです。

・変圧器
変圧器は、オーストラリアのコンセントの電圧に対応したものを選びましょう。また変圧器の性能自体にも、さまざまな種類があります。電圧が高い国には「アップトランス」という高い電圧の変圧器、電圧の低い国には「ダウントラスト」という低い電圧の変圧器がそれぞれ対応していますので覚えておきましょう。

また、各国で共通して使える「マルチトランス」という変圧器も存在します。国に合わせていくつも変圧器を買うのも少し手間なので、このマルチトラストを買うことはおすすめできるかもしれません。

5.まとめ

オーストラリアをはじめ、海外では「コンセント」という言葉は通じません。この言葉は英語ではなく和製英語だからです。海外でコンセントと言いたい場合は、「アウトレット」や「プラグ」を用いましょう。

オーストラリアの電圧は日本とは違います。電化製品はそれぞれ対応した電圧があり、それ以上の電圧のコンセントに挿してしまうと故障や事故の原因になってしまいますので、変圧器を用いましょう。

また、オーストラリアはコンセントの差込口も日本とは異なっています。そのため日本の電化製品はそのまま挿しこむことができません。変換プラグを必ず用意しましょう。

壮大な自然と近代都市。留学生に優しい国「オーストラリア」

海外渡航経験の少ない方にも自信を持っておすすめできるのが、気さくでフレンドリーな人柄が魅力のオーストラリア。多文化・多民族国家であるゆえ、馴染みやすく、何度も訪れたくなる心地よさがあります。期間や渡航スタイルの選択肢が広く、短期留学やワーキングホリデーなど自分に合った形を選ぶことができるのもメリットです。

オーストラリア留学について

無料個別・団体相談を毎日行っております。

お気軽にご予約ください。

その他ご不明な点は
お気軽にお問い合わせください

LINEで問い合わせ

メールフォームで問い合わせ

0120-501-946


お電話での受付時間は、11:00〜19:00 水曜定休

スマ留のお申し込みはこちらから

本申し込みはこちら