海外留学・格安留学ならスマ留

こんなに安いの?!マレーシア留学の費用相場と安く抑えるコツ

こんなに安いの?!マレーシア留学の費用相場と安く抑えるコツ

「留学したいけど費用が高くて難しい……」という理由で留学することをためらっていませんか?そんな方におすすめしたい国がマレーシアです。マレーシア留学の費用は欧米と比べるととても安いのです。

今回はマレーシア留学の費用が安い理由と費用を抑える方法を紹介します。「費用を安くして留学したい!」「留学前にマレーシアについて知りたい!」という方はぜひ読んでみてください。

1.マレーシア留学はとにかく費用が安い!

マレーシアは東南アジアに位置する国で、首都はクアラルンプールです。人口は約3,000万人、面積は日本と同じくらいの大きさです。また、マレーシアの公用語はマレーシア語と英語と中国語です。

民族はマレー系の割合が多く、次いで中国系、インド系が割合を占めています。宗教はイスラム教だけでなく、仏教、儒教、ヒンドゥー教、キリスト教などを信仰している人も多いです。そのため、マレーシアはさまざまな価値観を持った人々で形成されています。

そして、マレーシアは熱帯雨林気候に属しているため、年間を通して暑く、雨季と乾季に分かれています。年間を通して雨が降ることが多いです。

そんなマレーシア留学の費用は比較的安いといわれています。オーストラリアやイギリスと比べても半分以下の費用で留学できる場合が多いです。

マレーシア留学の費用が安い理由として挙げられるのが、物価の安さです。地元で栽培している野菜や果物はかなり安く購入することができます。

マレーシア留学はとにかく費用が安い!

2.安いだけじゃない!マレーシア留学の魅力

マレーシア留学は安いだけではない魅力があります。ここでは、マレーシア留学のメリットを紹介します。

・多言語

マレーシアは多言語の国です。そのため、英語だけではなくほかの言語にも触れることができます。学校によっては英語だけでなく、マレーシア語や中国語の授業もあるため、複数の言語に触れたいという方にはおすすめです。

・欧米の大学に編入することができる

マレーシアの私立学校の多くは、欧米やオーストラリアの大学と提携しています。たとえば、最初はマレーシアの私立大学に入学し、残りの期間は欧米の大学に編入して卒業することもできます。

そうすると、最初から欧米の大学に入学して卒業するよりも、費用を節約することができます。

・住みやすい

マレーシアは住みやすい国といわれてします。とくに首都のクアラルンプールは多くの高層ビルが建っていて、経済的にも発展しています。公共交通機関も発達しているので、住みやすい環境といえるでしょう。公共交通機関の利用料金も安いです。

3.マレーシア留学の費用相場と内訳

マレーシア留学の費用は安いですが、どのくらいの費用がかかるのでしょうか。留学にかかる費用の内訳を紹介します。

・パスポート代
・入学金
・学費
・生活費
・渡航費
・海外旅行保険
・その他

マレーシア留学の相場費用は1ヵ月25万ほどで、日本に出発する前にかかる費用は20万円ほどといわれています。この費用はあくまでも相場のため、値段は前後することもあります。

通う学校によっても費用は変わってくるでしょう。語学学校は比較的安いですが、大学に進学するとそのぶん費用はかかります。ご自身が入学する学校の費用をしっかり確認することをオススメします。

他にも、為替の変動によっても多少変化するため、マレーシア留学をすると決めたときから為替の動きをこまめにチェックしておくとよいでしょう。

マレーシア留学の費用相場と内訳

4.マレーシア留学費用を抑えるコツ

マレーシア留学の費用はもともと安い傾向がありますが、さらに費用を抑える方法を紹介します。

・割引を活用する

学校に通うのであれば、学割が適応されます。観光地やレストランで学割が使える場所があるので確認しましょう。

また、語学学校であれば、まとめて申し込みをすると、授業料が割引になることもあります。語学学校の費用を調べるときに確認しましょう。

・奨学金制度

奨学金には、給付型と貸与型の2種類があります。給付型は全額返済不要で、貸与型は無利子と有利子の2種類に分けられます。

また、日本の学生支援機構や留学生を支援している各自治体などから奨学金を受け取ることができる場合もあります。日本だけでなく、マレーシアの大学にも奨学金制度を受けられるところもあるため、一度確認してみるとよいでしょう。

奨学金を受けるためには審査があり、条件を満たさないと奨学金を受け取ることができないので注意してください。

・インターンシップ

インターンシップとは、海外の企業で一定の期間働くことです。インターシップであれば、学校に通う必要がないので学費を削減することができます。そのため、マレーシア留学を格安ですることができます。

マレーシアはIT企業が多く、成長がいちじるしいです。そのため、英語力を上げるだけでなく、外資系に興味があるという方にはインターンシップが向いているでしょう。

また、インターシップには有給と無給のタイプがあります。無給のインターンシップは職業体験の意味合いもあるので、ある程度の英語力がなくても採用してくれる企業はあるようです。しかし、単純な作業しか任されない場合が多いでしょう。

有給のインターシップは英語力が必要です。英語力を証明するだけでなく、数年間の就労経験が必要になります。そのため、採用されるのは難しいようです。

インターンシップで留学する際には英語の勉強が必要です。日本にいる間に英語の勉強をしっかりしておくとよいでしょう。

5.まとめ

マレーシアは物価が安いため、留学費用が安いです。欧米と比べても半分以下の費用で留学することができます。

マレーシアはマレーシア語、英語、中国語が公用語なので、英語だけでなく他の言語に触れてみたいという方は向いているでしょう。

マレーシア留学の費用をさらに抑えるためには、奨学金制度を利用する方法がありますが、条件があるので注意が必要です。英語力に自信があれば、インターシップで留学してもよいでしょう。

抜群のステイ環境!安心リーズナブルに多国籍交流・英語留学ができる国「マレーシア」

ロングステイ人気No.1のマレーシア。主に3つの民族が混在する多民族国家ですが、互いに尊重する国民性、東南アジアの中でも経済的にも豊かであることから治安も穏やかです。多民族文化らしく、外食でも様々な国の料理をリーズナブルに味わうことができるのも魅力の一つ。東南アジアの中心に位置するため、多くの国からのアクセスが良好で、様々な国から留学生や移民が集まっています。そのような土地柄のため、共通言語としての英語の能力はトップレベルで語学留学にも最適な環境。リーズナブルかつ住みやすい環境で、国際的な感覚を養うことができます。

マレーシア留学について

無料個別・団体相談を毎日行っております。

お気軽にご予約ください。

その他ご不明な点は
お気軽にお問い合わせください

LINEで問い合わせ

メールフォームで問い合わせ

0120-501-946


お電話での受付時間は、11:00〜19:00 水曜定休

スマ留のお申し込みはこちらから

本申し込みはこちら