サンフランシスコ留学の費用や街を徹底紹介!留学前には要チェック! | スマ留

サンフランシスコ留学の費用や街を徹底紹介!留学前には要チェック!

サンフランシスコ留学の費用や街を徹底紹介!留学前には要チェック!

アメリカの留学先のなかでも人気の街、サンフランシスコ。アメリカ西海岸にある大都市で気候も温暖、治安もよいことから数多くの留学生に選ばれています。

この記事では、街の魅力やサンフランシスコ留学の費用をおさえる方法について紹介しています。サンフランシスコへの留学は格安とはいえないかもしれませんが、それでも留学費用を安くおさえる方法は存在します。

それでは、アメリカでも人気の街、サンフランシスコの魅力からまずは掘りさげていきましょう!

1.サンフランシスコはどんな町?

サンフランシスコは、アメリカ西海岸を代表する大都市のひとつで、日本でも有名な街です。サンフランシスコには移民が多く、エリアごとに異なる人や、文化の多様性に触れることができるのも魅力のひとつです。

またサンフランシスコは、美食の多い「グルメタウン」としても有名で、各国のさまざまな料理を食べることができるレストランが豊富です。そのため、アメリカ全土のうち最も訪れたい観光地として常に上位にはいっている街でもあります。

サンフランシスコの街は都会的な部分もある一方で、自然が豊かな場所もあり、気候も年間を通して大きな変化がありません。そのため、年間を通して過ごしやすい街といえます。夏の朝夕には霧が多く、「霧の街」として呼ばれることもありますが、アメリカのなかでも人気の街です。

サンフランシスコ留学の費用にも影響する物価は、留学生にとって気になるところですね。サンフランシスコはニューヨークに次いで、物価の高さが第2位といわれています。物価が高めでも人気なのは、治安がよく気候が温暖というサンフランシスコの魅力が勝るからでしょう。

サンフランシスコはどんな町?

2..注意が必要な地域もある

前章では、サンフランシスコの魅力やサンフランシスコ留学の費用に大きく関係する物価について述べてきました。サンフランシスコは、アメリカのなかでもトップ10にはいるほど治安のよい街といわれています。アメリカでも比較的安全な街ですが、なかには治安の悪いエリアもあります。ここではサンフランシスコのなかでも、とくに注意したい地域をご紹介していきます。

テンダーロイン

テンダーロインは、日中でも人どおりが少なく、サンフランシスコのなかでもとくに注意する必要のある地域です。テンダーロインには絶対に行かないようにしてください。この地域にはホームレスや犯罪者も多く、なかにはドラッグの売買が行われているような場所もあります。興味本位であっても、行くのは絶対に控えましょう。

ミッション地区

ミッション地区は今では人気の観光地ですが、数年前までは発砲事件などもあった地域です。とくに、夜の時間帯には立ち入らないようにしましょう。

ソーマ

ソーマは銃撃事件などが多発していた地域で、車での移動が推奨されています。以前よりは改善されているようですが、危険なことが起こる可能性もあるため出入りは控えましょう。

留学中はトラブルになることは控えたいものです。そのためには、自分から危険といわれる場所には近づかないようにしましょう。

3.滞在費用を抑えるためには

アメリカは留学先としてポピュラーですが、物価は決して安い国ではありません。ここでは、サンフランシスコに留学する費用のなかでも、大きな割合を占める滞在費用をおさえる方法について解説していきます。

留学先として真っ先に思い浮かぶ滞在先は、ホームステイではないでしょうか?一般的には、アメリカのホームステイの1か月の費用は12~15万円ほどといわれています。ちなみに、この金額には食事も含まれていることも多いため、これが高いか安いかの判断はわかれるところです。

しかし、たとえば1人部屋の寮の場合だと、1か月に25万円ほどかかる場所もあるため、ホームステイは安く滞在する方法ではあるといえます。

一方で、滞在費用をさらに安くおさえる方法もあります。それは現地でアパートを借りることです。アメリカでは一人暮らしの物件は多くなく、あっても高額なため、探す物件は数人で住むシェアハウスになります。

シェアハウスであれば、1か月に8~10万円ほどの家賃で住むことができるため、ホームステイに比べて費用は安く、英語で話す友達も探せるためメリットが大きいといえます。サンフランシスコの留学を格安にするために、滞在先を検討してみるのもよいでしょう。

滞在費用を抑えるためには

4.留学する時期によっては格安になる?

サンフランシスコへの留学費用は格安とはいわれていませんが、それでも留学費用を安くおさえる方法はいくつかあります。先に述べたように、滞在先を安いところに変えるのもひとつの手ですが、ほかには留学する時期を検討するという方法もあります。

語学学校には、一定の期間をまとめて申し込むことで、割引になる制度が用意されているところもあります。その仕組みは学校によっても異なりますが、一般的には3か月以上の期間で適用されるケースが多いようです。

学校によっては、早めに申し込むと割引が受けられることもあったりします。飛行機の航空券やツアーなど、早く予約すると安くなる仕組みは身近ですよね。同じように学校でも、早割やキャンペーンは狙い目です。サンフランシスコの留学費用をおさえるために、早めの準備を検討してみるのもいいですね。

5.まとめ

サンフランシスコ留学や費用についてこれまでまとめてきましたが、いかがでしたでしょうか?サンフランシスコはアメリカのなかでも気候が温暖で過ごしやすく、治安もよいエリアです。留学先として人気の場所なのもわかりますね。

しかし、そのなかでも治安の良くない地域もありますから注意も必要です。また、留学費用をおさえるためには滞在する方法を考えるのも有効でした。学校に申し込みをする際には、早めに申しこんだり、キャンペーンを利用することで学費を節約することも可能です。

サンフランシスコは素敵な街です。留学先として選べば、貴重で楽しい経験ができるでしょう。この記事がその手助けになれば幸いです。

言わずと知れた経済・ファッション・グルメ・エンタメなどあらゆる分野で世界をリードしている国「アメリカ」

日本の26倍の国土を誇るアメリカは、北はアラスカ、南はフロリダやハワイの50の州で形成されており、それぞれの地域で文化や気候が全く異なることが特徴。「人種のるつぼ」とよばれているように、各国の人々が様々な想いや背景を持って集まります。様々な分野で最先端を走るアメリカには、ビジネスチャンスも広がっており、語学留学だけでない様々な滞在スタイルが可能です。日本とは180度異なる文化・価値観・多様性を尊重する精神に触れ、英語を学ぶだけにとどまらない人間的成長や経験ができるのではないでしょうか。

アメリカ留学について

無料個別・団体相談を毎日行っております。

お気軽にご予約ください。

その他ご不明な点は
お気軽にお問い合わせください

LINEで問い合わせ

メールフォームで問い合わせ

0120-501-946


お電話での受付時間は、11:00〜19:00 水曜定休

スマ留のお申し込みはこちらから

本申し込みはこちら