費用が知りたい!ハワイの語学留学費用はいくら必要か | スマ留

費用が知りたい!ハワイの語学留学費用はいくら必要か

費用が知りたい!ハワイの語学留学費用はいくら必要か

語学留学をする醍醐味は、同じ志を持って集まったさまざまな人たちと外国語を学び、実生活で使うことによって、実生活で使える生きた外国語が身につくことです。

一方で、治安の悪さや急な病気のときの対応など、日本との違いを不安に思うことも多いでしょう。こうした海外生活の不安を、それほど感じずに済む留学先がハワイです。人気の観光地でもあるハワイは、語学留学で訪れる日本人も多く、日本語が通じる店や医療機関もあります。

この記事では、ハワイの語学留学にかかる費用について、申請手続きから滞在中にいたるまでを詳しく説明していきます。

憧れのハワイで語学留学!

ハワイは他の地域と比べると比較的治安が良く、気候や食べ物の面で不便を感じることも少ない傾向です。日本語が通じる病院もあり、はじめて海外を訪れる人も安心して過ごせます。特にワイキキを要するオアフ島は日本人観光客が多いため、日本人を対象にしたレストランや病院もあります。

島によって日本語が通じる環境に差はありますが、海外滞在経験がなかったり、留学に不安があったりする場合は、生活面での不安が少ないハワイを選ぶとよいでしょう。

「南の島」「常夏」という印象が強いハワイですが、平均気温を比較してみると7~9月の気温は日本のほうが高いことが分かります。日本の夏との大きな違いは湿度の低さで、まとわりつくような暑さはなく、過ごしやすいのが魅力です。5~10月は乾季、11~4月は雨季に大きく分かれていますが、雨が降ったとしてもにわか雨程度で、雨季だからといって豪雨が降るわけではありません。1年を通じて24~30度と平均して暖かく、冬でも海で泳げるほどです。

ハワイは複数の島で構成されていますが、それぞれの島の地形により多少気候は異なります。オアフ島や、マウイ島の主要都市部は雨が少なく、ハワイ最大の島であるハワイ島は、高い山の影響で主要都市部も雨が多いといった風です。いずれの島も、渓谷や山間部に行けば雨や寒さをしのぐ装備が必要ですが、日常生活を送るうえでは夏の服装で1年中過ごすことができます。

生活面で最も気になるのは食事かもしれません。ハワイでは、原住民と移民の文化が混じり合い、独自の進化を遂げたハワイアンフードを楽しむことができます。ブームを巻き起こした「パンケーキ」をはじめ、コーヒーやロコモコなどを提供するハワイの有名店が日本にも進出しているため、親しみも湧きやすいのではないでしょうか。

現地では、ごはんやおかずが1つのプレートに豪快に盛り付けられたプレートランチや、南国ならではのトロピカルフルーツなど、手軽でおいしいハワイ名物がたくさんあります。どうしても日本の味が恋しくなったときには、お惣菜やおにぎり、巻き寿司やおいなりさんなども手軽に購入可能です。留学中に自炊をする機会があるときは、ハワイのオーガニックフードを試してみるのも良いかもしれません。多くのオーガニックファームが存在し、気軽に手に入れることができます。

いくら必要?ハワイ留学の費用

良いことばかりのように思えるハワイ留学ですが、気になるのは実際に必要な費用ではないでしょうか。留学にかかる費用として、学費のほかに、居住費、生活費、往復の渡航費などを見込んでおかなければなりません。休暇を利用して語学留学をする人も多いため、ハワイの語学学校では1週間程度の短期留学から1年間にわたる長期留学まで、さまざまなコースが用意されています。

必要な学費は学校によって異なり、1カ月程度の語学留学なら6万~15万円かかる傾向です。ハワイの語学留学の特徴として、勉強に重きを置いて真剣に取り組みたい人と、アクティビティを満喫し観光を兼ねて語学を学びたい人がいます。そのため、語学学校のカラーも通う学生によってさまざまです。

学費の安い語学学校は、遊びも満喫しながら学びたい人が多い傾向があるといわれています。学費を節約しようと金額を重視して学校を選ぶと、思い描いていたような成果が得られない可能性もあるので注意しましょう。

滞在方法としては、ホームステイ、ルームシェア、学生寮、ワンルームを借りるなどの形で住居を探す人が多い傾向です。海外生活に自信がない場合、留学当初はホストファミリーと生活を共にするホームステイが安心かもしれません。語学学校に寮があれば、寮生活も楽しそうです。同じ学校に通うさまざまな国の生徒たちとも交流でき、友達の輪も広がります。

ルームシェアという手段もありますが、住人との相性があるため、ハワイへの留学がはじめての場合や短期留学では避けたほうがよいでしょう。長期留学の場合、滞在期間が長くなり、ハワイでの生活に慣れてきてから検討してみてはどうでしょうか。ハワイといえばビーチのイメージが強いため、せっかくだから海の見える場所に住みたいと考える人も多いかもしれません。

しかし、こうした場所は観光地化されており、家賃も高く設定されています。語学留学で滞在する場合はこうした場所を避けたほうが無難です。

ホノルル以外の都市やオアフ島以外であれば居住費も安くなりますが、移動に車が必要であったり、通える語学学校の選択肢が狭まったりするなどの問題もあります。住みたい場所と居住費、生活のしやすさなどバランスを考えて、住む地域やスタイルを選択することが大切です。

毎日の食事や日用品の買い物など生活費も必要です。ハワイは物資を輸入に頼っている地域なので、アメリカ本土と比べて物価が高めだといわれています。

最後に忘れてはならないのが、往復の航空券代金です。日本からハワイへはLCCも就航していますが、食事などサービスに別途料金が必要で、運航日が限られているなど注意も必要でしょう。ハワイは人気の観光地ということもあり、繁忙期には料金が高めになります。

もし、出発時期を調整できるのであれば、長期休暇直後の2月、6月、9月が安く渡航できる傾向です。航空会社が行うセールなどをチェックしながら、なるべく早めに計画を立てることで渡航費を抑えることも可能です。これらの費用を合計すると、ハワイへの語学留学で必要な費用は1カ月で25万~50万円程度、3カ月で50万~150万円程度、6カ月で120万~200万円程度、1年で250万~400万円程度となります。

項目1.往復航空券費用


日本からハワイへは多くの直行便が就航しています。ホノルルへは、札幌、成田、羽田、中部、関西、福岡の6つの空港から向かうことができるため、人気の高さがうかがいしれるのではなないでしょうか。LCCは関西国際空港からのみ就航しています。

ハワイの語学留学は他の地域と比べると費用が高めです。できるだけ節約するためにできるだけ安い航空券の購入を考える人も多いでしょう。通常期であれば、航空費は入国税や燃油サーチャージ、空港使用料などの諸費用をプラスして往復20万~30万円程度と幅がある傾向です。

LCCの場合、往復3万円程度とかなり安くなります。一方で、年末年始やゴールデンウィーク、夏休み期間中、ホノルルマラソンなどイベントがある時期は航空券が高くなり、通常期の倍以上かかることも多い傾向です。LCCの場合も空席状況に応じて運賃が変動するため、一概に安いとはいえません。出発する曜日によっても価格は大きく異なります。週末を利用して旅行する人も多いため、出発日を月曜から水曜出発に設定するだけでも費用が下がるのです。できるだけ繁忙期は避け、出発曜日にも気を配ることで費用を安く抑えることができます。シーズンによって価格は異なってくるので、都度確認することが必要です。

航空会社のセールをチェックしキャンペーン価格になっている航空券を購入したり、発売開始と同時に早く航空券を購入したりすることでも価格を抑えることができるでしょう。しかし、ビザの発行前や、渡航後のスケジュールが立てられていない状態での購入は危険です。ほとんどの航空券は出発便の変更やキャンセルができません。出発日までにビザが発行されないなど渡航できなくなった場合には、新たに航空券を取り直さざるを得なくなり、「安物買いの銭失い」になってしまいます。

また、低価格の航空券には乗り継ぎが多いものや、不便な時間帯に出発、到着するものなどがあります。留学初日に慌てずに済むよう、価格だけでなく内容もしっかりチェックして心配のない行程を組むようにしましょう。インターネットで航空券を比較できる便利なサイトもありますが、旅行会社でもっと安い航空券を手に入れられるケースもあります。さまざまな方法を駆使して、ベストな航空券を手に入れましょう。

項目2.SEVIS申請費用

ハワイをはじめアメリカに留学する際に必ず登録しなければならないのが「SEVIS(セビス)」です。

「SEVIS」とは「Student and Exchange Visitors Information System」の略で、2001年のアメリカ同時多発テロ事件以降に強化されました。学生ビザで入国する留学生の情報をオンラインデータで共有することができ、アメリカ国土安全保障省が監視、観察の目的で使用しています。

実際には、ビザの管理をする「SEVP」と、アメリカ国務省によって運営されているシステムです。情報移民局、警察、入国審査局などにも共有され、テロを防いだり、不法移民を取り締まったりするためにも使われています。アメリカ国内における違法行為はデータベース上に残され、2度目のビザ申請や入国が拒否されることもあります。

ビザ申請時に支払い証明書を提出しなければならないため、申請前に登録、支払いを済ませておきましょう。インターネットで手続きを行い、クレジットカードや郵送で支払いをします。クレジットカードは、VISA、MASTER、AMERICANEXPRESSが使用できます。ハワイ生活ではクレジットカードで支払いをしたり、クレジットカードが身分証明書になったりする場面もあるため、持っていない人はこの機会に作っておくとよいでしょう。登録料はビザによって異なりますが、語学留学生が通常取るのはFビザで、料金は200ドル(約2万円程度)です。

ちなみに、留学するための学生ビザを発行できるのはSEVP認可校のみです。「自分の通う予定の学校が認可校かどうか」は最初に確認しておきましょう。学生ビザを使用して1つのプログラムに参加するための1回限りの登録費用です。そのため、ビザが失効した後、再びアメリカに行く場合や別のプログラムに参加する際には再びSEVISの支払いが必要になります。

項目3.ビザ申請費用

語学留学を目的としてハワイに入国する際には学生ビザが必要になります。学生ビザにはさまざまな種類がありますが、英語を学んだり、大学に通ったりするためには「F-1ビザ」を取得するのが一般的です。学生ビザを取得する際には、通う予定の語学学校などから入学許可証(I-20)を発行してもらい、ビザの申請手続きをする必要があります。

パスポート、銀行残高証明書、I-20、証明写真を用意し、インターネットで申請書類(DS-160)を作成しましょう。ビザ申請にはアメリカ大使館での面接が必要なので、その予約を行い、申請料金を支払います。

ビザの申請だけでなく、SEVISの登録にも必要なI-20は、発行後に郵送されてきます。パスポートを持っていない場合は申請が必要ですし、持っている人も有効期限が十分かどうかを確認しなければなりません。面接のための時間も必要なので、ギリギリのスケジュールで行動することは禁物です。

F-1ビザを取得しなければならないのは、週18時間以上語学学校で授業を受ける場合や、高校や大学で1学期に12単位以上を取得する場合です。滞在期間が90日以下で、授業時間数などが条件に当てはまらない場合は、観光旅行と同じようにビザを取得せずに入国することができます。ビザの申請料金は160ドル(約1万6,000円程度)です。I-20の発行の際に、200ドル程度の申し込み手数料がかかる場合も多いです。

項目4.海外保険費用


日本で生活をしていると、風邪や虫歯で病院に行くときに治療費について真剣に考えることは少ないかもしれません。これは、すべての国民が公的な医療保険に加入する「国民皆保険制度」のおかげです。実際にかかった医療費の30%程度の支払いで済むため、風邪程度の通院で支払えないほどの金額を請求されることはないでしょう。保険証を忘れて、一時的に全額支払わなければならなくなったときに、はじめて医療費の高さを実感した人もいるかもしれません。

ハワイは国民皆保険制度ではなく、民間保険が中心となっています。アメリカの中でも医療費が高い州で、初診料は1万~3万円程度すると考えておいたほうがよいでしょう。診察や検査などでも日本とは比較できない金額を請求されることがよくあり、入院、手術ともなれば請求額が1,000万円を超えることもあるといわれています。

こうした事態を防ぐためにも、海外旅行傷害保険に加入しておいたほうがよいでしょう。ハワイから日本へは飛行機で7時間かかり、航空券も安くはないため、簡単に帰国して通院することはできません。保険料は1年では30万円程度かかりますが、不測の事態で病院にかからなければならなくなったときに役立ちます。どのような症状に適用されるかもしっかりチェックして保険を選びましょう。

保険をかけていても通院しなくて済むのに越したことはありません。そのため、虫歯治療など事前に治療できるものに関しては渡航前に済ませておくようにしましょう。

項目5.学費

語学学校の1年間の授業料は、約70万~150万円だといわれています。ハワイの語学学校はオアフ島に集中しており、公立大学の英語コース、私立の英語学校など多くの学校がそれぞれの特色を打ち出しています。

低価格帯が売り、少人数制授業、日本人スタッフの有無、教師の質などにより、授業料に倍以上の差が生まれているのです。300人ほどが在籍している大きな学校から20人程度のアットホームな学校まで、規模もさまざまで、日本人の割合が100%のところもあれば、15%程度のところもあります。

オアフ島以外の島で語学留学をする際には、公立大学の英語コースに通うのが一般的です。キラウェア火山があるハワイ島や、イアオ渓谷、ハレアカラ国立公園など美しい自然で知られるマウイ島はオアフ島と比べて日本人観光客が少ないのが特徴になります。

しかし、こうした島の英語コースには日本人留学生が多い傾向があるので気をつけましょう。日本人が少ないからという理由でハワイ島やマウイ島を選んだものの、留学先は日本人ばかりだったという可能性も考えられます。

項目6.生活費

食費や交通費、遊興費まで含めた生活費も十分に用意しておきたいものです。ハワイは東京と比べると10~20%ほど物価が高いとされ、1年間の生活費は約70万~120万円かかるといわれています。

特に、オアフ島のワイキキ周辺はリゾート価格が設定されていることも多く、ローカルな店と比べると割高になっています。ハワイでの生活に慣れたら、地元の人が行くようなお店に足を運んでみると生活費を節約できるかもしれません。

オアフ島以外のマウイ島やハワイ島になると、さらに物価は上がります。なぜなら、輸送されてきた荷物はいったんオアフ島に運ばれ、そこからこれらの島に運ばれてくるからです。物価は、地方都市のほうが安いと思いがちですが、ハワイの場合は州都のあるオアフ島のほうが比較的物価が安い傾向です。

交通費は安く、一律2.5ドルで利用できるオアフ島のバス「TheBus」が便利です。都市部で生活すれば、公共の交通機関を利用できますが、地方にいくと車を持っていないと不便な場所もあります。こうした点も考慮して語学学校や住む場所を選ぶとよいでしょう。タクシーは初乗り3ドルで、日本と比べると低価格です。頻繁に乗ることはなくても、気軽に利用できるのはうれしいところです。

物価が高いといわれるハワイですが、日本でもおなじみの店と比べてみると、スターバックスのラテがトールサイズで3.7ドル、マクドナルドのセットが5.5ドル程度となっています。そのため、為替レートによっては日本より安く食べられる可能性もあるでしょう。ただし、ハワイでの生活で忘れてはならないのがチップです。カジュアルなレストランやタクシーでもチップは必要なので、思いのほか料金がかかると感じるかもしれません。

ハワイでは雄大な自然を楽しむ多くのアクティビティを体験できます。週末は積極的に出かけて、ハワイにいるからこそできる体験にお金を使いたいものです。生活費の予算を組むときには、節約にばかり気をとらわれず、趣味や遊びに費やすお金もしっかり確保しておくと、ハワイ留学がより楽しいものになります。

項目7.滞在費用


ハワイ留学の際の滞在費は、1年間で約60万~120万円ほどかかるとされています。滞在する地域や、滞在方法などによって費用は異なるのでしっかりと調べてから渡航するようにしましょう。ワンルームを借りて生活する場合、ワイキキなどの観光地では900~1,300ドル程度が相場だといわれています。目安として1ドルが110円だとするなら、9万9,000~14万3,000円程度が必要だということになります。

当然のことながら都市の中心部やビーチのそばの人気エリアになるほど高額になるため、長期間の留学になる際は無理なく住める地域を選ぶことも大切です。

語学留学の滞在先として定番のホームステイの場合、必要な居住費はワンルームと同程度です。この金額には食事代が含まれているため、食費分を節約することができます。一般の人がどのように暮らしているのか、習慣も含めて体験できる良い機会です。しかし、ホストファミリーのほとんどが共働きのため、何もかも頼りきりにならずに自分1人でやっていける力も必要でしょう。
語学学校や留学エージェントと契約しているホストファミリーは、英語が話せることが前提ですが、その人種はさまざまです。ハワイは移民が多いため、アジア系やポリネシア系のホストファミリー宅に滞在する可能性もおおいにあります。こうした点は知識として頭に入れておきましょう。

ホームステイの場合、都心部から離れた場所に住むホストファミリーも多く、語学学校に通うための移動時間もある程度必要だと考えておきましょう。短期留学者が増える長期休暇中はホームステイ費用が高くなる傾向があります。そのため、できればこの時期を避けて滞在するとよいでしょう。また、ホームステイ期間が長いほど価格が安くなる場合もあります。

ルームシェアで滞在する方法も人気です。募集はインターネットで見つけることができますが、契約などを自分で行う必要があり、初心者には敷居が高いかもしれません。ハワイ生活に慣れ、相場や土地勘が分かってから、じっくりと探してみてはどうでしょうか。同じ境遇の仲間と知り合いになれたり、悩みを相談し合えたりすることもルームシェアの良いところです。750~1,000ドル程度で探すことができ、ワンルームを借りるのと比べると費用を抑えることができます。

語学学校が用意してくれる寮は、コンドミニアムやアパートを借り上げていることが多い傾向です。学校へのアクセスが良いだけでなく、家具や家電など生活に必要なものがすべてついている点も魅力といえるでしょう。中には、プールやジムを利用できるところもあります。複数人でフロアをシェアすることが多く、ルームシェアに近いといえるでしょう。利用する人数が多いほど、家賃は安くなります。

留学費用をためて憧れのハワイで海外生活!

物価の高さや為替レートなどの事情もあり、ハワイへの語学留学費用は他の地域と比べて高めといえます。しかし、「ハワイへの語学留学は高い費用を支払ってでも行く価値がある」と多くの人が感じている傾向です。

妥協や節約が必要な場面もありますが、「学びたいこと」「体験したいこと」「安全に関するものには必要な経費をかけること」を押さえておくのも大切といえます。

限られた留学期間を有意義に過ごすためにも日本でしっかりと貯金をして、お金の心配がない状態で渡航しましょう。

 

言わずと知れた経済・ファッション・グルメ・エンタメなどあらゆる分野で世界をリードしている国「アメリカ」

日本の26倍の国土を誇るアメリカは、北はアラスカ、南はフロリダやハワイの50の州で形成されており、それぞれの地域で文化や気候が全く異なることが特徴。「人種のるつぼ」とよばれているように、各国の人々が様々な想いや背景を持って集まります。様々な分野で最先端を走るアメリカには、ビジネスチャンスも広がっており、語学留学だけでない様々な滞在スタイルが可能です。日本とは180度異なる文化・価値観・多様性を尊重する精神に触れ、英語を学ぶだけにとどまらない人間的成長や経験ができるのではないでしょうか。

アメリカ留学について

無料個別・団体相談を毎日行っております。

お気軽にご予約ください。

その他ご不明な点は
お気軽にお問い合わせください

LINEで問い合わせ

メールフォームで問い合わせ

0120-501-946


お電話での受付時間は、11:00〜19:00 水曜定休

スマ留のお申し込みはこちらから

本申し込みはこちら