オーストラリアの銀行口座開設ガイド!基礎から解説していきます | スマ留

オーストラリアの銀行口座開設ガイド!基礎から解説していきます

オーストラリアの銀行口座開設ガイド!基礎から解説していきます

オーストラリアワーホリでは、銀行口座を開設する必要があります。銀行口座を開設しないと給料の受け取りや家賃の支払いをすることができません。では、どのようにオーストラリアの銀行口座を開設すればよいのでしょう。

この記事では、オーストラリアの銀行口座が必要な場面や開設方法などについてご紹介していきます。また、キャッシュレスや留学・ワーホリエージェントのサポートについてもご説明していきます。

1.ワーホリでは必須!オーストラリアの銀行口座が必要な場面

オーストラリのワーホリでは、銀行口座の開設が必要です。この章では、オーストラリアの銀行口座が使われる場面を紹介していきます。オーストラリアの銀行口座は、給料の振り込みや税金、家賃の支払い、日本からの送金に使われます。

オーストラリアで働いた分の給料は、オーストラリアの銀行口座へ振り込まれるのが一般的です。そのため、オーストラリアで働く際は、銀行口座を開設する必要があります。給料以外にも家賃や税金を支払う際も口座から引き落としされます。家賃は、家主によっては現金で払う場合もあります。

ほかには、日本からの送金に必要です。オーストラリアに滞在する際に、生活費などを送ってもらう人は、銀行口座を使うことになります。そのため、ワーホリ以外にも留学する人も口座を開設したほうがよいでしょう

このようにオーストラリアで働く人や家をかりる人などは、銀行口座を使うことがあります。オーストラリの銀行口座には、日本の銀行口座と異なるところがあるのでしょうか。

ワーホリでは必須!オーストラリアの銀行口座が必要な場面

2.通帳はない!オーストラリアの銀行についての基礎知識

オーストラリアに滞在する際は、銀行口座を開設する必要があります。オーストラリアの銀行口座を開設する際に、銀行口座について知りたい人もいらっしゃるでしょう。この章では、オーストラリアの銀行口座についての基礎情報をご紹介していきます。

【オーストラリアの主要銀行】
オーストラリアには、四大銀行と呼ばれている銀行があります。四大銀行とは、オーストラリアニュージーランド銀行、ウエストパック銀行、コモンウェルス銀行、ナショナルオーストラリア銀行です。オーストラリアニュージーランド銀行、ウエストパック銀行、コモンウェルス銀行は、日本にも支店があります。

【銀行口座の種類】
オーストラリアの銀行口座には、口座の種類が4種類あります。4種類とは、普通口座、当座預金口座、定期預金口座、インターネット口座の4つです。

普通口座

普通口座には、アドバンテージ口座とセレクト口座があります。アドバンテージ口座は、維持費に5ドルかかりますが、ATMの使用時に手数料がかからない回数が多いです。セレクト口座では、口座の維持費がかかりません。しかし、アドバンテージ口座に比べて無料で引き出せる回数が少ないです。

当座預金口座

当座預金口座は、維持費が高く利子がつきません。維持費が高いため、短期間しか滞在しない人ではなく、オーストラリアに住む人向けの口座といわれています。この口座では、小切手を使うことができます。維持費が高く利子がつかないため、ワーホリの際は、使うことがないでしょう。

定期預金口座

定期預金口座は、銀行によってさまざまな内容があります。プランは、銀行によって異なるため、開設する銀行に問い合わせてみましょう。また、金利が5%と日本に比べて高いです。そのため、オーストラリアに長期滞在する人におすすめといわれています。

【日本の銀行との違い】
日本とオーストラリアの銀行には、違いがあります。違いは、通帳がないことや手数料がかかることなどです。オーストラリアの銀行には、通帳がありません。そのため、月に1回口座の詳細書が銀行から送られてきます。また、オーストラリアの銀行は、口座に維持費がかかる場合が多いです。

3.オーストラリアの銀行口座を開設する方法・必要な物

オーストラリアで銀行口座を開設する人のなかには、必要な物や開設方法がわからないという人もいらっしゃるでしょう。この章では、必要な物や開設方法についてご紹介していきます。

【口座開設に必要な物】
銀行口座を開設するには、パスポート、滞在許可証、滞在している住所、電話番号、マイナンバー、開設費用が必要です。滞在許可証は、取得したビザで、マイナンバーは、日本のコピーした物が使えます。また、学校に通っている人は、学生証が必要です。

【口座開設のステップ】
オーストラリアで銀行口座を開設する方法は、3種類あります。3種類とは、日本から開設する方法、現地で開設する方法、インターネットを使う方法です。

日本から開設する

オーストラリアニュージーランド銀行、コモンウェルス銀行、ウエストパック銀行は、日本に支店があります。日本にある支店を利用して開設することが可能です。開設する条件は、20歳以上の渡航予定のある人であることです。日本で開設する場合は、手数料として約9,000円かかります。
日本で開設した人は、現地でカードの受け取りとパスワードの設定が必要です。

現地で開設する

現地で銀行口座を開設する場合は、必要な物を持参して、口座の開設がしたいことを銀行員に伝えましょう。手続きが終われば、パスワードを設定してカードを受け取ることができます。オーストラリアの銀行には、日本人がいることもあるため、英語が苦手な人も安心して開設することができるでしょう。

インターネットを使う

オーストラリアの銀行口座の開設は、インターネットを使ってできます。インターネットで開設する場合は、公式サイトから手順通りにすすめていくだけです。家からパソコンを使って開設することができるため、銀行にいく手間が省けます。また、10分程度で開設することができます。しかし、すべて英語で表記されているため、英語が苦手な人には難しいでしょう。

4.生活費を引き出してみよう!ATMの利用方法と注意点

オーストラリアでは、ATMを使ってお金を引き出すことがあるでしょう。オーストラリアのATMは、日本と仕組みが違います。そのため、ATMを使う際に注意する点があります。この章では、ATMの使い方や注意点についてご紹介していきます。

ATMの使い方

ATMは、カードを入れてパスワードを入力します。その後は、利用方法と明細書の有無を選択して、金額を設定します。このような手順でATMを使うことができます。ATMには、日本語で表示することができます。日本語表示にしたいかたは、左下から日本語を選択しましょう。

ATMを使う際の注意点

ATMを使う際の注意点は、引き出せる金額が決まっていることや手数料、パスワードの間違えです。オーストラリアのATMでは、20ドル札と50ドル札しか入っていません。そのため、20ドル札と50ドル札で引き出せる金額しか引き出せません。また、1日に引き出せる金額は、1,000ドルと決められています。

オーストラリアでは、ATMを24時間無料で使うことができます。しかし、無料で使うことができるATMは、オーストラリアで銀行口座を開設した場所のみです。手数料をかけたくない人は、開設した場所でATMを使うようにしましょう。

ATMを使う際は、パスワードが必要ですが、オーストラリアのATMは、3回パスワードを間違えたり、カードを入れてからしばらく操作しなかったりすると、カードが使えなくなってしまう可能性があります。そのため、パスワードや操作方法を間違えないように注意しましょう。

5.帰国前に忘れないように!銀行口座を解約する方法

日本に帰国する際は、オーストラリアの銀行口座を解約することを忘れないようにしましょう。この章では、銀行口座を解約する方法についてご紹介していきます。銀行口座を解約する方法は、銀行に直接行く方法、インターネットと郵送で解約する方法があります。

銀行で直接解約する場合は、カードとパスポートが必要です。開設した際の書類にサインをして口座内のお金や小切手を受け取れば解約完了です。解約の際に、残高を日本に送る場合は、手数料がかかります。また、口座内に残高がない場合でも解約しましょう。解約しない場合は、口座にお金が入っていない場合でも維持費がかかります。

インターネットと郵送で解約する場合は、解約書類を送ってもらう必要があります。インターネットを使って、解約書類を送ってもらいましょう。解約書類に情報を書いて指定の場所に郵送します。このようにインターネットと郵送を使って解約することができます。そのため、解約をしないで帰国してしまった人は、この方法を利用してみてください。しかし、この方法では、お金がかかることを覚えておきましょう。

オーストラリアから帰国をする際に、口座を解約しないで維持する人もいらっしゃるでしょう。口座を維持するには、必要な手続きがあります。必要な手続きは、非居住者に変更することです。非居住者にするには、住所を変更するだけです。この手続きをしなかった場合は、帰国後にオーストラリアの税金を払うことになったり、郵便物が届かないことがあったりします。必ず手続きしましょう。

6.方法はいろいろ!オーストラリアのキャッスレス事情

オーストラリアは、キャッシュカードやクレジットカードを使っている人がほとんどです。オーストラリアでは、クレジットカードにどのような種類があるのでしょう。この章では、オーストラリアのキャッシュレスについてご紹介していきます。オーストラリアのキャッシュレス決済には、エフトポス、タップ&ペイ、ペイウェーブなどがあります。

エフトポスは、オーストラリアの銀行口座を開設して取得することができます。このカードは、銀行口座から支払いが可能です。支払いだけでなくATMからお金をおろすこともできます。エフトポスを使う際は、使えるかの確認や最低利用額の確認を忘れないようにしましょう。

タップ&ペイは、携帯を使って支払いができるキャッシュレスの決済方法です。この方法では、携帯にアプリをインストールして登録することで使うことができます。ペイウェーブは、クレジットカードが使える場所で使うことができます。ペイウェーブとは、日本の電子マネーに似ており、機械にかざすだけで支払いすることが可能です。また、金額が少ない場合は、パスワードが必要ありません。

このようにオーストラリアでは、キャッシュレス決済がよく使われています。キャッシュレスを利用するには、オーストラリアの銀行口座を開設する必要があります。給料の受け取り以外でも銀行口座を使うことがあるため、ぜひ口座を開設してみてください。

方法はいろいろ!オーストラリアのキャッスレス事情

7.ドルとセントの組み合わせ!オーストラリアの紙幣・硬貨の種類

オーストラリアでは、5種類の紙幣と6種類の硬貨が使われています。オーストラリアの紙幣の単位は、ドルといわれています。紙幣に使われている素材は破れたり汚れたりしにくく、偽札を防止する効果もあります。オーストラリアの硬貨は、金色と銀色があり、金色は、ドル、銀色は、セントです。

オーストラリアでは、このようにドルとセントを組み合わせて使っています。また、オーストラリアでは、5セントより低いお金がありません。そのため、払えない金額の際は、切り捨てや切り上げで計算されます。オーストラリアで現金を使う際は、上記のように組み合わせて使うことや四捨五入して支払いをするなど日本とは異なります。また、オーストラリアでは、両替する際に手数料がかかります。

このようにオーストラリアでは、現金を使う際は、組み合わせや両替をする必要があるため、キャッシュレスなどの支払いが簡単な物が使われているのでしょう。しかし、オーストラリアでは、銀行口座に給料が振り込まれます。働いた分の給料が振り込まれているかを確認できるようにお金の種類を覚えておきましょう。

8.現地生活が不安……留学・ワーホリエージェントのサポートとは

ワーホリでは、現地で生活するため、わからないことや不安なことがある人もいらっしゃるでしょう。現地での生活にわからないことや不安がある人は、留学・ワーホリエージェントを利用しましょう。この章では、留学・ワーホリエージェントのサポート内容についてご紹介していきます。

渡航前

渡航前には、学校やホームステイ先の手配や手続き、カウンセリング、航空券の手配などのサポートを受けることができます。留学・ワーホリエージェントは、現地に詳しいため学校やホームステイ先を紹介してくれます。また、カウンセリングをおこなっているため、希望に合った学校などを紹介してもらえる可能性が大きいです。

また、紹介だけではなく手続きもサポートしてくれます。手続きには、ビザや入学手続き、ワーホリ保険の加入などです。このような手続きは、すべて英語で手続きをするため、英語が苦手な人は、留学・ワーホリエージェントを利用することをおすすめします。

ほかには、英語の学習教室もあります。留学・ワーホリエージェントのオフィスで開催されています。渡航前に英語の勉強をすることができるため、語学の不安を解消することができます。

渡航後

渡航後には、銀行口座の開設や携帯電話の契約、履歴書の作成、仕事の情報などのサポートを受けることができます。留学・ワーホリエージェントは、銀行口座の開設や携帯電話の契約に同行してくれることがあります。現地では、英語で開設や契約をしますが、同行してくれるため英語が苦手な人でも安心して口座開設や携帯電話の契約をすることができるでしょう。また、オーストラリアでは、銀行口座を開設する必要があることがあるため、必要なサポートです。

ワーホリで仕事をする際は、渡航後に仕事を探す必要があります。留学・ワーホリエージェントは、現地の仕事についても情報を持っています。利用することで仕事が見つかりやすいです。また、仕事をする際には、履歴書が必要です。履歴書は、英文履歴書のため、日本と書き方が違います。留学・ワーホリエージェントは、履歴書作成のサポートもあるため、迷わず作成することができるでしょう。

9.まとめ

オーストラリアでは、銀行口座の開設をする必要があります。銀行口座は、給料の受け取りや家賃などの支払い、日本からの送金を受け取る際に使います。銀行口座の開設には、現地で開設する方法、日本で開設する方法、インターネットを使う方法があります。日本で開設する場合は、渡航後にカードの受け取りとパスワードの設定をする必要があります。

オーストラリアのATMは、24時間無料で使うことができたりと日本と異なります。ATMは、日本とシステムが異なるため、使う際は注意しましょう。また、日本に帰国する際は、口座を解約しましょう。解約には、カードとパスポートが必要です。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...

壮大な自然と近代都市。留学生に優しい国「オーストラリア」

海外渡航経験の少ない方にも自信を持っておすすめできるのが、気さくでフレンドリーな人柄が魅力のオーストラリア。多文化・多民族国家であるゆえ、馴染みやすく、何度も訪れたくなる心地よさがあります。期間や渡航スタイルの選択肢が広く、短期留学やワーキングホリデーなど自分に合った形を選ぶことができるのもメリットです。

オーストラリア留学について
まずは無料で留学カウンセリング
LINE@で留学相談してみる

無料留学カウンセリングを毎日行っております。

お気軽にご予約ください。

LINE@で留学相談してみる

その他ご不明な点は
お気軽にお問い合わせください

資料ダウンロード

メールフォームで問い合わせ

0120-474-400


お電話での受付時間は、11:00〜19:00 水曜定休

「スマ留」サービス申し込み兼契約はこちらから

本申し込みはこちら