オーストラリアのワーホリビザ申請方法をしっかり解説!注意点なども | スマ留

オーストラリアのワーホリビザ申請方法をしっかり解説!注意点なども

オーストラリアのワーホリビザ申請方法をしっかり解説!注意点なども

オーストラリアのワーホリビザを申請するには、条件や用意すべきものがいろいろあります。条件には、年齢や国籍、資金など、申請時用意すべきものには、パスポートやパソコンなどがあります。

この記事では、オーストラリアのワーホリビザの申請についてご紹介していきます。ワーホリビザ申請方法について理解して、ビザを申請してみてください。

1.オーストラリアのワーホリビザとは?基礎情報をおさらい

オーストラリアのワーホリビザには、申請条件や規定があります。この章では、ワーホリビザの申請条件や規定についてご紹介していきます。

オーストラリアワーホリビザの条件

オーストラリアのワーホリビザを申請する条件は、国籍、年齢、資金、健康状態、パスポート、ワーホリ経験などです。

ワーホリは、日本とオーストラリアの協定を利用するため、日本国籍でないといけません。オーストラリアワーホリの年齢制限は、18歳~30歳です。ワーホリビザを申請する際に31歳になっていなければ申請することができます。

ワーホリでは、現地で生活することになるため、資金がないといけません。また、健康であることも条件に入っています。ほかにも、ワーホリ期間中も有効なパスポートが必要です。ワーホリは、1ヶ国に1度しかいくことができないため、オーストラリアワーホリを経験したことがある方は、取得することができません。

オーストラリアワーホリビザでできること

オーストラリアのワーホリビザでは、1年間滞在することができ、約4カ月間学校に通うことができます。英語が苦手な方は、就学の規定を利用して学校に通ってみてはいかがでしょう。ワーホリ中に働く場所では、1ヶ所で6ヶ月までしか働くことができません。そのため、6ヶ月ごとに働く場所を変える必要があります。

また、オーストラリアでは、セカンドワーホリビザを申請して、ワーホリ期間を延ばすことができます。セカンドワーホリビザは、3ヶ月以上規定の職種に就労することで取得することができます。期間を延ばしたい方は、セカンドワーホリビザを申請してみましょう。

オーストラリアのワーホリビザとは?基礎情報をおさらい

2.オーストラリアのワーホリビザ申請について①:申請前の準備

オーストラリアのワーホリビザを申請するには、書類やアカウントを作成する必要があります。この章では、オーストラリアのワーホリビザを申請するまえに準備することについてご紹介していきます。ワーホリビザの申請には、パスポート、パソコン、メールアドレス、クレジットカードが必要です。パスポートの期限が切れている場合は、更新しましょう。

オーストラリアのワーホリビザ申請には、ImmiAccountを利用して申請するため、パソコンとメールアドレスが必要です。ImmiAccountとは、ワーホリビザを申請するためのものです。ワーホリビザを申請する際には、アカウントを作りましょう。

3.オーストラリアのワーホリビザ申請②:申請ステップ

この章では、オーストラリアのワーホリビザ申請方法についてご紹介していきます。ワーホリビザを申請するには、ImmiAccountにログインします。ワーホリビザの申請に入力する情報は、氏名や誕生日などの個人情報、パスポートの情報、質問の回答です。入力終了後は、入力した情報を確認して申請します。

オーストラリアのワーホリビザを申請するには、費用が35,000円かかります。申請費用は、クレジットカードで支払う必要があります。ビザの申請料を支払うとビザの発行通知が送られてきます。発行通知は、提示することがあるかも知れないため、コピーしておくことをおすすめします。

4.オーストラリアのワーホリビザ申請について③:疑問や注意点など

オーストラリアのワーホリビザ申請について、注意点を知っておきたい人もいらっしゃるでしょう。この章では、ワーホリビザの申請に関する注意点などについてご紹介していきます。

申請から取得までの期間

オーストラリアのワーホリビザは、申請してから書類審査があります。そのため、発行までに2~3ヶ月かかることがあります。申請する際は、渡航する時期を決めて、早めに申請しましょう。

健康診断は必要?

健康診断は、提出を要求された場合に必要です。要求される人は、保育園や日本語の先生として働く人です。要求されていない方は、受ける必要がありません。健康診断を受けるには、オーストラリアの移民局とつながっている病院で受けなければいけません。

申請時の注意点

ワーホリビザを申請する際は、申請内容や提出期限に注意しましょう。ワーホリビザを申請する際は、英語で申請します。そのため、入力する情報の間違いやスペルの間違いに注意しましょう。記入に間違いがあった場合に、ビザが発行されないことがあります。申請後に間違いに気づいた方は、移民局に連絡をしましょう。

また、ワーホリビザを申請する際の書類には、提出期限があります。提出期限に遅れないように早めに準備をしておきましょう。提出する書類には、追加で求められるものもあります。書類の追加提出が必要かどうかなどは、メールで通知されます。そのため、メールを細かくチェックしておきましょう。

オーストラリアのワーホリビザ申請について③:疑問や注意点など

5.自力で申請できるか不安……留学エージェントを利用するのもアリ!

英語が苦手で、オーストラリアのワーホリビザの申請に不安がある方もいらっしゃるでしょう。不安がある方などは、留学エージェントを利用することをおすすめします。この章では、留学エージェントについてご紹介していきます。

留学エージェントを利用するメリット

留学エージェントを利用するメリットは、サポートが受けられることや情報提供、紹介をしてくれることです。留学エージェントは、ワーホリビザの申請をサポートしてくれます。そのため、ビザの発行ができなかったり、遅くなったりすることを避けられます。また、留学費用の比較やカウンセリングなどのサポートもあります。

留学エージェントは、ワーホリする国や学校についての情報に詳しいです。ほかにも、留学エージェントの情報は、実際に経験した内容であることも多いため、正確な情報といえます。初めてオーストラリアにいく方や不安のある方は、エージェントに相談するようにしましょう。悩みを解決してもらえます。

留学エージェントの選び方

留学エージェントは、滞在先を専門的に扱っているエージェントや手数料がかからないエージェント、旅行会社がおこなっているエージェントなどがあります。また、留学エージェントによって、持っている情報や手数料、サポート内容も異なります。そのため、留学エージェントを利用する際は、自分に合ったエージェントを利用しましょう。自分にあったエージェントを見つけるには、複数に留学エージェントを比較してみることがおすすめです。

6.まとめ

オーストラリアのワーホリビザを申請するには、条件があります。条件には、年齢や国籍、資金などがあり、満たさないとビザを取得することができません。オーストラリアのワーホリビザを取得することで、1年間滞在でき、4ヶ月間学校に通うことができます。また、働くことができます。しかし、同じ職場に6ヶ月しか働くことができません。

オーストラリアのワーホリビザを申請する際は、パスポート、パソコン、メールアドレス、クレジットカードが必要です。申請には、すべて英語です。記入ミスがあった場合は、ビザが発行されないことがあるため、注意しましょう。ワーホリビザの申請に不安にある方は、留学エージェントを利用することをおすすめします。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...

壮大な自然と近代都市。留学生に優しい国「オーストラリア」

海外渡航経験の少ない方にも自信を持っておすすめできるのが、気さくでフレンドリーな人柄が魅力のオーストラリア。多文化・多民族国家であるゆえ、馴染みやすく、何度も訪れたくなる心地よさがあります。期間や渡航スタイルの選択肢が広く、短期留学やワーキングホリデーなど自分に合った形を選ぶことができるのもメリットです。

オーストラリア留学について
まずは無料で留学カウンセリング
LINE@で留学相談してみる

無料留学カウンセリングを毎日行っております。

お気軽にご予約ください。

LINE@で留学相談してみる

その他ご不明な点は
お気軽にお問い合わせください

資料ダウンロード

メールフォームで問い合わせ

0120-474-400


お電話での受付時間は、11:00〜19:00 水曜定休

スマ留のお申し込みはこちらから

本申し込みはこちら