半年留学の費用や効果は?半年間を無駄にしないためのポイント | スマ留

半年留学の費用や効果は?半年間を無駄にしないためのポイント

半年留学の費用や効果は?半年間を無駄にしないためのポイント

短期留学と長期留学のちょうど中間にあるのが、半年留学です。しかし、「長期留学のように高くはなくても、短期留学ほど費用は安くないだろう」「半年間で英語力が伸びるの?」といったことが気になる方もいらっしゃるかもしれません。

そんな疑問を解消するために、この記事では、半年留学の費用や効果を解説していきます。留学を希望する方は、留学期間を決める際の参考にしてみてはいかがでしょうか。

1.半年間留学した場合の国ごと費用の目安

ここでは、半年留学の費用を国別でご紹介します。国によって費用は大きく異なるので、留学先を決める際に参考としてみてください。ここでご紹介する費用には、学費、滞在費、渡航費が含まれています。

ネイティブの英語を学べるアメリカでは、半年留学の場合、100万円から300万円程度が相場といわれています。アメリカは学校によって授業料が大きく異なり、留学費用に差がつきやすい国です。また、アメリカと同じ北米に位置するカナダは、100万円から250万円程度が相場のようです。

英語発祥の地であるイギリスは、110万円から280万円程度が半年留学の相場金額です。ヨーロッパは物価が高いため、全体的にアメリカより費用がかかる場面が多いでしょう。

そして、オーストラリアは120万円から230万円程度、ニュージーランドは100万円から160万円程度が半年留学の相場費用といわれています。

オセアニア地域の留学先として人気のオーストラリアやニュージーランドは、欧米に比べて留学費用が安いと思われるかもしれません。しかし、じつは格段に安くなるわけではないようです。ただ、極端に留学費用が高額になるケースが少なく、相場費用に大きな差がでにくいのが特徴です。

2.半年間で英語力は身につくのか?成果を得るための心構え

半年留学は、費用が長期留学ほど高くなりませんが、そのぶん留学の効果がはっきり表れるのかが気になるでしょう。半年間留学する場合、他人からみて認識できる程度に英語力が向上するといわれています。つまり、初級レベルの人は中級レベルに、中級レベルの人は上級レベルというように、レベルアップが感じられるのです。

では、半年留学ではどの面で英語力がアップするのでしょうか。半年留学では、「読む」「聞く」「書く」「話す」といった全般的なスキルが向上し、とくにスピーキングとリスニングの伸びを強く実感できるようです。

スピーキングとリスニングは、日本の日常生活で実践的なトレーニングしにくい分野です。半年留学では、基本的な日常会話以上に掘り下げたコミュニケーションがとれる会話力がつくようです。リスニングについては、聞いた英語を頭のなかで翻訳せずとも、自然と理解できるようになります。

このように、半年留学でも英語力の向上を十分に感じられるでしょうが、より留学の効果を高めるため、これからお伝えすることを検討してみてください。まず、滞在方法にホームステイを選択することです。半年留学は留学期間として長くはないため、学校だけでなく、家でも英語を話せるホームステイがおすすめです。

また、自分から積極的にコミュニケーションをとることも大切です。留学中、受動的でいるか能動的でいるかは、英語力の向上に大きく影響します。自分から積極的に交流することでより多くの英語表現を知り、身につけられます。

自分から話しかけることを恥ずかしく感じるかもしれませんが、留学期間は限られていることを意識して、積極的な姿勢を心がけましょう。

半年留学の費用や効果は?半年間を無駄にしないためのポイント

3.短期留学と長期留学の費用と特徴を比較

中期留学である半年留学の費用は、短期留学や長期留学と比べて、どれくらい差があると思いますか。アメリカの例をあげると、3か月の短期留学の場合、相場費用は40万円から120万円程度です。長期留学では、150万円から600万円程度が相場になります。

この記事の1章目で、半年間のアメリカ留学の相場費用は100万円から300万円程度とご紹介しました。留学期間が長くなるにつれ相場費用は高くなりますが、1か月あたりの金額を計算すると期間が長いほうが割安になるのです。

留学期間ごとの費用を比較したところで、それぞれの特徴もご紹介していきます。1か月から3か月間の短期留学は、英語力はそれほど向上しないようです。

ただ、短期留学では現地の生活や文化を理解するのに十分な期間であるため、お試し留学として選択するケースも多いようです。お試し留学とは、留学先の環境や滞在方法が、自分にあっているかを見極めるための短期留学です。

1年以上の長期留学の特徴は、語学力が大幅に向上し、英語で専門的な分野を勉強できるレベルまで伸びることが期待できる点です。もともと中級レベルの英語力がある方の場合、長期留学では英語力が上級レベルまで向上するでしょう。

長期留学では、大学で学術的な分野を勉強できたり、コミュニティカレッジで技術的な知識を習得できたりするレベルの英語力がついている方もいるようです。

半年留学の費用や効果は?半年間を無駄にしないためのポイント

4.自分にとって適切な留学期間の見極め方

留学期間を決める際に重要なポイントは、留学の目的や目標です。語学学校に通うスタイルの語学留学の場合、目的は「英語力アップ」でしょう。しかし、英語力アップとひとことでいっても、どのレベルまで向上させたいのかが大切なのです。

「基本的な日常会話ができるようになり、海外旅行に役立てたい」「TOEICスコアを100点伸ばしたい」「仕事で英語を使うために、ビジネス英語を学びたい」

このように、英語力アップという目的に対して、英語でどんなことがしたいかや、TOEIC・TOEFLスコアの目標値などを具体的に定めるようにしましょう。そうすることによって、その目標を実現するのに必要な留学期間が見極められます。

留学前の英語レベルや、留学中の努力にもよります。1か月や3か月の短期留学では、英語力の向上は少ないですが、費用が高くはないため、気軽に留学できます。1年以上の長期留学は、英語力は目に見えてレベルアップしますが、多額の留学費用がかかってしまいます。

その点で、半年留学は費用面でも効果面でも、短期留学と長期留学の中間にあります。留学費用を抑えつつ、英語力の向上をしっかり感じられるのが、半年留学のポイントなのです。

5.まとめ

半年留学の相場費用は、国によって異なります。欧米やオセアニアのメジャーな留学先では、半年間で100万円以上は必要となります。しかし、そのなかでもアメリカやイギリスは、学校ごとの授業料の差が大きく、300万円近くの資金が必要なケースもあるようです。

半年留学では英語力アップの効果が少ないと思われるかもしれませんが、全般的な英語スキルの向上が実感する人が多いようです。また、簡単な日常会話だけでなく、掘り下げた内容の会話ができるようになるともいわれています。

半年留学と比較して、短期留学は費用が安いですが、語学留学の効果は少ないといわれています。また、長期留学は、多額な費用が必要ですが、英語力は大幅な向上が期待できます。そして、この両者のちょうど中間にあるのが半年留学なのです。留学期間を見極める際には、具体的な留学の目標・目的を定めて、それを実現できる期間を選択しましょう。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...
まずは無料で留学カウンセリング
LINE@で留学相談してみる

無料留学カウンセリングを毎日行っております。

お気軽にご予約ください。

LINE@で留学相談してみる

その他ご不明な点は
お気軽にお問い合わせください

資料ダウンロード

メールフォームで問い合わせ

0120-474-400


お電話での受付時間は、11:00〜19:00 水曜定休

スマ留のお申し込みはこちらから

本申し込みはこちら