留学でボランティアする人が多い理由!魅力、費用、おすすめの国 | スマ留

留学でボランティアする人が多い理由!魅力、費用、おすすめの国

留学でボランティアする人が多い理由!魅力、費用、おすすめの国

留学種類の1つであるボランティア留学は、安い費用で留学できる方法として注目されています。ボランティア留学が注目されている理由は、参加費が安いプログラムが多いことに加え、滞在費や食費が無料となるケースもあるからです。

しかし、留学でボランティアをすることで得られるメリットがほかにもあることをご存じですか。この記事ではボランティア留学ならではのメリットや活動内容、おすすめの国をご紹介していきます。留学に興味がある方はぜひ留学タイプの1つとして、ボランティア留学を検討してみてはいかがでしょうか。

1.実践で語学を身につけられる。ボランティア留学のメリット

留学でボランティアをするメリットは、実践的な語学力がつくことです。留学の種類として多い語学学校と比べて考えてみましょう。

語学学校のクラスでは、英語を勉強している人同士のコミュニケーションとなります。そのため、ネイティブの表現が身につかなかったり、むずかしい内容の会話があまりなかったりして、英語力が伸びにくいと感じることもあるでしょう。

しかし、ボランティア留学は、現地で生活している人がコミュニケーションの相手となるため、英語を日常的に話している人々から語学を学べるのです。

さらに、ボランティア留学のメリットは、興味がある分野の体験ができることです。たとえば、教育に興味がある方は、現地の学校スタッフボランティアをして、教育現場の実情や課題を知ることができます。

ボランティアとして仕事をすることは、同時に職務経験を得ることになります。学生の方にとっては、「社会で働くってこういうことなんだな」と学業との違いに気づくことができるでしょう。また、社会人にとっても、職業に対する向き不向きがわかり、今後どんな職業につきたいか考えるきっかけにもなります。

このようにボランティア留学は語学力の向上だけでなく、社会人としての経験や知識が豊かになることが大きな魅力です。

実践で語学を身につけられる。ボランティア留学のメリット

2.一般的な留学より安い!ボランティア留学の費用

ボランティア留学は社会経験が得られるという魅力がありますが、じつは金銭面の魅力があることをご存じですか。ボランティア留学は格安留学の方法としても注目を集めてきています。

留学でボランティアがなぜ安いのかというと、第1の理由は参加費です。ボランティア留学プログラムにはさまざまな種類があり参加費は異なりますが、同じ留学期間で語学学校に通うよりもはるかにボランティア留学の参加費は安いです。

さらに、ボランティア留学の安くなる理由は、滞在費や食費が無料となることケースがあるからです。よくある例をご紹介すると、牧場や農場でのボランティアは住み込みタイプが多く、参加者は滞在費や食費がまかなわれることがあります。

参加プログラムによっては、少しの金額ですが報酬をもらえたり、現地までの渡航費を補助してくれたりするケースもあるようです。

また、日本や留学先の政府、民間の団体が運営している奨学金システムを利用することで、さらにボランティア留学費用を抑えることもできます。奨学金を応募する際には、条件が設定されていたり、審査があったりしてむずかしいと感じるかもしれません。しかし、留学費用を安くしたいと考えている方は、ぜひ奨学金システムに応募してみてはいかがでしょうか。

3.人気のあるボランティア留学の種類

留学でボランティアをする際に、大きくわけて3つの種類から活動を選択することができます。それは、「福祉」「教育」「環境」です。

福祉ボランティアには、介護施設で高齢者や障がい者の身の回りのサポートをしたり、孤児院で子どもたちの面倒をみたりする仕事があります。もともと福祉の業界で働いている人が、日本とは違う海外の福祉事情を勉強するため、プログラムに参加するケースもあります。

また、「チャイルドケア」というボランティアも人気で、幼稚園や託児施設で子どもたちの面倒を見たり、本の読み聞かせや歌を教えたりという教育面の仕事が体験できます。チャイルドケアは、将来保育士を目指す人にとっても実践的な経験ができる機会といえます。

次に、教育ボランティアで人気のあるプログラムは、現地の学生に日本語を教える仕事です。現地の学生に日本の文化を伝えられたり、日本に興味を持ってもらえたりする喜びを感じられるのがこのボランティアの魅力でしょう。

教育ボランティアは日本語教育だけでなく、十分な教育を受けることができない地域で、子どもたちに算数や文字を教えるプログラムもあります。彼らの生活や将来に役立つことを教えられる仕事なので、ボランティアとして大きな意義とやりがいを感じられるでしょう。

そして、3つ目の環境ボランティアでは、現地の自然や生態系を守るための活動を行います。具体的には、自然破壊によって荒れてしまった土地に木を植えて森をもとの姿に近づけようとする仕事があげられます。ほかにも、ケガをした動物を保護し野生に戻れるまで面倒をみたり、絶滅危機にある動物を保護して育てたりするなど、動物を守る活動も環境ボランティアにふくまれます。

これら3つの分野以外にも、農家の収穫などのお手伝いをする農業ボランティアや、国際的なイベントなどでお客さんの案内や運営サポートをする観光ボランティアなども人気があります。

4.ボランティア留学におすすめの国

ここまででお伝えしてきた留学ボランティアの魅力を知って「留学してボランティア体験をしてみたい」と感じてくださった方のため、おすすめの国をご紹介していきます。

ボランティア留学を希望する方は、費用の安さを魅力に感じている方も多いでしょう。ボランティア留学のプログラムは、費用が安さが魅力ですが、さらに安さを追求するならフィリピンやマレーシアなどの留学先がおすすめです。なぜなら、フィリピンやマレーシアは物価が安いため、滞在費を抑えられるからです。

また、フィリピンとマレーシアは日常的に英語を話す人口が多く、物価が安いアジア圏の国々のなかでも、英語を勉強するのに適した環境です。

そして、海外ボランティアというと、治安が悪い国で働くイメージを持つ方もいらっしゃるかもしれません。そこで、治安が良いボランティア留学先として、オーストラリアやニュージーランドはいかがでしょうか。

オーストラリアもニュージーランドも全体的に治安が良いという理由があり、語学留学や海外インターンシップとしても定番の国です。初ボランティア留学の方は、環境の安全面を重視してみるのも留学先を決める大切なポイントといえます。

最後に、ボランティアらしいボランティア体験をしてみたい方には、インドへの留学をおすすめします。インドには、「マザーテレサ施設」という福祉施設があります。マザーテレサは、貧困で苦しむ人々を助けるため多くの活動をした修道女で、福祉の歴史において大きな功績を残した人物として知られています。

このマザーテレサ施設には、親がいない子どもや十分な医療が受けられない貧しい人々が暮らしていて、施設では彼らの生活サポートをするボランティア活動を行います。インドのマザーテレサ施設で、福祉ボランティアの精神を学んでみてはいかがでしょうか。

ボランティア留学におすすめの国

5.まとめ

留学でボランティアをするメリットは、活動を通して実践的な英語力が身につくことです。さらに、ボランティア活動によって、福祉や教育現場の職務経験を得られることも、語学留学や大学留学にはないポイントです。

また、ボランティア留学は、格安留学の方法としても注目を集めています。ボランティアプログラムによっては参加費が無料だったり、住み込みタイプで食費や滞在費が無料になったりするので、費用を抑えて留学するための1つの手段なのです。

ボランティア留学は、「福祉」「教育」「環境」の3種類に分けられます。福祉では、介護施設で入居者の生活サポートをしたり、幼稚園で子どもの世話をしたりします。教育では、学校で日本語を教えるプログラムが人気です。そして、環境では、植林や動物保護を通し、自然や生態系を守るために活動を行います。

ボランティア留学ができる国はさまざまですが、費用を安く抑えたい方は物価が安いフィリピンやマレーシアがおすすめです。また、治安の良さでオーストラリアやニュージーランド、福祉ボランティアで大きな功績を残したマザーテレサの施設があるインドもおすすめの国です。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1評価, 平均評価: 2.00 )
Loading...
まずは無料で留学カウンセリング
LINE@で留学相談してみる

無料留学カウンセリングを毎日行っております。

お気軽にご予約ください。

LINE@で留学相談してみる

その他ご不明な点は
お気軽にお問い合わせください

資料ダウンロード

メールフォームで問い合わせ

0120-474-400


お電話での受付時間は、平日 11:00〜19:00 土日祝 11:00~17:00 (水曜定休)

「スマ留」サービス申し込み兼契約はこちらから

本申し込みはこちら